「みんな、恋してる、そんな街がいいね」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

「みんな、恋してる、そんな街がいいね」    

お月さん、なんで死んでしまったの 高山の用水路には 気味悪い巨大な魚たちが泳いでるのに誰も気にしてない 雪がかなり降ったせいもあるか。 乾燥し切って赤い線の入った 君の世界一可愛いお手手を俺はペロしたけど、 こんなに手が荒れたの、俺のせいだね。 そうだ、高山で、 だから君の手を離した。 だから脳ずいをグチャされた。 だから帰り道なんてほんとうは帰りたくないし。 船体の朽ちた船を誰にも見つからん水溜めに浮かべ 真っ暗暗なところにスポットライトを一筋突き刺して、 人工的を極めたつもりになって、 しかしそれなりに美しく、 ロングピースの甘ったるい煙でふうっと、 ぜんぶ隠してやるのさ。 お月さん、あんたもだよ。 俺も、あんたも、もうバイバイ。じゃあ、な。 「あっは、あっは」 「二度あることは三度ある」 「あたしもとうとう風邪ひいちゃった」 昼間の公園で子どもたち 世界のおしまい、と口々にしていた。 (泡泡泡泡、アワーって英単語はあったっけ?) よう、そこのガキ共、 俺が最高に美味いシュークリームを買ってやるから そこでちょっと待ってろ。 世界のおしまい なあ、おしまわれたって 別のどこかに世界は顔を出すんじゃねえの 汚ねえよ、大人は。 ちっくしょー 何も気に入らないぜっ 「ぼくは潜水艦!或いは深海魚!」 どうした少年、 真っ白な息を思いっきり吸い込み ここが大雪原と言わんばかりの勢いで 砂場にお顔を突っ伏した。 SO COLD. でも、こうでなくっちゃね、音楽は、 凍った砂の中でおでこが別の冷たさを感じとった。 あーなんじゃこりゃ、大変大変、気持ちがいいな、 そうだ、こうでなくっちゃ音楽は。 一丁の拳銃との出会いが 少年と俺との、ささいなきっかけだった。 君よ、どうか幸せで。 どうか人を傷つけず、 どうか道を見失わず。 新宿の夜だけが明るかった、 日本中の街から街灯が消えた、 「あれは歌歌いが言葉ったらずを歌ってるだけさ」 「きっと、もし生きていたら新宿にいるよ」 「ぬかるみに足を捕られないように、さあ、お気をつけて」 23時、ピンクサロンの受付けで 30分の料金と指名料で8000円、クソみたいに安い金。 うっすいカーテンのかかった背の低い壁で仕切られた空間。 本当はもっと若いのか、 それでも18くらいに見える未成年の少女。 まあ俺より20くらい年下か。 正面に座るなり、手を握って、こんばんわ。 お仕事帰りですか。どんなお仕事ですか。 寒いですね。寒いですね。 俺が壁に寄りかかると、 反対側の客が、その壁を蹴りつけた。 瞬間、彼女は自分の太ももがビクッビクッと痙攣するのを 真顔でじっと見つめながら、ガッ、と太ももに両手の爪を食い込ませ、 それから、ふっ、ふっ、と笑い出した。 俺は体の向きを変えて 壁を三度、力いっぱい蹴りつけた、 壁の中の金属がきしむ音が店いっぱいに響いた。 反対側の客がうなり声をあげながら立ち上がる、 店員が走って寄ってくる、 ちょっと、ねえ、と俺の肩を彼女が揺する、 俺は今一度、彼女の方へ振り向く、 同時に、 彼女の体に倒れこむようにして ピストルの引き金を引いて 彼女を撃ち殺した。 もう長い間会っていない人である、 当たり前であるが、彼女の顔は母親にそっくりであった。 少女の全身から力が抜けていく最中、 「ぼくは潜水艦!或いは深海魚!」 「手、大丈夫かい」 「ひどい傷だね、また父親にやられたのかい」 「なあ、もうすぐ、世界はおしまいだって」 「あなたのような人を探してたのよ」 「どうして嘘つくの」 「なんで嘘ついちゃったんだろ」 「雪、たくさん降ってるね」 新宿の街でも 少しずつ少しずつ明かりが消えていった。


作成日時 2019-10-26
コメント日時 2019-11-05

「みんな、恋してる、そんな街がいいね」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 1227.5
お気に入り数: 0
ポイント数 : 10
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/07/13現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性33
エンタメ00
技巧44
音韻11
構成00
総合ポイント1010
 平均値  中央値 
叙情性0.30
前衛性0.30
可読性11
 エンタメ00
技巧1.31
音韻0.30
構成00
総合3.33
閲覧指数:1227.5
2020/07/13 19時11分04秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

「みんな、恋してる、そんな街がいいね」 コメントセクション


コメント数(9)
楽子楽子(2019-10-26):

うーん、好きです。そしてすごい。 感想戴いたときの独特のグルーヴというかロックな感じというか…が気になって詩を見に来ました。 結論、好きです。そしてすごい。 剥きだしの暴力とか痛みを、「これじゃ、ちょっとね」という感じに解体しているかんじ。 それでいてほんのちょっと世界を救いたい感じ。此処はひどいところだけど、なんだかよくわからない美しさもあるのだというような、どうしようもなさ。 おそらくこの詩はひとつのまとまった物語があり、読み解けばそれを理解することもできるのかなと思います。なんとなく、理解した気にもなります。(とんでもなく勘違いしていたら申し訳なく……) ただまあ、しんどさを抱えた人間として、ただぼんやりと聞いていたくなる詩でした。

0
survof (2019-10-26):

昔のオノナツメの漫画を読んでいるような印象。NOT SIMPLEなどを思い出した。あるいは宮崎夏次郎とか。 文章だけだとちょっと物足りない気もするけど、あまり説明しすぎていない感じとかにどこか透明な浮遊感があって楽しめた。むしろ、これくらい省略されているほうが想像力に訴えるのかもしれない。設定などもあえて省略されていて、断片的だけれども、はっきりと設定やストーリーがあることがわかる。読者が物語を完成させないといけないけど、完成させたいと思わせるだけのものはあって、頭のなかで作品の世界がどんどん広がっていく感じ。 とても好きなタイプの作品でした。

0
/舜舜/舜舜(2019-10-26):

楽子さん、コメントありがとうございます。 ほんのちょっと世界を救いたい感、 よく分からない美しさ、 ぼんやりと聞いていたい、 そういう不安定な美しさ、俺なんか、まだまだだけど、いつかそんなの書きたいっすね。嬉しい感想です。ありがとさんです。なんかね、まだ嫌いな人にまだ出会ってないからかな、と思ったり、面白ければいいなんて感性は面白くないと思ったり、そういうところをウロウロしてるうちは結局、新宿で、ずっとしんどいままなんだろうと、思ったり。

0
/舜舜/舜舜(2019-10-26):

survofさん、コメントありがとうございます。 オノナツメ読んだことないんで今度読んでみまっす。(俺、漫画家は鈴木翁二がずっと好き)。文章だけだと物足りない、それ全くそう思うんですよねー。もちろん俺のも、他の人の作品も、どこか物足りなさってのはあるんだけど、問題は心地よいかどうか、であって、みんな割といいところに落ち着けるんだけど、なんか俺の場合、変に違和感出して滲み出ちゃって、どうしましょって感じです。でも作品の世界が広がいくって言ってもらえて嬉しいでっす。 まだあんま、このサイトに慣れてないし、なにせ本を読まないから、こんな拙い返信で申し訳ない。survofさん、文体綺麗っすね。感想文見ただけで、分かりますよ。いい言葉紡げる人やっての。

0
yamabito (2019-11-01):

おもしろい視点で展開していますね。 ん!、こ、これは!とか思いました。 ピンサロ以降は、前半のさらっとしていてなにか食い込んでくる文体と違い、人間臭い部分ですか、そんな感じを受けました。 刺激になる作品ですね。 私のような年寄りにはイイ薬です。

0
/舜舜/舜舜(2019-11-02):

yamabitoさん、コメントありがとうございます。 俺みたいな若造の作品をお年寄りのあなたから刺激になるイイ薬と、うふ、なかなか励みになります。 食い込んでくる文体、 この表現いいですね、そういう文体を自由自在に振り回してみたいものです。サンクス。

0
ころねころね(2019-11-05):

イケメンにちがいない! いろいろ思いましたが、なんかもうこれしか言いたくないです。ツン

0
/舜舜/舜舜(2019-11-05):

ころねさん、お米ありがと。 俺ね、ハトですよ。ポッポッポッ

0
ころねころね(2019-11-05):

お返事ありがとう、ハトさん(’-’*) 「お米ありがと」ってかわいいですね!私も使いたい使っていいですか( ゜o゜)使わせてくれないと焼き鳥にして食っちまいますぜ!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2