作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

夜遊びの向こうへ   

作成日時 2020-01-13
コメント日時 2020-01-14

夕方のチャイムが鳴り響く紅い空 ゆっくりと沈んで行く太陽 暮れた空に微かに光る一番星 台所からは夕飯の匂いと包丁の音 暗くなった部屋に光る携帯の画面 今日もいつもの場所に自転車で向かう ベンチに座ってタバコ吸ってる友達 夜更けまでくだらない言葉の数々 いつだって僕らは自由だった あんなにカラフルに彩った現実 永遠なんてないのは薄々感じてたけど これだけはそこらの永遠とは違うと思ってた 漠然と生きた何回目の春が過ぎたのか 気がつけば縁もゆかりも無い地に一人 静かな部屋に響く呼吸の音 見上げれば知らない天井 いつしか慣れてた都会の生活 思考停止でくぐり抜ける改札 満員電車から溢れる陰鬱な息遣い 過ぎた日々の精算の如く流れる人混み それでも生きているだから生きてる 平気な顔して言葉を飲み込んで 大きな志しに惑わされてた理想と現実 滾る悔しさに胸を焼かれて溢れる涙 いつかは報われる気がして いつかは褒められる気がして いつかは諦められる気がして いつかは終わる気がして だから生きているんだ。 だから好きになるんだ。 だから逢いに行くんだ。 だからこれでいいんだ。


項目全期間(2020/01/27現在)投稿後10日間
叙情性88
前衛性00
可読性55
エンタメ00
技巧11
音韻11
構成22
総合ポイント1717
 平均値  中央値 
叙情性2.72
前衛性00
可読性1.72
 エンタメ00
技巧0.30
音韻0.30
構成0.71
総合5.75
閲覧指数:491.8
2020/01/27 07時19分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(6)
ゆいゆい (2020-01-13):

「いつしか慣れてた」から、ぐっと引き込まれました。前半の状況と後半の感情、、とても物語を感じました。

ゲロシャブゲロシャブ (2020-01-13):

ゆいさん ありがとうございます、初投稿で詩の知識も見聞もゼロだったので不安でしたがそういった感想が貰えて嬉しいです。

ふじりゅう (2020-01-14):

どこか切ない感じがいいと思います。 既視感が拭えないのがもったいない気がしていまして、例えば >だから好きになるんだ といったセンテンスは、いかなる言葉で「好き」をテクニカルに表現するかといった観点で再考した方がよいのではないかと考えます。

黒髪 (2020-01-14):

鮮やかな景色や、状況、心境の描き方などの、言葉の使い方が、素晴らしく調和したような天性の使い方だな、と思いました。個人的には、凄い才能を感じました。

ゲロシャブゲロシャブ (2020-01-14):

ふじりゅうさん コメントありがとうございます。自分も投稿した後に読み返して全く同じことを思っていました、オリジナリティみたいなものがちょっと欠けてますよね

ゲロシャブゲロシャブ (2020-01-14):

黒髪さん コメントありがとうございます。 気持ちの良い言葉が胸をくすぐります笑 これからの励みになります!ありがとうございます!

ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら
投稿作品数: 1