ふるさと - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ふるさと    

つきのうさぎは ストレスによわかったようです ぼくがうまれたころには 亡くなっていました あおい山のふもとでは おとなたちがあせをながします けれどぼくがみたときには 腰をおさえてくるしそうでした うみの最果てでは あわいひかりがただよっていましが ぼくのみまちがいでした ほんとうはくらくておもいんです ぼくたちのふるさとは死にました こころの中でかろうじて生きてはいますが それも長くないでしょう ぼくたちは 葬儀のじゅんびをしなくてはなりません


作成日時 2021-04-08
コメント日時 2021-04-08
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ふるさと ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 347.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2021/04/17現在)
叙情性2
前衛性0
可読性2
エンタメ0
技巧0
音韻0
構成0
総合ポイント4
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:347.4
2021/04/17 23時42分07秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ふるさと コメントセクション

コメント数(2)
沙一
作品へ
(2021-04-08)

つきのうさぎ、じっさいにいるわけではないけど、古い時代に月を愛でるひとたちが空想していたもの。近現代における科学の台頭以前の、無垢な幻想への郷愁を思いました。 葬儀って、物質的に死んだときに行われると思うんですね。だから葬儀をしたからといって、ひとのこころからも死んでしまうわけではない。だけどこの作品では、こころのなかでも死んでしまいそうだから、葬儀の準備をしなくてはならないという。 あくまで私の解釈ですが、もし、死んだ幻想への郷愁が葬儀に向かわせるとしたら、その葬儀そのものも幻想であるように思えてなりません。 個人的な話になりますけど、私は泉鏡花が好きで、その作品を読むたびに、古きよきこの国のひとたちの精神性、つまり私たちのふるさとが、こころにまざまざと蘇る思いがします。 だからこそでしょうか、こころのなかでも死んでしまいそうだから葬儀の準備をするなど、あまりに短絡的ではないかと感じたのでした。 こころのふるさとは、それを想うひとがいるかぎり失われることはないはずで、そしてこころにふるさとを蘇らせることは、それを意思するひとがいるかぎりきっと出来るはずです。

0
白萩アキラ
作品へ
(2021-04-08)

>あわいひかりがただよっていましが >ぼくのみまちがいでした 単なる誤字かなとも思うんですが、この2行ちょっと面白いと感じてしまいました。 「いましが」って何だろと初読時に引っかかりまして、その次の行で「みまちがい」という言葉があったので笑ってしまいました。もし狙ってたら凄い。 もしかしたら「今し方」と言い掛けて止めたのかな、とか色々考えたりしましたが、やっぱり誤字なんでしょうか。 詩全体の感想を真面目に書くと、個人的には、過疎化が進んだ地域にいる唯一の若者的な、そういうイメージが湧いてきました。 自分が産まれてきた時点で既にストレスまみれ、物心ついた時から周りには老人しかいない。 そういう寂しさのイメージを私は感じました。 違ってたら申し訳ないですが。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1