父親が手術をします - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


父親が手術をします    

父親と似てないところが あなたの遺伝子だと思って 誰にでも平等に優しく接したり 自分を貶されても笑って許したりしましたが それはあなたを過大評価することになるのでしょうか 僕は大分損する人間になりました 誇りやプライドもなく 将来の夢や希望もなく かといって不幸せでもなく 落ち込むこともなく ただ風化していく建物みたいに 静かに傷んでヒビが入っている心を 僕は誰にも晒そうとせず あなたにも見せようとは思いません いつかの夢ならば パパとサッカーして帰ると ママの美味しいご飯の匂いに誘われて つまみ食いして怒られて 「まずはお風呂に入りなさい」と叱られたかったな 名前も顔も知らない でも確かにいたあなたに 鏡越しに会おうとしても そこには僕しかいませんでした あなたは今どこで どんな風に過ごしているだろうか 子供はいるのだろうか 家庭はあるのだろうか 僕を覚えているのだろうか あなたを恨んだことは1度もなく だけど嫌いだった父親が今日 大変な手術をします 僕は幸せな家族の絵が最後まで描けませんでした


作成日時 2019-10-18
コメント日時 2019-10-24

父親が手術をします ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 928.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 2
#テキスト #ビーレビ杯不参加 #アドバイス募集
項目全期間(2020/04/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント22
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性11
 エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:928.9
2020/04/07 22時04分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

父親が手術をします コメントセクション


コメント数(11)
ふじりゅう (2019-10-18):

ドラマチックな、或いは使い古されたストーリーを作品にするならば漫画や小説、エッセイなどの方が余程便利だと思います。本作は、んー、詩じゃない方がより伝わるのでは、という感想しか抱けませんでした。詩でしか表現出来ないこと、この詩句でしか表現し得ないことを模索された方が宜しいのではないかと思われます。

0
山石千里 (2019-10-18):

ふじりゅうさん コメントありがとうございます。 詩でしか表現できないこと・・・考えたこともありませんでした、、 詩の特異性ってのを考えて次の作品に生かします。 アドバイス頂きありがとうございます!

0
真清水るる (2019-10-23):

父親が手術をします 詩作品は作者と作品の主人公が同一人物であるとは限らないのものですが、この作品は、ちさとさんの心の中にある言語化しにくい苦しみを なんとか表現してみようとしておられる作品として拝見しました。 おそらく ちさとさんは 父親がお二人いらっしゃる境遇の方だと読み取りました。 個人的には、最後の連が 気になります。 >だけど嫌いだった父親が今日 >大変な手術をします >僕は幸せな家族の絵が最後まで描けませんでした こらから 大変な手術をするという日に(育ての お父さまが まだ亡くなってはいない時点で、僕(たぶん ちさとさん)の人生においての家族の絵が もう終わっている。この寂しさは、この詩文で昇華しきれているとは 私には思えませんでした。 参考になるかどうかわかりませんが、 父母の関係の希薄さをかかえつつ 卓越した卓越した詩や文章を書くようになった方といえば、室生 犀星がいます。 わたし自身が彼らのことに詳しいわけではありませんが、私の尊敬する とあるネット詩人さんが 室生 犀星を敬愛しておられます。室生 犀星は詩だけでなく 読みやすい小説なども書いています。彼の言葉は 父母に対する違和感から発せられているかもしれません。もしかしたら、ちさとさんの琴線に触れるものもあるような予感がしましたので 室生 犀星を紹介させていただきました。

0
真清水るる (2019-10-23):

誤字訂正 ×こらから 大変な手術をするという日に 〇これから 失礼しました。

0
山石千里 (2019-10-23):

るるりら様 コメントありがとうございます。 この詩は、僕を産んですぐに離婚していなくなった母に向けて書きました。 僕は母の顔も名前も知りませんが、父親と自分の違うところが母との繋がりなんだと考えて生きてきました。 しかし、結局僕は僕なんですよね。 父親と違うところも似たところも僕で、母の匂いなんかちっともしないんです(笑) 小さいころとかに良く学校で家族の絵を描きましょうみたいな授業があって、そんときにどんな絵を描いたのか忘れましたけど、結局僕は家族の絵も描けずここまで生きてきました。これもよくある話で自分だけが特別なんてちっとも思いませんけどね。 詞を読んで頂き嬉しかったです! また、詩人もご紹介して頂きありがとうございました! 早速読んでみますね(*^^*)

0
真清水るる (2019-10-23):

なるほどお わたくし 自身の 読解力の低さを 知りました。ご両親の事情は そうでしたか。失礼しました。なぜ、わからなかったのだろう。あー謙虚にならなければ。感謝です。ありがとうございました。

0
山石千里 (2019-10-23):

るるりら様 詩は何を伝えるのも、それをどう受けとるのも自由なはずですから、るるりら様の解釈も正解だと思います(*^^*) 自分の描きたいものの言葉の選び方がまだまだなので、るるりら様からのアドバイスはとても有り難かったです!

0
エイクピア (2019-10-23):

夢とは言え、矢張り3連目が印象的でただの願望とも思えない。最大公約数的な夢を追っているのかもしれません。夢の夢と言う発想もこういう感じから出て来るのかもしれません。秀吉のなにわのことも夢のまた夢と言う作品は本人作ではないかもしれませんが、何か詩的だと思ったことがあります。

0
原口昇平 (2019-10-23):

この語りそのものは好きです。「僕」が自分の傷んだ心を誰にも晒そうとは思わないと言いながら次の連で叶わなかった願望を吐露してしまう矛盾は人間味にあふれていますし、顔を思い出せない母親に心の裡で呼びかけながら嫌いな父親の手術を報告するところは母の不在をよく際立たせています。ただその語りが整いすぎているというかすべてうまく書かれすぎているきらいがあって、実に前述の矛盾もとても整然と表現されているので、もっと書かなくていいんじゃないかとも思います。この個人的な語りが詩になる可能性は第一連にはかなり豊かにあったのに、そのあとのせいで私小説未満のところへ閉じてしまった気がします。もっと四連構成くらいにまで削り込むと、語りが抽象化されていくか、逆に具体的な描写だけで自分の見ている世界全体を象徴するしかなくなるので、そのとき初めて多くの人に開かれた詩が立ち上がってくるのではないでしょうか。

0
山石千里 (2019-10-24):

エイクピア様 コメントありがとうございます。 三連目は夢といいつつ、憧れとかこんな環境への不満や恨み妬みですね。パパとサッカーして帰ってママの料理食べたかったです。 できれば夢の夢でも見たくなかった夢でした(笑)

0
山石千里 (2019-10-24):

原口昇平様 コメントありがとうございます。 こんなにも自分の詩を分析してくだすってありがとうございます! 確かに詩の面白さでもある、抽象的な言葉で読み手にそれぞれの解釈が生まれるような言葉選びができていませんね。勉強します。 今回は本当に私生活で悲しいことがあって、推敲もせず勢いだけで書いて投稿しました。なのでうまく書かれているという風に感じとって頂いたのが自分はちょっと嬉しかったです(笑) 精進致します!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3