選評 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


選評    

推薦作 なし 読んでよかったなと思われるものはいくつかありました。たとえば瞳子さん「三月」は、できごとを観察するのではなく、観察することでまだ起きていないできごとを現象させようとする一篇。切り詰められた四行のなかで三行目のみをひときわ立たせることで、視点におさまる世界を描き出そうとする姿勢には、削る行為のなかにこそ芸術はあると考えている私にとって、信じるに値する立ち方でした。また、るるりらさん「ときには 名もない おっぱいのように 」は、男女双方から神話化・問題化されやすい乳房という比喩を、そうしたイメージから切り離しながら、ただ生命を育む力(または三月の陽光)を描くために使っており、そのようなシンプルな詩的営為は文化のなかにこれほどむやみに性の神話があふれている今の時代にはますます必要だと感じました。クヮン・アイ・ユウさん「「、」も「。」も打てずにいるのに」は生きていくこと自体に内在する逡巡や切実さをすっと入ってくる言葉で思い出させてくれました。Rさん「魔法のふた」はラストの「ふた//貸したげる。/今は、そーゆー気分だから//まあ長くても/、/五分、//ね。//まだ夜じゃないし、」という絶妙な殺し文句だけで私のこころをわしづかみにしてくれました。survofさん「はな、うてと」は優劣を述べるのにはふさわしくありませんが、未完の試行として挑戦の意欲を感じました。いかいかさん「あまりにも、長く 」は、書き手自身が意識しているかどうかはともかくこれまでにもたびたび扱ってきた「自分には誰よりも尊敬すべき稀有な人がいるのにその人は報われていない」という主題のバリエーションから開始されていて、その主題への変わらないこだわりを私に感慨深く思い起こさせました。 が、月に一度、それもひとつしか推薦できないのに、その一作とするにはどの作も他の作を上回る説得力を持ちませんでした。ひとつひとつは以上のように見るべきところがあっても、これは十年経ってもずっと覚えているだろうといえるほど抜きん出ている作はありませんでした。私は実際にたとえば十五年前にインターネットで読んだ詩をいくつも輝かしく思い出せるのですが、それほど優れたものの新たな登場を今後のこの場に強く期待しています。


作成日時 2018-04-05
コメント日時 2018-04-06

選評 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 165.9
お気に入り数: 0

選評 コメントセクション


コメント数(4)
みうら (2018-04-05):

原口さん 選評ありがとうございます。一読して、やられたっという感があります。「該当無し」大丈夫です。むしろ、嬉しいです。 既存の詩界隈にある固定されてしまった感がある選評の概念がぶっ壊れてしまって欲しいというのが、三浦個人の裏テーマとしてあります。 感謝致します。これからも三浦を見捨てないでください!

0
花緒 (2018-04-05):

勉強になりました。非常に真っ当な選評だと感得しました。

0
るるりら (2018-04-05):

読んで良かった作品の ひとつに、わたしの詩を 挙げていただき ありがとうございます。とても、はげみになります。

0
R (2018-04-06):

 言及して頂きありがとうございます。私はアレに酷評を期待していたので、まさか良い意味で取り上げて頂けるなんて! ちょっと複雑な気持ちですが、やっぱり嬉しいです。  『削る行為のなかにこそ芸術はある』とのこと。私もどちらかといえば、『削る』ことを重視しています。ただ実践するとなると難しく、たまに反動なのか、ゴテゴテに盛りたくなりますが……。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1