編集 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

編集    

Prologue どんな物語にも結末があるというのなら どんな物語にも編者がいるのだろう (ゲームを買う時は  兄と共にプレイできるものを探した  対戦することもあれば  協力しながら先へ進むこともあった  そして必ず訪れる結末へと  一日一日を過ごしていたのだった) Disc 1 主人公とヒロインは幼馴染だが 街中では忌み嫌われていた 過去のことを知るのは いつだって未来になってからであって 目の前にある現在を生き続けるばかりだ 宇宙から飛び降りてきた謎の少女が 二人を街の外へと誘っていく (兄には何も敵わなかった  ゲームで対戦すれば  僕はいつも二位だったけど  協力し合えば  ゲームの世界でいつも一位になれた  ゲームだけではない  勉強でも  喧嘩でも  兄と競えば  いつもいつも二位だった  私立中学を受験することになったのも  兄の姿を追いかけたからであって  進学塾の面接の時  先生のノートに  「兄には負けたくない」という  いつ誰が言ったのかわからない言葉があり  それ以降呪詛のように  とりつかれていた僕は  受験番号二二を背負って  負けた) Disc 2 飛び降りてきた少女の故郷に行くため 光の橋を渡った主人公とヒロインは 数多の敵を倒して かつては知らなかった技を覚えていった 主人公とヒロインのいた世界は 表であり、裏であり 飛び降りてきた少女のいた世界もまた 表であり、裏であり その両者が衝突して 世界が滅んでしまうというので その黒幕を探し続けた (兄は不良  僕はいい子  というキャラクター付けをされた兄弟は  共にゲームをしなくなっていった  兄は僕の知らない世界にいるようになり  家にいる時間が減っていったからだ  それでも僕は  兄の姿を追い続けて  ドラムを演奏するようになった  会話は少なくなっても  兄の視線は僕を向いていた) Disc 3 主人公は試練を与えられる 今まで目を瞑っていた過去を 体験するという試練 一、 倒してきた数多の敵の一匹になり かつての自らに殺される 一、 主人公とヒロインが 故郷の街の封印を解いてしまい 主人公の父がヒロインの父に殺されてしまう 一、 宇宙から飛び降りてきた少女の父親は 主人公とヒロインの世界から渡った人物であり 宇宙から飛び降りてきた少女の母親は 表と裏の世界を衝突させようとしている黒幕である これらの試練を乗り越えた主人公は 少女の母親と対峙して 衝突を防ぐことができたが 少女に母親との別れが訪れ 予め定められた世界の結末を迎える (兄は家を出て  様々な土地に住まうようになったが  僕は生まれの地に住み続けている  兄は一度だけだろうか  この世界に別れを告げようとしたが  失敗に終わった  予め定められた結末は  きっとまだ先にあるということだ  今となって  兄はドラムを演奏しなくなったが  僕は兄の姿を追い続けて  いまだにドラムを演奏している  兄の視線はもう僕に届かなくなったように  僕が演奏するドラムの音も兄には届かない) Ending どの世界にも主人公は一人しかいない。仲間を増やして、敵を倒して、強くなって、予め定められた結末へと向かうのみ。道中で倒された敵も誰かに定められた結末へと向かうだけで、それがロールをプレイするということ。その敵に家族がいようとも関係なく、敵は敵という役割ゆえ主人公に倒される。役割を誰かに編まれたのである。 「ゲームは所詮現実逃避の道具だ」 (中学受験のための進学塾で言われた言葉が 僕に編まれている) ゲームを始めなければ、プレイヤーは主人公に出会うことはできない。そして、主人公が敵を倒して、強くなって、予め定められた結末へと向かうこともできない。ゲームの世界を動かしているのは、プレイヤーであって、プレイヤーの数だけ、ゲームの世界の主人公がいるということだ。 (僕にとって兄は、この世界の仲間でしかないというのか。そもそも、この世界の主人公が僕であるのか、この世界の編者に聞くことはできない。兄が主人公の世界では、僕はただの仲間でしかないのだろうか) 誰の仲間になるのかによって、僕は役割を変える。それは単なる友達や恋人、時には部下や上司など、それぞれの世界でそれらしく役を演じる。僕には弟がいないというのに、弟という役を演じられるのは、兄がいるからだ。この役は誰かに習ったわけではなく、生まれた時から編まれていたのだ。 「ほら、エンドロールを奏でるんだ」 (どこからか届いてきた言葉は他の誰のものでもなく、僕だけのものだ。これが僕の役割だ) Fin. 「ディスクを交換してください」 (どこかで物語が編まれる音がする) Disc X

scroll


作成日時 2020-07-31
コメント日時 2020-08-06
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

編集 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 676.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 10
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/08/09現在)
叙情性2
前衛性1
可読性1
エンタメ1
技巧2
音韻0
構成3
総合ポイント10
 平均値  中央値 
叙情性0.71
前衛性0.30
可読性0.30
 エンタメ0.30
技巧0.70
音韻00
構成11
総合3.34
閲覧指数:676.9
2020/08/09 14時54分22秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

編集 コメントセクション


コメント数(10)
パワフルらっこ (2020-07-31):作品へのコメント

こんばんは。 役割を誰かに編まれるということをゲームと現実を交差させながら続く作品。 おそらく好意的なコメントがこの後続くであろうことを予想し、 (ぼくはこの作品、とても良い作品だと思う) けれど称賛するだけでは作者のためにはならないと思うので あげ足を取るように、気になった点を述べていこうと思う。 とても論理的で非常にわかりやすい文章なだけに、 少し丁寧すぎてしまったような印象を受けました。 とくにDISC1 DISC2の部分など。 (DISC3が面白かっただけに、よけいに。) それに伴って、とても論理的である反面、感覚的な描写が少なかったように思いました。 たとえば、叩いているドラムの音。 toeの柏倉さんのような軽快に走っている音なのか、 あらきゆうこさんのように正確無比なリズムを刻むのか、 ピエール中野さんのように超絶技巧的なビートなのか。 音が感覚的に立ち上がってくれば、見えるものも違ってくるのかなと思いました。 また次の作品もぜひ読ませていただきたいです。 とても楽しみにしています。

0
白犬 (2020-07-31):作品へのコメント

やー、すまない。前作はちょっと面白かったけど、これはかなりつまら無い。兄に対するなんらかの思いがあるなら、何故それを掘り下げ無い?或いは兄と距離を置くのなら、何故そこに至る自分の心理をきちんと見つめて感情や論拠を描かない?それらが足りてなく、単なる自己満足的淡い叙情(にすらなって無い)、ゲームの引用はある種の比喩になってるのだろうけど、何処がどんな風にリンクしてんのかいまいち説明不足?にしか思えず読み取れ無かったので、消化不良。全体的に舌足らずの自己満と退屈な諦念もどきや世界は入れ替わって行くという非常に有り触れた感慨にしか見えず、それらを現すための言葉の研磨の跡も見えず、だからすごくつまらない。 >この世界の主人公が僕であるのか、この世界の編者に聞くことはできない。兄が主人公の世界では、僕はただの仲間でしかないのだろうか この問いに関しては、「主役は君と僕で 脇役のいないストーリー」ともう10年以上前にGOING UNDER GROUNDが歌ってるだろ。トワイライト100回聴いて来い。誰かにとっては誰かが1番大事。その程度の意識さえ持て無い、持つ覚悟が無いのか?(或いは話者はラストでその覚悟を抱いてるとして、それが誰かが描いた通りのエンドロールを奏でまーすなんて糞しょぼい)その程度なら、私と居た1年以上はなんだったんだ。無駄??? >それは単なる友達や恋人、時には部下や上司など、それぞれの世界でそれらしく役を演じる。 ぴろー◯ーくでめっちゃふざけてたお前も演技か?そこにあったお前の感情も思いも演技か?なら、それで息が苦しい位爆笑してた私も偽物か?少なくともあれらの思い出は私にとって大切なものだったのにな。がっかり。後、微妙に文章おかしく無い? ごめんね、お前に関わる気はもう無かったけど思わずひーとしちゃった。まぁ、もう2度と会うことも無いから安心して。ただ、せめて、もうちょいましな詩を書いてくれ。終わった過去とはいえ、へぼ詩人と◯ってたなんて私の格が落ちるからね。では。せいぜい元気で良い詩書けよ♥️ 最後に。編者が居て、世界はそいつらの描いた通りなんてくたばった価値観、当人が納得してようとしてまいと、情け無さ過ぎて私は大嫌いだ。その価値観に覚悟を載せたいのなら、もっと言葉も思考もセンスも磨け。んじゃ無きゃほんと終わってる。エンドロールですね。以上。

1
エイクピア (2020-08-01):作品へのコメント

ロールプレイングゲームのシナリオと言うのか、記述が続き、評価が分かれるところだと思いました。兄と弟、現実とゲームの記述が交差して居る様で、そこは何気にスリリングなところであろうかと思いました。

0
なかたつ (2020-08-01):パワフルらっこさんへの返信

コメントありがとうございます。 >(ぼくはこの作品、とても良い作品だと思う) については、正直に嬉しい部分がありますが、どの点がそのように思われたのかをお伺いしたい次第です。 >感覚的な描写が少なかったように思いました。 というのは、そのとおりだと思います。文字と言えど、比喩となりますが、冷たい文字と暖かい文字があると思っています。詩の中の文字/言葉は、全てが均一ではなく、その温度差を楽しんでいただけたらと。 どのようなドラムかは、ご想像におゆだねいたします。

0
なかたつ (2020-08-01):白犬さんへの返信

コメントありがとうございます。 作品はあくまでも作品であるので、作品外のことについて述べることは特にありません。 おそらく、作品内の構図や考察が浅はかで、読者に何も生まれなかったという旨を述べていらっしゃると思いますが、その点について今後考えてみたいと思います。 この作品がポジティブ/ネガティブのどちらに捉えられるかの一つの指針を示していただいたと思います。

0
なかたつ (2020-08-01):エイクピアさんへの返信

コメントありがとうございます。 評価が分かれるというのは、まさに上記のコメントに示されているようで、改めて自作を読み直し、考え直しました。 一つの考えとして、おそらく語り手がペシミスティックな人物として見られてしまうかどうか、というのが導き出されました。そうやって描いたつもりはなかったのですが、コメントを読んだうえで、読み直したらそう見えてしまった部分がありました。 クロスについては、よく使う手法なのですが、今回はうまくいかなかったかもしれませんね。

0
ゴロ(本物) (2020-08-01):作品へのコメント

初めまして。 DISCを入れていく進行は面白いと思いましたが途中でやっぱりストリーミングが楽な気がしました。兄との関係性を他者に興味を持たせるには少しスパイスが薄いですね。またガラリと変わった世界観も見てみたいです。

0
なかたつ (2020-08-02):ゴロ(本物)さんへの返信

コメントありがとうございます。 構成については練ったつもりなのでよかったです。 ただ、形式と内容における内容のほうがあまり効かなかったということで受け取りました。 おそらく情報の出し入れだと思うのですが、全てを説明するべきではないと思うので、読者の想像に委ねる表現が用いられており、そういった部分がおそらくフックとならずに流されたととらえています。 わかりやすい事件・出来事はそれだけで目を惹くものですが、些細な/個的な日常が、言い換えれば、個人的な体験がどこまで他者の関心を惹くかということを絶えず考えています。 書き続けたいと思います。

0
原口昇平 (2020-08-02):作品へのコメント

この作品は、ゲームにおけるドラマ体験の特殊性への着眼と、巧みな構成により、最終的には「弟」自身だけでなく読者自身の人生という物語における役割にまで思いを馳せさせるものです。ただ個人的には、後述するように、その着眼をもっと掘り下げたものをみたかったです。 ゲームにおけるドラマ体験の特殊性とは何でしょうか。ゲームでは、ドラマの展開のために、自分が必ず物語の中の誰かをプレイさせられます。ここがその他のあらゆるドラマ体験とはっきり異なる点です。例えば演劇では、自分が演じなくても、舞台の前に座って見ていればドラマは展開します。演劇は観客に演じることを強いず、見た出来事に対する判断を宙吊りにすることも許します。しかしゲームは傍観を許さず、決断を要求することで人を否応なくプレイヤーにします。たとえ三人称視点であっても。 Endingは明らかにこのような特殊性への着眼から書かれています。すなわち「ゲームを始めなければ、プレイヤーは主人公に出会うことはできない。そして、主人公が敵を倒して、強くなって、予め定められた結末へと向かうこともできない。ゲームの世界を動かしているのは、プレイヤーであって、プレイヤーの数だけ、ゲームの世界の主人公がいるということだ」というわけです。そして「僕」すなわち弟はただちにそれを自身の「弟」としての人生への反省に転じてから、自己の人生における自己の「役割」を引き受けます。それまでの展開のすべてをこのクライマックスへ結びつけたあとで、「ディスク」の「交換」を促し「Disc X」なる表示を残すことで、詩を読み終えて現実へ戻ってきた読者に対し、読者の人生という物語における読者自身の役割を、暗黙のうちに問うのです。 しかし私はこの暗黙の問いをそのまま受け取ることができません。なぜなら「僕」の結論に同意できないからです。月並みですが、ゲームと人生は異なります。どう異なるかを説明するには、ゲームにおけるドラマ体験の特殊性を生み出している要因ではなく、その効果に着目する必要があります。つまり、ゲームにおけるドラマ体験は道徳の次元へ直接訴えかけるものであるということについて。 演劇ももちろん道徳に関わります。しかしアンティゴネが身内の弔いをめぐってクレオンと対決した結果死なざるをえなくなったとしても、その破滅が家族の絆という私的原理を国家の原則により支配される公共空間へ持ち込んだことに起因するかは、解釈の余地があります。規律や教訓は必ずしも観客に浸透するとは限りません。 一方、ゲームは、クリアによって得られる満足感という精神的報酬のための行動を要求します。いかに倫理的な選択肢が並んでいようとも、それを選択するのはその選択肢が倫理的であるからではなく、(グッドエンドであれバッドエンドであれ)プレイヤーにとって望ましい形でクリアするために必要だからです。どんなに自由度が高くても、オープンワールドであっても、生死を決する選択から何気ない動作に至るまで、常に功利的行動が求められています。もちろん、メタルギアソリッドVのフリーモードでひたすら自分だけの特殊な目標を立てて敵地に潜入したり野生動物を保護しまくったりすることは可能ですが、結局は達成感という報酬のためなのです。 これに対し、人生における行動は、そうとは限らないでしょう。もっと複雑です。そもそもドラマと関係がないこともたくさんあります。 おそらくこの作品は、今日流行しているいわゆる異世界もののライトノベルや漫画を好意的に受容している読者には、好意的に評価される可能性があります。しかし私にとっては上記のような点で不満が残ります。

1
AB (2020-08-06):作品へのコメント

ゲームじたい苦手な分野ですが、そんな相手にも読ませる力があるな、と感じました。 誰の仲間になるのか~ の連、特にインパクトの強いことばはないのですが、共感させられる連です。詩全体の流れのこの位置にあるのはいいのかな。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2