井戸 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

井戸    

心が静かな時、 それはしばしば心が空しい時でもあるのだが、 私は、 時の井戸のそばに立っている 私はそれを覗き込む まさにその最も深い所にあらゆるものの誕生があった 潤うばかりのこの井戸が、 忘れがたいことだけでなく、 忘れていたことまで湛えている 追憶に際限はない 時の井戸はますます深くなる 眸の曇りは取れてゆき、 目前の画面の汚れも取れてゆく より澄んだ視力で井戸の底の底に映る己の暗い顔を見る あの頃、さらにあの頃、そしてさらにあの頃に、 我々はより弱い己を見つける 弱い者を疑い責めることは苦しいことだ 弱い者が誤るのは当然ではないか しかし我々は弱い者のためを思って、弱い者に教えを与えよう それで弱い者が少し強くなることもあるが、 弱い者が反抗して、思いも寄らない強さを発揮することもある だから我々はあの頃本当に弱かったのだろうか むしろ強かったのではないか こう考えることこそ弱いことではないのか こんなことを考えて何になるのだ 現代に井戸を覗き込むことの意味は何だ 無意味とは言わない 二度とあってはならないことが過去にあったし、 過去のことを参照して学ばなければならないということもあるから そして何より、過去は真実である しかし心構えが歴史的過ぎることで、 何かが誕生することを妨げるようにも思うのだ 今いったん、こんな井戸から離れるがよい 過去の奴隷になってはいけない 難しいことかもしれない そしてもっと大事なことは、 危険なことかもしれないということである でも埒もない追憶に、この心身を縛られたくはないのだ


作成日時 2021-07-13
コメント日時 2021-07-31

井戸 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 612.0
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:612.0
2021/09/20 19時28分48秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

井戸 コメントセクション

コメント数(6)
まさ
まさ
作品へ
(2021-07-13)

拝読させていただきました。 詩のなかでは明示されていませんが、 恐らく過去の戦争が題材になっていて、 私は現代の日本人が書く反戦詩が大っ嫌いなのですが、 本作の価値は、じつはそこではなく、 過去の奴隷になるのは心が空しい時であり、 こんな井戸から離れるがよい、という 自分との葛藤と、現在と向き合う姿勢が描かれている部分にこそ 価値があるのだと思いました。

1
yasu.na
まささんへ
(2021-07-13)

お読み下さりありがとうございます。  そうですね、過去の戦争は念頭にありましたが、それは私が念頭においた多くの事柄のうちの一つでした。私はもっと広く個人および集団の過去の経験のことを思っていました。過去を見る井戸から離れることは危険なことかもしれないけれども、単に心が空しい時、つまり非創造的な時に井戸を覗くのでは、過去の奴隷になってしまいます。創造的な状態にあって過去を見るということは、なかなか稀なことであると思いますが、望まれることだと思います。  表現の形が詩であろうと何であろうと、自己の中に内在しないメッセージを表現するのでは大失敗です。やはり表現は、人の個別的な、そして本性的な内的経験から出るのがおもしろいものだと思います。そういうものこそかえって他者に届くのではないでしょうか。  この作の中に、単純なメッセージではなく、私の内的葛藤を見つけていただけたようで良かったです。

2
YUMENOKENZI
作品へ
(2021-07-31)

筆者様の "井戸" とは、私にとっては "鏡" なのかもしれません。 湛えた水が、深くて清らかだから、真実を忘れさせまいとする何か目に見えない力が、覗き込むその人に働きかけているように感じました。 自分の内面に素直に向き合う姿に心打たれます。

2
yasu.na
YUMENOKENZIさんへ
(2021-07-31)

 お読み下さりありがとうございます。  ここでは「井戸」というモノを使って表現してみました。私は作中に何かモノを登場させて表現することが多いのですが、その腕前には自信なく、こういうことを続けるのがいいのか頻々と自問しています。  でも全体から「力」、「真実を忘れさせまいとする何か目に見えない力」が浮かび上がったことは、私には非常な喜びです。

2
エイクピア
作品へ
(2021-07-31)

井戸=イドではなかろうかと思いました。無意識界。当然過去に対する反省が主眼ではないでしょうが、内省が深められていると思いました。

2
yasu.na
エイクピアさんへ
(2021-07-31)

 コメントありがとうございます。  今、大辞林で「イド」という語を引きました。知らないことでした。知識の交換という意味でもこういう場はありがたいものですね。  フロイトの精神分析の用語であるとのこと。  無意識の領域には何もかも(未来についての思いさえ)現在よりも古いものに変化させてしまう力があると私は感じています。そういうものを見つめる自分を書いたのがこの作です。  反省は確かに主眼ではありませんでした。  井戸を覗き込むことは、なるほど、どこかイドを見ることを思わせますね。  もう少し学習してみようと思います。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1