直列つなぎ-┣うんこ!!┳うんこ!!┫-奥さんに会いに行くの変だよ。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

直列つなぎ-うんこ!!うんこ!!-奥さんに会いに行くの変だよ。    

 それで、佐川さんに学校の廊下で声をかけられた、今日いくらもってるのって。 「えっ?紙芝居ならもってるさ。」 僕は佐川さんはそのことをきいてるんだって疑いもしなかったんだよ。黒山が通りかかったから、おれは呼び止めて、「なあ、そうだろ、紙芝居だっ」っつった。  黒山が言いくるめて佐川さんは紙芝居をすることになった。佐川さんってこういうことにはなんか弱いんだよなあ。あっという間に伝言が拡がって、教室はぎゅうぎゅう詰めで、みんな変に緊張してる。僕はこの御時世、気を付けなきゃいけないと思って、なんで他の誰かが言い出さねえんだという非難もあって、窓開けよーぜーっていったらみんな僕をぎょっと見た。福山が「おい、さすがに佐川さんがかわいそうだろ」っていったのであっそうかーって思った。「ただでさえ男だけの中一人でやるんだぜ」佐川さんは僕をじっとみて震えていた。 「かったるいときにさー、巻き舌になるの変じゃ~ん」 お決まりの文句でも佐川さんではなんかソワソワするなって感じで紙芝居が始まった。と、佐川さんは急にマスクの紐を引っ張ってマスクを顔に食い込ませて観客に突進してきて急に床の上をぐるぐるのたうちまわって、あいつら興奮してわめいてやんの、こいつら(紙芝居の)楽しみ方も知らねえのー思ってぼくはすぐに体育座りをくずして佐川さんに向かって床を転がり始めたさ。ぼくと佐川さんはほこりが舞うなかすぐに衝突してからみあって、床の上で体を押し付け合って、ぼくは佐川さんの顔を間近で見たんだ、最高だったね。食い込んだマスクがちょっとずれて、濡れた口の中にほこりが入っちゃててさ、一番いいのはおでこだよ、マスクの紐で髪が固定されて、汗かいてるとこなんか丸見え。しばらく見とれてたらみんながぼくら二人を取り囲んでるみたいになってたからさ、ぼくは彼女の魅力がわかってんのは確実に僕一人なんだって確信したね。僕一人なんだ。あの黒山ですら知らないんだぜ!そしたら、僕は、ほっこりくせえじゃんっつってあいつらをかきわけてカーテンの中に手を忍び込ませて、鍵を開けたんだ。風がびゅっと入って来て、屈強な男たちと女たちが向かってくるのが見えた。ああ、佐川さん、こいつは素晴らしい。どこまでいい女なんだ。僕は君を犯した罰を甘んじて受けよう、君への思いのために!  先生はこの状況をみて、ぼくら全員に、十分後ピロティーに集まるようにと言った。僕はうきうきしてみんなが呆然としているなかを突っ切って、校舎を飛び出して、(坂を上って)、丘の上の市役所の玄関口を凝視して、炎天直下の中、屹立していたんだ。時間なんてわかんなかった。汗がどんなに流れてむずむずしたって、姿勢を保つことが、どんな身体の欲求を満たすことよりも優先されたんだ、だって佐川さんのことを考えていたんだもの。これについて、嘘じゃない。  みんながわいわいしながらバラバラにやって来たとき、僕は僕の覚悟を見せつけてやろうと思ってより胸を張って待った。やつらは、僕を完全に無視して、丘を東の方から下ってボール遊びを始めやがった。僕ははっとしたね。僕は場所を間違えていて、ピロティーというのは学校のピロティーだったんだ。やつらはとく説教を受けて、3時限目からの予定を消化している。ふと坂の方をみるとひとり黒山がとぼとぼと歩いている。ぼくはすぐに駆け寄って、どうだったかって聞いた。黒山は答えて、「いや、さすがにね、白状したよ。だって、あんまり佐川さんに悪いよ」。こういった言い方をするのは、皮肉なんだって思うかもしれないけど、全然そういうのじゃないんだ。黒山ってのはこういうやつなんだよ。僕なんていうやつも含めて、人を非難しない、そして女にやさしいのさ。僕は黒山の腹に腕で触れて、ごめんねーごめんねーバックレちゃったっていった。黒山はこれらのことがある間、ずっと歩き方を緩めなかったけど、結局ずっとそうだったんだ。丘を登って、また市役所のある左側から下りて行った。ぼくはおそろしくなって立ち尽くしたね。だって、あいつが耐えて、結局ぼくも、佐川さんも傷つけないようにした所を佐川さんは見ていたってことなんだから。黒山は顔がいい。どうしよう、黒山に佐川さんを奪われてしまったかもしれない。僕はとぼとぼと丘を登って、市役所の右脇を通って下りた。  ぼくはとぼとぼ歩くうちに、佐川さんが笑って僕を見上げているのを見つけたんだ。ぼくはとぼとぼ歩いたさ、だって、佐川さんであるものは佐川さんだったものじゃないんだ。いつだってそうなんだ、僕が好きなものは一瞬後にはどんな醜悪なものに変わっているか知れないんだ。ぼくはとぼとぼ坂を下ったよ。佐川さんは笑って僕を待っていて、「今日いくらもってるの」って。 「電気工場に行くんだろ、十分にはあるよ」 僕は高速道路の端っこに居た。佐川さんは善良そうな顔をして隣にいた。風が吹いて飛べそうだった。「大丈夫?マイルは足りるの」 佐川さんの発言はそれっぽいなって思った。僕もそれっぽいことを言おうと思って、「電気が走ってるねー」って言った。本当に高速道路の白線が青白く浮かび上がってパチパチいい始めた。  佐川さんは非常にそれっぽくなってしまったので、今は足元の土くれを粉々にしては、マスクをずらして食べている。実は僕は頭の右上のところではずっと黒山のことを考えていた。すると、黒山が市役所の裏にすわっているのがみえた。 「あいつさぼってやがる」 「え?私、あなたしか見ていない」 「黒山ってさ、風流なやつだよね。そう思わない?」 「あついよね、でも風か」 「風流ってのはさー。あいつ、雲を見てるんだぜ」 「暑いけど、今日は風が吹いているね」 (マスクにさえぎられて聞こえなかったのかな?) 「むし暑いなあ、佐川サガワさん、黒山クロヤマって風流なやつだよね?」 僕は黒山がいる方を示して、すると黒山が飛んだ。高速道路の下の方まで青白い線が続いていた。 こういったことがかさかきのうた。

scroll


作成日時 2020-08-08
コメント日時 2020-08-13

直列つなぎ-うんこ!!うんこ!!-奥さんに会いに行くの変だよ。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1462.1
お気に入り数: 3
投票数   : 0
ポイント数 : 110
#縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性11
可読性11
エンタメ22
技巧101101
音韻11
構成22
総合ポイント110110
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性0.50.5
可読性0.50.5
 エンタメ11
技巧50.550.5
音韻0.50.5
構成11
総合5555
閲覧指数:1462.1
2021/10/28 05時13分48秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

直列つなぎ-うんこ!!うんこ!!-奥さんに会いに行くの変だよ。 コメントセクション

コメント数(10)
沙一
作品へ
(2020-08-08)

題名と本文の落差にあくどさを覚えつつも、気になって読んでしまった私はおそらく負けなのでしょう。題名のうんこ!!にうんこ!!と反復するようにるびを振っているところもあくどい、やだなあ。 同じ世界に居るはずなのにみんな違うものを見ている。——私の読後感はそのような印象。 冒頭での意思疎通の齟齬にはじまり、集合場所を勘違いする主人公や、黒川さんを見ているのに佐川さんは主人公を見ていたり、聞こえているのか聞こえていないのか会話が噛み合わない終盤、など。 「彼女の魅力がわかってんのは確実に僕一人なんだって確信したね。」この発言も他の人と主人公の感覚の差異を強調しているように捉えられました。 /舜舜さんが最近の「中央公園より」や「C」といった作品で、意思疎通のうまくいかない関係においてそれでも理解し合おうとすることを表現しているなら、この作品の主題はそれらの対極にあって、本来なら意思疎通ができるはずの関係における齟齬や差異について表現しているのではないでしょうか。 おそらく発電所のことであろう施設を「電気工場」と発言したり、高速道路に電流が走っていたり、この現実世界とは似ているけど違う、近未来かあるいはパラレルワールドでの話を読んでいるかのような心地。 さりげなく佐川さんが土を食べるのは、異常にみえて現実にやる人もいないわけではないようですが。 最後、黒川さんが飛ぶのは、不可思議で突飛でありながら、とても爽やかな余韻を醸し出していました。 かさかきとは瘡掻きでしょうか、甘酸っぱい青春にむず痒さを覚える作者の心情が伝わってくるかのようです。 題名と本文の差異、作中での認識や感覚の差異、作中世界と現実世界との差異、その他にも、この作品を読んだ者の感想の差異についても知りたいですね。

1
原口昇平
作品へ
(2020-08-08)

「コミュニケーションなんてありえないんだけど、それでもみんな大体はそれぞれ奇跡的にうまくやってるよね」ってことかなと思いました。

1
鳴海幸子
沙一さんへ
(2020-08-09)

電流の定義だって導体のある断面を単位時間に通過する自由電子のもつ電気量だし、時間は直接与えられた姿をわからなくしている。 ということじゃないですか?主観的な齟齬をなくすには客観的な齟齬を最大にしなければいけない。断絶するのに連続的ではいけない。 そういう意味では、夢って、とっても合理的ですよね。 と、まあ、こういうことはポリコレの話だと思うんで、問題は技。 題名と本文の差異はそれとは異なる法則で、問題にもできますが、これ、いいでしょ(笑) ・黒山の件。「僕」だけが自我をもつべきであるのに、佐川・黒山に感情を持たせてしまったきらいがあって、黒山が飛ぶのは破綻ですね。 読者がどう読まれたのか気になります。

0
鳴海幸子
原口昇平さんへ
(2020-08-09)

原口さん、コメントありがとうございます。 「奇跡的」ですよ。やっぱり、地球があるのと同様に。だからこそ、ちょっと穿った見方ではないですか?僕の考えでは、 恣意的に、うまくやってみせてるというべき、脚本の中の人間みたいに、まごころをなくして。

0
鳴海幸子
作品へ
(2020-08-09)

※とちゅう、「僕」の表記が乱れていますが、意図したものではありません。結構ちゃんと推敲したはずなのに、初歩的なミスを。

0
かずや
かずや
作品へ
(2020-08-11)

とても醜く瑞々しい高校生でしょうか。雰囲気がよくあらわされているなあと感じました。あるいは高校生の妄想でしょうか。

1
奥村うみ
作品へ
(2020-08-12)

全体を通して、夢を思い出している瞬間のようだなと感じました。 夢を見ているときは、夢の中の人物の言動が意味が通っているように思えるのに、夢から覚めると意味が通っていない。 そんな事を思い出しました。

1
鳴海幸子
かずやさんへ
(2020-08-12)

学校それ自体に、特定の形をした思い入れがあるのですか。 高校生という語の占める位置の中心的な部分からのベクトルの引かれ方は、 「雰囲気」についてのコメントをいただいたことが以前にもあるのですが、それは僕の立場ですね。つまり、僕は、すでに理解している読者(すなわち僕自身かそれに迫る者)は容易にポイントを捉えるがそうでない読者は「雰囲気」以上のものを自力で感じることができないという問題について、そもそもすでに理解していない読者なんていないし、もしいたとしても命をすべて浪費したような者だろうと思っている。ただ、鍛えなすった読者は妙手な読みを打たれることが常だなという留保はあるけど。 まあ、「そうですか」としておくのがちょうどいいところだと思ってます。

1
鳴海幸子
奥村うみさんへ
(2020-08-12)

>僕は佐川さんの顔を間近で見たんだ、最高だったね。 佐川さんは、AV女優の 佐川はるみ さんを中心的なモチーフにしました。 現実において、(奥村さんの、夢においてとは違ったニュアンスで、)意味が通っていないことを、僕は本当に素敵だと思っているんですよ。

0
かずや
かずや
鳴海幸子さんへ
(2020-08-13)

鋭い返信をいただきましてありがとうございます。「学校それ自体に、特定の形をした思い入れがあるのか。」というご質問に関しては「全くもってその通りです。」としかお答えできません。個人的に瑞々しく醜悪な季節であったなあと回顧的に思い出します。何のためにここに投稿をしコメントをするのかということについて言葉にするのが恐ろしく試みてもいませんが一度しっかりと考えてみます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1