かなたのかなたへ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

かなたのかなたへ    

上着のポケットを裏返して こぼれ出たパン屑 そういえばわたしもむかし 空のポケットを裏返して パン屑を手に したことがあった   一九七四年ニ月十ニ日深夜、再婚相手のアパートから   ソ連官憲によって強制連行され   モスクワ郊外のレフォルトボ拘置所に   収監されたソルジェニーツィンは   翌日、西ドイツへ国外追放された   フランクフルトに山荘をもつ作家ハインリッヒ・ベルが   かれを出迎えたが   ノーベル文学賞作家のポケットから出てきたのは   ひとかけらのパンだった   ソルジェニーツィンは   再度の煉獄行を覚悟して拘置所の朝食の残りを   ポケットに忍ばせていたのだ あなたのスタンスはあなたが少しも動かなくとも 傾斜の頂点から降りるとき真逆になる (ボードラィデングの原理)   ソ連崩壊後の一九九四年、ソルジェニーツィンは   ニ十年間の国外追放生活を終えて祖国ロシアの土を踏んだ   しかしかれがそこで見たものは欧米メジャー資本による収奪がもたらした   人心の荒廃と極度の貧困そして政財界の腐敗だった   国際政治学者伊藤貫によれば   ソ連邦崩壊直後のアメリカの駐ロシア大使ジャック・F・マトロックはその著書   『Super-Power illusion』のなかでこう書いているという   「アメリカはソ連邦崩壊後のロシアをまるで敗戦国日本のように扱った」   クリントン政権によるロシアへの仕打ちは苛烈だった   政変後のロシアからおよそ5000億ドル(現在の日本円に換算して100兆円前後)の   国有財産が欧米のユダヤ系資本家の手に流れ、貧困に陥ったロシア国民の平均年齢は「わずか数年で10   歳も下落した。」(プリンストン大学教授スティーブ・コーエン著『FAILED CRUSADE』 )   このすさまじいロシアの窮乏と惨状を西側メディアは一切伝えていない      間断なく裏返される世界の犠牲となって 死にゆく者たちが舞う踊りを 双子のかれらは 互いに違う地平からみていた      国際政治学者伊藤貫の指摘によれば   世界的な名声を得た文学者を懐柔しようと   エリツィンやゴルバチョフはしきりにソルジェニーツィンに勲章授与を餌に   あるいはパーテイへの招待を口実に面会や会談を求めたが   作家はかたくなにそれを拒んだという   ただ、プーチン大統領とだけは公私にわたって親しい関係が続いたことが世に知られている   死の間際の病床を訪れてソルジェニーツィンを見舞ったのもプーチンであった   プーチンはソルジェニーツィンの愛読者でありその著作をロシア全高等学校の必読書に指定していた   もちろんこんなことは欧米日のメディアは一切報道していない   プーチンが反スターリン主義者であることを世に知らしめては「狂人プーチン」を演出するのに都合が悪いのだろう   それにしてもソルジェニーツィンがプーチンと意気投合した理由はどこにあるのだろう   私腹を肥やす見返りにエリツインらが欧米のユダヤ資本に売り渡したロシアの国有財産天然ガス、原油、   穀物などの利権をプーチンは大統領に就任するや力わざで奪還し、   ロシア国民の生活を復活させたという理由がひとつある   がそれより   ふたりとも哲学や文学、政治の求める根底になにがあるのかよくわかっていたに違いない   そしてふたりは今どきカネにもならない"お人好し"のナショナリスト(愛国者)だったのだ   しかし米国政界を支配するユダヤネオコンは"兄弟"からロシアの国有資産を取り返したプーチンの所業に激怒した   かれらはクリントン、オバマ、バイデンを顎で動かし   「ウクライナを使ってプーチン体制とロシア世界を壊滅させる作戦を2014年から2018年にかけて   計画立案した」(プリンストン大学教授スティーブ・コーエン著『WAR WITH RUSSIA?』)   "遠隔操作戦争"とでもいうべきこの「邪悪で獰猛な計画」は現在、わたしたちの目の前で現実のものとなっている。 世界中のメディアを支配するきみたちユダヤ資本家は 事実とは真逆の仮想世界を作り出しそれを世界中の国民に 押し付けている (ユダヤ人の言語学者ノーム・チョムスキー)   ソルジェニーツィンはまごうことなき天才であった   最初の妻、ナターリヤ・レシェトフスカヤによればサーニャ(ソルジェニツィンの愛称)は   モスクワのロストフ大学物理数学科の選抜試験を優秀な成績で合格している    その一方、通信教育で文学を勉強していた   ナターリャの個人的感想だが、ほんとうに優秀なのは物理学、数学であったという   再度、国際政治学者伊藤貫の登場を願うが、かれの知るところでは   ソルジェニーツィンの母親はウクライナの富豪であり父はコサック(ロシア帝政に忠誠を誓う騎士団   のような存在)であったという   それゆえにソルジェニーツィンはウクライナとロシアの二つの血に引き裂かれ、両民族の対立について   ひたむきに思索を重ねていた   そうした結果1978年に書いた回想録にひとつの予言をしたためている   「ウクライナ問題はわれわれロシア人にとって最も危険な問題である。これはロシア、ウクライナ   双方に血まみれの打撃を与えるであろう。しかしウクライナ人側もロシア人側もこの問題をどう   扱っていいのかだれも理解できていない」   「そしてわたしがウクライナ人に対してこの問題でロシア人と対立することは無益であり   不毛だといくら説得してもウクライナ人はまったく聞く耳をもたない」   「ウクライナの分離主義者(反ロシア主義者)たちはロシア人たちをこの地上からすべて   抹殺して消滅させなければ気のすまない連中である」   ウクライナ人の血の半分をもつソルジェニーツィンが危機感をもったのは   かれらのそういった異常で激烈なナショナリズムを   米国のユダヤネオコンや欧米寡占資本がロシア攻撃のためにたやすく利用することが可能であることを   聡明な頭脳で見抜いていたからだった   遠く離れた地から遠隔操作をしている米国は痛くも痒くもないがウクライナ人とロシア人の血だけが延々と大地に流れるのだ   1978年といえばプーチンがレニングラ-ド国立大学で法律を学び、卒業してニ年ほどの時期である   プーチンがこの回想録を読んでウクライナ問題の危険性と根の深さを指摘するソルジェニーツィンの洞察に共感したことは   容易に想像できる   ソルジェニーツィンは今日を予言していた   「ウクライナ人はもう爆発寸前である。将来、ウクライナ人とロシア人はこの問題で大量の涙を   流すであろう」(カギ括弧はソルジェニーツィン『回想録』から発言を抽出した伊藤貫氏の弁から) 古い自転車を漕ぐと ペダルが一周するたびに調子外れの音を立てはじめた わたしは うかぬ顔で街を走っている ところがそれはやがてアランフエス協奏曲第2楽章 のように聞こえはじめ とうとう変奏曲"スペイン"をアドリブで弾き始めるのだった このギッタンバッタン、キンコンカンコンは間違いなく"スペイン"だ いいじゃないか! とわたしは心の中で叫ぶ いいじゃないか!   アメリカユダヤネオコンが仕掛けた"遠隔操作戦争"が残忍なのは   戦争の主体は遠く離れた地でコーヒーを飲みながらゼレンスキーという頭の狂った駒を動かせるが   ウクライナとロシア国民の血は果てしなく大地に流れるところにある   こんな戦争をウクライナによる「正義の戦争」といって煽り立てる無知低能 アホ 能無し 狂人がこの国にあふれている   亡くなったソルジェニーツィンが、かなたのかなたから夢想していた世界覇権勢力に対する人類最期の戦いは   プーチンによって受け継がれ、いまはじまったばかりだ   ウクライナで虐殺されつづけるロシア人を救ったプーチンは欧米日のニュースや情報とは真逆に国民から絶大な支持を   得るに至っている   日々この国で延々と流されるウソ、デマ、フェイク これが果たして人間の国といえるだろうか   プーチンはロシアのみならずスラブ民族の英雄となった   この戦争は長く長くつづくだろう   正義を標榜する邪悪との戦いなどファンタジーの世界のものかとバカにしていたが、そうではない 多文化、多民族共生を掲げるプーチンの思想や精神はもっと尊敬されるべきだ    ※参考資料動画 【伊藤貫の真剣な雑談】第6回 伊藤貫×水島総特別対談「ウクライナ危機の深層~危険なネオコンの思い上がりと戦後保守の愛国ゴッコ」[桜R4/5/14] https://www.youtube.com/watch?v=Ehf-NodXCYM&t=495s この投稿作品は上記動画の伊藤貫語録の解題のようなものである。 投稿作品中の資料の多くをほんとうの知性、伊藤貫氏の言論に依拠している。 わたしはただ、かれの物を見る目の素晴らしさを少しでも多くの人に伝えたいだけだ。 ※参考文献 『私のソルジェニーツィン』 『WAR WITH RUSSIA?』 『FAILED CRUSADE』 『ソルジェニーツィン回想録』


作成日時 2022-06-01
コメント日時 2022-06-08

かなたのかなたへ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1022.0
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 5
#現代詩
項目全期間(2022/08/10現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成55
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成55
総合55
閲覧指数:1022.0
2022/08/10 21時11分34秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

かなたのかなたへ コメントセクション

コメント数(14)
三浦果実
作品へ
(2022-06-01)

なんでしょう、一つ想うことがあるのですが、室町さんにとって今の世界情勢、そうとうに気になることなんだなあと最近の室町さんの作品を読んで想います。私なんかからすれば仕事のことやら最近楽しんでる趣味のことやらの方が世界情勢よりも常日頃、気になるんですよね。それの方が健全だと自分で意識してるところもあったりします。室町さんはプーチンとその世界情勢を知ることによって不健康になるとか、考えませんか。いや、もしかしたら、私の方が既に異常な世界に洗脳されてるかもしれませんが。

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-06-01)

お読み下さりありがとうございます。 ほんとうにちゃんと読んで下さっていれば そういう疑問にも答えていると思うのですが。 要するに生まれつきの哲学者というと語弊があるけど 生まれつきの観察者というものはいるんです。 世間のあらゆることには不用な人間で、不器用で、無能で まったく役に立たないけどだれも見もしないし考えもしない 無益なことを生まれつき観察しているしか能のない人間。 そういう存在のこと、わからないのかなあ? 文学に関わっているのなら 詩人だの作家だのってそういう無益な存在だってこと知って関わってるんじゃないの? 三浦さん、そもそも文学とか哲学とか批評てものに係わる人間の 無能、無益、無用ってものがまったくわかっていなのでしょうね。 失礼ながら健全とか健全でないとか、まったく馬鹿げた質問でしょ。 てか、三浦さんは文学や詩のことがわかってるとは以前から思っていましたが 健全な生活したかったらわたしなんかに関わらないほうがいいよ。笑

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-06-01)

三浦さんにへの返信に誤記がありました 訂正 三浦さんは文学や詩のことがわかってるとは以前から思っていましたが ↓ 三浦さんは文学や詩のことがわかってるとは以前から思ってませんでしたが

1
三浦果実
室町礼さんへ
(2022-06-01)

たしかに、おっしゃる通り。不健康。 これ、特にネット詩では大前提の話でした。その室町さんのお示しを踏まえるとこの作品、まったく不健全なものとして面白い。

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-06-01)

なんでいつもからんでくるのか知らないが、 おまえは異常だなんていうコメントをされてもなあ。笑 もういいからパスしてくれよ、めんどくさいんだ、わかりもしないやつに 説明するのが。

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-06-01)

投稿作品に対する非難、批判は大いに歓迎するが、 投稿者に対しておまえ異常だろみたいなコメントは作品批評でも なんでもない。 そもそも異常者からもいい作品が生まれるし、 健常者からも退屈な作品がつくられる。 異常者か正常であるかは作品批評とは関係ない。 三浦さんのコメントはただたんに投稿者を小馬鹿にしているだけだ。 わたしからみればこういうコメントをするほうがおかしい。 今後はこういう文学とは関係のない話はいっさいお断りする。

0
Comoestanuqui
作品へ
(2022-06-03)

バイト先でも実家でもプーチンは気が狂っていると言っています。 彼らは拝金主義のテレビ局が伝える報道を信じています。 と言うだけで、僕はロシア贔屓とかロシア脳と呼ばれてしまいます。 僕は日本、そんな実態のないものではなくて、何よりも嬉しい、嬉しいと感じる心の為に思考します。(自分だけの嬉しいだけではなくて。) 僕はウクライナとロシアが停戦すれば嬉しい。けれどまだ、多くの人が、ウクライナのスマートな圧勝を望んでいます。彼は青と黄色の旗の上にNO WARと願います。 彼らのNO WARは、非常に好戦的です。

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-06-03)

Comoestanuquiさん お読み下さりありがとうございます。 わたしもたぶんComoestanuquiさんとまったく同じ考えです。この世で唯一、大事なことは 「戦争反対」につきます。いままでおろそかにして生きてきたことを今ごろ悔やんでいます。 これがすべてですが、実のところ一番むつかしい問題でもある。 まず「戦争反対」を実現するにはほんとうのこと、つまり、事実を世間に明らかにしなければ ならないのですが、日本はモザイク国家です。 NHKの朝の連ドラのような、人間の裏側にモザイクをかけたきれいきれい明るい明るい面しか みせない。ポルノもそうですが、たとえばウクライナの報道では公然とユダヤのネオナチが 戦争に参加していることを称賛して伝えているが、こういうことはNHKも朝日も隠してしまう。 つまり報道規制、表現規制国家です。そしてほんとうのことを書くとコメントでも異常者扱いされる。 まったく真実が隠蔽されたとんでもない状況で、そういう状況を肯定するやつらに限って「戦争反対」などと うわっつらで叫んでいる。 「戦争反対」とNHKも朝日も書くが全部ウソです。ほんとうに「戦争反対」である立場は今日、だれからも かえりみられない少数派で狂人扱いされる時代です。 ああ、いやだいやだと思うけど、そういう状況に埋没している人間が「おれは健全」だと自慢している。 なんか若い人たちにとってはもうトラップにかかったネズミのようなものでしょうね。 心からなんとかなることを祈っているのですが。 希望は少しずつ大富豪のなかに今の状態はよくないと覚醒してきた存在がいることかな。 イーロン・マスクはツィッターを買収しょうとして米国のユダヤ資本や政府から急に嫌がらせを 受けはじめた。さて、どこまで世界は狂気から目覚めるか、それだけですね、祈ることは。 日本人なんかもう9割がたはキチガイですよ。去勢されたおとなしいキチガイです。笑

0
Comoestanuqui
三浦果実さんへ
(2022-06-04)

三浦さんに質問したいのだけど、健康について。 三浦さんのコメントの文脈からすれば、肉体的より精神的な健康に対して言及していると思うのですが、間違えないですか?

0
柳煙
作品へ
(2022-06-05)

権力を手にしたら大抵の人間は気が狂うのかも知れません。

1
DaysXMa≠na
DaysXMa≠na
室町礼さんへ
(2022-06-07)

 想像せよ  天国など存在しない  われらの頭上には空があるだけだ※ この100日で私たち日本人は 引いては世界市民はとても勇敢になった 少なくとも、勇敢な言葉を口にするようになった 別に陰謀論者じゃなくたってわかるだろう これがひとつの計画である事を 或いは或る種の機関である事を  国家が、また別の国家が ケダモノと化す  いつか世界に豊穣の時はくるのだろうか※ 「イマジン」という歌が嫌いだ 詩的に何の価値もない 薄ぺらなヒューマニズムだ  今じゃない、ジョン  おれたちはこのフィルム・ショウに折り合いを付けなくちゃ※ けれど、朝目覚めて私は気付いたのだ 誰も薄ぺらはヒューマニズムを口にしなくなった世界のおそろしさを しかもこれがまだ始まりに過ぎない事を ※ "Imagine" written by John Lennon  "Harvest For The World" written by Ernie Isley, Marvin Isley & Chris Jasper   "Not Now John" written by Roger Waters

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-06-08)

この前は失礼しました。 姿勢と「楽しい」書き方としての詩に同意する者です。面白く読めたのは、アメリカ人が人間として負をおう、こういう強さの仕組みがあるのです。音楽的で理解不能だと日本人である私は感じるのですが、祈り、つまり自己のコミュニケーションについて等はまだまだ勉強不足なのです。私は、コメント欄で考えていたことを話させて貰い、ありがとうなのです。

0
室町礼
室町礼
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-06-08)

てんま鱗子(揶白)さま お読み下さりありがとうございます。

0
室町礼
室町礼
柳煙さんへ
(2022-06-08)

柳煙さま 的確なご感想だとおもいます。 ありがとうございました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1