この一瞬、鮮明 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

この一瞬、鮮明    

タイムマシン? そんなの、もう爆破したよ いらないんだ 変えたい過去も 見えない未来も 今、この一瞬には追いつけない 勝ち取ってきた虚しさも 選び取ってきた愚かさも 全部背負えば 空も高い オンユアマークス 感傷はシューズの裏にはりつけた セット 予感が止まらない


作成日時 2019-10-18
コメント日時 2019-10-27

この一瞬、鮮明 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 1197.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 37
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/09/20現在)投稿後10日間
叙情性1010
前衛性66
可読性55
エンタメ00
技巧88
音韻00
構成88
総合ポイント3737
 平均値  中央値 
叙情性55
前衛性33
可読性2.52.5
 エンタメ00
技巧44
音韻00
構成44
総合18.518.5
閲覧指数:1197.2
2020/09/20 07時47分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

この一瞬、鮮明 コメントセクション


コメント数(4)
渡辺八畳 (2019-10-19):

ところどころジュブナイル的というか、ポエムのような青臭さを感じてむず痒くはあるけど、それは決して不快ではない。というのは、端々の青臭さは卓越な文章構成に包まれているからだ。まず一行目二行目がいいよね。タイムマシンと聞くと大抵の日本人はドラえもんの道具を想像するだろう。それが爆破、ってところでまず関心を引く(しかし三行目はいらないと思う。説明過多)。また、「オンユアマーク」と「セット」を繋げずに間へ一文挟んだのもリズムを生んでいてとても良い。

0
トビラ (2019-10-20):

渡辺さん、ありがとうございます。 多分、僕から青臭さみたいなものは抜けないように思います。だったら変に取り繕うより、むしろ押し出していくしかないかなと思う今日この頃です。構成がうまくいったのも、書きたい思いがまずあって、どうしたらこの思いをうまく表現できるかという感じで、細部を修正した結果として後からついてきたように思います。 他のサイトにも投稿してきて、コメントをもらったり、反応がなかったりなど経験して、技術的によく見せるにはとかいい詩とはとか考えたりして、今は、どれだけ自分を突き詰められるか、なのではないかと考えています。読者は大切ですけど、人の目を気にしたものを書いていても自分が楽しくないし、読んでくれる人もそういうのを読んでいいと感じるかな?とも思います。 自分語りはここまでにしておきます。 評をありがとうございました。

0
千才森 万葉千才森 万葉(2019-10-24):

 お邪魔します。  んーーーーー。んーーーーーーーーーーー。  そうですか、評価は低めですか。  こういう詩なら、現代詩が苦手なわたしも読めるんですよ。それで、ですよ? 上手なんですよね。  後ろも前も向かない。自分は今、胸を張って生きているんだ。2連目では、『今』がどれだけ尊い一瞬なのかを、真っ直ぐに説いてくれています。  3連目では、そんな『今』を生きるために、主人公ががどれだけ一生懸命生きてきたのかを思わせてくれて、読んでいるこちらも前向きに……うーん、上向きにさせてくれる。『全部背負えば』の次に『空も高い』と続ける。ここが、わたしは凄く好きですね。前ではなくて、上を向かせる。上手だと思います。  最後にかけては、思わず『飛べ!』と声を掛けたくなりました。一歩一歩が今なんだ、と。  違ったらすみません。  構成も言葉の選び方も、上手いんですよ。  ちょっと話を飛ばして。  前に投稿されている作品も、読ませて貰ったんですよ。  わたしは、露華が好きでした。星辰も言葉の力があって良かったですけど、好みから言えば露華かな。  全体的に、そうですね、みなさん仰っているように青さ、若さを感じました。作品には必ず、青い色が滲んでいた気がします。ついでに、評価が高い時と低い時の差が明確で、サイトの傾向がぼんやりと、ですけど掴めるような気がしますね。  話を戻します。  構成も、言葉の選び方も、上手いんですよ。  向き合って、よく読めば、です。  単体で見れば、瑕疵の見えない素敵な詩だと思うんですよ。ただ、他者の詩と並べた時に、どれだけ人目を惹き付けて、立ち止まらせられるのかと考えれば、弱いのかなって思いました。このサイトに投稿されている詩は、鋭い言葉で飾られている詩が多いので、どうしても字面のインパクトで負けてしまっているように見えるんですよ。今作品は特にですね。もうね、非常にもったいない。  どうも、持ち味の青さが不利に働いてしまったように見えます。  言葉の青さって、なぜか古さに通じてしまう。大人になってしまえば、通ってきた道を思わせて、少しこそばゆい。そんな古さ。それ自体は悪くはない筈なんですけども、皆さんが『自分だけの詩』を求めて誰も見たことのない表現を望み、未来に片足を掛けているような場の中で、通ってきた過去を連想させる言葉たちで構成された作品では、食指が動かないのかも。んー。  かく言うわたしも、投稿された最初の頃にチラッと読ませて貰った気がするんですよね。でも、特に何も思わず流してしまった気がします。  理由としては、目が『現代詩』に慣れ初めてしまい、さらりと読める作品では立ち止まれなくなっていたこと。これはもう、わたしの目が鈍っていたとしか言いようが無いですね。  もう一点は、タイムマシンと爆破の繋がりから、内容が読めてしまったこと。2行で、時間、今、力強く生きる、そんなイメージを連想した気がします。その後で、さらっと流して読んだ時に、予想から外れるような単語がなかったことで、「読んだ気分」になってしまったため。  タイムマシン。この作品の雰囲気を考えればピッタリの言葉なんですけど、タイムマシンってどこか古めかしいんですよね。目新しい詩じゃなさそうだってイメージが生まれてしまう。悪い言葉じゃないんですけども。  技術的な面白さって、立ち止まって読まないと感じにくいのかもしれません。そんな気がしました。じゃあ読者を惹き付けられる文章に書き換えれば良いかというと、そういうわけではないと思うからややこしい。なにせ、この作品は綺麗に完成していますからね。変に弄りたいと思わない。  伝わりやすいし、感情も動きますから、わたしは良いと思うんですけども。  まあ、わたしがいいなーと思った詩は、評価が低い場合が多いんですけどね。  んーーー。もったいない。

0
トビラ (2019-10-27):

千才森さん、ありがとうございます。 一人でも、二人でも、何か響くものがあって、こうしてコメントまでいただけて、満足という言葉は適当ではないかもしれませんが、嬉しいものです。 青さみたいなものは、どうにもならないかもしれません。自分自身がそういうものが好きですしね。 目を引くような魅力がないことと、内容が単調だということは課題ですね。指摘していただいて、課題が明確になり、ありがたいです。 過去作も読んでいただいて、ありがとうございます。 露華は、投稿時、全然反応がなくて、ちょっとさみしかったんですよ。反応がないのが一番さみしいですからね。それを好きと仰っていただき、嬉しい気持ちでいっぱいです。 星辰も露華も同じくらいの熱量で書いたんですが、反応のあるなしが明確でしたね。人に評価されたり、反応がたくさんあると嬉しいですが、ただ、人の評価は参考になっても、あてにはならないとも思うんですよね。もう一つ書きますと、僕は実生活ではけっこう人の顔色を見るんですよ。評価というか、機嫌ですね。なるべく相手の機嫌を損ねないように、気を払っています。だから、創作でまで人の顔色を窺うのは、なんか違うかなって思います。僕にとっては。人の反応を考えないこともないですが、自分の書きたいものに正直でいたいと思っています。文章で食べているわけでもないですし。もう自分と心中するしかないのかなと思います。 もう一つ正直に書きますと、僕は技術的なことはよくわからないんですよね。 僕にとって技術は、自分の書きたいものをどう表現するかと考えた上での結果みたいなものです。 千才森さんがいいと思ったものは評価が低い。いいじゃないですか。それは、一般的に評価されないものの美点を見出して、光を当ててあげられるということだと思います。少なくとも、ここに、いいと思ってくれて喜んでる人間が一人いますよ。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2