作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

角質   

作成日時 2018-09-01
コメント日時 2018-10-08

きみが絶滅すると聞いて 久しぶりに 口に含んでみた 以前のように吸い込めずに 吐き出すと思ったら 意外と昔のように 全てを吸い込んで ゆっくりと吐き出したような シネマを観たかったから 久しぶりに ミニシアターに行くと 満員で みんなが一つになって うぉううぉうと 叫んでいる 絶叫系の ミニシアターだったから あくびをしている人は セレブなマダムぐらいなもので 大学教授からのワイロを 後部座席から渡して 二人 個室トイレに入って行くのを見て いやらしい うぉううぉううぉうと サラウンドスピーカーから流れて 暗闇で 瞳に映ったインド人をみていると 象が花束を画面の中から 君に渡す サプライズがあって ふと 角質を落としたくなった 目覚ましをかけて 五分前に起きてしまう ハプニングを思い出してからだ 虹を見ることが出来たのは その後だったけど いいよ 忘れないで 同じ言葉をペーストしたい 同じ言葉をペーストしたい 同じ言葉をペーストしたい 同じ言葉をペーストしたい 同じ言葉をペーストしたい 何人いても好きだよ 柘榴の中をかき混ぜると あの音が聞こえて 甘い匂いがして 唾液を飲み込む だけど苦くて むせちゃう オカマのハゲ 二丁目のバッティングセンターの トイレで見かけた 金髪のロシア人が クリスタルの錠剤を 首にぶら下げている (巨乳)(巨乳)いる (巨乳)(巨乳)いる (巨乳)(巨乳)いる (巨乳)(巨乳)いる コピー用紙がアルタ前で舞っているよ フリージャズが流れているアルタ前で 人々が群がるアルタ前で 芸能人の秘密クラブで使用する ニックネームと表された 卑猥な言葉がプリントされた コピー用紙が舞っているよ 何故か拾った 詩人になりたくて 歌舞伎町のホテルで やっぱり捨てた 早朝のヘルスは 時間帯が変わっていた もう あの子はいない シネマが見たかった


項目全期間(2019/11/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:178.5
2019/11/22 20時14分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(16)
かるべまさひろ (2018-09-01):

タイトルが角質でなぜだろう安心を与えられました。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-01):

ありがとうございます。 確執の無い角質は既に死んだ皮膚なので後はポロポロと散るだけです。 その経過に安心するのかもしれません。

ヤエ (2018-09-01):

ミニシアターとアルタから連想されるあの明るいのに暗いラブホ街のイメージと、確執がぴったりはまっていますね。エロについて5or6さんは詠ってらっしゃることが多いと存じます。私は少し寂しい、リアリティーがあるエロが好きなのです。この詩はドンピシャです。歌舞伎町で詩人になりたいと思っている子はエロの中にやるせなさを見るのだろうなと感じました。 (巨乳)が体の造り通り二つ並んでいるところは少し笑いました。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-02):

ありがとうございます。 繰り返される自分の諸行は正しく自分の詩であり、行でもあります。 新宿を舞台とした詩が多いのは二十代に住んでいた幡ヶ谷の三畳一間の風呂なしアパートから自転車で駆け抜けた都庁の街並みと西荻窪のソウルな下町のギャップにやられちまったからかもしれません。 切ないエロと悲しい笑いは俺のテーマであります。

渡辺八畳@祝儀敷 (2018-09-03):

途中途中よさげな表現はあるものの、特に前半の文節を単位として改行した部分が冗長で残念。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-03):

ありがとうございます。 本来は、文章などにムダがあって長ったらしいことを冗長というそうですが、 文節を単位とした改行が冗長に見える、これは単純に退屈に読めたという解釈なら好みかセンスの違いかもしれませんね。渡辺さんの初見でイマイチならまだこの詩には可能性がバッチリ詰まった詩という事で魅力ありですね、逆にこの詩はバッチリです。なんて評価ならその詩は終わってますから。

渡辺八畳@祝儀敷 (2018-09-03):

うーむ、改行を多用する意味や効果を見出せなかったといったほうが正しいだろうか。 意味無く改行をしてリーダビリティを低下させるなら無難なところ(文単位とか)で改行にしたり散文詩にしたほうがいい。特殊な行いをするにはそれをわざわざするための理由が必要、という考えでいます。

stereotype2085 (2018-09-03):

何だか正直この詩の狙い、描かんとすることが、最初は把握出来なかったのですが、場末感、日常に潜む退廃が淡々と描かれてていて(しかも描かれる対象と同目線で)味わいが分かってきました。ゴロちゃんさんのことを詳しく知っているわけではもちろんないのですが、ゴロちゃんさんの等身大の姿が描かれているような印象を受けました。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-04):

ふむ、ちと付き合うか、 改行の意味、そもそも教科書のように改行とは?と説明されている本はあるのか、ないのか、あるかもしれないし、ないかもしれない。初めの改行に意味を求めてしまうということは何があるという事であり、その時点で意味があるという事ですよ。作者の改行の意味と効果を追求して解き明かすのも詩を読む際の楽しみ方でもあります。そこに見えてないとわざわざ書いてしまうのは自分としては読めてないと作者に思われてしまうので書かないスタンスです。と意地悪く返信してみたりして、いやいや、自分の改行はリズムであり、韻です。声に出して読む際の拍です。では。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-04):

ふむ、ちと付き合うか、 改行の意味、そもそも教科書のように改行とは?と説明されている本はあるのか、ないのか、あるかもしれないし、ないかもしれない。初めの改行に意味を求めてしまうということは何があるという事であり、その時点で意味があるという事ですよ。作者の改行の意味と効果を追求して解き明かすのも詩を読む際の楽しみ方でもあります。そこに見えてないとわざわざ書いてしまうのは自分としては読めてないと作者に思われてしまうので書かないスタンスです。と意地悪く返信してみたりして、いやいや、自分の改行はリズムであり、韻です。声に出して読む際の拍です。では。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-04):

何故か二度送信してしまったが二度書くのもいい事だ。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-04):

等身大ですか、このキャラは二十年変わってませんからそうなのかもしれません。

まりも (2018-09-08):

煙草を吸ったことがないのだけれど、冒頭、久しぶりに吸い込んだタバコ、を想像しました。 前半、途切れ目がないようでいて、「ミニシアターに行く」「うぉううぉうと」でなんとなく画面が変わる。 ゆるやかに移り変わる。シャープな切り替えではなくて、ふにゃあ、と画面が消えていくと、ふわあ、と別の画面が現れてくるような、映像が融けて別の映像に移っていくような、感じ。 「角質」を落したい、これ、カカトの角質とか(笑) そういう、皮膚系の方なのでしょうけれど、目の角膜の連想もあって、見たもの、というのか・・・見たこと、そのものを脱ぎ落したいという、そんなイメージもわきました。前半、こんなゆるい感じの映画を見た、で、後半、町の光景を自撮りした映画みたいに書き込んでいる、感じを受けました。 最後の一行、俺はシネマを見たかった(のに、観られなかった、観た、という実感がない)なのか、俺はシネマを見たかった(見たくて映画館に行ったけれど、シネマだな、と思ったのは、むしろ街景だった、なのか) 他の人は、どう読むのかな。そんなことが、気になりました。

ふじりゅう (2018-09-26):

拝見しました。 この詩の内容はどう考えても分からなかったので、そこでふと思ったのがリズムを重視したのかなと。ただ面白いのはいくつもあって、所々で割り込むように出てくる性的イメージに年齢的な、もしくは精神的な若さを主人公から感じました。し、目覚ましの5分前に起きることを「ハプニング」と捉えるのはセンスがあると思います。 シネマを見れなかったことで終わらすのはやや定番な気はしますが、しかしこの詩のタイトルがシネマではなく「角質」である事が良いと思います。何故かと言うと、最後に「あの子」がいなくなることで「角質」が落とされるという表現に捉えることが出来ますし、主人公の不純ともとれる妄想(のようなもの)が角質なんだとすればそれもまた面白いです。この詩のタイトルが「角質」であるからこそ、(角質が削ぎ落とされるものでもあるし、美容に気を使わない人は落とさないだろうし、しかし取らなければその部分が荒れるという「角質」というものだからこそ)この詩は味がぐっと増しているように感じました。

5or6(ゴロちゃん。) (2018-09-26):

ありがとうございます。 シネマが見たかった、 この箇所は シネマが観たかった です。誤字でふ。 タイトル、シネマにしなくて、良かった。

こうだたけみ (2018-10-08):

今現在、新宿にいることが多いのですが、見る人が違うと同じ場所でも見え方が違うことに、というか、新宿がいろんな面を持っているというそのことに、おもしろみを感じます。モチーフとして、とてもいい場所。SHINJUKU TOKYO

投稿作品数: 1