椿 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


椿    

今、何をして生きていますか 何を見て誰と過ごしていますか あなたの目の前の風景が何よりも 美しく、たくさんの愛に溢れていますよう いつまでもここで想って願っています 私に初めて笑いかけたその姿は 今でも鮮明に記憶として残っています 私を必要としてくれ、強く愛してくれた それもあなたが初めてでした あなたが私から立ち去る日は雨が降って ひどく寒い日だとも覚えています あれから幾年が流れ、それぞれの道を進み 決して交わることのない永遠を 教えてくれたのもあなたでした もうきっと私を忘れていると思いますが 私は生きている限り、忘れません 潔くも美しく散った、存在すら許されぬ恋 あなたが望むよう、自らの存在すら消した 首からもぎ堕ちたの、音もたてないようにね


作成日時 2020-02-04
コメント日時 2020-02-08
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

椿 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1237.0
お気に入り数: 0
ポイント数 : 45
#テキスト
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性4141
前衛性00
可読性44
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント4545
 平均値  中央値 
叙情性10.34.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合11.35.5
閲覧指数:1237.0
2020/03/31 03時50分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

椿 コメントセクション


コメント数(10)
S_Ujiie (2020-02-04):

深い愛情がストレートに表現されていて綺麗だと感じました。 運命の儚さが伝わってきます。

0
mimimimi(2020-02-04):

S_Ujiieさん、初めまして。こんばんは。 初めての作品に初めてのコメント、ありがとうございます。 叶わない恋愛がテーマでしたので、悲恋の運命だから余計に儚く、綺麗に感じていただいたのだと思いました。 尚更、深い愛だけに。 こちらこそストレートに褒めていただき、素敵な感想までいただき、感謝しております。 これを励みに、邁進して参ります。本当に嬉しいコメント、ありがとうございました。

0
真清水るる (2020-02-05):

椿落 重ねる思いに 音もなし (雛祭イベントで、五七五調でコメントしてます。はじめてのご投稿で、このような謎のコメントを受け取られたら驚かれているかもしれませんが、下記のイベントです。) https://www.breview.org/forum_blog/archives/668

0
mimimimi(2020-02-05):

真清水るるさん、おはようございます。 初めまして。素敵な俳句仕様のコメント、ありがとうございます。 同じ人間なのに、俳句という縛りの中で表現力の高さ、無駄もない。 言葉の響きや余韻まで美しい。 ストーリー性すら感じさせる一句です。 私にはぐうの音も出ません。 本当に励みになります。ありがとうございました。 ちなみにキング・オブ・駄作ですが、私も失礼を承知で詠ませていただきます。 カメリアは 打ち首如く 息絶えて 椿は取り乱すことなく、綺麗なまま、自らの終わりを潔く絶つので、好きです。 今が見頃なので、直に愛でたいと思います。俳句も興味が湧きました。 素敵な俳句と、コメント。 本当にありがとうございました。

0
つつみつつみ(2020-02-05):

溢れ出る 首もぎ堕ちる 愛ゆえに (雛祭イベントで、五七五調でコメントしてます。) https://www.breview.org/forum_blog/archives/668

0
mimimimi(2020-02-05):

つつみさん、改めてこんにちは。 こちらでも素敵な俳句の作成、ありがとうございます。それも私の作品感を大切にしてくださって、感激して号泣しております。(嘘) ですが、その位嬉しく思っております。 こちらの俳句は、愛がだだ漏れですね。 プラス憎悪や愛がクロスして、色にすると「鮮血」みたいな赤を連想しました。 敢えて「堕ちる」の言葉のチョイス、ありがとうございます。 江戸時代、武家では忌み嫌われる花だったそうです。 縁起が悪いからだそうですが。 時代が令和で良かったです。 では、忌み嫌われる私の俳句をまたまた詠ませていただきます。 椿姫 愛するが故 敢えて嘘 いつの時代も〝悲恋〟はなぜか、輝きを増して美しくも儚く思ってしまいます。 私だけでしょうか。 今回も俳句作成、ありがとうございました。またこうやってお話できますこと、楽しみにしております。 本当にありがとうございました。

0
ねむこっとん (2020-02-06):

読んでいて切なく、苦しくなりました。 結ばれなくても相手の幸せを想える。真実の愛なのかなと、それ故に。 素敵な作品でした。

0
mimimimi(2020-02-06):

ねむこっとんさん、こんばんは。 返信がかなり遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。 せっかく素敵なコメントを頂いたのに、大変失礼致しました。 そして温かくて背中を押すようなコメントも今後の励みになります。 〈読んでいて切なく、苦しくなりました。 結ばれなくても相手の幸せを想える。真実の愛なのかなと、それ故に。 素敵な作品でした。 コメント、ありがとうございます。 実らないけれど、相手の幸せを想える。 胸が引き裂かれる辛さを強く出しました。切なくて、狂おしい位の愛。 世界観は違いますが、「人魚姫」を思い出しました。 自己犠牲の愛を貫き、自らが泡となり消えますよね。 それが「正しい愛なのか?」 「自己犠牲は愛なのか?」 多分、意見が分かれると思います。 ただ、《真実の愛。例え恋愛成就しなくとも一途に想い続けます。あなただけを。》 切なさや苦しさを感じても、自分だけ傷ついても、その愛を貫く女性の執念に近い、愛を描いてみた次第です。 捉えようには、怖い女性の愛にも感じられるように、2way仕様仕立てです。 作品を上から下に読むと「感情のグラデーション」もイメージとして、入れてみました。(特に下の段の文面を読み進むにつれ、愛憎色も感じて頂けたら幸いです。) 更なる向上に務めます。 共感していただいて、コメントまで。 本当にありがとうございました。

0
arielariel(2020-02-08):

この詩は決して読まれることのない、美しい手紙なのですね。相手は「忘れているかもしれない」程度の記憶しかなくても、自分は「生きている限り」忘れないことで対比された情熱の差で、最後にいきなり病みに傾くのがひやりとします。「もぎ落ちる」は、意志を感じさせると同時に死も表す、大変ユニークで巧みな表現ですね。学ぶところが多い、素敵な作品をありがとうございます。

0
mimimimi(2020-02-08):

arielさん、初めまして。 おはようございます。 コメントを頂き、誠に光栄です。 感謝申し上げます。 「詩」になっているのかさえ、疑わしい日記や追憶レベルですが、「送ることもできない手紙」=現実世界では死んでいる、存在していないので「むしろ送ることができない」とも解釈できるかもです。 〈相手は「忘れているかもしれない」程度の記憶しかなくても、自分は「生きている限り」忘れないことで対比された情熱の差で、最後にいきなり病みに傾くのがひやりとします。 まさに対比された情熱の差も描きました。思い出を美化されず昇華できず、ずるずると引きずる気持ちを「彼女」はしているのに対し、「彼氏」はその「彼女」の気持ちすら気づくことすらない存在の過去。 むしろ「彼女」の存在すら無いように「切り捨てる」様も表現致しました。 だからこそ、「彼女自身の彼氏に対する愛」は「純粋な愛」なのか「憎悪」なのか、はたまた「執着」なのか。 私ですら、読み返して正直「ヤバ、病んでいるな」と我ながら思った次第です。 〈「もぎ落ちる」は、意志を感じさせると同時に死も表す、大変ユニークで巧みな表現ですね。学ぶところが多い、素敵な作品をありがとうございます。 椿をタイトルにしたのは、椿の花は枯れる時「花びらを散らす」ことはあまりなく、「花の根元」(巧く表現できず、すみません)から一気に「潔く」実際、地面に落ちていることが多く、そこからヒントを得て、描かせていただいたものです。 なぜ「彼女」が「潔く自ら死を選んだのか」arielさんにお任せ致したいと思います。 例えるなら一つの作品で「ひつまぶし」のよう、様々な「食べ方・味わい」ができるような表現者になりたく、それにはまだまだ鍛練が必要だと思っております。 こちらこそ、もっと「素敵な作品だな~」と言われるよう、傲らずに邁進して参りますので、今後もアドバイス等、よろしくお願い致します。 素直に褒めて頂いたことも、ありがたく思っております。 温かなコメントは私の力になりました。 arielさん、本当にありがとうございました。 まだまだ寒い日が続きますので、どうかご自愛ください。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1