マスクの中で溺れている - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

マスクの中で溺れている    

「あれ、彼氏は、」 って聞いたら 「知らね」 って言ったので、 あーあ、またダメだったのかなって。 そういや最近ちょっとだけ痩せたなあ、 とかって。 都会の雨は田舎の雨よりもちょっぴり暗いよ やっぱ空気が汚いんだって でもその分なんだかあったかい気がするんだよな なんて。 ビニール傘に落ちてくる大粒は ばつ、ばつ、ばつ、 会話にケチつけられているみたいな音だ この夏は海に行きたいなって君はいう じゃあ行こうかって言ってみたけど このご時世に浮かれた話だ。 たかだか失恋ごときで 3㎏もやせる君はたぶんちょこっとだけ人魚姫 なつ、なつ、なつ って 浮かれる俺は一人だけ潮の香を嗅ぐ


作成日時 2020-06-03
コメント日時 2020-07-02

マスクの中で溺れている ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1280.8
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 6
#現代詩
項目全期間(2021/02/28現在)投稿後10日間
叙情性10
前衛性00
可読性43
エンタメ00
技巧00
音韻11
構成00
総合ポイント64
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻0.50.5
構成00
総合33
閲覧指数:1280.8
2021/02/28 18時59分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

マスクの中で溺れている コメントセクション

コメント数(13)
水縹あお
水縹あお
作品へ
(2020-06-04)

片思いですね。 言ったらどんな顔をするんだろう。 自粛ってなんなんでしょうね。

0
楽子
楽子
水縹あおさんへ
(2020-06-10)

どうなんでしょう。 マスクが取れることにはなんとかなるのではないかな、と思います。 自粛、大切

0
千才森 万葉
千才森 万葉
作品へ
(2020-06-14)

 ああ、そっか。片思いか。う、感覚が鈍ってきてる気がする今日この頃です。  刺激的な感情を欲する現代詩の特徴(多分)からか、恋のお話には反応が鈍い気がします。青春のポエムっぽさが出るからかな? いや、そもそも、最近は投稿数も多くなってきているので流れやすいのもあるのかも。わたしは青春物も好きなんですけどね。  雨の音と、ちょっと浮き足だって歩く足音(かな?)がすごく印象的ですね。こういう演出をすっと差し込めるセンスは羨ましいです。  全体的に暗さが無いから、明るい未来を想像させます。感染予防を求められている中ですけども、すぐそこに夏も控えていますし、主人公のように元気を持てあましている方も多いことでしょう。コロナウイルス、早く終息してくれることを願います。

0
沙一
作品へ
(2020-06-15)

タイトルが伏線になっていて、マスクが素顔を覆うように主人公も本心を明かさず、海につきあおうとするところがにくい。最終行で、浮かれる俺は一人だけ潮の香を嗅ぐ、と新しい恋愛を期待している様子が伝わってくる。片想いという意見もありますが、海に誘いかけてきたのは相手の女性ですから、もしかしたら相手にもその気があるのでは、と思ってしまいますね。都会に降る雨はそれほど澄んではいないかもしれないけど、人間らしさがあるようで、そこに心情が重ね合わされているような印象の深さもありました。奥ゆかしさのある作品です。

0
こうだたけみ
作品へ
(2020-06-15)

楽子さんへ 好きか嫌いかだけで判断すると、現在82作品の中でダントツに好きです。いいなー。6月の選考委員をさせてもらっているのですが、ウトイさんの「ぷろてすとたん」と並んでこうだの個人賞候補です。わいわい。 > ばつ、ばつ、ばつ、 > なつ、なつ、なつ この部分の対比は、前者は降り続いているけれども後者は夏であることを三回唱えて確かめているように思えます。浮かれているとは言いつつもこの言い方は、どこか慎重な感じが出ていて今の状況(コロナ禍であることと二人の関係性)に合っているなあと。 そして一番好きなのは、 > たかだか失恋ごときで/3㎏もやせる君はたぶんちょこっとだけ人魚姫 この二行です。これでタイトルが「マスクの中で溺れている」なのだから、“好きだとは絶対に認めないだろうけどでも好きなんでしょ”ってつつきたくなります。笑。とてもよいと思います。

0
楽子
楽子
千才森 万葉さんへ
(2020-06-20)

>刺激的な感情を欲する現代詩の特徴(多分)からか、恋のお話には反応が鈍い気がします。青春のポエムっぽさが出るからかな? 私自身の中でも最も抽出しやすい感情はセックスだったり憎悪だったり身を切るような悲しさだったりするのですが、 でも生活しているうえで私の中を一番占めている感情ではないんですよね。 それは私が幸福であることの証なのかもしれないですが、 誰かに何かを伝えたくて、でもどうやって伝えるのか?どうして私たちは解り合えないのだろうか? 仕事にしてもプライベートにしても、一番を占めているのはこの感情です。 なので私の中でも結構切実なところがテーマになっているとは思ってます。 結果的に青春のポエムっぽくはなっちゃってるのですが(笑) それはそれで良いのかなあ、と出来上がったものを見て思ったので投稿しました。 全国の少年少女のためにも、夏を思う存分楽しんでほしい!!ですね。

0
楽子
楽子
沙一さんへ
(2020-06-20)

上誤字です。 夏を思う存分楽しんでほしい!ではなく、楽しめるようになってほしい!でお願いします。 そうですね、この場合は全然チャンスがあると思います。 私は田舎で生まれて少しだけ都会で育ったのですが、都会の雨が田舎よりも温かい。というのは幼いころに実感したものですね。 今はコロナで自粛中、あらゆるものを我慢して辛抱して、それではぐくまれる心もあるかと思います。 いつか晴れるのが楽しみですね。

0
楽子
楽子
こうだたけみさんへ
(2020-06-20)

わあ!嬉しい言葉をありがとうございます。 たかだか失恋ごときで~ は、もともと短歌として投稿するつもりだった句を、直したものなんですよね。 この詩の中ではもっとも凝っていて、手を入れたポイントなので、ほめていただけると嬉しいです。 話が変わりますが、私もウトイさんのぷろてすとたん、とてもいいなあと思ってました。 語の選択と音にしたときのハマりかた、最後に謎のカタルシスを感じさせてくれ、意味自体は捉えられなくとも目と音で楽しむことのできる作品だったと思います。

1
こうだたけみ
楽子さんへ
(2020-06-24)

楽子さんへ あの二行は元々短歌だったのですね。気づかなかったです。たしかにこの二行だけでも成り立つ強度があると思います。なるほどなあ。 今月、なぜか短歌の人が多い気がしているのですが、前にとがしゆみこさんが外部選考委員にいらしたことなどが影響しているのかしら。いろんな方が参加するほど様々な作品が読めるので、私としてはとてもうれしいです。 「ぷろてすとたん」いいですよね! こちらの「マスクの中で溺れている」もいいし、多宇加世さんの「ぬら 死の磨きたて」もABさんの「僕の獏、獏の僕」もいいです。まだ今月は一週間ありますから、しあわせな気分で迷うことにします。

0
パワフルぽっぽ
作品へ
(2020-06-27)

楽子さん、こんにちは。 いいなあ、とても自由に書いているなあ、そんなことを思いました。 >あーあ、またダメだったのかなって。 >とかって。 >なんて。 >って こういうさりげない話し言葉(という言い方で正しいかわからないけれど) が読み手の肩の力を抜かせていて、とても良い意味でラフさが出ているように思いました。 ぼくはいつも文章を書くとき、とても一生懸命がんばって書いてしまうし 何よりセンスもないから、とてもガチガチになってしまうんです。 楽子さんの作品を読んで、ぼくは不自由な書き手なんだなと思いました。 題名の「マスクの中で溺れている」という言葉の取り合わせもとてもかっこいいし、 最後のオチが >浮かれる俺は一人だけ潮の香を嗅ぐ 「香りを嗅ぐ」行為が題名へ対比として繋がっているところも素敵だなと思いました。 言葉に対しての感覚が他の人よりだいぶ抜きんでいるように思います。 すてきな文章を読ませていただき、ありがとうございました。

0
夏村木
夏村木
作品へ
(2020-07-02)

「ばつ、ばつ、ばつ。会話にケチつけられてるみたいな音だ」 「たかだか失恋ごときで3kgもやせる君はたぶんちょこっとだけ人魚姫」 ここ!! ここ好きです!

0
楽子
楽子
パワフルぽっぽさんへ
(2020-07-03)

文体をどの程度装飾するか、論理をどれだけ武装させるか、 この辺りの塩梅は私も迷うところです。 皆様から褒めていただくことの多い詩はえてして、私が吸った息を吐くように作ったものが多いですね。 この詩もそういう詩で、短歌を投下しようとパソコンの前に座って、別のものができあがった感じです。 最初こそ考えのまま書いて投稿して、という感じでしたが、 ここでお勉強し、味の付け方を覚えてきたのかな、と思います。 お褒めの言葉、ありがとうございました。

0
楽子
楽子
夏村木さんへ
(2020-07-03)

ありがとうございます! たかだか失恋で~はもともと短歌のつもりだった、というお話をしましたが、 それをこの長さの詩にするための接着剤が、ばつ、ばつ、ばつ と なつ、なつ、なつ だったりします。 どちらもこの詩の中ではタイトルとならんで工夫した部分になるので、 褒めていただいて嬉しいです。 ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1