作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

エミリーの眼の中でわたしは眠る   

作成日時 2019-07-07
コメント日時 2019-07-08

エミリー、あなたはいまでも、鉛の靴の音が聞こえますか あの、彼らの、床板を軋む音が、すべての空間を支配して、一つの耳になるとき、あなたはそっと棺の中で目を閉じる あなたの死をもうひとりのあなたが天空から眺めながらささやく (ねぇ、どうしてわたしは小さな詩なんて書いてるの?どうせ誰にも見せないのに。どこにも発表する気なんてないのに...) どこにも発表することがない詩こそがたぶん、ほんとうの詩 だって自分にしか見ることのできない詩があるとすれば自分だけがその詩を見る権利があって、それは、すごく特別なもの だからほんとうの詩は 見えない詩 聞こえない詩 『エミリーは森羅万象を見透し生死を超越することが出来る女だ。彼女の言葉は精霊たちに化身し息吹をかける、彼女自身の青い病弱な魂に』 エミリー、あなたはいまでも暗い磨りガラスの向こうに、遠い遠い青空をはっきりとながめることができるの? 『その眼は見逃しはしない。たった一つの千切れた雲の破片まで』 エミリー、あなたの橙色の恋は、電気を全て消して冷蔵庫のとびらをあけたときの、そのやわらかいぼわっとした光みたいなのかな 午前二時に目が覚めることがあって、冷蔵庫をあけてコップ一杯の水を飲む。ふわっと、冷蔵庫の中のオレンジ色の光が広がるけど、とびらを閉めたら、もうあたりはまっくら その光はすぐに消えるから、だから、そんな感じの恋をしたのかな、エミリー 『違う!女は永遠の恋の滾りを透明な瞳の中に閉じ込めることができる。その見ることすら叶わない瞳の中に男は侵入することができない』 だからなに?彼はなにを言いたいの? 『男は硬く勃起した一つの肉棒に過ぎない。お前たち女が羨ましい。我々はあまりにも硬すぎるロゴスの集積体だ』 それで? 『お前たちは柔弱かつ弾力のある肉体を持ち、したたかでかつ病める精神を魂に宿している。そして永遠を眼の中に刻むことができる』 なにもわかってない 彼はなんにもわかってない ぜんぜん何一つわかってない 彼はたぶん、隣家から掃除機の音が聞こえるような、そんな怠惰な日曜日の午後に、大好きな猫が日向ぼっこしてる姿をみてきっとそれを詩にすることができない 彼はたぶん、どんな比喩にもどんな描写にも表せないような、そんな心の迷路に入り込んだとき、百科事典を手にとったり、辞書を引いたりする。分からないこと全てのこと... そして、なにもかも、すべてわかる そして、だからこそ、なにもかもすべてわからない 『古代ギリシア時代、数学者ピタゴラスは男性結社を作り、日夜数学を学問として体系化すべく研究に勤しんだ。そこは絶対に女人禁制だ。そして彼は豆と燕をひどく忌避した。なぜか。それは豆と燕こそが女に他ならないからだ』 なにをいってるのかぜんぜん分からない わたしは数学の話なんて聞きたくない わたしはエミリーに語りかけてるんです エミリー、あなたは戸口の小さな草花を摘み取って大事に抱えてる それを夜になって、みんなが寝静まったら、魔法を使って香水に変えることができる人 その香水はいい匂いがして、すーっとどこかに溶け込みたくなる 海に夕日を見に行ったとき、こっちじゃなくて夕日の方にいればよかったなぁって思うことがあるように そういうとき、そういう気分のとき、あなたはノートに、そういう気分の詩を書いた 小さな小さな詩 難しいことばなんて一つもない だってエミリー、あなたはまともに学校に通ってもいないから エミリー、この沈黙をどうやったら言葉にできるの 言葉にできない言葉をどうやったら言葉にできるの 『言葉にできない言葉?端的にそれは矛盾だ。もし言葉にできない言葉があるとすればそれは言葉ではない。現生人類が誕生して以来、言葉とは象徴のことを指した。言語学が明らかにしたように言語はsignifiantとsignifiéの二つの


項目全期間(2019/11/19現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成22
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成11
総合22
閲覧指数:567.3
2019/11/19 18時37分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(6)
アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人) (2019-07-07):

コピペ失敗。途切れた? あとで、貼り直すわ。 うー、、、

アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人) (2019-07-07):

どこで削除するんだよ、ビーレビめ!このやろー

羽田恭 (2019-07-07):

なかなかよいように思います。 ちゃんとした形で読みたいですね。 詩を書こうとして言葉と論理に結果として逃げてしまった男と、直観的に詩に近づく少女の対比が興味深いです。 ちなみに、ビーレビはユーザーは削除できない仕様です。 ご注意を。

渡辺八畳@祝儀敷 (2019-07-07):

有原氏、ガイドラインは読まれましたか ・複数ユーザー名での投稿を原則として禁ずる。

アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人) (2019-07-08):

複数ユーザー名ってどういうことですか?アカウントを変えたってことですか?してませんよ。それからなぜ一度、投稿した作品を編集、削除できないシステムを導入しているのか、全く理解に苦しむところであります。それ法律的に問題がありますよね?大丈夫?

沙一 (2019-07-08):

エミリー・ディキンソンとの、心の中での対話でしょうか。 文章が途切れてしまったのは残念ですが、ポジティブに捉えるなら、かえって強い余情を喚起させているように思いました。もちろん、全文を読みたい気持ちはありますが。 言葉にできない言葉をどうやったら言葉にできるのかという、かんたんには答えられない問いを、作中人物の難解な語りでこれから解説されるであろうところ、スパッと切り捨てられていて、問いのまま読者に提示されており、偶然とはいえ、これはこれで成功ではないかとさえ思えます。 切断されることによって、それが流れていたことを認識させる、と云えばドゥルーズ=ガタリ的でしょうか。 終わらない問いに、慣性の働きが加わり、読者までエネルギーが伝達されてくるようです。

投稿作品数: 2