誘導道路 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

誘導道路    

濡れ始めた森から鳴らされた音楽を 蚕の糸のように 身体に巻きつけながら眠る 伝言を残した紙は 製氷皿の中に沈められて 読まれる時を待つ 凍結までの気負いない道 穴の向こう側から逆さに手を振って、あるいは振り抜いたりして あなたの独歩を招いている ニ歩で消える一文字 カチッと照らした


作成日時 2020-12-08
コメント日時 2020-12-19

誘導道路 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 933.6
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:933.6
2021/06/18 17時47分33秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

誘導道路 コメントセクション

コメント数(5)
ささら
ささら
作品へ
(2020-12-09)

 コートに身を包んで冬の夜空のもと佇んでる気分になりました。冬の質感や情感が、濡れ、蚕の糸、氷中の伝言などに現れてると思いました。  手前勝手な感想ですが八行目の、穴、というのがしっくりこず何度も読み返してます。しかし独り歩く道のりの雰囲気は伝わりました。  最後の行では感覚的に読むだけでなく、冷蔵庫の灯りの連想もできて楽しく読ませていただきました。

0
n
ささらさんへ
(2020-12-09)

丁寧に読んでくださってありがとうございます。穴、は、製氷皿に沈められた伝言≒紙が地上を見上げた時の視界をイメージしています。ともあれ、好きに読み取っていただければいいのです。

1
なかたつ
作品へ
(2020-12-12)

 僕にはこういうかちっとして、しゅっとした作品は書けないなあというのが一読しての感想。ただ、この作品における、かちっ・しゅっというのは、まるで林や髪を梳いて隙間をつくっているというよりかは、液体が個体になって密度を増しているように思えます。というのも、名詞が重たいのと一行一行の繋がりが不可欠となっていることからです。  一行目は、「音楽」という何でもない名詞を「濡れ始めた森から鳴らされた音楽」と説明しており、連体詞を繋ぎ合わせることで限定的になるはずが、実はその「音楽」の内実が読み手から離れていくような感覚があります。名詞を彩ることで、その名詞は色をまとい、限定的になるがゆえに、それが語り手の見ている世界というものを確固たるものにするゆえ、作品内世界が凝縮されて、読み手のいる世界とは別物であるということを思い知らされます。  「伝言を残した紙」もどういった伝言かは語り手のみぞ知っているわけですが、「製氷皿の中に沈められて/読まれる時を待つ」というこの二行が僕の興味を惹きつけました。何となくご存じかもしれませんが、最近ツェランの「投壜通信」について話し合うことがあったのですが、そのイメージと結びついてきます。ただ、製氷皿の氷が融ける、つまり、その氷を使う瞬間というのは、もしかしたら夏が来るまで待たないといけないとか、誰かから語り手に宛てられた伝言なのかとか、語り手から誰かに宛てられた伝言なのかとか、もし語り手から誰かに宛てられた伝言だったとしたらその方を部屋に招いて氷を用いた飲み物を提供しなければ伝言されないだとか、特にこの最後の想像が僕の勝手なフェチ想像になるのですが、伝言の紙をそのまま誰かに宛てるのではなくて、(伝言の紙が入った)氷が入った飲み物をもてなして初めて伝言される何かというのが、勝手なロマンチック想像です。でも、何を伝言するのかと。  「穴の向こう側~」の部分は、正直よくわからなくて、というのも、この「穴」は「穴」なんですよね。前段で散々「名詞」が彩られているとか述べたのですが、この「穴」はやっぱりただの「穴」で、どんな「穴」なのかが全くわからない。しかし、重要なのは、「穴」そのものがどう在るかではなくて、「穴の向こう側から」手を振っているというその動きに重きがあるのでしょう。そして、「あなたの独歩を招いて」おり、やはり、先ほどの想像というのは、何だかあてはまるような気もします。招くことで、氷にまぎれた伝言の紙を読ませることができそうですね。  でも、「二歩で消える一文字」を「カチッと照らした」と終わり、語り手が「カチッと照らした」のであれば、それは誰のために照らしたのかと言えば、語り手のためであるような気がします。少なくとも読み手には具体的に提示されていないので、語り手だけが知る情報として作品内に取り残されている。つまり、「伝言を残した紙は/製氷皿の中に沈められて/読まれる時を待つ」にこの作品のポイントがあると思っているのですが、この氷は少なくとも今時点では融けておらず、読み手がその伝言の紙を読むことができない。つまり、この作品自体が氷の中に取り残された「伝言の紙」になっていると言えるのでしょう。

2
r
r
作品へ
(2020-12-13)

0
n
なかたつさんへ
(2020-12-19)

返信が遅れました。細かく読みといていただき感謝しています。 重たいということをあまり自覚はしていなかったので新鮮な気持ちで読んでいました。自分の中で凝り固まっていたものを、少しずつばらばらにして分かりやすくする要領で書いているつもりですが、出来上がった作品を見たときにまた凝固しているのかもしれませんね。 意味を持たせている名詞とそうでない名詞の差が大きいので、読み込んでくれている人ほど違和感をおぼえるのかもしれないです。「最後の想像」、いいですね。 >つまり、「伝言を残した紙は/製氷皿の中に沈められて/読まれる時を待つ」にこの作品のポイントがあると思っているのですが、この氷は少なくとも今時点では融けておらず、読み手がその伝言の紙を読むことができない。つまり、この作品自体が氷の中に取り残された「伝言の紙」になっていると言えるのでしょう。 おっしゃるとおりです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1