君を生き返す - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

君を生き返す    

 大きな磁石が星転するので、自作の発電機が役に立つ。無人島に持ってきた。  島に先住している熊に通電すると呼吸を始めると理解ってから、ホームシックの夜の三題噺の相手にして……。宇宙飛行機は碇に繋いで、地球からエレベーターが来るのを待って  君が見えるようになった  にじり寄る海のケラマブルーを濾過して真水をすする。残念な寿限無。  獣やピアノを愛する性的指向はなくても、友情は家族愛は、ううん、喪主を務める程の深い義理人情は築けた。  風 雨 夢 息 雪 好き  聞こえ始めると  君は触れるようになり  くすくすとした灰の香りが塩の味  ちょっと君、情報量が多過ぎるんだよ。もっと絞って伝えないと絶対に人に理解されないよ。宇宙人なの?うみんちゅなの?死ぬの?  僕は  心に通う  微弱な電気  君は言うなれば疑似餌に釣られた  魚の幽霊   この宇宙にはナチュラルマグネットが   星の数程?   あるので右往左往する金属に電流が走ります 鉄「ぴりぴり」 錫「ビリッ」 亜鉛「バー!」 銅「ズバラピシャラーン」  全ての回路に  命を見出さなければ  昼間、動かない熊を  連れ去られてしまっただろうから  埋葬されて  島のぬしに食べられていたの   皿倉山から   隠しきれない   夜のぬしが見える   こっちに   こっちにやって来る  僕は君を噛み砕かずに  島と海/光と黒  のあいだの砂浜で  ピチピチとほとばしるポルターガイスト


作成日時 2019-05-16
コメント日時 2019-05-18

君を生き返す ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 900.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 179
#テキスト
項目全期間(2020/06/03現在)投稿後10日間
叙情性3838
前衛性1717
可読性1717
エンタメ5151
技巧2929
音韻22
構成2525
総合ポイント179179
 平均値  中央値 
叙情性5.41
前衛性2.41
可読性2.41
 エンタメ7.31
技巧4.12
音韻0.30
構成3.60
総合25.64
閲覧指数:900.6
2020/06/03 15時21分03秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

君を生き返す コメントセクション


コメント数(8)
鹿又 夏実鹿又 夏実(2019-05-16):

電流が走るさいのオノマトペが効いていて、それがこの詩のアクセントになっていますね。 前半の静と後半の動、という感じで面白いです。

0
かるべまさひろ (2019-05-16):

鹿又 夏実 様 コメントをありがとうございます。 電流が走る際のオノマトペ、だったのか!とハッとしました。 なんとなく鉄ちゃんと錫ちゃんと亜鉛くんと銅先輩が演劇しているイメージだったので、最初どこを指摘されてるのかわからず何度か読みなおしておりました… ありがとうございます。

0
佐久 乱 (2019-05-16):

熊がいる無人島とはいえ、ロマンティックSFな始まりに惹きつけられました。 そこに「ケラマブルー」がきて、ケラマに散々通った私は、あの海の色を思い出し、 でも「熊」がいるし、「宇宙飛行機は碇に繋いで」あるから、慶良間の無人島ではなく・・・ 宇宙空間と海の間で浮遊してからの「皿倉山」!九州!? ますます空間がうねって。 最後の一行 >ピチピチとほとばしるポルターガイスト これには、やられました。 ああ、やっぱりロマンティック! とても不思議で面白い旅行をさせていただきました。

0
かるべまさひろ (2019-05-16):

佐久 乱 様 コメントをありがとうございます。 楽しんでいただいて嬉しいです。演劇ではないのですが、場面・展開・設定の裏切りは常に考えて書いているので(とはいえ最終的には自然と僕自身を裏切る僕の脳内なのですが)、脈絡がわからないといった感想ではなく、そこにある旅行を見出してくださるのは本当に嬉しいことです。 慶良間は僕はダイビングのライセンスを取るときに潜って、やはり人生で貴重な青でした。 実直に物語が進行する日もあるのですが、ありとあらゆる「命」について言及したくて、夜景も自我を持っていると脳が主張したので、そのことに触れざるを得なく、皿倉山が出て参りました。 長崎や函館でもよかったのですが、「皿倉山」と北九州市の夜景の関係性は一つの説明しやすい回路だと感じました。工場から発展した街、という点がそこを補強してくれるかなと読んでいます。 ありがとうございます。

0
渡辺八畳 (2019-05-17):

かつて現代詩手帖が「SF×詩」という特集を組んだ(http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/archive/2015-04/)が、この詩なんかまさにSFだよなと。 現代詩()よりは具体的で小説よりは抽象的な、この詩みたいな具合の作品が増え(て、それをうまく広められるようなプロモーターがい)れば詩はも少し読まれるようになるんだろうなと感じた。

0
かるべまさひろ (2019-05-17):

渡辺八畳@祝儀敷 様 コメントをありがとうございます。 SFについて、今まで本当は深く考えたことがないんですよね。自覚を持っていない、というのが原因です。もう一つが、わりとジャンル横断的に物事を捉えているという点ですね。 しかしSFと他称されることはひたすら昔からあったので、もう少し考えてみようと思います。1月に投稿したダダミラクル(ラップ詞が鬼になるやつ)なんかもSFっぽかったですね。こっちの方が現代詩()寄りですが。 詩の読者を増やそう、と考える人の多さはいわゆる詩の界隈で驚かされます。演劇では最初から少ないのが前提で、小手先の増やし方を続けざるを得ない→気が付いたらファンを獲得できている(あるいは限界を迎えて続けられなくなる)という流れが一般的なので、僕なんかはわりとそちらですね。 友達やパートナーがファンでいてくれて、もう少しファンが増えたらいいな、劇場受けはどのくらいかな、とりあえず物は試しで芸術ごとは続けたもん勝ちという大学で唯一学んだ具体的な対策をもとに、始めたことなので、まだあまり詩全体の業界を動かすみたいなことは考えられないんですよね。 余談でしたが。 ありがとうございます。

0
mooomooo(2019-05-18):

なんだか良く分からなかったところに魅力を感じます。コメント下手すぎてごめんなさい。

0
かるべまさひろ (2019-05-18):

mooo 様 コメントをありがとうございます。 漫画の受け売りですが、そういう時 人はありがとうって聞きたいらしいです。 嬉しいです本当に。ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1