糞便 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

糞便    

洗っている 洗い流している こびりついた糞を延々と洗っている それは善い物だと思っていた自分自身から出てきた でも出てきたのは糞だ こびりつき なかなか落ちない 清い物から清い物が出る訳でもない 清いという想いがあっただけだった 自分自身から業病のような物体が出た 取り入れた物は自分自身に成りもせず 方々を汚し 流される 泡沫と共に なのに今日もまた 自分になる事のない物を喰う 死体のように冷え固まり 記憶にも残らず 糞は流れ落ちる 地底の下水を巡り 地獄の底に落ちていく 奈落へ落とすために今一心に洗い続ける ただ 輪廻し 草木を萌え出させる そこから生えた 自分自身にならない物を喰ってしまう 別れ また出会う 汚く臭うその姿を 今洗ったとしても 糞よ 実は友か


作成日時 2020-08-05
コメント日時 2020-08-14

糞便 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 712.0
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 8
#現代詩
項目全期間(2020/10/27現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧11
音韻11
構成22
総合ポイント88
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧11
音韻11
構成22
総合88
閲覧指数:712.0
2020/10/27 23時37分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

糞便 コメントセクション

コメント数(10)
真清水るる
作品へ
(2020-08-06)

実(じつ)のある言葉に出会えました。 排泄物って、からだの内側にあるときは 汚くも臭くもないから 秘めていても 恥ずかしくも なんともないんですが、ひとたび 外に出ると「クッソー」ですね。 便の詩といえば、他には 濱口國雄の「便所掃除」や 一時期に流行った「便所の神様」が ありますが、あれと この詩の違うのは、ご自身のモノとして 実直にむきあっておられる点だなあと、なにかこう ……心うたれました。 ごまかしが、ない。 心意気が、いただけた気がします。 ありがとうございます。

0
かずや
かずや
作品へ
(2020-08-06)

最後の一文で救われました。人間の体細胞は3年で全て入れ替わると聞いたことがあります。ということは3年間同じものを食べた2人は同じもので体ができているということになるのかななどと思いました。清い、汚いは概念というか「決め」ですよね。自分の中でそうだと決めるもの。そんなことを読みながら思わせていただきました。

0
羽田恭
真清水るるさんへ
(2020-08-06)

七年ほどし尿処理業者の次くらいに糞便を見ていた元牧場従業員です。 なもんで糞便に対する嫌悪感が薄れてしまいました。 自分が持っていたバックに糞便がついた夢をみたのですが、その時に「自分が出したもの嫌悪するってなんだ」と思ったのが、この作品を書いたきっかけです。 考えてみれば仏教で説く業のように巡るなと。 心をうたれたとは予想外です。 こちらこそ、感謝です。

0
羽田恭
かずやさんへ
(2020-08-06)

そういえば、体細胞も骨も一定の期間でそっくり変わるという話がありましたね。 動物によっては糞便に対してほとんど抵抗感を持っていないように思うことがあります。 牛とかはたまにべっとり体につけて、明らかに平然としていたりしますし。 汚いとは、妄想の一面はあるかなと。 そうすると、さらに実は友と言えるのかもしれません。

1
戸ヶ崎朝子
戸ヶ崎朝子
作品へ
(2020-08-07)

今日は。パソコンが苦手でやっとコメントの読み方がわかるようになりました。「心は理屈じゃない」に返詩有り難うございました。大変おもしろく読ませていただきました。一味おいしい詩に昇格したような気分です。 「糞便」、目の覚めるようなタイトルを選択した心意気にまず感心しました。最後の一行でしっかり仕上げている。友、正に友です。またコメントさせていただきます。御挨拶が遅れて申し訳ありません。これからもよろしく。

0
羽田恭
戸ヶ崎朝子さんへ
(2020-08-07)

考えてみれば延々と一日で最大5時間も糞で汚れた牛の尻尾を洗いまくっていたのも、この作品を書くきっかけでした。 あれらは思えば、友なのでしょう。 楽しんでいただけたら幸いです。

0
奥村うみ
奥村うみ
作品へ
(2020-08-12)

とっても深い作品だと思います。 糞便が土を肥やし、植物や動物を育て、それを私たちが食べる。命の循環を糞便の掃除をしながら感じる。実体験を伴っているので説得力があります。 最後の一文がやはり素敵です。この文があるだけで内容がガラッと変わるように感じます。

0
羽田恭
奥村うみさんへ
(2020-08-13)

大量の糞を出す牛のお陰でまた詩が書けました。 最後の一文は何気なく出たものですが、やはりあった方がいいいですね。これは。

0
湯煙
作品へ
(2020-08-13)

  「古賀忠昭」  寒月  潟ん村口説   おいがxxん思い出はナンマイダブの声ばかり ナンマイダブ潟くうかナンマイダブ糞くうか <序の口説> ナンマイダブ ナンマイダブ 殺さんとでけんニンゲンのようけおると 仏壇の奥に手ば突っ込んで 親の親の親ちいうふうに 親の親の親まっでんハラワタんごつひき出して 死ね! のどぶえにカマうちこんで ああ 血の流れよる 汚なか血のふき出よる 殺さんとでけんニンゲンのようけおると 自分の血まで憎うなって まっ赤にそまった仏壇の前に 自分のこん体ば投げすてて 死ね! 親の親の親ののどぶえにカマばうちこんだごつ 自分ののどぶえにカマうちこんで ああ 血の流れよる おいの汚なか血のふき出よる くさか 汚なか ほいとんごたる ほいとは糞までくわんバイ 潟ん村干拓民の腹たちわると 城内ダンナさんの糞ばかり 殺さんとでけんニンゲンのようけおると こののどぶえにカマうち込んで 血の最後ん一滴まで流してん うらみがましく生きかえり 殺さんとでけんニンゲンがようけおる 殺さんとでけんニンゲンがようけおる ナンマイダブのごつくりかえし 糞くうセッチン虫のごつ生くるばっかり ナンマイダブ ナンマイダブ ナンマイダブのうらみ唄 *リンク http://bungoku.jp/ebbs/20170323_610_9509p 寒月さんという方の作品ですが、こちらもまた語り口や主題等々、渾然とした強い印象がありますね。ことばと身、地、血に糞と念仏とが分別なくといったところでしょうか。タイトルからおそらく故古賀忠昭さんという詩人と作品からなにか影響を受けられたのだと思います。 一点。業病のようなとありますが、気になりました。最近世間を騒がせたとある方のことばでしたから。

0
羽田恭
湯煙さんへ
(2020-08-14)

寒月さんも故古賀忠昭さんも存じなかったです。 怒りに残虐性に諦観が混ざったこの詩は衝撃的ですね。 本来、南無阿弥陀仏はうらみ唄とは全く別の方向性のものだと思いますが、こうならざるえなかったのでしょうか。 業病について、最近騒がせた方のこともうかつにも全く知りませんでした。 業病のよう、と言いつつ最後は、実は友か、となっているので嫌うべきでもないという意味合いですし。 とはいえ、少々うかつだったかもしれません。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1