B-REVIEW作品投稿掲示板


※ランダムで投稿作ページへ移動するボタンです

シェルター   

鈴木歯車 
作成日時 2019-01-17
コメント日時 2019-02-12

 

「短い手足のあいつらしか愛せない」 煙草のように痩せた差出人は うつろな目で 光の無い病院の外を眺めている 埃一つ無い窓に 囲まれたカフェの角席 ぼくは口の中で呟いてみる te a shi no mi ji ka i a i tsu ra. 音はすべて 雲量5の空に溶ける 窓外で起こる 湿った咳  怒鳴り  嬌声を 自分のものと数えてみる 音はすべて 雲量5の空に溶ける 冷たく優しげな手紙と 空っぽの分かり合えぬ人々 何の壁もない彼らが営む あざやかな生活 生活 生活!…… ぼくは死んだ目で鑑賞する


コメント欄を隠す
渡辺八畳@祝儀敷 (2019-01-18):

最初と最後の連が良い。最初は「短い手足のあいつらしか愛せない」という非常につかみの強い言葉から始まるし、最後は「あざやかな生活 生活 生活!……」と約物が映える 逆に言えばそれらの間が印象に薄い。

鈴木歯車 (2019-01-18):

渡辺さん,感想ありがとうございます! 強い言葉を初めと最後に入れたことを読み取っていただいて嬉しいです. しかし,かといって印象の差が付きすぎてもいけないみたいですね. 印象をコントロールできるように精進します. ありがとうございました.

環希 帆乃未 (2019-01-20):

te a shi no mi ji ka i a i tsu ra.書き変えると面白いです。どんな風にかは、それぞれ有って良いのかと思うので、載せません。

ふじりゅう (2019-02-04):

遅くなりましたが拝見しました。 雲量5、は何かの元ネタ(恐らく科学)がありそうですが、無学故存じませんでした。冒頭のカギカッコのインパクトがとても良いです。 病室で「あざやかな生活」を羨む主人公の悲しさがひしひしと伝わってきます。死んだ目で「鑑賞」この鑑賞、が絶妙ですね。好きな詩です。

鈴木歯車 (2019-02-12):

環希さん,アドバイス(?)ありがとうございます。書き換えはちょっと思いつきませんでした。パズルのようでユニークだと思いました。 ふじりゅうさん感想ありがとうございます。冒頭を特に考えたので,ほめられるとうれしいです!

ishimuratoshi58ishimuratoshi58 (2019-02-12):

スタイルにしろ語彙にしろ1940年代~50年代頃のものを連想させるんですが、読んでみて感じるものは新鮮、のひとこと。言葉が自由を得て伸びやかに開放されており、読みながら気分よく呼吸できます。言葉に新鮮な生気を吹き込むことのできる、素晴らしい才能だと思います。

鈴木歯車 (2019-02-12):

ishimuratoshi58さん,お褒めの言葉ありがとうございます。恐縮です。

コメントを書く
コメントを書くにはここから登録してください。またはログインしてください

投稿作品数: 1

© B-REVIEW 2018