はてなようせい - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

はてなようせい    

脱衣所で あーー、あーー。 ロッカーの白さ やっぱ残って、 惜しまあーー、ない 四段か。なんのことはない  非東北人而何為欲学於東北也 冬には 白文で 読めなきゃ 親戚は 山の 地方都市に ハリー・ポッターが萎縮している、 質屋の倉庫の矩形の中に 昔から 港湾都市は 脱衣所に 小学生のまほ は音楽がだい好き 四辺形 たいかくせ~ そして 幸ひはまさに〈山岳〉の向こうに、 ナンノコトハナイ! 大会のないしゃべらない高校球児くんに できればlarge-Cの球場で抱かれていたい(汗) 白いおなかに花をのせていあんしいてあげる ベルトの金具ばかのふりではずしてあげる・・・ 〈知恵の輪〉 ハノイの輪を組み換えている ボクには知恵がないのであった。  死則爲惜耶しせばすなわちおしまるるか 学――バントを送る軽率さに なんのことばないの、なんだよう ここはアコースティックギターの市街。 ボクのきらいな楽器が似合うらしい街。 生まれはここ、育ちはここから決める。

scroll


作成日時 2020-09-16
コメント日時 2020-09-19

はてなようせい ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 1009.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 3
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/04/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ11
技巧11
音韻11
構成00
総合ポイント33
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ0.50.5
技巧0.50.5
音韻0.50.5
構成00
総合1.51.5
閲覧指数:1009.5
2021/04/22 03時33分03秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

はてなようせい コメントセクション

コメント数(5)
&
作品へ
(2020-09-17)

これは仙台(?)なのでしょうか。「白いおなかに花をのせていあんしいてあげる」という言葉が素朴なようでどこかエロティックな響きを持っているように感じました。その次の「ベルトの金具ばかのふりではずしてあげる」というのもまた幼さと成熟した賢さを兼ね備えた何かのようで、あるいはそれが「はてなようせい」なのかもしれないな、と思いました。秘密で飾られた、不思議で素敵な詩でした。

1
鳴海幸子
&さんへ
(2020-09-18)

コメントありがとうございます。(半分「!」)そうかー、ボクってエロいんだー。 本家の「はてなようせい」はやっぱりのっぺりしたキャラクターで、というのはつまり、素材が少ないからで、そういうミッシングピースをあるいは埋め、あるいは埋めずに、秘密のかんざしを挿してコンテキストを無視して飛び回る、電子の妖精とみんな遊んでたのでしょう。でもこの詩は、そのような遊び方を自ら避けるはずです。

0
沙一
作品へ
(2020-09-19)

「脱」がキーになっているかのようで、脱衣所をはじめとして、ベルトの金具ばかのふりではずしてあげたり、知恵の輪というかハノイの輪を組み替える動作だったり、ここでふと脱構築がおもいうかぶ。脱色された色としての白のイメージ、白文、白いおなか、まっさらなものへの希求のような。さいごの、生まれた街へのささやかな厭悪、育ちはここから決めるという、先天的な環境から自由意志を以て脱していこうとするかのような表明。あるいは詩による脱構築。 詩を書こうとすると、どうしても言葉に気取りや飾り、それを修辞ともいうが、そうしたものが表れてくる。平易で素朴な言葉をつかおうとしても、それがかえって詩の修辞になっているようなことさえある。そもそも「詩」を「書こう」とすることそのものがある種の気取りなのかもしれない。そうしたことを否定したいわけではなく。 なにが云いたいのかというと、この作品における語彙は、とても真摯だということ。修辞がないわけではないのだけど、詩を詩らしく書こうとする気取りや飾り気がなく、あるいは詩を詩らしくない言葉や平易な言葉で書こうとする逆張りとしての気取りや飾り気もなく、作者自身にとってごく身近であたりまえの語彙によってまじめに自然体で書かれているのだと感じられる。たとえば漢文、ハリー・ポッター、高校球児くん、ハノイの輪、そうした作中のあらゆる語彙から作者像が帰納されてくる。それは「はてなようせい」という名や画像からそのキャラが演繹されるような仕方とは逆に。 ややもするとエキセントリックにみえるのは、エキセントリックであることがこの作者にとって自然体だからではないだろうか。

1
鳴海幸子
作品へ
(2020-09-19)

そのために書き直したので、最後の行まで読ませることができて良かったです。 https://www.youtube.com/watch?v=BgiXBf_gShQ 聴きました。思い出して当然って思う。困ってしまいます。

0
鳴海幸子
沙一さんへ
(2020-09-19)

なんでこのタイトルなのか言う必要がありそうですね、2つあります。  詩そのものに関わるただ1つの狙いは、ターゲットを絞ること。ちょうど12年前に小学校入学を控えていた、同い年の人に見つけてもらおうとしたのです。その人たちが一番共感してくれる読者のはずですから。「何為欲学也」への回答は、彼らそれぞれが「決める」。語彙の件について、それは作者をあぶりだすというのには至らず、この世代の人間というカテゴリーを喚起するというだけのことではないですか?もっとも「懐疑主義」の頃と比べれば(生きることに)真摯であろうと努めていますが。(囲碁を打ってた時、他校の先生から「君の碁はなんか、熱い」って褒められたんですね。やっぱそういう、主人公らしい真摯さが根にあるんですね~。)  それだけじゃないです、実は、ボクはそのことでボクが癒すべき「しゃべらない高校球児くん」を捕まえようとしていた。このシーンがなきゃつまらないよ:)  もうひとつの理由は、この詩には直接関係ないのですが、ボクが詩を書くことででやろうとしていることは、ボクたちがはてなようせいさんに教え込まれた(?)所有の決まりごとそのものを拒否することだからです。これは「全裸パーク」や「「名前」禁止令」の延長ですが、オブジェクトがただ自分だけに紐づけられた状態はもったいないと思います、名付けが許されないものを見たいです。  「脱」、流石。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2