世界構造プール - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


世界構造プール    

まったく話は違いますが きいてもらえますか 素晴らしいものを 準備しました プールの縁に腰かけた上空に 喪失した飛行船が現れた 残像音が心地よい耳を塞ぎ 寝転び うつ伏せると 平和なる田園都市から隔離され 海へと向かう道とその岸辺には 敬虔な仏教徒が暮らす夕陽 落ちて伏す 礼拝の祈り しし座流星群が侵略用人口衛星と 周回軌道がシンクロする18:49に ピンストライプのスーツを着る 飲み干したら 落下する具合 飛び散った紅いフラミンゴと ケープ岬の300キロ南西海域 月影が消える時間を雲が抜けて 絶命の回避に 浮上する潜水士 醒めた雨が降る 真夜中の初夏にて 御理解いただけましたか そんな場所でよければ 楽しんでいただけるかと そう 考えております 是非 ご検討を 吉報を お待ちしております


作成日時 2017-04-16
コメント日時 2017-05-05

世界構造プール ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 178.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/02/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:178.6
2020/02/25 18時50分27秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

世界構造プール コメントセクション


コメント数(8)
花緒 (2017-04-16):

継続性はないにせよ、なんらかのビジョンなり、理想なり、美なりを、一瞬垣間見せるのが詩作品の機能の一つなのだとしたら、プールの縁から見える上空にビジョンを映し出す本作は、詩作品として、かなり直球の部類なのかもしれない。形になっているようには思うし、好む人もいるのだろうが、では、ここで提示されているビジョンとはなんなのか、と問われると、何か言っているようで、何も言っていないのだとわたしは思う。その意味で、雰囲気だけのゆるふわポエムと、本作は何も変わるところがない。ゆるふわポエムが悪いわけではない。好む人もいるわけだし、それでいいのかもしれないが、正直なところ、わたしはあまり好まない。思想がない、世界観がない、などと馬鹿の一つ覚えのように言う気はわたしにはない。むしろ、結局のところ、何も言わないのであれば、何も言わないということ、何も言えない、言うに値することがないということを自覚的に選択すべきではないかと感じるのだ。何か言っているようで、結局何も言おうとすらしていないという詩作態度に欺瞞を感じる。斯様な不満は本作にだけ該当するものではなく、多くの詩作品に感じるものであり、本作にだけ、斯様な評をつけるのはフェアではないのかもしれないが、発起人の作なので遠慮なく評をつけたいと思った。繰り返しになるが、本作、好む人もいると思うし、◯◯10選みたいなのをツイッター上でやれば、例のごとく、選に入る場合もあるだろうとは思う。が、結局何も言わない作なのだとすれば、技巧と美的センスと好みの問題だけに収斂してしまう。その線で語るなら、下手とは思わないが(少なくともこの形式のものを書かせたらわたしよりは絶対上手い)、技巧/美的センスが卓抜しているとも思わない。さらに繰り返しになるが、好む人はいる作だと思うし、まとまった佳作だとも思う。

0
なかたつ (2017-04-16):

どうしても どうしても、悲報を届けたくて ここに来ました 居酒屋のトイレに貼ってあるような ピースボート世界一周の旅!とかいうのには 全く興味がありません が、それに行ったことがあると言った 婚活パーティで知り合った女性には興味があります (好きではないけどね ぼくは旅行が好きですが 文字で読めば終わってしまう旅行ではなく そこを歩きたいと思える旅行がしたいので どうしても どうしても、悲報を届けたくて ここに来ました から ここに来たいと思わされてしまったわけですね

0
塚本一期 (2017-04-16):

何を言っているのかさっぱりわからないのですが、語りかけられてしまうと読者としてはついつい耳を傾けたくなってしまって、それで見てみると、それは一体どういう場所なんだ?どうなっているんだ?わからない!となって、それが面白いのか。ビート詩人だもの。幻覚の世界か、現実を何かに置き換えているのかもわからないけども、わからなくていいや。どうでしょう、ぶっ飛んだ世界に足を踏み入れてみませんか?ということなら、イエス!ですね!

0
みうら (2017-04-16):

花緒さん いつもコメント有難う御座います。私は決めました。この方向で、次回作を現代詩人会へ投稿します。入選しましたら、こちらの掲示板へ投稿させていただきます。落選しましたら、もちろん、掲示板に駄作はふさわしくありませんので、黄泉の国へ不法投棄してまいります。 なかたつさん 美術部の後輩の頃から 君は変わらない 蹴飛ばすことが好きな子を 待っているよね 筆の洗い方を丁寧に教えても 濁りを残したままだったのは なぜだったの その変わらないガサツさでね 計画性を考える子が通り過ぎてしまうんだ でもこうやって また来てくれたんだから 夏休みにタイランド レムチャバンで 泳ごうか いつも、多くの作品へのコメント書き、有難う御座います。 返詩(?)への返々詩boys LaVerを書かせていただきました。 塚本さん コメント有難う御座います。 なんどめの太陽であっても なんどめの月であっても 伊達や酔狂じゃなくて パワーインザワールドで 一緒に戦いましょう。

0
まりも (2017-04-18):

3、4、5連がぶっ飛んでるなあ、という・・・。 幻想旅行案内、その伏線としての1、2連、であるわけですね。 セールストークで前後を挟んでいる。ナンセンス的な、世界(幻想界)旅行案内、として、ロジックをつなげていく、ならば・・・一連目の「きいてもらえますか」は、無いだろう、と。セールストークの効いた「御理解いただけましたか」以降のノリというか口調で書いた方が、枠構造がはっきりするし、内部の「旅」部分が、もっと際立つと思いました。 素晴らしいものをご用意いたしました、とか、ご準備いたしました、と前ふりがあれば、二連目以降が、この幻想旅行(幻視体験)に突然連れ込まれる語り手(読者)ということがはっきりする。そういう小細工を、もっと工夫すると、ナンセンス度が増す、と思います。

0
もとこ (2017-04-18):

蛭子能収の「私の彼は意味がない」的に表現すれば、「三浦の詩には意味がない」(敬称略)と申せましょう(という大島弓子的表現 タイトルで出オチな上に、第1行が「まったく話は違いますが」という、それまでの話が気になる展開(実はそれほどでもない で、プールの縁に腰掛けていたのに寝転んでうつ伏せたら、確実に水中だよね(というどうでも良い重箱の隅 この詩が現代詩人会の投稿欄で入選したら、私はH氏賞を狙います(という果たせない約束

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-05-05):

 なんじゃこりゃっていう感じですね。四元康祐の受付みたいhttps://blogs.yahoo.co.jp/day7week1/47907645.html  四元も確かアメリカで長いあいだ財務マンやってて、日本経済新聞とかで詩の連載とかしてたような気がするんですけど、多分そういう人じゃないとこういうの書けないような気もしますが、んな事ないのかもしれない。とか適当に思ったことを書きつつ、単純に読んでて面白いのか面白くないのかというのか、そういう感想が何も出てこず、分からん。というのがただ一つ。世界は大きなプールなのかもしれないし、四元からすれば階段なのかもしれない。でもこういったマクロの目線で何か世界をなぞるような作品って、案外書くのは難しいんじゃないのかなぁとか思います。そういう意味で不思議な読後感のある作品でした。

0
右肩ヒサシ (2017-05-05):

BL返詩を書きました。三浦様、ご賞味下さい。    心理構造ツァー 是非ご検討下さい 密林の寺院で、いじましい見習い僧を石壁に追い詰め そこに両手を突いて逃げ場を奪いながら 愛とはなんぞや と問い詰めることができます ぐっと顔を近づければ、怯えて涙ぐんだ少年の瞳の中に お客様のサディステックな笑顔を映すこともできます 上空を旋回するヘリコプターが午後の傾いた陽光にキラキラ光り ローターの音が響いてお二人から軽佻な言葉を奪うでしょう さあ、お客様 言葉のない唇を奪うのは容易いことです 椰子の葉の影のように、ざわつく胸の予感の中から 潜水士が今命をかけて探しているものの 同じ光りを拾い上げて下さい 旅に迷いはつきもの 12万トンの客船の航跡も 青い波の上にゆったりと大きく謎の弧を描いております お客様、愛とは何でございますか 宗教に破戒はつきもの お二人でお迷い下さい 是非 果肉は腐りかけが一番おいしゅうございます はい 本当のことであります

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1