名も無き歌 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


名も無き歌    

歌を歌おう 名前のない歌を その歌は希望に満ちていて その歌は勇気で溢れている その歌に名前が無いのはきっと 僕がその歌と裏腹だから だから僕はあえて歌う 希望に満ちた 名も無き歌を


作成日時 2019-01-27
コメント日時 2019-01-31

名も無き歌 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 209.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/02/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:209.2
2020/02/25 18時34分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

名も無き歌 コメントセクション


コメント数(3)
ふじりゅう (2019-01-29):

 拝見しました。少し淡白な作風が、内容的には惜しい気がします。なぜ主人公は、普通の曲を聴くのでなくわざわざ「名も無き歌」を聴くのか、なぜ主人公は希望も勇気も果てているのか、など、主人公の心理が気になるところ。  転じて。裏腹、に最初引っ掛かりましたが、なるほど名も無き歌が希望や勇気に溢れているから、主人公としては裏腹、だと。なぜか好きな楽曲を聞きたくなる作品です。

0
渡辺八畳 (2019-01-31):

「歌」とは何かの箇条書きになってやいないだろうか 読者にとって「歌」はここではじめての出会いなわけで、なんだかわからない歌に対し「名前がない」「希望に満ち溢れている」などの説明をされたところで「で、結局<歌>って何で、それがどうしたの?」って感想にしか至らない。

0
エイクピア (2019-01-31):

名もなき歌と言うとどうしてもミスチルの歌を思い出すのですが、この詩はそういった偏見にとらわれない詩だと思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1