エミリーの眼の中でわたしは眠る - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

エミリーの眼の中でわたしは眠る    

エミリー、あなたはいまでも、鉛の靴の音が聞こえますか あの、彼らの、床板を軋む音が、すべての空間を支配して、一つの耳になるとき、あなたはそっと棺の中で目を閉じる あなたの死をもうひとりのあなたが天空から眺めながらささやく (ねぇ、どうしてわたしは小さな詩なんて書いてるの?どうせ誰にも見せないのに。どこにも発表する気なんてないのに...) どこにも発表することがない詩こそがたぶん、ほんとうの詩 だって自分にしか見ることのできない詩があるとすれば自分だけがその詩を見る権利があって、それは、すごく特別なもの だからほんとうの詩は 見えない詩 聞こえない詩 『エミリーは森羅万象を見透し生死を超越することが出来る女だ。彼女の言葉は精霊たちに化身し息吹をかける、彼女自身の青い病弱な魂に』 エミリー、あなたはいまでも暗い磨りガラスの向こうに、遠い遠い青空をはっきりとながめることができるの? 『その眼は見逃しはしない。たった一つの千切れた雲の破片まで』 エミリー、あなたの橙色の恋は、電気を全て消して冷蔵庫のとびらをあけたときの、そのやわらかいぼわっとした光みたいなのかな 午前二時に目が覚めることがあって、冷蔵庫をあけてコップ一杯の水を飲む。ふわっと、冷蔵庫の中のオレンジ色の光が広がるけど、とびらを閉めたら、もうあたりはまっくら その光はすぐに消えるから、だから、そんな感じの恋をしたのかな、エミリー 『違う!女は永遠の恋の滾りを透明な瞳の中に閉じ込めることができる。その見ることすら叶わない瞳の中に男は侵入することができない』 だからなに?彼はなにを言いたいの? 『男は硬く勃起した一つの肉棒に過ぎない。お前たち女が羨ましい。我々はあまりにも硬すぎるロゴスの集積体だ』 それで? 『お前たちは柔弱かつ弾力のある肉体を持ち、したたかでかつ病める精神を魂に宿している。そして永遠を眼の中に刻むことができる』 なにもわかってない 彼はなんにもわかってない ぜんぜん何一つわかってない 彼はたぶん、隣家から掃除機の音が聞こえるような、そんな怠惰な日曜日の午後に、大好きな猫が日向ぼっこしてる姿をみてきっとそれを詩にすることができない 彼はたぶん、どんな比喩にもどんな描写にも表せないような、そんな心の迷路に入り込んだとき、百科事典を手にとったり、辞書を引いたりする。分からないこと全てのこと... そして、なにもかも、すべてわかる そして、だからこそ、なにもかもすべてわからない 『古代ギリシア時代、数学者ピタゴラスは男性結社を作り、日夜数学を学問として体系化すべく研究に勤しんだ。そこは絶対に女人禁制だ。そして彼は豆と燕をひどく忌避した。なぜか。それは豆と燕こそが女に他ならないからだ』 なにをいってるのかぜんぜん分からない わたしは数学の話なんて聞きたくない わたしはエミリーに語りかけてるんです エミリー、あなたは戸口の小さな草花を摘み取って大事に抱えてる それを夜になって、みんなが寝静まったら、魔法を使って香水に変えることができる人 その香水はいい匂いがして、すーっとどこかに溶け込みたくなる 海に夕日を見に行ったとき、こっちじゃなくて夕日の方にいればよかったなぁって思うことがあるように そういうとき、そういう気分のとき、あなたはノートに、そういう気分の詩を書いた 小さな小さな詩 難しいことばなんて一つもない だってエミリー、あなたはまともに学校に通ってもいないから エミリー、この沈黙をどうやったら言葉にできるの 言葉にできない言葉をどうやったら言葉にできるの 『言葉にできない言葉?端的にそれは矛盾だ。もし言葉にできない言葉があるとすればそれは言葉ではない。現生人類が誕生して以来、言葉とは象徴のことを指した。言語学が明らかにしたように言語はsignifiantとsignifiéの二つの


作成日時 2019-07-07
コメント日時 2019-07-08

エミリーの眼の中でわたしは眠る ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 729.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 4
#テキスト #酷評OK
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成22
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成11
総合22
閲覧指数:729.3
2020/06/04 11時21分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

エミリーの眼の中でわたしは眠る コメントセクション


コメント数(6)
アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人) (2019-07-07):

コピペ失敗。途切れた? あとで、貼り直すわ。 うー、、、

0
アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人) (2019-07-07):

どこで削除するんだよ、ビーレビめ!このやろー

0
羽田恭 (2019-07-07):

なかなかよいように思います。 ちゃんとした形で読みたいですね。 詩を書こうとして言葉と論理に結果として逃げてしまった男と、直観的に詩に近づく少女の対比が興味深いです。 ちなみに、ビーレビはユーザーは削除できない仕様です。 ご注意を。

0
渡辺八畳 (2019-07-07):

有原氏、ガイドラインは読まれましたか ・複数ユーザー名での投稿を原則として禁ずる。

0
アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人) (2019-07-08):

複数ユーザー名ってどういうことですか?アカウントを変えたってことですか?してませんよ。それからなぜ一度、投稿した作品を編集、削除できないシステムを導入しているのか、全く理解に苦しむところであります。それ法律的に問題がありますよね?大丈夫?

0
沙一 (2019-07-08):

エミリー・ディキンソンとの、心の中での対話でしょうか。 文章が途切れてしまったのは残念ですが、ポジティブに捉えるなら、かえって強い余情を喚起させているように思いました。もちろん、全文を読みたい気持ちはありますが。 言葉にできない言葉をどうやったら言葉にできるのかという、かんたんには答えられない問いを、作中人物の難解な語りでこれから解説されるであろうところ、スパッと切り捨てられていて、問いのまま読者に提示されており、偶然とはいえ、これはこれで成功ではないかとさえ思えます。 切断されることによって、それが流れていたことを認識させる、と云えばドゥルーズ=ガタリ的でしょうか。 終わらない問いに、慣性の働きが加わり、読者までエネルギーが伝達されてくるようです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2