渚へ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

渚へ    

覚えておかなければならないことがある 数学教師の言うことに耳を貸さないこと 月の満ち欠けに必要以上に左右されないこと 「俺はどこまでも歩いていけるんだ」という根拠を自分の中に持つこと 歩く歩道の上で立ち止まるのは危険だ 醜くても笑われても、歩き続けるべきなんだ ここでは、早く走ることに価値はない 良い人を演じるために柔らかく拳を握る必要もない ただ、地平線に沈みゆく太陽が淡く染め上げるかすみ雲を 数あるうちの一つの景色だとして記録しておけば良い それが俺たちにとっての希望なのだから


作成日時 2017-12-05
コメント日時 2017-12-22

渚へ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 253.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/07/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:253.6
2020/07/09 20時55分38秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

渚へ コメントセクション


コメント数(15)
AB (2017-12-05):

しみてきます。心の中では、そうありたいのに、声が自然に漏れてきそう。私は、条件反射のあいさつと誰のためか忘れそうな仕事の連続で生きてます。 その夕陽、忘れたふりの、景色、心に描かねば

0
カオティクルConverge!!貴音さん (2017-12-05):

はじめまして、貴音です。 批評は疎か感想も上手く言えないですが なんか…込み上げてくるんです。 私に、詩がどうたらと話す仲間はもう居ませんが もし詩の「たったひとつの冴えたやりかた」を教えて欲しいと言われたら この詩を教えてあげたいです。

0
花緒 (2017-12-06):

いいなと思う要素がいくつかあり、また、荒削り感が半端ないと思いました。最終行の、希望なのだから、は多分違う気がします。希望、というような、紋切り型の、それでいて強いワードを掘り込むことに対して、注意深さが十分にない気がしました。違うワードを探すべきだったんじゃないかなと感じます。

0
ポチ (2017-12-06):

仲程様 私の詩を読んで、コメントまでくださって、誠にありがとうございます。 人生で初めてなんです。自己表現としての創作物に対して人から言葉を頂いたことが。 率直に、嬉しいです。本当にありがとうございます。 貴音様 なんとも素敵な、この身に余るお言葉…どうもありがとうございます。本当に嬉しいです。勇気を出して投稿して本当に良かったです。 花緒様 コメントいただきありがとうございます。 半端なく荒削りであるというご指摘、素直に受け止めさせていただきます。たしかに、自分としても推敲が足りていなかったと思います。(勢いに任せて書ききった方が思いが伝わるかな?あえて荒さを残したままにしよう!)などと考えて投稿したのですが、その中に甘えというか妥協というか…そういった自分への言い訳のようなものがあったことが否めません。焦らずに自分の言葉を磨き上げることを意識していこうと思います。

0
yamabito (2017-12-06):

初読し、レスしたいと思っていました。が、けっこうレス上がってきてましたね。 花緒さんの意見に同意する部分もありますが、これはこれでいいのかな?という部分も・・。 いずれにしても、短詩ですから、バランス的に難しい部分もあるでしょうし、真意を端的に表すか散らしていくかという部分もあろうかと思います。 私的に、インパクトはありました。一連が特に素敵でした。

0
ポチ (2017-12-06):

静かなる視界様 コメントしていただき、誠にありがとうございます。 (荒削りではあるが)これはこれでいいのではないか?というご意見、大変参考になりました。やはり読み手によって様々な感じ取り方があるのだなと思いました。 さらに一連について素敵という褒め言葉まで頂き、大変嬉しいです。 次回はもっとストイックに一行一行へ向き合って書いてみようと思います。

0
まりも (2017-12-11):

皆さんに訴えて来るものがある、そして(花緒さんが指摘されているように)荒削りな印象も受ける、のは、おそらく・・・ 自分自身に言い聞かせる、刻み込む、ような形で綴られているからではないか、と思いました。 題名の〈渚へ〉は、具体的な人名なのか、あるいは、理性と感性の波打ち際、のような・・・現実と非現実とのあわい、のような、そんな(心象風景としての)渚、なのか。 自分自身に対しての「宣言」とも取れる作品ですが、その文言が他者にも向けられている。ある種のアジテーション、とも受け取れる。コメント欄と作品とを読み比べながら、そうか、若い人達には、こうしたストレートな「意志の刻み込み」のような作品が、インパクトを与えるのか・・・心象風景への歩み入りとか、幻想の景への侵入とか、探索、といった、非現実の場への移行ではなく、今、この場に生きている自分自身への言葉が意味を持つのか、という「発見」を得た作品でした。 最後の一行が、自分自身、から、〈俺たちにとって〉と拡大されている、ここが、もしかしたら先走り感を与えてしまう部分なのかもしれません。つまり・・・読者が、語り手の「自分自身への刻み込み」を、自らのもの、として受け止めよう、とする前に、この言葉は、俺たちみんなにも、向けたものであるんだよ、と語り手によって明かされてしまう。その性急さが・・・たとえば花緒さんのコメントの、〈最終行の、希望なのだから、は多分違う〉という違和感、ある種の抵抗感として現れている、のではなかろうか・・・という気がしました。

0
カオティクルConverge!!貴音さん (2017-12-11):

貴音です。改めてこんばんわ。 粗削りであるのを悪く思っているなら違うと思います。 今の自分を出した方が良いと思います。 この書いた自分は今しか出せないと思います。 川の石が水流で削れて丸くなってしまうのには時間が掛かります。 別に意識しなくても、嫌でも丸くなってしまうんです。 きっと詩も書きまくるとそうなっちゃうと思います。 丸なんて無個性に早く向かう必要なんて無いです。 そんなのに時間を割くならぶつけた方が良いです。 磨きあげた一品なんて時間をかければ誰でも書けちゃうんですから 無限の猿定理ってのもあるくらいです。 人を削り磨く詩が私は好きです。 磨かれた詩よりも好きです。 だからこの詩が好きです。 失礼しました。

0
カオティクルConverge!!貴音さん (2017-12-12):

誤字を直したいです 磨きあげた一品なんて時間をかければにしてください。 失礼しました。

0
みうら (2017-12-12):

カオティクルさん いつもコメント書込み有難う御座います。修正しておきました。

0
kaz. (2017-12-13):

私がこれを読んで思い出したのは、Mr.チャボシリーズを書いた角田さんの詩だ。この詩は、狼男の詩に読める。というか、それが主題となっていることは間違いないだろう。怪獣が出てくるという類似性が、彼の詩作品にはある。それでこの詩は、どこか中途半端な感じはする。だが、その中途半端な感じが、逆に良い効果をもたらしている気がする。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-12-21):

なんだか確かに言い返せる言葉が思いつかないですね。みんながいいって言ってるのが、なんとなく自分にも当てはまるのかなと思いました。僕は松岡修造っぽい感じで読みました。読み手の置かれている状況によって多分意味合いが変わってくる。ここにはその断言に至る過程がないからです。でも熱いし、色々とほだされてしまいそうですね。

0
ポチ (2017-12-21):

まりも様 返信が遅くなりましてすみません。 作品について客観的な分析をしていただくことで、自分のやっていること・やりたいことが新たに明確になりました。ありがとうございます。たしかにおっしゃる通り、「意志の刻み込み」をしたかったのだと思います。後半部分の性急さ、という指摘には納得しました。事実だと思います。雑なまま放置してしまったように思います。 貴音様 返信が遅くなりましてすみませんでした。 なんというか、頂いたご指摘が凄く刺さりました。 僕は初期衝動的なロックミュージックが大好きなんですが、もしかしたらそれに近いことを自分はやっているのかなと思いました。ご指摘を受けて、自分が大事にしなければならないことが、明確になったと思います。本当にありがとうございます。 kaz.様 返信が遅くなりましてすみませんでした。 時に中途半端なかんじが逆に良い効果をもたらすことがあるというご意見、大変参考になりました。ありがとうございます。 今、手持ちの能力でできる表現を全うしたいと思いました。まだテクニックがない僕なりに、人を打つ詩は書けるはずだと思うので。 hyakkinn様 コメントいただきまして、ありがとうございます。 松岡修造っぽい感じで読まれたという感想がとても興味深かったです。たしかにそう言われると、僕の中の小さな松岡修造の叫びなのかもな、と思いました。

0
Hoba (2017-12-21):

大切な物を刻み付けた詩なんだと感じました。それは作者にとってなのですが、読み手である僕にも訴えてくる力感がありますね。ただまだ粗さがある。けど、その粗さが良い。難しいですね。

0
ポチ (2017-12-22):

KURA_HITO様 コメントありがとうございます。 訴えてくる力感がある、という感想がとても嬉しく思いました。そういう詩を、書きたかったので。 粗さに関しては、僕の方で意識的にコントロールするものではないのかなと思っています。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1