自意識、無意識、被害者意識 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

自意識、無意識、被害者意識    

皮肉っぽい言葉で勝った気になっても結局一滴の紫陽花にも敵わないんだ。勝負の土俵に登ってしまえば勝敗はどうあれ少なからず負ける。そんな君に愛をあげたかったんだ。待機児童の形をした愛、メントスコーラの匂いがする愛を。YouTubeやTwitterに入り浸ってどんどん面白くなるね?それじゃあ新年早々一発芸をやってください。そう言って森の動物たちはダウンタウンのコントを勉強しているんだ。東京03もユライ=ヤーノシークも首吊り縄の形はしていないのにどうして君の自殺願望は空き缶の形をしているの?20過ぎてからかくれんぼを楽しめない奴の脳味噌にはタバコの吸殻を押し込んでやろうと思うよ。君がピーター・パンとヤろうがメアリー・スーとヤろうがぼくはウェアーオフでスーファミを探し続ける。イラマチオしてたっておんなじさ。身体特性はいくら払ったって買えやしないんだからもういい加減嫉妬は見苦しいぜ?ヤクザとディズニーランドは相似形なんだ。そしてディズニーランドとシン・クリアセノウスは線対称なんだ。途中式とか証明とかは君がやっといて欲しい。飼い犬にブーメランを投げるようなもんだよ。ブーメランを投げるのは得意なんだ。それは今に始まったことじゃなくてたとえば君がオレンジジュースを悼んでいた季節からずっとそうなんだ。shish kabobとシフゾウってだいたい同じだよね。シリアルキラーか思想犯かだってそんなに重要じゃない。つまりそういうこと。現実をイキるにはエネルギーが必要なんだ。自転車の後輪に爆弾を仕掛けたのはショートケーキを崩したかったから。2015年に生まれて2003年に死んだセミはテレビの解像度なんて気にしない。通気性の良い中学三年生はジャックザリッパーの朝食なんて意に介さない。あの高いビルの上に陣取っているカラスたちだって同じさ。本当に大切なことなんて別にないって知ってる奴は余計なことを意識しない。学がなくても本当に大切なことは知ってるって思い込んでる奴はただ学がないだけなんだよ。そういう奴はハンバーガーを捨てられない。流れてきた錆色の死体を捨てられない。ホットカーペットの毛を逆立てて絵を描くこともできない。だから電車の中でラーメンを食べてはいけないことも知らないんだ。電車の中でラーメンを食べて良いことも。そんなの木の下闇だって知っているのにね。相手が眠ってから石を詰めるのではなく相手が起きている間にAQUOS R6を詰める。ぼくはそうありたい。七匹の仔山羊ではなく八匹の仔牛でありたい。迷える子羊ではなく迷わないプリウスでありたい。高速道路ではタピオカ蛙が走っている。君はきっとその背中の苔を摘むために生まれてきたんだね。ぼくはそれを応援するよ。誰もが断じてアナーキーじゃない。  (シャーロック・ホームズも三島由紀夫も紙の上の人間だった。ストロングゼロとかエモいとか人類は愚かとかクソデカとか大喜利とか虫唾が走るんだ。誰もがアガりたいけれどそれは意外と難しくて、だから加害性でアガったフリをする。それは喧しかったり湿っぽかったりお澄まししていたりするのだが、例外無くその瞬間だけは自分が御大層なものだと思ってしまうらしい。人生がどうとかこうとか、生活がどうとかこうとかは多分誰にとっても煩わしいことなんだけれど、それのことばっかり考えてしまう人間はそれなりにいるのだ。将来への展望を考えることは自分が死ぬときのことを考えるようなものだ。まさか夢が叶ってからの一週間くらいを永遠に続けられる訳でもあるまいし、だから進路なんてそうそう聞くものでもないのだ。ましてや赤の他人ならば。明日のことを何も考えていない花があるとしたら多分それが世界で1番美しい。地につく瞬間のことなど思いつきもしない雨があったとしたら多分それが世界で1番輝かしい。なのにやたらと未来に対して希望的観測を垂れるのはどうしたことだろう。明日は明くる日であって明るい日ではない。明るい日か暗い日かはなってみないとわからないしそもそも暗いからって不幸せとは限らない。こんな言葉遊びは反吐が出る。いや、もしかしたらこんな言葉遊びこそが出た反吐なのかもしれない。朝のゴミゴミした電車の中ではやたらめったらにたくさんの人が誰に恥じるわけでもなく息を吐いていて、感情を発露することを後ろ目たいとも思っていない。スーパーマーケットはますますひどく、むせ返るような無神経と自己承認が充満している。マスクをするようになってからは多少マシにはなったものの、未だに他人の吐いた空気を吸うのは慣れない。だから時々こんな反吐を吐いてしまうのかもしれない。これも言葉遊びだ。こういうのは恥ずべきことで秘匿すべきことで、本来誰かに見せるものではないのだけれど、幾らかの人々はむしろそれをひけらかしてしまう。それはこの世の中の人の中では本当に幾らかの人でしかないのだけれど、時々世界中のすべての人がそんな人に見えてしまうのだ。だからどこもかしこもガヤガヤして、久しぶりに外に出たときは面食らってしまった。言葉や自我は本当は有毒な宝石のように小さな箱の中に入れてそっと懐にしまっておくべきなのだ。そして本当に自分のことを許してくれる相手にだけそっと見せるべきものだ。本当ならばそれすらするべきではないのかもしれない。きっとどれだけ世界の話をしようとしても結局は自分の話に終始してしまうのだから。草の話も、風の話も、蛍の話も、宇宙の話も、サバの味噌煮の話も、皆そこから逃れることはできない。そして自分の話というものは往往にして恥知らずなものなんだ。)

scroll


作成日時 2021-10-22
コメント日時 2021-10-29

自意識、無意識、被害者意識 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 726.7
お気に入り数: 3
投票数   : 3
ポイント数 : 9
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性22
エンタメ11
技巧22
音韻00
構成22
総合ポイント99
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性0.50.5
可読性11
 エンタメ0.50.5
技巧11
音韻00
構成11
総合4.54.5
閲覧指数:726.7
2021/12/02 09時56分12秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

自意識、無意識、被害者意識 コメントセクション

コメント数(3)
yatuka
yatuka
作品へ
(2021-10-23)

ぱっと見の良さが気になって、コメントを書くことにしました。 読んでも面白かったです。後半の注釈は字が小さすぎるのと、 やっぱり内容そのものは、無意味の羅列だと思ってしまったので、流し読みしましたが。 書いてる間の高揚感たら素晴らしかったのではないかと。逆に苦しいんですしょうか。

0
ぼぬん
作品へ
(2021-10-24)

一つ一つの単語が面白くて、全部すらすらと読めました。こんな事なかなか無いです。 内容は、凄くネット詩らしいと思いました。物事を捉え直そうとしていて。 最後の小さい文字に溢れ出る言葉にうっっとなりました。こんな風に透明を希求することは僕もあるけど、それでも自我から生まれた素晴らしい芸術があるし、言葉に出来ない様なものが沢山存在するのだから、沈黙は美しくても退屈だな、と思いました。

0
YUMENOKENZI
作品へ
(2021-10-29)

面白い! もう何回か読んでみようと思う。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2