雨光 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

雨光    

空から降るものは いつも正しい 嫌われるものが好きで 瞬きは悲しみを 打ち払う 手首の折れる音 目を覚まさないように 夢の中を歩く 大通りで 媚びた目をした 野良猫が腰をくねらせる それを踊りと言うのか また気が付いて のろいみたいに 朝を迎える 早すぎた別離 定められた終わり 祈り ひとりぼっちの願い 他人の空似 空から降るものは正しい 差し伸べた手で 受け止める 雨は重い 形があることは とても救われない 溜め息をつくばかりの かみさまと 笑い続ける天使 雨 光の音


作成日時 2021-03-01
コメント日時 2021-03-12

雨光 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 688.1
お気に入り数: 2
投票数   : 1
ポイント数 : 2
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント22
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:688.1
2021/06/18 16時50分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

雨光 コメントセクション

コメント数(6)
なかたつ
作品へ
(2021-03-06)

 「空から降るものは/いつも正しい」というのがキラーフレーズで、かっこいいフレーズで目を惹きながらも、では、その意味はと問われるときちんと掴めないでいます。「正しい」があれば、「間違っている」もあるのでしょう。  「正しい」や「間違い」は誰かの価値判断であって、レッテルではないですが、誰かが値札をつけるような行為だと思っています。というのも、「野良猫が腰をくねらせる」ことを「踊りと言うのか」というのも名づける行為であって、その動きは名詞ではなく、単なる動きなのですが、どうしても人は何かを付けたくなってしまう、そんなことを考えました。  名前や価値を付けるということ、そんなことを考えながら作品を読みながらも、主題にあるのは「音」なのでしょう。じゃあ、「音」って一体何なんだろうと。一般的に言えば、何かが動いた痕跡、何かがそこに在るということの証明、とでも言えそうですが、この作品に寄り添って言えば、「形があることは/とても救われない」という言葉をとって、「音」が「形のないもの」としてこの作品では扱われているのではないでしょうか。「溜め息」も「かみさま」も「天使」も概念としては何となく理解できますが、人間の目で認識できないという意味でいずれも形のないものであります。そのままに「雨/光の音」という終わりへと結ばれています。  何となくこうしたキーワードを掴みながらも、このままではこの作品にある想いのようなものを掴めていない気がしています。特に目を惹いたフレーズが「他人の空似」という言葉でした。「空似」って、口ではいうことがあっても、そういう字をしているのかと。「祈り/ひとりぼっちの願い」と、敢えて「ひとりぼっち」であることが表明されています。これも「早すぎた別離」という行とも結びつくものです。  「音」が形のないものとして扱われていると述べたのですが、やはり、何かがそこに在ったという痕跡として、形がなくて、音だけが在るということ。それらのことと、こうした「ひとりぼっち」や「別離」といったかつてあったという過去とやんわりと結びついていて、痕跡を追っているということに主題があるのだと掴みました。

0
妻咲邦香
作品へ
(2021-03-07)

その正しさに埋もれながら私たちは生きているのかもしれないし、また生きていかなければならないのかもしれない。終わってしまうことで自由の本当の味をいつも教えられているような気がします。

0
ネン
なかたつさんへ
(2021-03-11)

丁寧に読んで下さって、コメントまで頂けたことに感謝します。有り難うございます。 別れ、というものも形のないものの一つですね。始めようと思えば出来なくもないのに、ただそういう状態であることを望んで留まる。頭の中にはいつも整理の付かない別れがたくさんあるので、それが作品にも出たかもしれません。 形にならないで抱くだけの想いが少しでも伝われば良いのですが。光ですらうるさく、雨はのしかかり、何かになる前に既に全てが忙しいのです。

0
ネン
妻咲邦香さんへ
(2021-03-11)

感想有り難うございます。 天、と古来より散々仰いで来たように、何故人は空を神の住まう所だと思ったのか、分からないのです。それが間違うことはあってはならないのか。 自由の味は苦いです。

0
エイクピア
作品へ
(2021-03-12)

垂直の正しさを思いました。垂直に侵入するものはサンタクロースであろうかと思いました。日本の家屋では煙突が無いので大丈夫であろうかと思いました。フォルムの悲劇はありきたりではなくて、笑い続ける天使を凌駕する大天使長が居るような気がしました。

0
ネン
エイクピアさんへ
(2021-03-12)

コメント有り難うございます。 サンタクロースもまた正しいのです、日本家屋にも煙突が是非とも必要です!いやそれは冗談ですが。天使の階級については、考えていませんでした。しかめ面をしているかも。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1