Daughter - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Daughter    

曇天 娘は帰って来ない 朝方の六時を過ぎているというのに     「もちろん娘は過保護が必要な年じゃない」     「お父さん?お父さんが今でもNo.1よ。でもね私は自由が欲しいの」 自由 甚だ定義が曖昧な言葉 曇天 私は自由そのものが結果的に個人の自由を奪った事例をよく知っている 迸る血 逆流する体液 無限の時間 60年間虚偽の論文を書いていた心理学者は言う      人間は本来集団でしか行動出来ない種族であって個体を著しく尊重した自由という概念は、種存続のためには危うい特性を持っている。しかし文明が繁栄するにつれて、個々人の安全が確保された結果、自由を尊ぶ風潮が生まれた。私はこれを「自由の誤謬」と呼ぶ 雨が降り始めた 曇り空 まだ朝陽は見えない 娘未だ帰宅せず      「お父さん?私は自由が好きなの。何事にもフラットで縛られない考え方、生き方が。お父さんにはお父さんの気質があるから私のことをわかって、なんてワガママは言わないけれど」      「私は何も言わないよ。反論も否定もしない。ただぼんやりとした疑念があるだけだ」 「そう言うお父さんはいつでもNo.1よ」 時計は七時半を回った 不意に娘からのLINE 「今日はこのまま会社に直行します。心配しないで。私は元気でやってるから」 沈黙 形容し難い徒労感 私はコーヒーを淹れてほとんど眠れなかった心を落ち着かせる       「私は自由が好きなの」       「個性が大切にされないなんて考えられない」       「今の時代だってまだ保守的」 私は娘の言葉を思い返しながら、カフェインが喉を刺激するのを感じる ふと壁に貼り付けた幼い頃の娘の古写真が目に入る 開け放った窓からは穏やかな風が吹き込む       「私はお前が好きだよ。奔放なところも、進歩的なところも。ただ…」 そこまで回想して私は思考を閉ざした 今やもうそれが無意味なやり取りに思えたからだ 古写真の向こうでは娘が笑っている それは無垢に 無邪気に 私はそっとセピアに染まった写真に手を伸ばす       「お父さん?大切なのは自分がどうしたいかよ。そう思わない?」 娘が凛とした面持ちで言い切った 瑞々しい光が差し込む その瞬間 私は娘が永遠に自分の手から離れていくのを感じた 風は私の胸を優しく涼やかにさせる カップのコーヒーはいつの間にか空になっていた        「寂しい?お父さん」       「それはもちろん」       「ひとときのさよならだよ。ほんのひとときの」       「ああ また会える日まで」 風 曇天は去り 陽の光が雲の隙間から覗き始めている

scroll


作成日時 2020-09-16
コメント日時 2020-09-18

Daughter ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 920.8
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/05/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:920.8
2021/05/09 00時27分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Daughter コメントセクション

コメント数(4)
くおんと月夜乃海花
作品へ
(2020-09-17)

なんだか昔の自分を思い出しました。父親の感覚はわからないけれど、寂しい父とはこういうものなのかなと思ったり。 父は娘が人生の一部でそれでもいつかは離れないといけないなどしみじみとしました。

0
stereotype2085
くおんと月夜乃海花さんへ
(2020-09-17)

くおんさん、コメントありがとうございます!昔の自分を。くおんさん奔放だったのですね。この詩は別れ、離別の詩でありながら和解の詩でもあるのです。お互いの価値観を共有し認め合い、しばし離れるという。この父娘はまた出会うでしょう。その時二人がさらに幸せになっていることを願ってやみません。

0
真清水るる
作品へ
(2020-09-18)

素敵な父と娘だなあと、思いました。 漠然とイメージしたのは、昔の映画紹介で観たことのある小津映画のように 美しい所作と言葉の人々のいる世界を イメージしました。 心理学者の「私はこれを「自由の誤謬」と呼ぶ」なんて 言葉を反芻している お父さんの ゆれぐあいが、私には うつくしかったです。

1
stereotype2085
真清水るるさんへ
(2020-09-18)

るるさん、コメントありがとうございます!小津映画を思い出しましたか。そういう一面もあるかもしれないです。この詩の父娘は理想化されていて、ある意味ステレオタイプなんです。もっと厚みを持たせてリアリティを追求することも出来たと思うのですが、ここは僕の心の安定を取りました。父と娘の和解。美しいミュージカルやオペラのようにそれが描けていれば幸いです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2