作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

魚座   

作成日時 2019-05-12
コメント日時 2019-05-14

寂しいのかな、寂しいのかな、 寂しいの底に沈みたい。 そうしてしばらく、 寂しいの底を泳いでいる。 えら呼吸だから大丈夫。


項目全期間(2019/11/19現在)投稿後10日間
叙情性112102
前衛性00
可読性6151
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成2221
総合ポイント195174
 平均値  中央値 
叙情性18.71
前衛性00
可読性10.21
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成3.71
総合32.52.5
閲覧指数:743.4
2019/11/19 18時34分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(5)
yamabito (2019-05-12):

なんかイイですね。底っていうのが。さびしいのリフレインですが、味わい深いです。

漂わぬ子漂わぬ子 (2019-05-12):

解釈違いかもしれませんが、陰キャラとか陽キャラとかいう言葉が思い起こされました。 上へ浮かぼうと泳ぐのをやめれば、楽になるが沈んでいく。それを諦めたところでもまた違う苦しさが待っている。

るるりら (2019-05-12):

さいごに、すくわれる感じも すてきです。

トビラトビラ (2019-05-13):

不思議な感触の詩ですね。 >寂しいのかな、寂しいのかな、 とあって、ここで誰か(あるいは自分)に問いかけていて >寂しいの底に沈みたい。 「みたい」ということは願望を表していて、まだ沈んでいないことを示している。 ただ、行間が空いて、 >そうしてしばらく、 >寂しいの底を泳いでいる。 と続く。 ここでは、底を泳いでいるところを想像しているともとれるし、今すでに底を泳いでいるとも受け取れる。 そして、 >えら呼吸だから大丈夫。 と結ばれる。 ここでは、さみしさを抱えても生きていける強さを感じます。 一読したときは、学校で友だちがいなくて、でもヘッドホンをつけて好きな音楽を聴いてる女の子みたいなイメージでしたけど、 よく読んでみると、さみしそうにしている男子の内面に触れてみたい女の子とも読めて、色々な読み方のできる作品だと思いました。

佐々木 (2019-05-14):

コメントありがとうございました! いろんなご意見をいただきとても参考になりました!

投稿作品数: 2