始まりの湖 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


始まりの湖    

湖に雪が吸い込まれていく 僕も行こう 一緒に溶けよう 空より暖かい水底で 幻の首長竜が待っている 最後の一頭になった鹿を連れ 最後の一匹になったイトウの後を 降りしきる氷晶に導かれて 溶ける、溶けて空になる 水底に広がる砂の空 流れ込む先に銀盆の月 中心から緩やかに光が滲んで 静の海まで道ができる 産まれる前に通る深淵で 僕は一つのミームになる 一粒の砂になって空に放たれる 空で凍って雪になったら 始まりの湖に帰っていける


作成日時 2019-02-03
コメント日時 2019-02-08

始まりの湖 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 286.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:286.7
2020/04/02 14時17分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

始まりの湖 コメントセクション


コメント数(7)
環希 帆乃未 (2019-02-03):

原風景もしくは心象風景のようでした。好物です。

0
ふじりゅう (2019-02-03):

 拝見しました。  生死をテーマにした詩とお見受けしました。以下考察です。  僕の行動を順に追っていくと、 1.雪と「一緒に溶け」る 2.「最後の一頭になった鹿を連れ」る 3.「最後の一匹になったイトウの後を」行く 4.「溶けて」「空になる」 5.「産まれる前に通る深淵で/一つのミームになる」 6.一粒の砂になって空に放たれる」 7.「空で凍って雪になったら/始まりの湖に帰っていける」(ここは明らかに「行動」ではない) となります。 ※すべて過去形ではないので、予想や先の展開を想像しているだけかもしれない。  まず主人公は、溶けたい、という願望があり、作中で何度もそれが表現されています。「一緒に」から、僕≠雪であることが分かります。  「空より暖かい水底」から、水底のほうが空より暖かいこと(空の温度はかなり冷たい模様)、「水底に広がる砂の空」から、空=砂の空、ひいては湖の底の広がる砂のことであることが示されています。  3ですが、イトウの後を行ってはいますが、イトウに導かれているわけでなく氷晶に導かれています。つまり湖の底に、(恐らく、雪が固まってできた、水底に向かって落ちていく)氷晶に導かれ進んでいて、その先に偶然、最後の一匹となったイトウが泳いでいる、という状況だと考えられます。  銀盆の月は二つの情景を組み合わせたものと解釈しました。一つは銀盆→シルバートレイ(のように輝く満月)、もう一つは盆の月(秋の満月)、つまり季節は秋と考えられます。その光が滲みつつ、水底まで光の道を作っている描写を表しています。  本作は(入水)自殺の描写と考えることができます。4から、自身を溶かして空(=砂の空の一部=砂粒)になる点。5から、ミーム=砂粒とされていて、さらに自身をその原始的なものに溶かし変えてしまおうという、自分への破滅的欲求。6は輪廻転生の観点から、自身の魂は死んだあと新たな生き物の命となり、繰り返されてくという思想を表しているのではないでしょうか。鹿は、愛する人との心中と考えることができます。また、そもそも湖自体が、生と死を繋げる特殊な場所ではないでしょうか。  別解釈として、出産と考えることもできます。湖へ自身を「溶かす」ことを性行為と解釈すれば、湖は母親の子宮と考えることもできます。そうなれば、自身を「ミーム」=自分の子供への育児と解釈することも可能です。  美しい描写に隠された細かく練りこまれた内容、とても楽しく読むことのできる作品です。月のパートが特にお気に入りです。

0
世界世紀 (2019-02-04):

環希 帆乃未さん 原風景か心象風景と捉えて頂いたのですね。僕の想像上の湖が舞台ですから、どちらも含まれてます。 コメントありがとうございます。 ふじりゅうさん 丁寧な考察ありがとうございます。 「空=砂の空」や、「ミーム=砂粒」など、おっしゃるとおりで、こう読んでくれるといいなと思いながら、つたわるか自信が持てなかったんですが、ふじりゅうさんにしっかり考察して頂けて本当に嬉しいです。一つだけ、確かに自殺の描写のようにも読めますね。一連目の幻の首長竜を案内役にしたファンタジーを書いたつもりだったのですが、もう一度推敲してみます。ありがとうございました。

0
あさぬま (2019-02-06):

空とあわせ鏡になっている湖の情景描写がとても美しいです ノアの箱船や輪廻転生などの宗教的モチーフや 永劫回帰、ミーム(はそのままですが)といった思想的なモチーフが美しい表現の中に見え隠れして、具象と抽象を行き来する詩の力がとてもよく発揮されていると思います

0
世界世紀 (2019-02-07):

あさぬまさん ノアの箱船は、最後の一頭と一匹のくだりで、輪廻転生は主人公が雪になって帰っていくところでしょうか。 永劫回帰はwikiで調べてみました。ニーチェなんですね。これはちょっとわかりませんでした。 ミームは書くときに調べたんですが、おっしゃるとおりそのままです。最初にインターネットミームを連想してもらえたらいいなと考えてました。意味的に軽く捉えてほしかったからです。文化や伝統になるほどの強い意伝子じゃなくて、模倣子の一つぶ程度の感じでつかいました。 ぜんぜん勉強が足りなくて、言葉の使い方を指摘されるとタジタジです。 おかしな使い方をしているところがあれば是非とも教えていただけないでしょうか。お願いいたします。 全体的な印象としては其ほど悪くないということですね。とても嬉しいです。ありがとうございます! あさぬまさんのコメントのとおりの出来だとは思っていませんが、これから推敲や勉強して近いものを書けるように頑張りたいと思っております。 コメントありがとうございました。

0
あさぬま (2019-02-07):

ノアの箱舟と輪廻転生はそうですね 永劫回帰は物質が有限で時間は無限であるという過程をすると宇宙の素粒子の配置が無限の時間の中で全く同じになることがあるという思想ですね つまり現在は一回きりではなく過去にも未来にも繰り返し存在するものだとする思想です 世界世紀さんの詩が円環的な時間の輪を想像させたのでそう感じました ミームはしっかり伝わりました 砂の一粒になって/空に放たれる のところで死んでも自分の体を構成していた物質はまた土に戻って行くような安心感があります 僕もまだまだ勉強が足りないのであまり偉そうなことは言えないですが、詩というのは学問と違って厳密性よりも美しさがあれば良いと思うので、あまり間違ってるとか不正確だとかお気になさらず 世界世紀さんの詩は一読目にとても美しい情景描写がすっと入ってきて静かに感動したのでその後の解釈はおまけみたいなものです まだ一作品しか投稿なさってないようなので次の作品も心待ちにしています

0
世界世紀 (2019-02-08):

あさぬまさん 最初のコメントを読んで嬉しかったんですが、この作品にそんなに色々な意味を含めてなかったので、ちょっと疑ってしまいました。すみません。 再コメントありがとうございます。 とても嬉しいです。プレッシャー半端ないですがまた投稿したいと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1