お知らせ

猿の右手   

作成日時 2019-04-08
コメント日時 2019-04-15

生き残った朝のかすかな空の色が やさしく裸の眼球に薄い膜を張る ミルクをレンジで温めたときの ラムスデン現象みたいな、 うざったい膜。 内部で臓器でも燃えているのだろうか ふいに どうにでもなれ、 と左脳が吐き捨てた気がして ざわざわと右脳が騒ぎはじめて 砂嵐のアナログテレビ そのノイズの奥で 寸裂された俺の四肢たちが 真っ赤になってくるくる空を飛んでんだ それはさぞや楽しいだろうなあって げらげら全身が笑っているから どこかに潜む意識がひとり恐怖で震えている 外灯の下 うつろな目をした男が佇んでいる 一人称がお前のなかで死んでいる らしいから カメラが何者なのかわからない リンダキューブの アンinヒュームみてえな感覚 シャッターが地面を打ちつける音 振動で白蛾の翅が塵芥と ぐるぐるになって宙を舞う 虚無の街で こんな虚無の道で  ちかちかとフリッカーする、 ゴミの羽ばたきが綺麗だなって思ったんです 喉がかゆくなって  乾いた唇に気がついて 透明な遺言を叫びたかったんだよなって 谺をポケットに入れ墓場まで持って行くから 10年後に掘り返してみてください ほらな 0しかないだろ、お前の人生なんか。 0.1の風景が延々続いてもエンジンは切らず リミッターを解除していけよ、 オンボロの鉄塊 品性の欠片すらない人間に 限りなく近似した塊に 言語製のナイフで刺殺された帰り道 ズタズタに裂かれた脳みそ抱え コンビニにでも寄って 包帯はいらないから、  トイレットペーパーを買って ぽたぽた落ちる血液も拭かず 熱い臙脂をインク代わりにして 終わらない遺書を綴ろうか おっぱい おまんこ 心で書くな、折れた指震わせて書き散らせ おっぱい おまんこ 流れている痛みの色が紙を赤く濡らした お前が誰かに嗤われようと  俺がお前を嗤おうと ゴミ箱に捨てずじまいの 消費期限切れの恥や外聞に何の意味がある? 痛いよな、そりゃ痛いよ おっぱい おまんこ なあ 俺はただ 猥雑な言葉になって下水道に流されてえよ おっぱい おまんこ 配水管に詰まった脳が 朝をむかえて  幻の陽光で乾く前に クソみたいなエロゲーテキストそのものの 日曜日をロードして 真っ赤な眼見開いて お前自身の刃物を握れよ 真っ暗闇のなか 言葉 鋭く


項目全期間(2019/07/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧33
音韻11
構成11
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性0.30
 エンタメ0.30
技巧10
音韻0.30
構成0.30
総合2.33
閲覧指数:813.3
2019/07/20 14時51分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(6)
ふじりゅう (2019-04-08):

拝見しました。 筆者の妄想を覗いている感覚です。ごった煮感があり、そこに芸術を見出すことも出来ます。 しかし、まずごった煮すぎて読者への心遣いが感じられない。あくまで文である詩において、読み解きやすさや想像しやすさには気を使わないといけません。 次に、ですます口調や命令形が中盤入っていますが、カギカッコを使わなかった理由が見当たりませんでした。余りに唐突すぎて読むのがキツかったです。 最後に、後半部分はかなり好みが分かれると思います。万人受けにしろとは全く言いませんが、上手い作品のテーマが性的なものである場合、おっぱいであればその形やそれに対する気持ち、思いの部分を重視するものが多いです。このリフレインは、私には不快でした。 総じて唐突にワードが始まりすぎて読みづらいです。妄想性を重視するなら、その思いの表現で勝負して頂きたかったなと。

あおきがはら (2019-04-08):

お読みになっていただきありがとうございました。 ふじりゅうさんのご感想を一読して、ぼく自身不安に思っていたところを正確に言葉で表現してくださっていると感じました。自分の詩(と呼べるかどうか分かりませんが……)には段落意識と言いますか、連と連の繋がりが曖昧過ぎるのでは……? とは思っていたのですが、具体的に唐突な敬語表現が読みづらいとツッコまれてなるほど……と。 おっぱい云々のくだりは、トイレットペーパーに書いた遺書の便所の落書き感をアップさせるために書いたのですが、ふじりゅうさんのおっしゃる通りで軽薄に描いたら、読者からしたらそれはスカスカにしか感じられないだろうな……ってあらためて。 このような作品にご感想をくださり本当にありがとうございます。今回いただいた問題点を宿題にして次回作に活かしたいと思います。それでは。

左部右人 (2019-04-13):

使われている言葉と表現が陳腐。何かを書きたいと思っていらっしゃるのは伝わりますが、「左脳が吐き捨てた気がして」「うつろな目をした男が佇んで」「虚無の街で こんな虚無の道で」「お前自身の刃物を握れよ」等の文言に対して、正直私はうんざりです。うんざりなのは私の感性の方かも知れませんが、「はいはい」といった感想が溢れ出るのは確かです。 前半部だけならこうは思わなかったかもしれませんが「おまんこ」とか「おっぱい」とかもっと使い道があったのではないかと思います。使えばそら印象に残る言葉ですが、必然性を全く感じません。 重ね重ね、何かを伝えたい・書きたいという思いはほとばしっていると思いますので、必然性を持った自分の言葉で作品を書き上げて欲しいなと思いました。

あおきがはら (2019-04-14):

お読みになっていただきありがとうございました。 左部さんからいただいたコメントを踏まえて、あらためてじぶんの書いた詩もどきを読んだら言葉が冗長に響きました……。おまんこ、おっぱいはふじりゅうさんにも特に指摘された箇所なんですが、扱い方が雑でまるで意味なく下ネタを繰り出して笑ってる小学生みたいだなって。おっしゃるとおりで、唐突に言葉がはじまって必然性がないんですよね。お前自身の刃物を握れよ、じゃなくてまず書き散らす前に俺自身の刃物を握れって感じでした……すみません。 なんといいますかもう問題点というか……直すところが多過ぎて今までのじぶんの作品を殺すつもりで詩を書いていくべきなんだろうなと思いました。お二人からまっすぐなご感想をいただけなければ死ぬまでこんなだざいじぶんの言葉に気づけなかったので、投稿して本当によかったと思います。ありがとうございました。

ふじりゅう (2019-04-15):

あおきがはらさん、ご返信ありがとうございます。 何となく返信をしてみたくなったのは、本作が駄作ではないからです。 結構厳しい講評が続いておりますが、一つ一つの文には確かな文才を感じることも確かです。 >生き残った朝のかすかな空の色が >やさしく裸の眼球に薄い膜を張る >ミルクをレンジで温めたときの >ラムスデン現象みたいな、 この部分は純粋に上手いな、と感じました。素材が凄く良いと思います。ただややイメージし辛い部分もあるので、例えば >生き残った朝 >かすかな空の色が、ラムスデン現象のような >膜を張った 私の >裸の眼球に のように、構成を変えるなどすると良いのかもしれません(これはただの例文です)。 少し脱線致しますが、Twitterに上げられている詩も魅力を感じました。実力のある方とお見受け致しますので、是非とも次回作を楽しみにしております。

帆場蔵人 (2019-04-15):

一連目が特に惹かれるものを感じました。ラムスデン現象、妙に胸にストンと落ちました。以降があまり頭に入ってこなかった。

投稿作品数: 1