crazy unicorn - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

crazy unicorn    

岩手の 真夜中は暗く深く(叫び出したい) 都会の光は儚く凌駕されて ただ埋め尽くす闇と水音(疲れてる) 惨憺たる綱渡り を する 足裏は 鳥籠の中のルチノー・セキセイ? yeah(yeah!) その都度呼吸が止まりかける 君の手癖が好き(乱暴と繊細でイかれてる) と何度も思う 伝わら無いね 酷く(酷く) 何度もかましてしまう きつい じょーく いつもの(ねぇ、もう、飽きたの?) 風が冷えて来た 、 葉擦れと川の音(その儚い壮大さを描写することがまだ出来無い) 聴覚を支配する繊細と単調に 身を任せては目玉は失せて 闇に溶けて(溶け続けて) 自由になる (自由?) から たまに このまま 闇に溶けたい(不可触の触感) 存在は面倒臭い存在が(まじで) 惹きつけられるままに 君の文字列を追って 落下では無く 羽撃きでさえ無く 裸に成って (俺を ちゃんと 見て) 存在を放棄するみたいに抱きとめながら (うっざい死 うっざい生 うっざい性 可哀想な死 可哀想な生 可哀想な性 うっざ 無数 冥い光の粒 可哀想?) また話したいなって 夜が来る度に また話したいなって 朝が来る度に 夜と闇に存在を溶けてしまいたい また 明日の朝に君と話すだろう せせらぎのようなその 川のような会話が長く続くだろう まだ終われ無い僕らの 証明めいた その 歪に研磨された まるで存在みたいな 証明として( 証 明 ? ) きっと岩手の 無数の木々の葉の上に 涙めいた朝露が煌めく(そんな朝) 葉を 揺らして 声を 聴かせて 君の声が好きだ 無数の木々の葉の上に 涙めいた朝露が煌めいて 眠りから覚めて(不意に) 君の声が好きだ ここに居る 抱きしめて (火に触れる、みたいに) 眠りから覚めたら 絶望を超えて遊びに行こう


作成日時 2022-04-25
コメント日時 2022-05-13
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

crazy unicorn ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1022.6
お気に入り数: 2
投票数   : 2
ポイント数 : 25
#現代詩
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性77
前衛性00
可読性55
エンタメ00
技巧77
音韻11
構成55
総合ポイント2525
 平均値  中央値 
叙情性3.53.5
前衛性00
可読性2.52.5
 エンタメ00
技巧3.53.5
音韻0.50.5
構成2.52.5
総合12.512.5
閲覧指数:1022.6
2022/05/21 03時00分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

crazy unicorn コメントセクション

コメント数(13)
作品へ
(2022-04-26)

この作品を昨日の朝に読ませて頂いたのですが、初読で『読めて幸せ』と感じ、更に何度も読み返しました。その都度に新たな発見があったり読み深める面白さがある作品でした。 具体的に少し書かせて貰うと、まず岩手って個人的に文学の聖地のようなイメージがあって、作品の素地にもそれを感じました。そこに、今っぽさ、若々しさが上手く融合していて、新鮮さを感じる文体が魅力的でした。最後に置かれた言葉も含めて素敵な作品でした。

0
黒髪
作品へ
(2022-04-26)

岩手という故郷を持っていらっしゃるのかなと思います。故郷とは、 一度そこから出て、遠きにありて思うことがなければ故郷にならない のですが、都会の描写がある事から、遠くから思ったことが、 おありになると判断します。そして、坂口安吾『ふるさとに寄する讃歌』 では、ふるさとは初恋の人の印象と一体になったということが述べられて いるのですが、僕自身も故郷から出て、また故郷にいます。 人への語りかけの詩であるこの作品も、また故郷と人がどう存在する のかといったことを描いている気がします。夜の印象の中で、 朝を待つ希望に世界と人を置くことで、きらびやかな詩句として、 華やかな印象を受け、素晴らしいと思いました。

0
@
作品へ
(2022-04-26)

10代の脆い心のようなものだと思いました

0
yatuka
yatuka
作品へ
(2022-04-28)

君の声が好きだ、のリフレインが、滲み出る絶望感と相まって不安定に映る。 好きだけで生きていける程には強くないし、 かといって自分を、絶望を否定することもできない。 その矛盾した感情をどう描くかなのかもしれません。 彼女と一緒になることを望むのは、いつかの未来なんでしょうが、 この詩を書いたことが作者自身の救いなのかもしれないですね。 誰かや何かを好きだと書けることは幸せだと思います。

0
白犬
−さんへ
(2022-05-11)

お読みくださり、有難うございます。忙しく、お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません(匿名期間も終わってしまった…) 「読めて幸せ」と仰っていただけたこと、とても嬉しく、有難く思います。新たな発見や深み、に関しては、私は突発的に詩を書くことが多いのですが、この詩に関しては、いつにも増して突発度が高く、半ば頭沸いてる?位の感じで書いたので。。。もう自分自身の生を取り敢えずぶつけてみた!後はどうにでもなれ!位の感じだったので。深み、あるかどうか。。。でも、自分自身やその状況をぶつけた作品をそのように受け取っていただけるのは、とても嬉しいです。有難うございます。 親の趣味で実際に岩手に居た時、真夜中の自然を感じながら書きました。岩手の山の中に居たので、やはり、自然の気配が圧倒的なのですよね。夜中でも、夜行性の鳥(虎鶫とか)の声や、鹿の鳴き声、葉擦れの音、水音等が闇の中から響き。星も綺麗で。宮沢賢治も居るし、文学の聖地判ります。それを支えて居たのは、こうした自然環境なのかなぁ、とも思わされました。私は元々岩手に限らず自然が好きなので、それらにふぉーかすして書いてみました(でも、街も都会も結構好きなんですが)たまに、そうした自然の強い環境を、怖いと表現される方を見かけるのですが、私は、自然の圧倒的な気配を感じると、安心する、そこに身を委ねてしまいたい、と感じるたいぷで。そうした感じも少し入れてみました。そこに、若さ、も、恋心、も、自分をぶん投げてみました(私はもうあまり若く無いですがw)最後の言葉は結構ちーぷではあるのですが、気に入ってるので、好意的に受け取っていただけて嬉しいです。自然の懐にちょっと甘えてみた作品なのかも。 ちょと長くなりました。真昼さんとは、前にこめ欄でやり合ったことがあると記憶してるので。そうした方からのお言葉は、ある意味でとても正直なものである気がして、嬉しかったです。有難うございます。 感想・ご批評くださり、有難うございました。

1
白犬
黒髪さんへ
(2022-05-11)

お読みくださり、有難うございます。お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。 岩手は私の故郷では無いのです(白犬は茨城産)ただ、縁があり、何度も訪れて居ます。場所にもよるのでしょうが、自然のあり方が茨城とは違って居るなと。東北好きです。私はTOKIO等にも良く行くのですが、それとももちろん全く違う(ただ、都会の、世界を埋め尽くして行く人工物の圧倒感と、自然の圧倒感は、少しだけ似て居る気もする、どちらも人を超えた巨大さというか)茨城ですが、TOKIOに住んでた時期もあり、私も出戻り組です。離れて居た時も、住んで居る時も、故郷を意識したことは正直あまり無いのですが、やはり自分の原風景はここであり、基礎が作られた場所だ、と思うことはわりとあります。昔、自分にとって地元は地獄でしたが、今はわりと穏やかに暮らせるようになったなと、こめをいただいて思いました。跳ねっ返りの私も、故郷の土地は受け入れてくれてるのでしょう。正直に言うと地元の社会のようなものにはまだあまり馴染めませんが、岩手とも違うささやかな自然はとても好きで、私のほんと原風景です。安吾の「ふるさとは初恋の人の印象と一体になった」という感覚、凄い興味深いです。自分には全く無い感覚に思えて、えええ!?とびっくりしたけど、いや、良く考えると判る、頷ける気もする。。。面白い。「ふるさとに寄する讃歌」是非、探して読んでみたいです。有難うございます。 >故郷と人がどう存在するのか あまり考えて居なかったのですが、なるほど。。。もしかしたら、「君」を得たことで、自分を取り囲む他者(故郷)への肯定に向かうことが出来るようになったのかも。 >夜の印象の中で、朝を待つ希望に世界と人を置くことで、きらびやかな詩句として このように受け取っていただけてとても嬉しい。自分の目指したものの1つである気がします。 故郷は自分の想定していたキィでは無かったのですが、黒髪さんが持ってこられたことで、色々考えることが出来ました。有難うです。 感想・ご批評くださり、有難うございました。

1
白犬
@さんへ
(2022-05-11)

お読みくださり、有難うございます。 10代の脆い心かー。実際は、「硝子のはーとを持つ30代おばちゃん」が正解ですw年齢によって人を分けることにどれだけ意味があるか、また、若さを持つ方が読めば読み取る範囲は自然その方の若さに応じた範囲になるのでは、ということ等考えましたが。まぁ、わりと幼稚なおばちゃんなのは確かwし、わざわざ大人の振りをしたいとも思いませんねー。少なくとも今は。 感想・ご批評くださり、有難うございました。

0
白犬
@さんへ
(2022-05-11)

お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。書き忘れみす!ごめんYO。

0
白犬
yatukaさんへ
(2022-05-11)

お読みくださり、有難うございます。お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。 絶望感、滲んでましたか。私はわりと、せめて詩の中ではぽじてぃぶに持って行こう、というまいんどで書いてて、暗い内容であっても絶望で終わらせ無いようにはしてるつもりだったので、少し意外な感想でした(ちな、そうしたぽじてぃぶに持って行こうという書き方が、若干紋切り型のちーぷさに繋がって居る、自分の弱点かなとも思う)好き、だけで生きていける、と信じてしまう位には、私はまだ愚かかもしれません。別に恋愛に限らず。好きと嫌い、結構表裏一体というか、表と裏だな、という気がします。自分という存在の絶望に対する足掻きとして、私は何かを、誰かを好きになって来たのかも、違うかも…?でも、自分が歪で絶望的で無かったら、祝福される瞬間も無かったかもしれ無いし、これは多かれ少なかれみんなそうでは無いかな、と考えたりもします。まぁ、なんだかんだ、あれやこれやと、矛盾は付きものなので、そこは確かに、描きどころですね。。。!うん。 >彼女と一緒になることを望む つまり、これがへてろな恋愛なら、語り手は男性と読んだ、ということでしょうか。俺、や、僕という1人称が入るからかな。(俺を ちゃんと 見て)という言葉は、私が恋人に言われた言葉で、凄い言葉だなと印象に残ったので入れました。自分をちゃんと見て欲しい、なんて、私にはどんな場面であっても中々言えない。ぱわーわーどでした。。。だからその返答として、私は精一杯のぽじてぃぶを書いたつもりで、そんなに暗い、絶望的な詩のつもりはありませんでした。むしろ私の詩の中ではかなり前向きな部類じゃね?と。。。 >この詩を書いたことが作者自身の救いなのかもしれないですね。 これはまさにその通り、私は詩を書くことで自分を救おうとしてる節があるなと思いました。成功してるかは…www >誰かや何かを好きだと書けることは幸せだと思います。 本当にそうですね。。。大事にして行きたいです。気付かされる言葉を、有難うございます。 感想・ご批評くださり、有難うございました。

0
白犬さんへ
(2022-05-13)

レスポンスありがとうございます。 >半ば頭沸いてる?位の感じで書いたので。。。もう自分自身の生を取り敢えずぶつけてみた!後はどうにでもなれ!位の感じだったので。深み、あるかどうか この作品はそこまで振り切ってるからこそ良いのだと思います。想いの強さを冷静に書いてしまうとお茶を濁したような陳腐なポエムになりがちだから。筆力も伴っているし+この作品に関しては言葉のチョイスが私の好みでした。個人的にはビーレビで読んだ好きな作品のベスト3に入ります。 私の言う深みは情感の深さのことなので、そこは本当にこちらの胸にも迫って来ました。私は人にも詩にも、こういう熱さを持っていないので羨ましいです。

0
白犬
−さんへ
(2022-05-13)

作品褒めていただき、有難うございます///私の見た限りの真昼さんの言葉からすると、むしろ私より、「人間」に対する熱いもの持ってらっしゃる方なんかな、という感じがしましたが。私は「人間」とか滅んで良くねwって普通に思っちゃうたいぷなので。ただ、熱いも冷たいも区別しがたい、殆ど根源は同じ物であるような気もします。敢えて言うなら、私はぱっしょんを注げるような相手や言葉に巡り会えたことに感謝ですが。個人的には、強い思いを冷静に書くと、氷の剣のような、鋭いものになるんじゃ無いかなぁ、と思うのですが。お茶を濁したようなぽえむになってしまうとしたら、違う部分に問題があるのでは、と。自分を曝け出すことへの恐怖や嫌悪とか。そうしたことと向き合って思考を深めて行くと、詩にも深みが生まれて来るんじゃ無いかなぁと思いました。決して言葉のせんすが無い方では無いと思うので。真昼さんのこと、良く知らないのに、勝手な推測で、お節介?なこと言って、すみません。ここ(びれびゅ)に今書き込みをされてると言うことは、やっぱり、詩が好きなんじゃ無いかなぁ、と思うので。まぁ、好き、の表し方も色々ですよね。濃いものであったり、鋭いものであったり、ふわふわしたものであったり、淡いものであったり。それは人それぞれで、押しつけるものでは無いですよね。すみません。。。 再びのこめんと、有難うございました。

1
白犬さんへ
(2022-05-13)

レスポンスありがとうございます。 >強い思いを冷静に書くと、氷の剣のような、鋭いものになるんじゃ無いかなぁ、と思うのですが。 同意です。ただすごく難しいし、そこまでしたい熱がないし、ほわほわ止まりだと思います。そもそも私は言語表現が苦手で、コメントにしても伝えたいことを上手く言語化できないんです。ただ書くことは苦手なんだけど詩は好きだし、読む方が好きと言うこと。これを伝えるにもどんだけ時間がかかるんだろう。苦笑 また作品読ませて頂けるのを楽しみにしています。長々とお付き合いありがとうございました。

1
エイクピア
作品へ
(2022-05-13)

存在を放棄するみたいに抱きとめながら (うっざい死 うっざい生 うっざい性 可哀想な死 可哀想な生 可哀想な性 うっざ 無数 冥い光の粒 可哀想?) この二行に立ち止まりました。カギ括弧の中が心の声の様で、客観的な描写のカギ括弧もあるのですが、心の襞が感じられると思いました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1