獣臭 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

獣臭    

 なぜこんなきつい仕事を請けてしまうのだろうか?自問自答しながら私は三条市吉ヶ平に車を走らせていた。  次週に請け負った、二名の宿泊込み歴史の道八十里越道ガイドの仕事であったが、気分はまったく乗らなかった。わずか二名でしかなく、プロの山岳ガイドではないため、わずかながらの手間代を受け取るしかない。しかし、請けてしまった以上、コースの下見を行わなくてはならない。もう少し遅い時期ならば草藪に悩まされるくらいで済むが、この時期の残雪は硬く、滑落すると谷底まで落ちてしまう部分もあるし、小沢には雪が被りスノーブリッジ(天然の雪橋)となってるためリスクは大きい。その様子を見るためと山菜採りがてら向かうことにしたのである。  全長二十五キロメートル以上の登山道の連続であるが、通常の一般登山道に較べると整備は悪く深山の連続で、人気から隔絶されてる。携帯の電波も一部分しかないため、トラブルは一〇〇パーセント回避しなければならない。  山道は予想通り番屋峠付近から雪がまだ残り、その下の比較的緩やかな地形には数百年を超すブナの原生林が横たわっている。なにか、微妙な声を察知し、よく観察すると、猿の群れが居た。かまわずホイッスルを吹くと猿は一旦は逃げるが、私の正体がわかるとまたいつものペースで何かを探しているようだった。  ブナ沢は天然ダムであったが、土砂が堆積し、沼地は消滅してしまったようだ。その近くに二〇〇年物のブナが倒れ、川に横たわっていた。そこを渡ろうと思ったが、足元が大きく崩落しブナの大木の幹に降り立つことは不可能だった。しばらくそこら辺を物色し、何とか渡れる場所を見つけ渡渉した。  ブナ沢を越え、下を向きながら急登を無我夢中で登っていると、突然ドドドドドッと何かの音がしたと同時に私のすぐ左の藪を熊が疾走している。そのまま下に下ってくれよ、と祈るような気持ちでホイッスルを吹くと熊は動きを緩慢にし、再び登山道に出没した。わずか二〇メートル強くらいであっただろうか、熊と視線があった。来るのか?やられるか?しかし熊は、私を一瞥し踵を返した。大きな尻が印象的だった。熊の立ち去るのを息を殺してじっとしてながめ、姿が見えなくなってはじめて私はふたたび歩き出した。熊の荒い息であったのだろうか、あたりには獣臭が立ち込めていた。たぶん、熊は登山道を下り私を発見。あわてて一旦上ってから藪に突入したのであろう。  二〇〇六年に猟仲間が至近距離の熊の留めを失中、手負いの熊が猟友めがけて突進し、凄まじい勢いで谷に落ちていったシーンを唯一目撃している。幸い、猟仲間は熊と組み合って沢に落ちた瞬間に熊が素早く離れたために一か月ほどの入院で済んだが、熊の爪で抉られた上腕や、削がれた耳たぶなどを垣間見ると、そうとう運が良かったと思わざるを得ない。タフな熊は大木に登り、断崖から滑落してもゴムまりのように強靭でダメージがほとんどない。野生の中の王である熊に、人間などどう足搔いても勝てやしないのである。  狩猟時代、三〇メートルの距離で二頭射止めたことがあった。残念ながら一頭は渓谷の狭い部分に入り込み回収できなかったので実質一頭なのかもしれない。今回遭遇した熊はそれらよりさらに近距離である。  熊と遭遇した後、私はなるべく声を発しながら山道を歩いた。  吉ヶ平を出て四時間二〇分経過し、三条市と魚沼市の境界の鞍掛峠に着いた。そこから田代という湿原まで小一時間、その後林道を二時間歩いて家人に迎えに来てもらった。  熊に限らず野生動物にとって生とはタフなものである。あの屈強な体躯を維持するために彼は餌を求めてさまよい、人気のない登山道を歩くことを知っていた。道があるのに藪を歩く必要はない。あの地はまだ雪消えが始まったばかりでみずみずしい山菜の確保は難しかったのだろう。あちこちを彷徨いながら彼は山道を利用し移動中であった。その道を歩く人間は雪消え以降私が初めてであったのであろう。  生きるために食べる。体を作り生殖、出産を繰り返すそれぞれの野生動物たち。彼らにとっての生は敬虔なものであり、食べるという行為は野生動物たちの唯一の信念なのだろう。    私自身、自暴自棄になることが今まで多々あった。この世から消えたいと思うことも。なんでこんな不条理で不公平なのか、何で俺だけが、そういった類の境遇を恨み、神を恨んだ。そんな私の命を私自身が守りたいと必死に願った。熊との遭遇は、まさにそんな瞬間であった。  自然の中のほんの一コマなのかもしれない。たぶんそうなのだろう。明日になれば忘れてしまう事柄でしかない。熊も私もいっとき互いを意識し、怯えただけに過ぎない。あれから熊は餌にありついただろうか。  私(達)の求める餌はとても複雑だ。もっと単純になればいいのにと、思うのである。

scroll


作成日時 2022-07-31
コメント日時 2022-08-08
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

獣臭 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 534.8
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 10
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/08/10現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性55
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント1010
 平均値  中央値 
叙情性55
前衛性00
可読性55
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合1010
閲覧指数:534.8
2022/08/10 20時38分30秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

獣臭 コメントセクション

コメント数(10)
エイクピア
作品へ
(2022-07-31)

ルポルタージュかと思いました。困難な仕事に立ち向かう気概が感じられます。こういう独立性の高い仕事は手放しでもてはやしてしまうのですが、そうではない、主観的な憂鬱性、主観的な側面にとどまらない、どうして憂鬱なのかを詩的散文で客観的に展開しているようで、好もしく思えました。

0
筆者
作品へ
(2022-08-01)

エイクピアさん、おはようございます。 散文と詩文のはざかいみたいなところを狙ってはいます。落としどころなどそれなりに工夫はしておりますが、まぁ、現実の話ではあります。 読みくださり、ありがとうございました。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2022-08-01)

ぼくは 単純です。

0
筆者
作品へ
(2022-08-01)

田中さんこんばんは。 そうですね、そうありたいと思います。 コメントありがとうございました。

0
大林 満
大林 満
作品へ
(2022-08-06)

 実力者ですねぇ。コンクールに入賞できそうです。

0
筆者
作品へ
(2022-08-07)

大林満さん、おはようございます。 ただの日常を描いただけの日記みたいなものですが、お読みくださりたいへんうれしく思います。

0
藤 一紀
作品へ
(2022-08-07)

これはいいなあ。作中にある通り《明日になれば忘れてしまう事柄でしかない》こと、《自然の中のほんの一コマなのかもしれない》ことを、切り取ってありありと語り、「私」の思うところへ接続させているところで、「私」にも内容にもリアリティがあります。 すっご。

1
筆者
作品へ
(2022-08-07)

藤さん、再度のレスありがとうございます。 私の書く散文は、萬意的な架空の物語がかつては多かったのですが、最近ではほとんど現実の、いわゆる「ブログにでも書いておけ!」的なモノを書くことが多くなりました。ただ、それだけですと散文と言うよりも作文になってしまいがちになりますので、一応ポエジーや構成なんかを意識しております。・・で、最後は帰結させるというか、落としどころですね、これをかっこよく、ドンくさくならないように気遣っているわけですが、なかなか難しいですね。ただ、散文は書いてる途中で路線変更が自在に出来るのが優位かと思っています。お読みくださり、ありがとうございました。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-08-07)

私の欲しい餌、そうですね、私も熊よりは複雑かも。(笑)誠実に対峙して両者を比較しているところに確かな生活者としてあられる好印象を覚えました。お金に反映されなくてもいい仕事をしてらっしゃるなぁ、と思いました。健康にいいし、対人ストレスも少なそう、自然に抱かれるというのは静謐とリアリティの両方を手にすることな気がします。

0
筆者
作品へ
(2022-08-08)

 湖湖さん、引き続きのコメント感謝いたします。  そうですね、仕事柄、単独の山岳作業が多かったりしますが、対人ストレスはありません。むしろ孤独死するのではないかという焦燥感すら感じるほどです。しかしながら、夜明けの山稜に覆われる朝焼けの霧、夕焼けの稜線などを眺めますと、きつい労働ではあるが豊穣の褒美を受けることもままあります。  自然界はいたってシンプルにできています。人間界ももっとシンプルに、とはいかなくてももう少し平易な生き方があっても良いのかなとは思います。 ご感想ありがとうございました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2