蝉はもうじき全部死んでしまうだろう - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

蝉はもうじき全部死んでしまうだろう    

空腹に黴生えて 財布に金はなし 寂寥に心は泣きぬれて 身体はどこまでも渇している 本を開けば目は文字の上を滑り 夜の静けさを感じれば夏 星は昨日と同じように美しく 明日も変わらず美しいことを予感させる 蝉はもうじき全部死んでしまうだろう 蝉はもうじき全部死んでしまうだろう 蝉はもうじき全部死んでしまうだろう 蝉はもうじき 血だけが沸くのだが 喧嘩をする相手もない 慰めもなく 星は今日もきらきらと もうすぐ秋になるのか もうすぐ秋になる もうすぐ秋に 蝉はもうじき全部死んでしまうだろう 星は昨日と同じように美しく もうすぐ秋になる


作成日時 2020-08-27
コメント日時 2020-09-17
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

蝉はもうじき全部死んでしまうだろう ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 753.1
お気に入り数: 1
ポイント数 : 3
#現代詩
項目全期間(2020/09/19現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント33
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合33
閲覧指数:753.1
2020/09/19 12時19分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

蝉はもうじき全部死んでしまうだろう コメントセクション


コメント数(10)
ふじりゅう (2020-08-28):作品へのコメント

&さんの作品で、リフレインを使っている部分はあまり見ない気がしており、珍しい事をされているな、と思ったりしました。 &さんらしく、時間の流れが非常に緩やかであり、静寂の中で静寂を想うような、空気を感じるような作風はやはり面白く思います。 リフレインの部分ですが、そこの箇所だけかなり浮いているような感じがしていまして、3回繰り返した意味合いを強度を持って伝えきれていないように思います。と言いつつも、私自身リフレインは難しすぎて殆ど使わないですので、じゃあどうすればええねんと突っ込まれると何も言えないのではありますが、「蝉はもうじき〜」をリフではなく、詩句の至る所に配置する方が、短時間で蝉が死んでしまう様をより伝えられる気がしますし、より伝えられる方法が、本作にはまだまだ眠っているような気もしました。

1
戸ヶ崎朝子戸ヶ崎朝子(2020-09-06):作品へのコメント

今日は。もうじき終わってしまうと言うのはなんとなく悲しい部分があると感じさせる作品ですね。楽しいことでも、面白いことでも余韻のように悲しいことがついて回ります。何となく作者の言いたいことを感じさせる作品ですね。

1
沙一 (2020-09-06):作品へのコメント

「蝉はもうじき全部死んでしまうだろう」というフレーズを強引にくりかえす。自らの死の予感を蝉に投影していると捉えることもできますが、この場合、あたかも死ぬのは蝉ばかりで、自分自身は死なないとでも思っているかのように聞こえます。ほんとうは人間だっていずれ死ぬ。そのことから目を背けるようにこの作中主体は「自分は」ではなく「蝉は〜」とうわ言のようにくりかえし、窮乏している事実から逃避するように「星は昨日と同じように美しく/明日も変わらず美しいことを予感させる」と観念的な美に酔っているのではないでしょうか。そこにエレジーを感じます。

1
stereotype2085 (2020-09-07):作品へのコメント

この詩いいですよね。蝉というワードが悲観的に、ある種の絶望を伴って使われている。蝉って盲目の人にも夏の終わりを知らせてくれるじゃないですか。だから本来希望とか光を持つものだと個人的には思っているんですよ。それなのに、いやだからこそかこの詩では念仏のように「蝉はもうじき全部死んでしまうだろう」と繰り返される。そこにあるのはとても主観的で人間的なエゴに近い希望の切り離し、に僕には思えるんです。モーリーというソロシンガーがソロワークスの初期に「絶望から始める それ以外に価値はない」と歌っているんですけどそれに近いものを感じました。でも日本は四季の移り変わりの美しい国。秋にも密やかに希望めいたものを感じさせることでこの詩は秀作になっていると思います。 ちなみに今日投稿する「予定」の自作にも蝉が出てきます。僕の蝉へのイメージが著しく投影されていると思います。それでは。

2
羽田恭 (2020-09-07):作品へのコメント

即興で返詩を俳句で。 もう秋に 蝉が眠りて 猫が食ふ 金もなく 空の財布に 蝉が落ち 蝉が死ぬ 秋の風吹く 日が暮れる 蝉が死ぬ 空見上げれば 秋の星 

1
&&(2020-09-17):ふじりゅうさんへの返信

コメントありがとうございます。リフレインの意図についてですが、この詩は繰り返される部分には変化をつけ、変化のある部分は繰り返すというあべこべな構造を狙って作った形式的な詩のつもりでした。変わらない日々の中で蝉の死と季節の変化だけが変化していく、その変化の部分をリフレインで表現したつもりです。最後の部分はそれまでの言葉のコラージュで、変わっていくものもより広い視野でみれば循環しているのかもしれない、ということを暗示しました。

0
&&(2020-09-17):戸ヶ崎朝子さんへの返信

ありがとうございます。もうすっかり季節も変わってしまいましたが、書いたころは丁度蝉のよく鳴いていたときでした。

0
&&(2020-09-17):沙一さんへの返信

ありがとうございます。自身の死の暗示も読める詩かもしれませんね。死をob-ject(前に―投げる)化することによって主体から目をそらすことは死を前にしたときに往々にしてあることなのかもしれません。もちろん、死以外でも

0
&&(2020-09-17):stereotype2085さんへの返信

ありがとうございます。蝉を希望の光とされるのは興味深い解釈で、対して僕の詩の中で蝉はやや悲観的な響きをもって描かれているかもしれません。ただ、僕はこの繰り返しのなかにひとつの希望を込めたつもりでもありました。

0
&&(2020-09-17):羽田恭さんへの返信

死ぬ蝉のこころ 抜け殻はうつろ

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1