七月の風 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

七月の風    

梅雨明け。七月の初め、空に仰ぎ見たのは、 マグリットの「無限の感謝」。 子供心に僕を釘づけにした絵画が、 喉の渇きとともに、蕩けていく。 砕けた画材が掌に落ちてきて、 指紋の上で描きだされるのは、 魔法がかかっていた幼い頃の記憶。 斜めに傾けた視線の先で、 羅針盤が水たまりに落ちる。 弾ける水しぶき。 子供たちは歌にならないメロディを口ずさんで、 キリコの形而上絵画が露わにした、 夏の向こうへと走り去った。 迷い込んだのは瞑想のシナプス。 決して伝達しないニューロンの錯誤。 本棚には「脳は奇跡を起こす」。 もう読みもしない科学読本。 帰り際買ったグレープフルーツジュースは、 酸味があって透き通っているのに、 心のもつれを解きほぐしはしない。 検索するのはバラエティショー。 過去を抉るように、炙るように、 骨身に迫っていくそいつは、 僕に虚無感を呼び起こして、なおかつ高らかに笑った。 2042年7月、ネット環境は大きく様変わりし、政府によって多くを規制された。言論も表現もネット上では展開することが出来ず、生身の体で、生身の言葉で表現することが求められた。人々は街頭に繰り出し、スピーチし、話し合い、そして何ごとかを表現するようになった。落ちてしまったサーバー、閉ざされてしまったサイトは過去の人間の遺物と、悲哀と喜びだけで満ち、静かに唇を締め、目を伏せた。それで人々はいいと思った。新しい時代の到来だ。身体性に溢れる、躍動の季節が来たと皆は思った。 自宅でタイピングしていると刹那、飛び込んできた未来のニュース。 僕は現実なのか妄想なのか、幻覚なのか分からなかったが、 確かなのは僕がまだネットを駆使しているということ。 まだ脳の中に住んでいるということ。 言語中枢をやられたのに喋れるようになった男。 味覚を感知する部位を壊されたのに、グレープの酸味に気づいた女。 そして聴覚野を失ったのに、音楽を聴けるようになった人々。 僕はコーヒー、頻繁には飲まないコーヒー、 しかもブラックに手を伸ばして、一呼吸を置いた。 空にはマグリットの描く二人の外套の男。 永遠に結ばれたのは、 分かたれていた「心」という名のフィクション。

scroll


作成日時 2022-07-01
コメント日時 2022-07-02

七月の風 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 620.8
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:620.8
2022/09/28 13時04分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

七月の風 コメントセクション

コメント数(4)
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-07-02)

脳ばかり発展して足がなえている人物を思い、我が身を思い、後ろめたくなりました。運動はいいですけど、ナマケモノ心に克己するのは難しいです。困難を克服した時の充実感が懐かしい。言語が身体性を喪うのは二流な気がします。我が思い当たる節。ちょっとマッチョになれたらいいのにな、なんて。詩を書くひょろひょろぶよぶよではなくマッチョ。(´;ω;`) 絵と結ばれる心というフィクション、という記述は分かるけど少し寂しかったです。心を移り変わりするものとて仮構とするよりは、情熱の血の猛り、生きる意欲、確固とした意志、機能する名機でありたかったなぁ。言い切るということはそれでいいと諦められたのかしら。私は自分の心をフィクションだとは言いたくないです。人は弱いけど、確かなものをこけつまろビつ追いかけたくないですか。それに、本物の雲の方がいいです。本物の写し見でしょ、芸術は。考え感じるためにある二次的なものです。永遠に結ばれていいんですか、本物の雲と結ばれなきゃ気色悪いですよ。

0
くろかみ
作品へ
(2022-07-02)

心という名のフィクション、ここまで踏み込んで書かれると、ちょっと感動的なものがあります。というのは、僕の心がボロボロだからです。もっとふかくフィクションについて考察する力があればという残念さもしきりですが、相変わらずイマジネーションあふれる詩作品を、堪能することができました。

0
stereotype2085
湖湖さんへ
(2022-07-02)

湖湖さん、コメントありがとうございます。心をなぜフィクションと書いたか。脳神経生理学他、脳の研究が進んだ現代「心」というものも存在するかどうかさえ分からないというのが、例えば僕のYouTube「夕ぐれステーション」の相方、夕狩さんとは共通認識になっているのですが、僕は心と言うものは脳や脳内物質の分泌の加減などを無視して存在していると思っているし、信じたいんですね。しかしこの詩においては「フィクションとされている心でさえ繋ぎ止める」というニュアンスで書いています。それほどに誠実に物事に向き合う、懸命になるというのは奇跡を起こすという確信が秘められているのです。だから僕も最初はノンフィクションにしようか、フィクションにしようか一瞬迷いましたが上記の理由で、フィクションを選びました。殺伐とした印象があるかもしれませんがこの一節には、とてもホットでヒューマンな要素が含まれているのです。良い印象を持ったにせよ、悲しくもどかしい気持ちを抱いたにせよ、湖湖さんが、ここまで僕の詩に感情を深く入れ込み読んでくれたので嬉しい限りです。ありがとうございました。

1
stereotype2085
くろかみさんへ
(2022-07-02)

黒髪さん、コメントありがとうございます。先の湖湖さんへの返信にも書いた通り、初めはノンフィクションにしようかフィクションにしようか迷いました。しかし黒髪さんのコメントを見る限りフィクションにした理由が伝わっている、もしくはフィクションにしたことで大きな効果を読み手に与えることが出来ている、と嬉しく思います。もし仮に例え心がフィクションだったとしても、それを覆す魔法とパワーが現実にはあるという意味合い、メッセがこの詩には込められています。それが少しでも仄めかされて、読み手に伝わればなと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2