琥珀色の蝶 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

琥珀色の蝶    

開いた英和辞典のページに目薬一滴こぼすと アルファベットが宙に浮かんで変形し 一匹の蝶の形になった 輪郭は琥珀色に輝き 羽にはト音記号に似た幾何学模様 神々しい金の鱗粉ふりまきながら ヒラヒラと舞っている こんな美しいものがこの世にあったのか これこそ生きた宝石だ 僕はすっかり魅せられて 蝶の動きを目で追った スローモーションの流れ星のように飛んでいた蝶であったが いつしか空中に止まって羽をバタつかせている 蜘蛛の巣に引っかかったのだ 可哀想に 誰かが助けてやらねばならない だけど僕は蜘蛛だったので 琥珀色の蝶をパクリと食べた


作成日時 2018-12-02
コメント日時 2018-12-08

琥珀色の蝶 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 833.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:833.5
2023/02/09 08時19分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

琥珀色の蝶 コメントセクション

コメント数(17)
岩垣弥生
(2018-12-03)

ならない→なるまい の間違いでした。 出来れば修正よろしくお願いしますm(__)m

0
fiorina
(2018-12-03)

まだまだ身近に隠れている、世にも美しいもの。 人間の過失が一手間加えると、こんな風に姿を見せる。 後半の展開が、軽やかでした。 最初の一行はやや説明的。 思い切った省略により、 辞書から蝶が幻想的に動き出すのでは? この一行をこのように書きたい気持ちは、 わたし自身がよくやりますので、 とてもわかりましたw 最初の衝動で書いた作品はそれも作品として残し、 もう一編書くつもりで推敲作を、と、 自作を見直してみたくなりました。

0
岩垣弥生
(2018-12-04)

fiorinaさま 読んでくださりありがとうございます。 最初の一行は迷いました。 「英和辞典の単語に目薬をこぼすと アルファベットから蝶が生まれた(誕生した)」くらいにしようかとも思ったのですが、単なるレトリックと受け取られるかもしれず、次の行から「あれっ、実際蝶は存在するの?もう飛んでるの?」という齟齬が生じるかもしれないと懸念し、こまかい描写をいれたのですが、全体のトーンからするとやや説明的なのは否めませんね。大胆な省略の方が良かったかもしれません。 一応推敲はするのですが、自分一人で推敲しても正しい方向に向かうとは限らないので、この状態で投稿しました。 なので率直な意見はとてもありがたいです。 コメント、アドバイスくださり本当に感謝です。

0
環希 帆乃未
(2018-12-04)

>開いた英和辞典のページに目薬一滴こぼすと アルファベットが宙に浮かんで変形し 一匹の蝶の形になった 一行目が有るからこそ、続く部分がより具体的に成ります。もしも、他の言葉だったなら私が素通りしていた可能性もあります(そう言いながら他者様の作品を何度も読んでいます)そうですね。琥珀色の蝶が題名ですが、詩の中に蝶が居ますよね。題が他でも充分伝わります。何故伝わるかと言えば、一行目が役目を果しています。一行目があるから、他の行が死んでません。題としては日本語では無く、英和辞典が出てくるので、英語でも良いと私は思います。蝶を食べるという最後までの流れに違和感が無いので、良いのは良いです。欲を言えば、もっと作者様の作品を食べたいですね。言葉が少ないから余計に腹ペコです。美味しければ美味しいほど食べたくなりますよね?なので、食べたいです。

0
渡辺八畳
(2018-12-05)

詩文がちゃんと映像を結んでいるし、しかし映像化はできない詩ならではの像を描いている。こういうのを私は「超映像」と呼んでいるが、これはまさにそれ。

0
永峰半奈
(2018-12-05)

美しい情景ですね。自分の頭の中でも映像化はできないものの、確かに美しい情景だとわかります。 個人的にはもう少し改行があったほうがこの作品を味わいやすいかなと思います。きらきらとした言葉が続くので、話が変わるあたりを改行すると、より前半の映像美が際立つと思いました。 目薬というモチーフがいいなと思いました。雫の形が蜘蛛の目のようでもありますし、充血した白眼の血管と蜘蛛の巣が呼応するようにも思えます。

0
岩垣弥生
(2018-12-05)

つきみさま 読んでくださりありがとうございます。 確かに「琥珀色の蝶」がタイトルである必然性はないですね。英語のタイトルはまったく考えておらず目から鱗です。内容からすると「metamorphose 」とかどうですかね。あまり英語に自信はありませんが。もっと作品を食べたいとのこと、すごく励みになります。作品によってまったく作風が違うのでお口にあうかどうかわかりませんが。 コメント、アドバイスくださり本当に感謝です。

0
岩垣弥生
(2018-12-05)

渡辺八畳さま 読んでくださりありがとうございます。 容易に映像化できる作品はわざわざ詩という形で表現する必要はないと思います。なので「超映像」という言葉は非常に嬉しいです。 コメントくださり本当に感謝です。

0
岩垣弥生
(2018-12-05)

永峰半奈さま 読んでくださりありがとうございます。 美しい情景との言葉、非常に恐縮です。 普段は割とすぐに改行してしまうのですが、本作ではあえてあまり改行しませんでした。もっと改行した方が良いとの意見を賜り、改行するならどこかなぁと考えると、なかなか悩ましいものがあります。 コメント、アドバイスくださり本当に感謝です。

0
沙一
(2018-12-06)

私見としては、改行の仕方がいいなあと思いました。 連なっている文は、美しい光景を流れるように魅せてくれて、あえて一言での段落は、緊張感を醸し出していて、緩急のある表現だと伝わってきます。 蜘蛛の巣が張ってあるだけあって、ここは古びた図書館のようなところなのかなと思い泛べました。本棚に囲まれた昏い空間に、鱗粉を耀かせながら舞う蝶、一場の夢のように美しいイメージが湧きました。 羽のト音記号に似た模様にも、さりげなく音楽的なものを連想させてくれて、軽快に舞っている様子が感じられます。 琥珀といえば、樹脂の化石ですが、そのように本の中に閉じこめられていた文字が、羽搏きたがっていたのかもしれませんね。 目薬、視界のかすみを取り除くもの、光景を活き活きと魅せてくれる、その一滴。

0
stereotype2085
(2018-12-06)

だけど僕は蜘蛛だったのでの締めはちょい残酷すぎて、というか酷薄すぎてどうかという印象を持ちましたが(それゆえに蝶の美しさに酔っていた読者の感情がバッサリ切られる感がある)それ以上に英和辞典から出てきた蝶の描写が美しく、イメージとしても鮮烈です。はっきりと脳内に再生することが出来ました。本当に綺麗で美しい詩だったと思います。だからこそ締めががが。蝶が英和辞典からなぜ生まれて、何処へ行き、自由になるかを描いた方が良かったかもしれません。読者としての期待感込みの感想ですが。

0
岩垣弥生
(2018-12-07)

沙一さま 読んでくださりありがとうございます。 少ない言葉からイメージを広げてくださったようで、とても嬉しいです。沙一さまの感想の方が本作より豊かで美しいです。 改行の仕方がよいとのこと、正直ほっとしました。 コメントくださり本当に感謝です。

0
岩垣弥生
(2018-12-07)

stereotype 2085さま 読んでくださりありがとうございます。 最後に蝶を食べるのは「神殺しの神話」(というと大袈裟ですが)そして「生きることの残酷さ」を表現したかったのです。 しかし、蝶を希望の象徴として光に向かっていくエンディングもありかもしれません。 ショートショートの方法論からもこの締め方しかないと思いこんでいました。 コメントくださり本当に感謝です。

0
滝本政博
(2018-12-07)

以前に書いた蝶の詩があったので、返詩といたします。 ずいぶんとタイプが違うなと思います。ご笑覧ください。 「ドロップスのてふてふ」 冷蔵庫に缶入りのドロップスを 封を開けてないまま仕舞いこんで 何年たったのだろう ふと気付き蓋を開けると いろとりどりの蝶が飛び出してきた ドロップスのてふてふ こんなことは時折おきる人生の彩りだ 机の引き出しから蝶 開いた本のページから蝶 飛び出して 部屋の中を舞い舞いする 夜 君の体にとまった蝶を私は虫ピンで止める 蝶はそこに定着する

0
花緒
(2018-12-08)

散文のわかりやすさと、詩文ならではの味わいが共存しているように思える。

0
岩垣弥生
(2018-12-08)

galapaさま 読んでくださりありがとうございます。 そうですね。わたしの作品が古い館を連想するのに比べると、現代的な舞台を思わせます。 ドロップスから生まれた色とりどりで甘い薫りの蝶が飛び交うイメージですね。 「てふてふ」「舞い舞い」の言葉のリズムが良いと思いました。 素敵な返詩ありがとうございます。

0
岩垣弥生
(2018-12-08)

花緒さま 読んでくださりありがとうございます。 散文のわかりやすさと詩文ならではの味わいが共存している、と言っていただきとても嬉しいと同時に恐縮です。 散文も詩文もまだまだ勉強中なのでもっと精進していきたいです。 コメントくださり本当に感謝です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1