peace dead land - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

peace dead land    

風の音が死に近づく音のようで優しい、と私は思う、何度も削り取られた、貴方の目が夜、違う、貴方では無く、誰か、誰かの目が、夜、夜に近づく、目、メ、め、誰かの闇がまた落ちてくる消灯された部屋は深海のようだ、テレビをつけたままで、部屋にある少ないものには全て蒼い影が付着している、表面だけがテレビの放つ雷光に薄く発光する、私も影の1つとなり、湖に寝転ぶように布団に沈む、横向きに丸まって、胎児の形で、ぼんやりとテレビの画面を見つめる、残像めいて過ぎっていく人々の残滓、女性アナウンサーはにこにこしてる、人を殺してもあんなテンションで居そうだ、あの本を捲った時の匂いを覚えているけどその続きは溶け落ちて焼け落ちた、洗濯機が疲れたライオンみたいな微かな唸り声をあげる、投げ出されたスマホのライトが何かの通信信号めいて明滅する度に深海の蒼い闇の濃度が僅かに変化を繰り返す、蒼い闇の中に記憶をぼんやりと投影する、貴方の顎のライン、頬から目にかけて、奇妙に白い肌、アラバスター・スキンと言う言葉を思い出す、目?メ、メェ、めぇ、と鳴く羊、を、数える、私の想像の中で、羊は、紫の瞳を持つ、呪いのかかったじゅじゅちゅし達の杖の先でホッケーの玉みたいに運ばれる神話におりものが付いてる、それと、ちょっとした血も、誰かの悲しみも私の痛みも、マック・シェイクのようなもの、だ、ちょっとした、私は明日もスマイルするだろう、明日も、明後日も、永久に、スマイルするだろう、スマイル、すまいる、涙で滲んだ視界に漁り火のような、テレビの画面のような、貴方のような、紫の瞳のような、横顔、エメラルドの牙とあくまでも突き立てる中指、魂が織り成す色相と天候が、私には、貴方には、意味が無くて、私はそれが良い、貴方の声は幽かな雨、幽かな歌、永遠の名に相応しいと私が笑う、風の音に雨音が混じり始めた、テレビのCMが次々に切り替わる、幽かな、歌が、頭の中で鳴り止まない、何処かで、にぁ、と声がする、羊だろうか?いいや、猫だ、その猫は酷く大きくて飢えている、私の眼はテレビ画面を捉えたまま、視界がぼやけて、瞼が落ちそうだ、歌が、鳴り止まない、頭の、中で、雨の音が死そのものの音のようでとても優しい、と私は思う、酷く大きな猫は私に覆い被さって再びにぁ、と鳴く、鋭い爪が私の肩を捉えている、あぁ、飢えて、居たのだね、飢えて居るのだ、猫の尾は私の内蔵に刺さって居る、歌が止まないようにと私は祈り続ける、薄く引き伸ばされた闇の中でカーテンが揺れている、猫の体は重たくて柔らかくて暖かい、私の目を捉える猫の双眸はアメジストのような紫色だ、闇の中でもそれがはっきりと見て取れた、だから、私は、ウタ、と、ワタシ、が形作る1つの島に、ネコ、を招き入れようと思った、招き入れたかった、だから、抱き締めた、猫はまたにぁ、と泣いた、1つの死を抱きとめるように私は眠る、それは生を抱きとめることによく似ていた、平和の島で、優しい死の音に包まれて、私はもう眠っている。


作成日時 2021-04-08
コメント日時 2021-04-12
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

peace dead land ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 481.2
お気に入り数: 1
投票数   : 2
ポイント数 : 2
#現代詩
項目全期間(2021/04/18現在)
叙情性1
前衛性0
可読性0
エンタメ0
技巧1
音韻0
構成0
総合ポイント2
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:481.2
2021/04/18 00時43分19秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

peace dead land コメントセクション

コメント数(4)
沙一
作品へ
(2021-04-08)

わるくないのですけど、詩というよりも、情景の説明のほうが勝ってしまっているように思いました。描く情景が叙情的だから詩なのか、書く文章が叙情的だから詩なのか、考えさせられます。もちろんどちらも備わっていれば良い叙情詩になるであろうという気はしますが。先にも述べたように、この作品では前者、つまり情景のほうばかり叙情的で、それを描いている文章のほうは淡々と説明的になってしまっているように見受けられました。もっと文章を研ぎ澄ませることができるのではないかと感じます。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-04-08)

映像が目まぐるしく点々、転々としていく様に圧倒されました。、は私にとってギアのような役割を持っており読み進める度に加速させてくれました。とても面白い詩でした。

0
わたしも
わたしも
作品へ
(2021-04-12)

 学生の頃、美術の「デッサン」の授業の時、同じ物を描いているのに、ああそんな描き方をするんだと思わせる友人がいました。とても細やかなタッチで描きます。その友人が描いたような〈深海〉の〈消灯された〉あなたの部屋で、あなたの視たものが描き出される。  読む速度とそれが解像されて、目にそして頭脳に、入って来る速度をコントロールできないままに読んでしまっていました。次は、ゆっくり読んで〈風の音が死に近づく音のようで優しい〉感覚を保ちながら読んでみました。〈雨の音が死そのものの音のようでとても優しい〉経験をしながら、あなたの詩を読んでみました。  そして、〈平和の島で、優しい死の音に包まれ〉ながら、わたしは眠りました。

0
neue Ära records
作品へ
(2021-04-12)

んー、これはダメだとおもうようー。確立されてるスタイルだから真似してみたくなるんだけどね、なんか薄くなっちゃったカルピスか気泡がでないビールみたいに味気なさだけが残るんだよね。でも逆にこういう風になるのかあって勉強になりましたー。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1