耳鳴りの羽音 * - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

耳鳴りの羽音 *    

こつン…… パ タ たタ …… 硝子戸がたたかれ 暗い部屋で生き返る 耳鳴りがあふれだして からの一輪挿しは からのままだ 幼い頃 祖父が置いていた 養蜂箱に 耳を あてたことが ある 蜂たちの 羽音は 忘れたけれど なにかを探していた 耳鳴りは 蜂たちの羽音と 重なり ひややかな 硝子戸に 耳をあてて 蜂 になるんだ やみに耳をあて 描く やみのさき 花は咲き 花びらは風にすくわれる 花びらが風を打つ音に さそわれ 蜂は さ迷いまわる ばかり、ちりたい 花は…… どこ? いつかの部屋に咲いていた 花の手ざわりは あたたかで 一層 孤独をあぶりだし あまい蜜はよりあまく 一輪挿しにはいつだって 花が咲いてた 枯れもせず 蜂になりたい なんのため? こころから飛び出した手 だれかのこころに 触れたい 花に? 女王蜂の蜜に 乾いた こころをひたしていた 安らかな 日々 ふたつのこころが 融けあい 生まれた ふれれば消える儚い花は耳鳴りを包みこみ ふたりの間で 静かに咲いていた あの花の名は もうわすれた 耳鳴りが蜂になり さ迷う夜に 硝子戸は祖父の 養蜂箱 にかわる 満たされていた箱と からの部屋 そして からの 一輪挿しにはまぼろしですら 花は咲かない、からの磁器は耳を吸いつけ 羽音は吸い込まれ、耳鳴りだけが返される 蜂に…… 朝の陽に焼かれて蜂は ベランダで死んでいた


作成日時 2018-12-11
コメント日時 2018-12-25

耳鳴りの羽音 * ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 618.3
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#酷評OK
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:618.3
2022/01/17 03時20分45秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

耳鳴りの羽音 * コメントセクション

コメント数(6)
環希 帆乃未
(2018-12-12)

孤独で困惑して静かな慟哭って感じです。作中に出てくる花関連の繋がりも含めて、独特の味を感じました。成りたかった蜂の死で締めくくられていて、作品全体ではなく一部に、ほのかな暖かさが在る事で、より現実が、浮き彫りに成っている作品です。 言葉の配置なんですが、こちらの方が印象に残りますよってのを、残しておきます。 一輪挿しには花は咲かない まぼろしですら、からの磁器は耳を吸いつけ 羽音は吸い込まれ、耳鳴りだけが返される 音も印象に残るかと思われますが、思っただけなのでスルーでお願いします。

0
ほば
(2018-12-12)

つきみ 様 他所で発表した際に頂いたアドバイスを元に推敲しました。言葉の配置や使い方に変化がありますね。後は音、これが他の方からもさらに深く音を追求しては、と言われ、ひたすら推敲したのですが、現時点ではここまででした。この詩はまだ次のバージョンが恐らく現れると思います。ありがとうございました。

0
stereotype2085
(2018-12-13)

ちょっと比喩から比喩へと飛び歩く印象がして分かりにくい気がしました。具体性がない。これも帆場さんの詩に期待しているからなのでしょうが、帆場さんの詩に何を期待している、と明文化しない方がいいし、今の所したくない。だからあれやこれや言わない方が帆場さんの可能性がより一層大きく開けることになりそうです。僕は現時点ではそう感じました。少なくとも帆場さんはこの詩で留まる人ではないとは思いました。

0
ほば
(2018-12-13)

stereotype2085 様 今回は具象的な表現を押さえて音や蜂の浮遊感を押し出してみようとしたのですが、過ぎたるは……といったところかもしれません。具象的な要素が織り込めたなら、抽象表現が飛躍する足場になるかもしれない。具象、抽象は表裏なので具象部分である詩の骨格がうまく噛み合っていないのかもしれないですね。耳鳴りの羽音バージョンⅢの推敲に突撃します。ありがとうございました。 くぅ、次回は絶賛せざる得ない作品にしてやるぜ!などと空まわりするな、これは。

0
完備
(2018-12-25)

冗長ですね。改行も甘い。比較的に芯のしっかり通ったストーリー、或いはイメージの流れがあるわけですから、もっと圧縮できるしその方が効果的だろうと感じます。「幼い頃 祖父が置いていた 養蜂箱に / 耳を あてたことが ある」ここは、素朴に良い「文」だと思いました。「文」として良いことと「詩」として良いことは稍々異なるかもしれませんが、細かいことは気にしないことにしましょう。

0
ほば
(2018-12-25)

完備様 コメントありがとうございます。何度か改稿したのですが、冗長ですか。圧縮がまだまだ苦手なんですよね。すべて書く必要は詩にはないわけですから、まだ余計な言葉を削げるのだと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1