白い部屋の秒針 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

白い部屋の秒針    

その部屋は、時計の秒針の音が常にしていた。わたしはその音がとても苦手なので(時間を意識し過ぎてしまうからだ)自分の部屋には時計を置かないようにしている。しかし、その部屋はずっと音が鳴っていた。まるで、鳥が柔らかくて削りやすそうな木を見つけ、くちばしで木の側面を削っているみたいな、規則的で実際的な音がした。 『カチカチ』『カチカチ』 わたしは時計を探した。その部屋は、壁も家具も白で統一されていた。小さなソファも、化粧台も、テーブルも、座布団も、ベッドの枠も、ベッドカバーも、全てが白だった。わたしはここが何処だか分からなかった。とにかく、わたしは『カチカチ』の音を止めたかった。昔から音に関しては我慢ができないのだ。ドアを閉める音、階段を昇り降りする音、咀嚼音、テレビの音量、全てをなるべくゼロにしたかった。テレビはヘッドホンを使ったし、ドアは極めてゆっくりと閉めた。階段は膝を曲げて、なるべく音が鳴らないスニーカーを常に履いた。咀嚼音は自分のものも嫌いだが、他人のはもっと嫌いなので、なるべくひとりで食事をした。 『カチカチ』『カチカチ』『カチカチ』 わたしはローテーブルの近くを探した。白い写真立てには、白い一輪の花の写真が飾られていた。花弁だけではなく、葉も、茎も、全てが白かった。生きている花に塗料で色を塗ったのだろう。偽物の花には見えなかった。その花は、呼吸の方法を封じられて、今にも死に絶えそうに見えた。かわいそうな白い花の写真。結局、ローテーブルの上に時計はなかった。何処から音が聴こえてきているのか、よく耳を澄ましてみたが、その音で自分がさらに苦しくなるだけだった。わたしは泣きだしたい気持ちになった。 『カチカチ』『カチカチ』『カチカチ』『カチカチ』 白い本棚には白い背表紙の文庫本がずらりと並んでいた。すべてに白いカバーが掛かっていた。当然、背表紙も白いので、本の中身は、本を取り出して中身を確認しないとわからない。わたしは試しに一冊取り出して、頁をめくってみた。思っていた通り、というか、本の中身も真っ白で、何も書かれていなかった。タイトルも、本文も、作者名も、真っ白だ。しかし、その本は誰かに読まれた形跡があった。頁のところどころがよれていたり、頁の角が折れたりしていた。誰かが、この本を読んだのだ。おそらく本棚に入ってる他の本も。わたしには読めないが、他の誰かには読める本。わたしはしばらくその白い本の頁をめくっていた。ぱらぱらと適当にめくるのではなく、そこに文章があるものと思って、頁の右上から左下まで、しっかりと目で追った。一頁、二頁、と読み進めるうちに、何かを感じ取れるような気がしてきた。それはたぶん、とても壮大な物語で、中世ヨーロッパが舞台のダークファンタジーのようなものだった。剣を二本担いだ白髪の主人公が、街の子どもに、どうして二本も剣を持っているの?と訊かれている。「よく失くすの?わたしも、色んなものを失くすわ。」 わたしは本を閉じた。時計の秒針は相変わらず鳴っているし、わたしは白紙の本を読むのにすっかり疲れてしまった。普通の本を読むより何十倍も疲れる。わたしは本棚の前にぺたんと座った。気がつくと、わたしの手も、指輪も、スカートも、すべて白くなっていた。もともとの色が分からないくらい、綺麗な白だった。わたしが泣くと、白い涙が出た。ひとつの濁りもない白。透明な白だった。わたしはその場で横になった。白いカーペットの床。毛が長く、ふかふかで気持ちいい。わたしの涙はカーペットに落ちても、滲まず白いままだった。時計の秒針はまだずっと動いている。目を閉じても、世界は白いままだ。きっと、まぶたの内側も、口の中も、他の内臓も、すべてが白くなっているのだろう。わたしは写真立ての花を思い出した。あの花と同じように、わたしも死んでいくのかもしれない。この白い部屋で、秒針の音を聴きながら。


作成日時 2018-10-16
コメント日時 2018-11-03

白い部屋の秒針 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 292.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/09/24現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:292.4
2020/09/24 19時50分19秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

白い部屋の秒針 コメントセクション


コメント数(10)
みうら (2018-10-17):

とても発想が良い作品だと思って読んだ。ただ、語りが単調になってしまっている感がある。空疎な情景を文字面でしか読めない。読者の私からすれば、引き込ませるためのフックとなるキーワードか、あるいはプロットが不足しているのではなかろうかと思う。逆に言えば、固めない文体であろうとする意図があるとも読め、読者へ委ねられた詩的な要素とも言えるかもしれない。不可思議さと実存の中間を描かれようとされたとすれば、それは白で止まってしまっている感があり私的には空、ゼロの世界観まで感じたかった。すみません、少し評が辛いかもしれません。 ハンドルネームが好みです。センスを感じる。余談ですが、深夜のFMラジオ番組の制作に私は現在絡んでおりまして。 https://mobile.twitter.com/jirai_radio

0
Sunano Radio (2018-10-17):

みうらさん ありがとうございます。なるほど読み直してみるとプロットが弱いのかな、という気がしてきました。質の高いものを作りたいので有難いお言葉です。 ハンドルネームは…どうでしょう。ありがとうございます(笑) 深夜ラジオの制作をされてるのですね。羨ましいです。体力的に大変な仕事だと思いますが頑張ってください。 Twitter拝見させて頂きますね。

0
かるべまさひろ (2018-10-20):

自分の心音がだめで止めてしまう自死の噺を思い出しました。 現代詩で「白」は多く、なにか恐ろしさを孕んで描かれているかも、と考えさせられました。 内容はおもしろかったです。

0
Sunano Radio (2018-10-21):

かるべまさひろさん。 ありがとうございます。普段生活していて心音が気になることも多いです。「白」は美しさと恐ろしさの両面を引き立たせますよね。おばけも白い服のイメージだったりするし。 おもしろいと言っていただけるのは嬉しいです。感謝します。

0
蛾兆ボルカ (2018-10-21):

こんにちは。 この作品は詩としては、素直に面白く読みました。私はこれは詩なのではないかと思うので、面白い作品だと思うという結論になります。 ですが、このサイトは「詩ではないもの」をも曖昧に応募しているので(設立以来のコンセプトですが)、以下にすこし回り道しなければならず、個人的に面倒に思います。詩を応募していたなら、以下は述べる必要のないことなのです。 このテキストは、エッセイか小説として眺めたとき、甚だしく文が下手です。 その部屋は、時計の秒針の音が常にしていた。(完了) わたしはその音がとても苦手なので(時間を意識し過ぎてしまうからだ)自分の部屋には時計を置かないようにしている。(現在) しかし、その部屋はずっと音が鳴っていた。(過去) まるで、鳥が柔らかくて削りやすそうな木を見つけ、くちばしで木の側面を削っているみたいな、規則的で実際的な音がした。(過去) 『カチカチ』『カチカチ』 わたしは時計を探した。(過去) その部屋は、壁も家具も白で統一されて(受け身)いた。(過去) 小さなソファも、化粧台も、テーブルも、座布団も、ベッドの枠も、ベッドカバーも、全てが白だった。(完了) わたしはここが何処だか分からなかった。(過去) これでは、いつ起きたことを、どの時点から誰が語っているのかわかりません。 また、その部屋をそのように誂えたのは他人で、あたかも閉鎖病棟に幽閉されるように、閉じ込められているかのようですが、これに続く後半を読むと語り手の意思でこの部屋を調整し、ここに閉じこもっているようにも読めます。 しかしこうした下手な文により生まれる混乱した雰囲気が、積み重ねられて次第に切なさや悲しさのようなものを表してゆきます。 また、白さの積み重ねも絶望の美しさみたいなものになってゆく。 ここでは、文の破綻が詩としての面白さになっているなあと思いました。 それと死番虫でしょうか。見えない時計は最後まで説明されず、効果的な主題として狂気を高めてゆく。 その構成は技巧として上手いと思いました。

0
Sunano Radio (2018-10-22):

蛾兆ボルカさん。 こんにちは。コメントありがとうございます。 これは詩です。恥ずかしい話ですが、過去に小説を書こうとしましたが、完成すらしませんでした。理由はいくつもありますが、蛾兆さんの仰った「甚だしく文が下手」というのが大きいです。 こんなに下手下手下手下手言われると本当に下手なんだなぁ、と実感できます(笑) 文が下手さが気になって世界観に入り込めないという人もいると思うので目下の課題です。 詩として面白く読めて頂けてたのであれば、ある程度は成功しているのだと思えました。 死番虫というのは初めて知りました。こわいですね。私も主人公と同じように物音に敏感なので。

0
ふじりゅう (2018-10-30):

拝見しました。「カチカチ」と押し迫るような前半、「白」の描写がまた押し迫る後半、どちらも優れていると思いました。 白という色は決して癒しの効果などなく、むしろ圧迫感があると聞いたことがあります。思うにその特徴を存分に活かした本作は「カチカチ」と併せて読者に息苦しい圧迫感を与えることに成功しています。それがいい。個人的には後半「カチカチ」がなくなってしまったのは少し寂しい気持ちもありますが、白をベースにした描写は主人公の喪失感もあり、別離感もあり、それを一纏めに表す白、この表現技法も素晴らしいです。

0
藤 一紀 (2018-10-30):

こんにちは。全てが白一色で統一されているのに物の形が判然とするのか、まあ、目が慣れたら大丈夫なのかもしれませんが、わたしはそんな部屋に「はじめから居たら」、音を気にするよりもまず、部屋の出口を探しただろうと思います。この主人公は神経質ではあっても、案外タフな精神の持ち主なのかもしれませんね。 ときに時計は見つかったんだろうか、と気になりましたが、見つからない時計の、「音」だけが聞こえるところがミソなのでしょうか。せっかくなら秒針の音も白くしてよかったかもしれません。

0
Sunano Radio (2018-11-03):

ふじりゅうさん コメント感謝します。白は綺麗だけど怖さもあって、そこが好きです。カチカチは足したり引いたりして今の形に落ち着いた気がします。圧迫感、喪失感、別離感、この詩を言い表すのにぴったりな言葉だと思いました。ありがとうございます。

0
Sunano Radio (2018-11-03):

藤 一紀さん コメント感謝します。考えたこともなかったですけど、例えば白い部屋に白い猫がいてもしばらく気づかないことはありえそうですね。ただ、カーペットにしろ本棚にしろ、質感の違いはあるので同じ白でも見分けはつくものとして書きました。 出口に関しても考えたことがなかったです。タフ、あるいはマヌケってところですね(笑) 「秒針の音も白く」というのはよく分かりませんが、存在のないものに色がつくのは精神世界の話みたいで面白いですね。「白い秒針の音」奥行きを感じられていいかも。ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1