『もう、手は洗わない』 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

『もう、手は洗わない』    

道に転がるゴミを拾って歩き 風で将棋倒しになった自転車の列を一台ずつ立てて歩き 誰も通らない道の信号機も 青になるまできちんと待っていたあの頃 わたしは 何度も何度も何度も何度も手を洗っていた 生きるのが苦しかった 人にはみんな裏があるような気がして せめて自分は きちんと正しく生きようと決めて 何度も何度も何度も何度も 手を洗って 汚れないように 穢れないように 染まらないように バスに乗って座っていても きちんと足を揃えて 広がらないように 乱れないように 迷惑をかけないように 身体中に力が入って ちっとも楽じゃなかった 何度も何度も何度も何度も 手を洗って きちんと正しく胸を張って 生きるのが 苦しかった そんな私は故郷の5月が好きで 早くやって来る梅雨の合間 雨上がりの真っ青な空に映える真っ赤な梯梧の花に心震わせ 生きていると感じるのだった 自分にも裏があると 分かってしまった今では 踏んづけて初めて道端のゴミに気づき 倒れた自転車の行列を横目にしながら進み 小さな信号機の赤を誰も見ていなければ平気で渡ってしまう そんな大人になってしまった 人に裏があるのは 今に始まった事でもないし 世間は罵声が飛び交い 頭上には渋滞のマイカーが吐き出す排気ガスでくすんだ空が広がっている 洗わなくなった手は 重ねた月日が灰色の皺と共に すっかり汚してしまった 現在(今)は一体 何を見て 心を震わせるのだろう? 汚れた手を 汚れた空にかざしてみた 灰色の雲の隙間に 微かに青空が見えて はっと息を飲んだ 微かだからこその輝き 汚れた空だからこそ浮き上がる 青 生きながら 揉まれながら 汚れながら その中にも その中にこそ 本物の美が 隠れているのかもしれない そして気づいた いつも何故か悲しいのは わたしはまだ諦めきれずにいるから 自分を 世界を 汚れながらも 穢れながらも 生きていればこそ 心は 震えるのだ だから今も 心震える瞬間を 本物の青に出会える瞬間を そっとずっと 待っている


作成日時 2017-10-05
コメント日時 2018-01-17

『もう、手は洗わない』 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 332.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/07/05現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:332.4
2020/07/05 02時12分12秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

『もう、手は洗わない』 コメントセクション


コメント数(12)
波野nenio (2017-10-06):

真正面から、すっと胸に入ってくるような作品だなと思いました。 「わたし」の生きづらさの描写に、「私もそうだ…」と思わされます。 特に、「いつも何故か悲しいのは わたしはまだ諦めきれずにいるから」 以降の言葉に、泉のように湧いてくる生命力のようなものを感じて、好きです。

0
夏野ほたる (2017-10-06):

微かだからこその輝き 汚れた空だからこそ浮き上がる青 ここの力強さが素敵です。汚れてしまった(汚されてしまった)自分でも生きて、輝く何かを探し続けることで輝けるかもしれない。皆心のどこかでそんな思いを抱きながら生き続けているのかもしれませんね。 綺麗なだけじゃない、それでも生きたい、輝きたいという人間らしさを感じられて好きです。

0
紅茶猫 (2017-10-07):

「青年の主張」のようにストレートな展開は小気味よいのですが、同時に底の浅さをみせてしまうと思いました。 「汚れた空だからこそ浮き上がる  青」 2つの空が同時に見えているのだとしたら、自分の空だけは青い、それは浮き上がる、だから世間に浮いてしまうことをおそれて、まわりと同じにする、そして自己愛に通じていくのかなと思います。

0
まりも (2017-10-09):

朗読を意識された作品なのかもしれませんが、繰り返しというのか、同内容のリフレインが、少し冗長な印象を受けてしまいました。 でも、すうっと胸に入って来る。ある種の潔癖症である語り手・・・自分だけは、せめて「正しく」あろう、と思う純粋さ、自分は汚れていない、無垢な者として生まれて来たはず、という信頼・・・が、〈自分にも裏があると/分かってしまった今では〉という誠実さに、いわば、身内から裏切られる、その悲しみ。 〈汚れながらも/穢れながらも/生きていればこそ〉、〈わたしはまだ諦めきれずにいるから〉と呟く強さは、世界はきっと、美しい、という、強い信念があるから、かもしれません。そうあってほしい、と思います。

0
なかたつ (2017-10-21):

 希望や理想を抱きながら生きることは、楽しいことなのでしょうか。いや、きっとそれは苦しさを伴うものだとこの作品を読んで思いました。  展開は、いわゆる「正しく生きること」「善いとされること」を律儀にこなす語り手がいて、周りに迷惑をかけないようにと、縮こまって生きるその苦しさが描かれています。「身体中に力が入って/ちっとも楽じゃなかった」と。  そこからふと故郷の話が挿入されます。故郷の5月が好きだと。そこから、「自分にも裏があると」気づいてしまって、この挿入が見事に起承転結の転の役割を担っています。(思えば、ユーカラさんは沖縄出身でしたよね。梯梧(でいご)に、惹かれました)  でも、裏があるのは気づいてしまった今からではなく、「今に始まった事でもないし」と、最初から裏があるのだと、開き直りをします。それでも、「何を見て/心を震わせるのだろう?」という疑問符を投げかけているのは、正しく生きること・善いとされることをするという理想を白紙にしたからこそ、代替物としてすがりたいものを改めて探しているのでしょう。  空を見上げ、手をかざす。そして、ふと第二の気づきがある。「汚れた空だからこそ浮き上がる/青」の展開は、見事です。自らの生き方そのもの、と、空と手のイメージを重ねて対比させるということ。  正しく生きることは息苦しいことであり、自らにも裏があることを知り、一度白紙になった理想でも「本物の美」や「本物の青」があると、新たな理想を追い続けるというのは、まるで求道者であるような、そんな泥臭い語り手の生き方に惹かれました。

0
二個優 (2017-10-21):

手を洗わなくなってくれて、よかった。読み終えた後で安堵した自分がいました。 潔癖なくらい余白を許せない生き方で、今まさに辛さを感じている人、またかつてそうであった人へ響くものがあると思います。 共感する詩だと思います。 まりもさんも指摘されていましたが文字として処理するよりも、 音として朗読された形で(例えばCMなどの形で)、不特定多数の生き辛さを抱える人たちに流したい。届いてほしい。そう思う詩でした。

0
ユーカラ (2017-11-01):

homa さん、 講評をお寄せいただき、誠にありがとうございます。返信、大変遅くなり申し訳ございません。しっかりとしたお返事を、と思うほど却って書けなくなってしまっていた次第です。 この作品に共感を覚え、泉のように湧いてくる生命力を感じて頂いたとの事、勿体無いお言葉を頂き、大変嬉しく思います。自らを振り返ることで、他の方と繋がる事ができたこと、この上ない幸せだと思います。今後も精進して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。また、この作品を「好き」と言っていただき、ありがとうございました。嬉しいです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん (2017-11-02):

真面目に正しくあろうとするのは良いことですけど、それはある種の潔癖で病気だとかとはまた違うハンディキャップですよね。 働くようになってからの自分を見ているようでした。自分がまた手を洗おうとした時に是非読みたいです。

0
ヒロツカトウゴ (2017-11-05):

「何度も何度も手を洗う」という行為は、「汚れたくない→正しくありたい」という無意識的な要請として、しばしば不潔恐怖症の症例の背景として現れる、とものの本で読んだことがあります。 汚れたくない、綺麗なままでありたい、というのは、社会に対する嫌悪感であったり、またそのような社会に馴染んで生きている(かのように見える)大人にはなりたくない、という、成長する一方で、それを拒む心理をも抱えている状況と察します。 それはともかく、ここでは、体験談としてでなく、詩作品として提出されているので、そのへんで言うと、真っ直ぐ過ぎるかなという感じがしました。言葉ではなく、全体の進みかたが。整いすぎているというか。 汚れたくないということと、そういう社会にそこそこ馴染んでしまったこと、けがれのない美しさとけがれあるなかにあるがゆえの美しさ、そのような対比のうちに、「本物の美」のあること、またそれへの憧れを表そうという意図があるのかもしれませんが、完結してしまっているので、読んでいるこちらとしては、残念ながら、そこまで視線が伸びない。 読みやすくはあるし、真っ直ぐな調子は爽やかでもある、空の青と悌悟の花の赤のあたりは目を洗われる鮮やかさを感じました。 ついでに言うと、既に社会に馴染んでしまったとすれば、そして、その汚れた現在だからこその美があるとすれば、その瞬間を待つまでもなく、あらゆる瞬間に見いだしうるようにも思います。

0
m.tasaki (2017-11-06):

ユーカラさま 初めまして。 中原中也の「汚れちまった悲しみに」を思い出しました。 諦めきれないからこそ悲しいということには、非常に共感します。 また、そうであるからこそ、本物の美が隠れていることに気づくことも。 その悲しみと、本物の美への期待が、詩作の原動力になるのだと思います。

0
石泥 (2018-01-17):

はじめまして。 決別するような、爽やかな気持ちになれました。 僕は詩の事があまり解かりません。しかしたとえどんなものであれ、成り行きを離れた決意は美しく、その美しさがそのまま現れているように感じました。 すごく気持ちがいい詩です。 冗談のような話ですが、私はお昼ご飯のお弁当を外で食べることが多く、割り箸を地面に落としてしまうことが多いのです。 その箸を洗って使う事を辞めました。 土だけ払い、そのまま使うようにしています。 少しでも動物の体で居たいんです。 まったく関係ない話かもしれません笑。

0
みうら (2018-01-17):

今作はユーカラさんの投稿作品の中でも一番好きかもしれないなあって、とても気に入ったので、朗読してみました。 https://youtu.be/BD6DY-dz5sQ

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1