魔獣 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

魔獣    

突如生まれた黒い羊 それは天使を自称した 私たちは神託を賜った 「備えよ、魔獣がやってくるぞ」 銃や手榴弾や戦車を与えながら 黒い羊の目はぬらぬらと光っていた 禍々しい情念で光っていた 恐るべきことにその瞳は 愛、慈しみさえも湛えていた 黒い羊は私たちを愛しているのだ 私たちの心身と財産が略奪されぬように たった一人 黒い羊は重い責を背負うのだ 恐ろしいけれど愛しい主 やがて魔獣がやって来た 主とは違う、別の黒い羊がやって来た 白い羊たちを引き連れて 激情に狂い、主は言う 「敗北は死よりも恐ろしいぞ!」 「戦わぬ者はせめて死ね!」 主は私たちのために狂ったのだ 死ねと宣うのも優しさゆえに 愛する私たちのために 罪悪感と恐怖に追い立てられて 私たちは白い羊をたくさん殺した 踏み荒らされ草原は荒れてゆく 血で汚れてゆく 私たちの象徴たる豊かな草原が…… 誇りであった草原が…… 故郷が…… 嗚呼 恐慌状態の私たちは 木の枝や石ころさえも武器にして 殺した たくさん殺した 生き残りたい 死にたくない 血の匂いがとれない 何故戦っているのか……? ある日魔獣が病に倒れた 主もその病に冒された 「お前たちを、愛しているよ」 何故私たちを戦わせたのだ! 戯れ言を言うな 耳が腐る 恐ろしい、恐ろしい主! お前も魔獣だったのだろう! ー黒い羊を殺せ!ー 黒い羊はいなくなった 戦う理由もなくなった 白い羊と私たちは武器を捨て 抱き合って泣いた 啼哭の声 厳しく寒い風の吹きすさぶ音 全て、なくなってしまった…… あの素晴らしかった草原 散っていった友、家族 その血にまみれた私たちの魂は 虚空を浮浪する 私たちは同じだった 私たちも白い羊だったのだ しかし今や私たちは 赤く染まった羊になってしまった


作成日時 2019-11-03
コメント日時 2019-11-08

魔獣 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1061.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 63
#テキスト
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性32
前衛性22
可読性5251
エンタメ33
技巧11
音韻00
構成21
総合ポイント6360
 平均値  中央値 
叙情性0.60
前衛性0.40
可読性10.41
 エンタメ0.60
技巧0.20
音韻00
構成0.40
総合12.63
閲覧指数:1061.7
2020/06/02 08時09分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

魔獣 コメントセクション


コメント数(11)
エイクピア (2019-11-03):

黒い羊と言うのは恐らく自然界では存在しない比喩的な羊。管理者、神などの象徴的な表現ではないかと思いました。私たちは赤く染まった羊であること、単なる出血状態ではない、意識認識が生み出した終末思想が包含されているのかも知れません。黒い羊を殺せと言う声がありました。王殺しでしょうか。革命が想起されますが、白い羊は第3身分なのかもしれません。でも実際に革命を指導するのは黒い羊ではないか、そんな風に思います。血にまみれた私たちの魂。血は大地に根差して、羊が住む牧場を支えているのかもしれません。

0
ころねころね(2019-11-04):

エイクピア様 今月もコメントして下さってありがとうございます(*^O^*) とりあえず、「第3身分とは何か」を読もうと思います。無知です(ノ∀\)。 黒い羊は指導者で、白い羊は国民というイメージです。 日本政府が「今日から戦争始まりますよ!」って言い出した!というシチュエーションで、あれこれ考えていたんですが、最終的に私は羊になって、牧場で戦っていました( ゜o゜) 戦争はこの世で一番辛いものだと私が思っているから、終末思想を想起させる詩になったのかもしれません。 >でも実際に革命を指導するのは黒い羊ではないか 血に染まりすぎて黒ずんで、黒い羊になってしまったやつがやりそうですね。他の赤い羊たちも、白かった頃からは変質してしまったので、前のようにのほほんとは暮らせないんじゃないかなと思います。 >血は大地に根差して、羊が住む牧場を支えているのかもしれません。 なんか人柱的なものを想像しました((;゚ェ゚;))ヒェッ!

0
真清水るる (2019-11-06):

この詩で私が連想したのは、ヒットラーです。  ヒットラーの演説を分析した人によると、ヒットラーが「平和」という言葉を発するたびに、戦争へと政局が 激しく傾いていったようです。そして、これも実際の話ですが、ヒットラーは演説で「ドイツ国民を愛している」と、連呼していました。おまけに、「なにものかによって 心身と財産がうばられないように戦え」と 人気がそれほどでもない時期には、敵を名指しせずに演説したそうです。そのうちに 人々の心を掌握すると、具体的にユダヤの人々という迫害対象を より明確に演説したと聞きます。しかも、ナチスが イメージカラーにした色は、なぜか この詩と同じく 黒と赤でした。黒いヒツジとは ヒットラーであるいう気がして ぞっと致しました。

0
ころねころね(2019-11-07):

るるりら様 コメントありがとうございます。 るるりら様のコメントを読んで私も怖くなってしまいました……。 何気なく人に写真を見せたら、「変なものが写ってる」って言われて初めて心霊写真だと気付くみたいな、不意打ちの恐怖です。 ちょっと長くなってしまいますが、説明させて下さい。 この詩は、モデルは誰か?というのはまったく考えずに作った詩です。 ヒトラーの演説の内容や、イメージカラーのことは知りませんでした。 私は「指導者というものは、こういう考え方をするんだ」と思い込んでいました。 黒い羊のことをありふれた指導者だと思って詩を作ったんです。 私が見たり読んだりした作品の中には、「ヒーローのモデルは、実はヒトラーだ」というものが結構ありそうです。 思い当たる作品がいくつかあります。 (勿論、それらからセリフをコピペ!とかは一切してなくて、思い浮かんだ言葉をひとつひとつ繋げて詩を作りました。) どれも「すごく国民想いでありながら、戦争を躊躇しない。戦争も国民のためだから。」というところを格好良くみせていました。 あのヒトラーを肯定する思想を、知らずに刷り込まれていたのかと思うと怖いです((;_;)) さらに恐ろしいことに、私は黒い羊みたいな種類の人間を、つい甘やかしてしまう人間に育っているようです。 詩を作っている最中、「黒い羊には、黒い羊なりの正義があるんだ!」と擁護していたんです。 ちょっと脳ミソ洗濯したくなってきました。 詩を読み返してみたら怖さが倍増しました。 赤く染まっていたのは実は作者だったという、変なオチ付きの詩になってしまいました( ゜o゜) 「おっぱいぷるんぷるん!!(空耳)」見て爆笑してた自分を殴ってやりたい。 触れる作品の種類が偏ると、こういう馬鹿に育つのですね……。 すっっごく大事な気付きをもらいました。 ありがとうございます。

0
真清水るる (2019-11-07):

これだけは 書き添えさせていただこうと思います。 わたしは、ころねさんが、セリフを コピーしているとは 最初から思ってないので安心してくださいね。 ヒットラーの演説を分析したドキュメント番組を テレビで観たことがありまして、この詩と似ていることを言ってるなと、感じたんです。 この詩は とても分かりやすいストーリーなのにもかかわらず、現実にも人々は この詩のようなことに 陥っていくのだと思うと、ほんと 怖いですね。 ちなみに、ナチスのイメージカラーと言ったのは、私の主観です。ナチスが掲げた旗である鍵十字と、ナチスの軍服の色調が黒に赤なので 私のナチスのイメージは、黒赤なんです。 それから、ころねさんは、けっして バカなんかじゃないです。わたしは 人間の負の面の本質が この分かりやすい作品に描かれていることに、言葉がないです。この詩は、ときどき読み返したい作品です。良い作品を拝読できました。ありがとうございます。

0
羅蒐羅蒐(2019-11-07):

この詩を読んだ最初の感想は、『ジョン・ミルトンの「失楽園」を彷彿とさせる詩』でした。 黒い羊はキリスト教に於いては悪魔を意味し、それが「天使を自称」すると言う事は堕天使を意味している様に見受けました。或いは、堕天使が天使に成る(還る?)と言う事を意味しているとも取れます。 そして、「魔獣」と言う別の黒い羊とは、姿が違う、或いは解釈の異なる堕天使、つまり他宗教の堕天使を意味しているのでしょうか。 つまり、この詩は古来より繰り返されて来た宗教間の争い、或いは国家間の戦争を詠ったものなのだと見受けました。 この詩の最終的な帰結として、黒い羊に率いられて戦った「私たち」も「白い羊だった」と言う事は、この詩の「羊」とは結局の処人間の言い換えであり、天使にしろ堕天使にしろ或いは神にしろ、そんなものは人間を都合好く神格化したものに過ぎず、そういう人間は大義名分に由って争い続けてきたし今も尚争い続けていると言う事を言っているのだろうか、と思いました。

0
ころねころね(2019-11-07):

るるりら様 るるりら様が見た何かのセリフと、偶然ものすごく合致しちゃったんだ!と思って思わず釈明してしまいました(;´▽`笑) >人間の負の面の本質が この分かりやすい作品に描かれていることに、言葉がないです。この詩は、ときどき読み返したい作品です。 そ!そんな風に言っていただいて、恐縮です(;゜0゜) るるりら様が見たものとおぼしきドキュメンタリー(「演説の魔力」)を、ネットで発見したので見てみました。 他人事じゃないように感じられました(´・ω・`) このタイミングでこのドキュメンタリーを見られて良かったです。 ありがとうございました!(*^-^*)

0
羅蒐羅蒐(2019-11-08):

キリスト教に於いて悪魔を意味するのは黒い山羊でしたね。思い違いをしておりました。 失敬。

0
羽田恭 (2019-11-08):

元自衛官なので、思うところがありました。 それで返詩をと思ったのですが。 返詩にしては変形が多くなったように思い、自分の作品として投稿いたしました。 よろしかったらどうぞ。 「クリスマスの日に」という題です。

0
ころねころね(2019-11-08):

羅蒐様 コメントありがとうございます! 羅蒐様のコメントを受けて、宗教的な概念がくっついている山羊もありだったなと思いました。 そして、何で羊を選んだのか?と考えてみました。 結果、私は群れている動物なら何でも良かったんだと思います。 「日本の軍人」になったつもりで戦争のことを考えるていると、「攻めてくるのはきっとあの国だな」とか、余計なことを考えたり、強烈に悲しくなってきたりと、俯瞰的に考えられなくなってきたため、「ちょっと人間は休憩にしよう!」ってことで、私は羊になりました。 (ごめんよ、羊) そう、結局は「人間」の過去、現在、そして未来の戦争のことを考えていたんです。「戦争するしかない」と思うのはどんな時なんだろう、とか。 どんな風に解釈したのか教えて下さってありがとうございます、興味深いです(≡^∇^≡)

0
ころねころね(2019-11-08):

羽田恭様 ありがとうございます!! ((o(^∇^)o))

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1