ザザザ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ザザザ    

音もなく 崩れ落ちたんじゃないか ニュース速報を見て 検索をかけると 直ぐに導かれていく その先には 倒れた人の青ざめた顔 更にその先には 取り押さえられる人を 追っかけた動画 音もなかったんじゃないか 声すらあげなかったんじゃないか たった2発だけだったのか 全てを奪ってしまったのか 本当にたった一人だけだったのか 散らばったどんな言葉もきもちも 今はきちんと拾えやしない テレビから 携帯から パソコンから 溢れ溢れ溢れ溢れ溢れ溢れ溢れ溢れ溢れ どんな言葉も今は追い付いていかない 少なくとも今日のワタシは 音もなく崩れ落ちたんじゃないか そればかりが頭をいっぱいにする 倒れたらそのあとは 虚空 どうかのぼってほしい ハルカハルカハルカヒトノテナド 及ばぬハルカハルカハルカハルカハルカハルカ 何処かへと 今日はもうただ手を合わせる 何をした人かなさなかった人か 裏も表も関係なく 今日はもうただ手を合わせる


作成日時 2022-07-08
コメント日時 2022-07-12

ザザザ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 21
P V 数 : 993.5
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 100
#現代詩
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ100100
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント100100
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ100100
技巧00
音韻00
構成00
総合100100
閲覧指数:993.5
2022/09/28 13時11分15秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ザザザ コメントセクション

コメント数(21)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-09)

こんばんわ。 知人でもなんでもないですから手をあわせる気にはなれませんが、 ただ、胸を押しつぶすようないや~な気分が黒ぐろと滞留してしまいました。 日本も日本人もとどまることなく劣化し落下していると思っていた矢先ここまでひどい社会に なってしまっているのかと唖然としました。 米国をいま支配している、ウクライナを使ってロシアに戦争を仕掛けている狂気の連中の片割れが 日本にも大使として来ている。かれらにとってもっとも邪魔な存在である安倍晋三。いずれこうなると 予想していました。 高利貸しのような因業な顔つきをした岸田とかいう気持ちの悪い男の顔、あれが今の日本人の顔といって 過言ではない。この国はあんな卑しい顔つきの人間ばかりになってしまったのかというのが ちょっととっぴょうしもない飛躍した感想です。

0
かずや
かずや
作品へ
(2022-07-09)

大変ご無礼ですがこういう感性が私には理解ができない。 何故、これを今書かねばならないのか。 全く理解ができません。 大学生の時、「学生団体」なるものに没頭しパレスチナ問題について語る私にとある操觚者が「君たちのおもちゃになる彼らの気持ちも考えてやってくれよ」と刺すように言ったことを思い出しました。

1
柳煙
作品へ
(2022-07-09)

いまのうちに介錯人を用意した方がいいのかもしれない

0
室町礼
室町礼
かずやさんへ
(2022-07-09)

失礼ながら 何故、これを今書かねばならないのかという疑問は あなたが前もって、抱いている固定観念から来るものであって その固定観念がこの詩を読んで、作者に対して排他的に浮かびあがったものです。 わたしなら何故書かねばならないのかという問題意識があれば作品からそれを探ります。 ところがあなたは最初からあらかじめもっている固定観念を 唯一的に押し付けただけで作品を理解しようとはしていない。 理解できないのならそれは正しい感想であり、コメントであるのでわたしは首をかしげないのですが あなたは理解できないのじゃなく最初からちゃんとあらかじめ答えを用意している。 曰く、パレスチナうんぬん。 このような思い込みを押し付けるために理解不能という便宜的な発言をしていることに非常に違和感をもちました。 ちゃんと正面から、最初からパレスチナうんぬんという理屈を展開してはどうでしょうか。 もっともそんなことは、それこそこの詩とはほとんど関係ないことであるとしても。

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-09)

失礼ながら 誤解をさけるために、かずやさまのいう「パレスチナ云々」がどれほど場違いな話であるか 説明させていただきます。申し訳ありません、行きがかり上仕方ないので説明を。 えーと、まず、かずやさまのいう操觚者? ジャーナリストですか、この者のいうことは わたしにいわせれば世間知らずなおぼっちゃまのたわごとです。 自称ジャーナリストだろうが、あるいは新聞社に在籍していようが こんなやつはジャーナリストでもなんでもない。ジャーナリストだったら下々の大衆の気持ちを 少しでも理解しろよといいたい。おそらく知識だけで生きてきた御仁なのでしょう。 まずパレスチナの底辺に生活する人々にとって何が一番怖ろしいことか。孤独や不安に襲われることであるかというと じぶんたちの存在、生活、環境を世界から閉ざされること、だれにも語られないことです。 極東の片隅の一人の学生がパレスチナの問題を語ることはそれがかれらをちゃんと理解できてない上で 弄んでいるとそのジャーナリストが非難しようと玩具だろうとなんだろうと大歓迎です。 一番怖いことはかれらの存在をだれも知らなくなることでしょう。ならばどんな議論であれなんであれ パレスチナの知識人ではなく生活者はこの現状を少しでも多くのひとに語ってもらいたい=知っていてほしいに決まっている。 それをかずやさまのいう操觚者?は「君たちのおもちゃになる彼らの気持ちも考えてやってくれよ」といった。 これは自分のことをいっているのです。 じぶんがパレスチナの生活者をおもちゃ扱いしていることを心のどこかで感じているから不意に出た。 そうでないとありえない対応です。そして一番の問題は、こんな愚かな自称ジャーナリストの世間知らずな発言を かずやさまは深刻に受け取ってしまった。それは何故かというと自分がほんとうは心から熱心にかれらの受難を 心配していないことを見透かされたと、とまどったからです。ほんとうにかずやさまがパレスチナ問題に問題意識をもって かかわっていたら「何いってやがる」と微塵も動かされなかったはずです。 失礼ですが、わたしにいわせるとそのジャーナリストもダメだし、かずやさまも本気じゃなかったからこんな茶番の会話が 生まれてしまったのではないかと愚考します。 この問題を敷衍してかずやさまはこの投稿に疑問を投げかけていますが、まったく何の関係もないのじゃないかなあ、 わたしはそう思いますし、それより心配なのは過去のそういう(わたしにいわせれば愚劣な茶番を)まだひきずっておられるというのが 少々驚きでした。そろそろ、身を軽くしてじぶんのホコリを払って出直されてはいかがかと失礼ながら 提言させていただきます。辛口のコメントほんとうにごめんなさい、でも、今回の卑劣極まる犯罪について語ることが理解できない とおっしゃったのはかずやさまですので、仕方なく辛口の対応をさせていただきました。ご容赦。

0
かずや
かずや
作品へ
(2022-07-09)

真剣なコメントありがとうございます。 学生時代の出来事における私自身の愚劣さはほぼ書いていただいた通りのものです。 私が当時の活動を通じて現地に友人ができ、その彼を通じて遠い地で起きていることを自分の住む世界で起きていることとして問題意識を持ってもらえたら、そんなことを考えて活動をしていました。 現地に何度も取材に行っているジャーナリストの方に話を聞きたいとお願いしてのカジュアルな座談会にて上記の発言はありました。 種々歴史的な背景の説明後がありました。その後、パレスチナのガザ地区は京都の洛中とほぼ同面積、イスラエルの国土はほぼ日本と同じ、京都市が日本から独立しようとしたときにどうしようと考えるか。国力も武力も雲泥の差がある。それではその地に住む自分たちの悲惨さを知ってもらうしかないのではないか。パレスチナの広報活動にはそんな思惑もある。一概にイスラエルを悪だとすることは早計だ。そのような内容だったと思います。 そして「君たちのおもちゃになる云々」は学生団体という名前で浮かれて大学生活の余暇に社会的な意義のある活動をしていると思い込み、傲慢になっている私や私たちに向けられたものだった、だからこそ深く刺さったのだと思います。 以上を踏まえて誰かの悲しみを思いやった時、それを自分が語ること表現することをどうしても良いことだと思えないのです。 世に起きることには背景があり、理由があるように我々は考えます。 そうしなければどうにも生きてゆくことができないからです。 誰かの悲しみを自分自身の悲しみとして語ることはいいでしょう。 しかし、表現という場においてそれをするということ、誰がどう見ても悲しいことを悲しいと表現することの必要性が私には理解ができないのです。 むしろそうしたいと思うその自我が邪魔だなあとすら思うのです。 きちんと言葉を尽くさずに、今もそれは不十分だとは思いますが尾崎さんに対して批判的なコメントをしたこと、申し訳なく思います。

0
かずや
かずや
室町礼さんへ
(2022-07-09)

失礼しました。 一部修正させていただければと思います。 私が当時の活動を通じて現地に友人ができ、その彼を通じて遠い地で起きていることを自分の住む世界で起きていることとして問題意識を持つことができたように、そうした経験がない人たちにもそうした経験をしてもらえたら、そんなことを考えて活動をしていました。

0
よしおかさくら
よしおかさくら
作品へ
(2022-07-09)

事件とその周辺、それからその衝撃について書かれた詩だと思います。 話者は「音もなく倒れたんじゃないか」とそれしか浮かばないほどに、亜然としているそういった様子、または現場を撮影できてしまう人々の様子、あまりに展開が早く過ぎてしまうことへの懸念など、いろいろと込められています。 空気感の記録ができるのも、詩の役割のひとつではないかと考えます。 また、「ハルカ」という語については、どうしてもとある建物を連想してしまう為、カタカナでない方が良いと思いました。

3
室町礼
室町礼
かずやさんへ
(2022-07-09)

かずやさま、長文のご返信おそれ入ります。 ただ、ですね、 わたしがジャーナリストだったらたとえどんなに無知や好奇心だけで学生たちがパレスチナ問題を語っていようと 「なんであれ関心をもつことは素晴らしいことだし大事なこと。それだけで現地の人たちの救いになる。 これからもがんばってください」とそう励ましますがね。あなたの出会ったジャーナリストは紛争地域にそそがれる一つの関心の目を 傲慢にも摘んでしまった。これではジャーナリスト失格ですよ。 恥ずかしくないのかな、ほんとうに腹が立つ。 まあそんなことはいいとしても、  以上を踏まえて誰かの悲しみを思いやった時、それを自分が語ること表現することをどうしても良いことだと思えないのです。 これ、どこからどのように論理的に導き出されてきた結論なのでしょうか。 「以上をふまえて」という文言が入っていますが 冒頭で告白されたように自分の愚劣さを自覚なさって自分が間違っていたと思うのなら「以上を踏まえて」ではなく前言訂正すべきだし、 間違っていないのなら反論すべきですが自覚されていますでしょうか。 いや、それはとりあえず脇に置いておくとしても、この文言自体を単独に検証しても支離滅裂ではないでしょうか?  誰かの悲しみを思いやった時、それを自分が語ること表現することをどうしても良いことだと思えないのです。 もしこんな倫理が正しいことのようにまかり通ったら世界中の悲劇はだれの目にも耳にもいっさい入らなくなるじゃないですか。 それでいいのですか。 パレスチナの人たちの苦しみなんかわたしたちが身体的に理解なんかできるはずがない。頭でっかちに議論しているだけなんて それは彼らに対する冒涜だ。だから議論するのはやめよう。そんなばかな話がありますか。 学生たちの頭でっかちな空論でも言葉としてはパレスチナを示している。それが大事なことではないでしょうか? だれかの悲しみを思いやったときはむしろ黙っているべきだという意見はかずやさまに見えている世界が残念ながら単層で、かつ膠着しているからです。  安倍暗殺は文学や恋愛の世界の問題じゃないでしょ? 政治、経済、社会にまたがる問題なんですよ? 文学、恋愛、政治というそれぞれの異なった構造をなにからなにまでごっちゃにしてませんか? 安倍晋三氏の奥様や家族の話なら、かずやさまの言い方もなりたちますが、ここ、そういう話しているわけではないし そういう詩でもないでしょ? いったいどのような経緯から上記のような文言がまるであらかじめ用意されたようにかずやさまから出てきたのか、 だいだいわかりますがそれはあえて解説しません。 もう少しごじぶんを対象化して冷静に観察することができるようであればいいのですが。人様のところへコメントに来ていきなり どうしてこんなことを書くのか理解できないなどという文言を吐くなど、これほど失礼な話はない。 おそらく私的な交わりにおける問題と政治的な問題をごっちゃに論じてしまっているのでしょうけど 問題はかずやさまがそれを言いたかったからコメントしたことにある。 おれはこんなに知的で人間的なんだということを知らしめたかったのが本心では? もう少し身の回りのチリを落として軽くなられてはどうかと再度、お願い申し上げます。

0
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
作品へ
(2022-07-09)

すいません。 これ以上の議論の書き込みを止めて頂きたいです。

2
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-09)

尾崎チョコレートさま、まことに申し訳ありません。 今後、このサイトへの投稿書き込み一切を自粛致します。

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-10)

自粛期間ですが、いちおう今月いっぱい投稿もコメントもやりません。 ただ、わたしはこの詩がいいと思ってコメントしているのですから その行為を否定されたようなコメントには言い返す権利があると思うのですがね。 ここは反論や批評の自由すらないのでしょうかね。そんなことをちらっと思いました。 まあ、ご自分の作品を周囲で議論されるのが苦痛に感じられるのでしょう。 いずれにせよ、今後はいっさい尾崎チョコレートさまの投稿にはコメントを控えます。 どうかご容赦ください。これで不満なら運営のほうへどうぞ。

1
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
作品へ
(2022-07-10)

室町礼さんへ。 コメントを頂きありがとうございます。 私の詩を気に入って頂き、庇って下さっていたことも嬉しく思います。 わたしが、議論をやめて欲しいと書いたのは、詩から離れてしまい、かずやさんと室町さんの個人的な言い争いになっていたように感じたからです。。。 わたしは、この詩を、 ただただ衝撃を受け、 感情がついていかず、 でも、人が亡くなったという事には 手を合わせて冥福をお祈りしたい。 ということだけを書いて残しておきたかったのです。 わたしには、知識が全くなく、 政治的なことも 歴史的なこと?社会的なこと?も 全くわからず、意図もないです。 かずやさんが、私の詩を読んで、不快に感じたという感想もしっかり受け止めようとおもいます。 室町さんは、活動自粛などしないで大丈夫です。。。しないで下さい。

2
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-10)

活動自粛をするつもりでしたが、よく考えてみると 議論するなとコメントできるなら、その前に作品を読んでくださった皆様に ひとことコメントできるはずだと思いましてね。 それをしないでいきなり議論をするなというのならそれはただのわがままですよ。 もちろん、作者が議論するなというのなら、勿論それに従いますが、でもこんなわがままのために 自粛までする必要はないと思い直していたところでした。 それにしてもここはコメント者にいきなり命令する方が多い。さんざん勝手な命令をされたし、 あるいは「なんでもこんなもの書くのか」と 「書くな」とすら何度も要求された。子どもじゃあるまいし、身勝手で幼稚な方々が多すぎる。 あるいはほんとうに子どもたちが投稿しているのかもしれないから、わたしごときが 顔をだすのは場違いかもしれない。ひと月ばかり考えてみます。

1
かずや
かずや
尾崎ちょこれーとさんへ
(2022-07-11)

冷静にお話をいただきありがとうございます。 私の最初にさせていただいた書き込みが軽率だったことに端を発し、大変不快な思いをされたことかと存じます。 その点深くお詫びを申し上げます。 また、室町さんの書き込みによって私も、自分自身について考えさせていただくことが多くありました。 ありがとうございます。

1
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
かずやさんへ
(2022-07-11)

コメント頂きありがとうございます。 色々な感じ方がある事を学ばせて頂きました。

1
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
柳煙さんへ
(2022-07-11)

コメント頂きありがとうございます。 ちょっとコメントの意味がわたしには分かりませんでした。すいません。

0
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
よしおかさくらさんへ
(2022-07-11)

コメント頂きありがとうございます。 そうなんです。私の言いたい事を代弁して下さりありがとうございます。 そして、、ご指摘頂いた「ハルカ、、、」の部分!!なるほどなぁと、そう言われれば、確かに!と気づきました!重ね重ねありがとうございます。

1
柳煙
尾崎ちょこれーとさんへ
(2022-07-11)

適当にコメントしまして、許して下れ

1
尾崎ちょこれーと
尾崎ちょこれーと
柳煙さんへ
(2022-07-12)

ちょっと笑ってしたいました。了解です(笑)

1
エイクピア
作品へ
(2022-08-10)

時事的な話題ですね。祈りの気持ちが暗殺された人の属性に関係なく沸き上がる。詩の原点ですね。虚空に魂は上ったのだと思いました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1