たいしたことである - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

たいしたことである    

<批評対象作品>
春風に吹かれてる


縦長の紙の中央に鋭く吐き出された呼吸のような筆致で一本の枯木が描かれている。その頂には一羽の鵙(モズ)が羽をたたんでとまっていて、下方を見ている。図形化すれば、一本の垂直に引かれた細長い線の上に大きな丸という構図だ。そして、その線のやや高いところを上に向かって動いているものがある。一匹の虫だ。 以上が、剣術家であり、絵もよくしたといわれる宮本武蔵の『枯木鳴鵙図』である。説明ではわかりづらいだろうから一度検索してみてほしい。 >ほら ちよいと >武蔵の絵みたいな >構図ぢやないですか と、詩作品の中に絵画作品の構図を持ち込むことで、詩作品がひとつの明確な構図をもった世界として立ち上がる。冒頭からの語り手視線のぼやきのような語り(そのために存在感の薄いカラス)は、一旦消え、構図を得ることで実像として再び現れる。そして三行以降では、モズとしての「カラス」と虫としての語り手二者が、どちらも欠かせない作中の登場人物として動きはじめる。だから、二者の会話が自然な会話として成立するのだ。 物理的に高い位置にある者はそのために一度に広くを見ることができる。カラスのような翼あるものともなれば方々を飛び回るので、より多くのものを見ることができるだろう。蓄えられた知識は計り知れない。肉体的精神的に高みにある到達した者は経験値も高く、知恵をもち、落ち着きがあると言えるかもしれない。 他方、その途上にある者は目の届くだけの狭い生活範囲のことだけでも精一杯である。枝にしがみつき、地道に這うことでしかよじ登ることができない〈虫〉のように、些細なことにも一喜一憂し、場合によってはすわ、一大事とばかりに騒ぎ立ててしまう。無論私は〈虫〉の側だから、例えば作中の語り手同様、《そいつは何とも/おきのどく》と言いたくなってしまうクチで、長く生きたカラスのように《なんてこたあ ないんだよ》とは言えそうもない。それが人情というものだろう。よし理屈でそう思ってみるとしても、そのあと蒸し返すようにくよくよと自問自答するのが関の山だ。 しかし、《何か面白いお話でも》という問いかけに対してカラスはなぜ男と女の人情沙汰を語ったのか? 《なんてこたあ ないんだよ》というのであれば語る必要もないだろうに。そして語り手は「男」のことを気にしているが、カラスは答えない。 >カラスはそつぽ向いたまま >うす雲たなびく空の下 >春風に吹かれてる と飄々としている。 いや、チョット待て。カラスは答えないのではなく、答えられない、または答えたくないのではないだろうか。実は長く生きたカラスにとっても男と女のエピソードは大したことであり、だからこそ語らずにいられなかったのだ、と私は思う。ただ、だからといってどうすることもできない生きることにつきまとう痛みはある。であるならば。 「うそぶく」には「平然としている」や「ホラを吹く」、「知らん振りをする」といういくつかの意味がある。いかにも「平然としている」ふうな様子のカラスであるが、 >ほつぺたを掻きながら >長生きのカラスがまたうそぶく の「うそぶく」は「知らん振りをする」ほうの「うそぶく」ではないだろうか? あるいは知らん振りのふりをする、とでもいうような。語り手には「平然としている」が、カラスとしては「知らん振りをする」という取り違えがここにはあるように思う。もし、そうであるならば《たいしたこたあ ないんだよ》でも二者の間で取り違えが生じており、その取り違えから語り手の問いがはじまっていると言える。 本当に「たいしたことはない」という「平然としている」という意味と、強がりやそう言う以外にないという場合の「たいしたことはない」──先ほど挙げなかった「うそぶく」のなかの「ホラを吹く」である──という二つの意味で、語り手は前者をとった。カラスは後者の意で自分を突き放してみせたのだ。 などと書いてみても結局、語り手の自問自答と変わりゃしない。まったくもってたいしたことの「た」の字にもならないが、作品は実にたいしたもので、春風に吹かれているカラスの孤高の寂しさよ、という感であります。


作成日時 2020-04-07
コメント日時 2020-04-08

たいしたことである ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 678.6
お気に入り数: 1

たいしたことである コメントセクション


コメント数(2)
石村利勝 (2020-04-07):作品へのコメント

拙作への懇切な御批評、有難うございました。 「武蔵の絵」は今の読者に通じるのかという不安がありました。ここが通じなければご指摘の通りカラスの存在感は生まれず、対話に生命が通わなくなってしまうわけですから。 「嘯く」についての解釈は興味深く拝読しました。自作自解になるようなコメントは控えますが、これもカラスの存在感を描く上でどうしても「嘯く」でなくてはならなかった、と言うより最初から「嘯く」者としてカラスが出てきてしまい、そいつに語り掛ける過程そのものがこの作品の成立過程だった、とだけ申し添えておきます。

1
藤 一紀 (2020-04-08):作品へのコメント

コメント、ありがとうございます。武蔵の絵を見た時に、電信柱の上のカラスと下の語り手が立体的になりました。この三行なしでは違ったものになっただろうな、と思った。それで、武蔵の絵を軸に書こうと試みたのですが……いやはやなんとも難しいですね。それでもやっぱり武蔵の絵については触れておきたかったし、残しておきたかった。半分以上は意地みたいなもんです。 「うそぶく」の解釈は、どうも最終連でそっぽを向いているカラスが、悲しくて目を逸らしたような気がした、そこから始まったように思います。まあ、なんにしろ、書きたいことを漏らさず文章にまとめるというのは、書きながら読みが二転三転することも加わって、なかなかうまくいかないものです。冒頭の《翼をたたんだカラス》というのも、その前の動きがあることを暗示していなければ《カラス》で済んだだろうなあ、と思いながら踏み込めていないし。精進、精進だなあ。とまれ、どうしても書いておきたかったこと(武蔵の絵)は書けたのでヨシとします! ありがとうございました! 押忍!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3