戦後詩君、君と切腹するね、ポエムちゃんはメンヘラだ、現代詩君は童貞だった - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

戦後詩君、君と切腹するね、ポエムちゃんはメンヘラだ、現代詩君は童貞だった    

何度生まれ変わってもテロするね! パンケーキをおいしく焼く事と、テロすることは私にとっては同じなの。 そして、明日の朝焼くパンの心配をすること、結局、テロって焼かれることのなかったパンが、 観念を食べるネズミ達にむしゃむしゃされる日が来ること、 全部、綺麗に切腹してあげるね、三島くん 現代詩君には切腹が足りなかった、いつだって体育館の隅っこで仮病でドッジボールをしなかったから 誰にも相手にされなかった、ポエムくんのことは絶対に許さない、女子たちが言ってるのを知ってる。 だって、ポエムくんはいつもスカートをめくってばかり、白いパンツが好きなんだって、 大人になりたかった、僕はポエムくん、 皆がぼくをいじめるんだ、ぼくは拙い日本語しか話せなくて、スカートばかりめくってるから、 なんでスカートをめくっちゃだめなの?、ママはいないからパパに聞いた 恥ずかしいからだよ、皆恥ずかしいんだ、ポエムくんって存在をゆるせないんだ、 ママがね、昔、不倫して出ていったママがね、ポエムくんを産んだ時、こういったんだ 「なんで私はこんなに恥ずかしい恰好で子供産まなくちゃいけないの?」って ママはそれ以来、パパにいつもこういったよ、 「なんでママだけがあんな恥ずかしい恰好でじろじろ見られながら子供をうまなくちゃいけなかったの?」って 、そして、ある日、「やり直さなくちゃいけない。やり直さなくちゃいけないの。生みなおさなくちゃいけない。  ママは、ポエムくんを産んだけど、ママは生まれなかった。だから、もう一回恥ずかしくない形で産み直さなくちゃ いけないの。ママを、私を産み直すの」。 母が、途絶えた、 後に、 橋を、渡る、 桃の香りがした、 事を 憶えている、 記憶が、降ってきた、 私は、あの、 岩を、坂を、 境にして、罵りあった、 事を、今、思い出した、 私が、貴方を殺す、 度に、貴方は、 私を、産む、と、 言った、あの、 坂を、下って、 登ろうとした、 日、が、神話だった、 産むものが、 生まれてくる、 そういって、詩人は、 皆、切腹した、 どばどば、血を出しながら、 この教室は、 日本語だけになって、 あかるかった、 この、あかるさの、 異様さが、 私を、起立させて、 礼をさせるまでの間、 工場が止まった、 今も、生産されていく、 映画のように、 小説のように、 生産されていく、 人のさまが、 暴力的だ、 もう、パンツをめくることしかできなくなったポエム君と、 切腹できなかった現代詩君が、 失われた抒情を求めて、 長編で挑む、 ト音と、プルースト、 そして、最愛の、 立ちんぼへ、 踏まれなかった、韻は、 何処に行くんですか、 先生、 書かれなかった恋文は、 何処に行くんですか、 博士、 紙に、 滲まなかった、 可能性が、 流されて、いく、 坂を下っては、 登る、 桃の香りがした、 私は今、 人の死を、 見ようとして、 時計に、眼をやった、 まもなく、 誰かが死ぬだろう、 戦後詩から、 漏れ出てくる、 死の、予感、と、 スヌーピーの、 犬小屋の上で迎える、 信仰、が、 水を、飲まないで、 たくさん、特に、 白樺を刈らないで、 特に、たくさん、 あの坂に、 抒情はすべて、 置いてきた、 人が生まれ、 死んでいくのに、 まだ、詩を書いて、 泣きわめいているのか、 みじめだな、 作者は、 祖母が、黒いものを、 吐いて、死ぬ姿を、 目の前で見ていた、 死は驚くほど、 小さく、大きくはなかった、 ごぼごぼ、という音に、 飲まれていく、祖母の、 顔を、今も、まだ、 憶えている、 ごぼごぼ、 すべては、ミカエルだったね、 ラファエルでもあった、 ガブリエル、 そして、ウリエル、 瓜をもいでいく、手を、 追う、視線が、 生きていた、 また、ダビデ、ダビデ、 瞬く間に、ダ、 ビデ、 トイレに、ついていた、 ビデ、 神に、排泄された、 祖母の死が、 どろどろで、 どばどば、 、ごぼごぼ、 の中で、 天使が、 今、真夜中の、 ハイウェイを 横切った ダ、 ぬらりひょん、という、 響きは、濁音にけがされていない、 私はこの響きを、 口にするたびに、 不安や、恐れを、 忘れた、 怪談の前に、 私が話し始めたことを、 皆、忘れてしまっていても、 口にした、 よもつひらさか、の、 記憶を持っている、 よもつへぐい、を、 口にしたね、 そして、 私達は、分け合った、 あの夢の中で、 お前の顔は全部知っているぞ、 日曜日に、食べる蜂蜜、 ほら、これはキリスト教的な、 レトリック、 でも、皆、気づかない、 もう、そんな時代じゃない、 聖書には、ミツバチと、蜂蜜が、 たくさん出てくるね、 でももう、皆知らない、 でも、俺は、お前の、顔を知っているぞ、 (まじめに、詩なんて書いても  どうせ読まれないどころから、  ろくに読みもしないんだから、  まじめに書く意味なんてないね) (読むことと、読まれることは  もう成立しない、  私は、貴方であるか、  貴方が、私であるか、  しか、ない、  読まれない事の、  可能性は、  もうここにはない)  でも、俺は、お前の顔を、  全部、知っているぞ、 カナンへ、 フェニキア、 ヘブライ、 ゆるやかに、 氏族の、中へ、 シドン、 ヘト、エブス 、アモリ 、ギルガシ、 ヒビ、アキル、 シニ、アルワド 、ツェマリ、ハマト ハマト、 の、トが、 拾われていく、 都市へ、 戦争によって、 大量に作られた 死、と、 戦争によって、 大量に作られた、 詩と、 戦争によって、 大量に作られた、 氏、と、 戦争によって 大量に作られた 史、と、 詩によって、 作られた、 大量の、 死、と、 視によって、 確認されなかった、 大量の死と、 死によって、 確認されなかった、 大量の詩と、 氏によって、 確認されなかった、 大量の、 パンを焼くために、 燃やされていく小説の、 戦争が、 クッキーを、 台所に並べる、 1984年の コカ・コーラ、 人はまだ、 風の唄を、歌っているか、 僕はまだ、逆光の中で、 見知らぬ人の、 顔を探している、 私は、微かに、 誰かであった、記憶を、 あの坂に、 落としてきてしまったようだ、 そして、 私は、僅かに、 貴方であった、記憶を、 あの坂に、 置いてきてしまったようだ、 私は、 戦後詩である、 焦土である、 焼け野原である、 原爆である、 殺された、 夥しい、人の、 死である、 そして、 何よりも、 貴方、貴方達の、 顔である、 これは、 テロである、 テ、 ロル、 るるるるるるるる 橋を、 渡る人に、 さようなら 、を言い忘れた、 私は、都市に帰る、 雨だ、 雨である私は、 天気でもある、 天気は、 予感として、 私に到来する、 風であり、 土でもある、 つまり、風土である、 風土は、 病として、 死を孕んだ、 予兆でもある、 私はもはや、 詩を書いていない、 これは、予言だ、 生の中で、 死を前にした、 人の、予言だ、 予言は、死と、 終わりの中で、 生を、輝かせるための、 暴力だ、 私は、この暴力を、 肉体に、 纏わりつかせて、 坂を登っていく、 踵を鳴らして、 ポエム君は、核爆発、をうまく言えなかった、 いつも、カクバグハヅ、と噛んでしまう、 舌を噛むように、生きている、 と、現代詩君は、蟻の数を数えながら言った、 「生きているように、  噛まれていく、舌が、  なにをしゃべっても、  信じるな、  詩人は、皆、死んだ」 天動説に、 解剖されていけ、 なめくじたち、 天使が横切らなかった、 風の群生地、 3018年、 多くの人は、 なめくじを愛する、 じめじめ、していく、 ポエム君、君はもう、 めそめそするな、 じめじめには、天使が宿らない、 めそめそには、ベーコンと人間性しか、 乗っからない、 何か、とてつもなく、何か大事なことを、 誰かに伝えないといけないような、気がするが、 それは全部、もうすでに、誰かが、 誰かに伝えたことでしかないことに、 気づいて、話すことをやめてしまうのだ 沈黙の中に、 詩は、あるかもしれないが、 僕らは、 沈黙の中には、 いられない、 蟻が、ポエム君に叫んだ、 「詩なんて書くもんじゃない  女を創れ、ポエム、  女を抱くんだ、ポエム、  射精するんだ、  しっかり射精しろ、  ポエム、  天使より白い奴を  白樺派よりも、  白い奴をな」 アイスクリームが生まれた日、 口の中に広がった深海の、 魚達が、殺された日、 詩が経験した、 戦争が、 書かれなくなっていく、 後の、 私達が、 書いているものは、 一体何か、 私達ではなく、 詩が、経験した、 戦争、 と、夥しい、 死、 を、私達は、 読むことができるのか、 それは、本当に 可能なのか、 坂を下っていく、 桃の香りがして、 私は、誰かと引き裂かれてしまった、 ことを思い出す、 イザナギであった、 イザナミでもあった、 約束を破り、 醜くなった、私が、 私を、追いかける、 呪いの言葉が、 吐かれて、死ぬことが、 訪れる、それでも、 私は、私に、 愛しい人よ、と、 語りかけて、 生まれてくることを、 告げる、 坂を登る、 人の気配が、 滴り落ちて、 死の予感が、 立ち上がる、 戦後詩くんが、 切腹し、 ぽえむくんが、 現代詩くんに、 殺される、 人間みたいに、 死んでいくんだね! ネット詩くんは、 アル中みたいだ、 ずっと、 ハイウェイを、 横切った、天使の、 話ばかりしている、 現代詩くんの、 周りは、死であふれた、 皆まとめて死んだ、 戦後詩くんの お腹から流れ出る、 血が、どばどば、音を立てて、 ぽえむくんの包丁が刺さった、 お腹からは、こぽこぽ、泡が出て、 取り残された作者だけが、 血も流さずに、 悲しい悲しいって、 いつまでも、 自分の事で、悲しんでる、 作者は、 自爆テロもしない、 人も殺さない、 そして、 誰にも殺されないし、 ただただ、 現代詩くん、 ぽえむくん、 戦後詩くん、 が死んでいくのを見ているだけ、 こぽこぽ、 どばどば、 ぽえむくんと、 現代詩くんは、 なんでこんなくだらない 作者ばっかり つくっちゃんだろう、 作者なんてとっとと 捨てちゃえばよかったのに、 そうすれば死ななかったのに、 だから、 お前たちが、 死ね、 天才以外は、 名を残すことを許されずに、 死ぬんだ、 だから、 まとめて死ね、 どこかから、 そんな声がして、 ネット詩くんは、 消防士になりたかった、 と言って、 眠ってしまった 人の、時間が終わり、 詩の、気配だけが、 生きている、 私は、 うんざりしている、 作者、であることに、

scroll


作成日時 2021-08-01
コメント日時 2021-09-12

戦後詩君、君と切腹するね、ポエムちゃんはメンヘラだ、現代詩君は童貞だった ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 2019.4
お気に入り数: 2
投票数   : 2
ポイント数 : 21
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性66
前衛性22
可読性11
エンタメ22
技巧88
音韻11
構成11
総合ポイント2121
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性0.50
可読性0.30
 エンタメ0.50.5
技巧22.5
音韻0.30
構成0.30
総合5.35
閲覧指数:2019.4
2021/10/28 05時34分34秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

戦後詩君、君と切腹するね、ポエムちゃんはメンヘラだ、現代詩君は童貞だった コメントセクション

コメント数(19)
エイクピア
作品へ
(2021-08-01)

ポエム君と現代詩君。三島君まで出て来て。ポエム君はスカートを捲るしか能がない?ポエム君の存在。宮尾節子もちょっと入って居るかもと思いました。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-01)

宮尾節子さんは名前だけは知ってる 作品はなんか戦争の奴がバズってたから読んだけどなぜ評価されてるのか分からなかったですね 書けないよねあの人

0
削除アカウント
削除アカウント
作品へ
(2021-08-01)

ダイナミックな展開で驚きました。 不謹慎かもですが、「テロ」と「パンケーキ」の組み合わせが狂おしく好きです。 で、ポップな流れからの厳しいたたみ掛け。 大好きです。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-08-01)

天才以外は、 名を残すことを許されずに、 死ぬんだ、 だから、 まとめて死ね、 ぼくもそう思います。

0
cold fish
cold fish
削除アカウントさんへ
(2021-08-02)

いかにもな詩やポエムって結局、詩書いてるやつしか読まない。 そういうのはもううんざりしちゃうじゃん。 なんだこれ?って思わせたもん勝ちだと思う。

0
鷹枕可
作品へ
(2021-08-04)

無駄無く、巧みです。然しその技巧が却って足枷になっている様にも、思われます。 書き尽せる事とは、実は非常に不自由な事なのかもしれません。 屁にもならぬ感想で、允に申し訳もございませんが。 一つの構図を呈示して下さる、筆力に感服を致しました。

1
コーリャ
作品へ
(2021-08-05)

なんかすごいやつでてた よかったらみんなに読んでほしいage

0
キチガイの私
キチガイの私
作品へ
(2021-08-06)

こんばんは。 コメントする事すら勇気が必要で、勇気を振り絞ってコメントします。 「スヌーピーの、犬小屋の上で迎える、 信仰、が、」を、愛おしく感じました。とにかく圧倒されて、これ以上何も言えません。

0
yamabito
作品へ
(2021-08-06)

おはようございます。イ○○カさんでしたか。私もあなたには傾倒しました。豊かな才能をお持ちなので、うらやましいです。 あなたの文体はやはり縦書きではなく横書きでないと味わえない気がします。 そうですか、今度こちらに投稿されてるんですね。

1
cold fish
cold fish
鷹枕可さんへ
(2021-08-09)

色々うんざりしちゃうんだよね。そう、とてもうんざりしちゃう。書いてる途中でうんざりしちゃう。でも書いてるね。ずっと書いてるね。

0
cold fish
cold fish
コーリャさんへ
(2021-08-09)

そうだろそうだろ。皆読めよ。そしてたたえろよ。

0
cold fish
cold fish
キチガイの私さんへ
(2021-08-09)

やったぜ!圧倒出来たらそれだけでうれしいぜ!

0
cold fish
cold fish
yamabitoさんへ
(2021-08-09)

また飽きたら辞めちゃうかもね。まぁ、お互い書き続けような!

0
妻咲邦香
作品へ
(2021-08-11)

ちょっと自由が泣いている。何でだろ? こんなに強くて速いのに、何でだろ? ぎゅるんと回った鎧の隙間から、汗のようなものが、何でだろ? 泣くことで安心させないでいてくれるようです。

0
cold fish
cold fish
妻咲邦香さんへ
(2021-08-15)

速度と自由は大好きです! せっかく自由詩だーってなったのに、自由に接続して展開していこうよー、 みたいな。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-27)

結局、コメントしやすい構造(いかにもな現代詩やポエムとか)の作品には、「いかにもな読解」や「いかにもな作品分析」がついてくるんだけど、少しでも複雑に、読み手の形式的な読みを拒絶するようなそぶりの作品を投稿すると「いかにもな」人達が鳴りを潜めるのが糞笑える。自分の手癖=形式で作品を書くのが楽なように、自分の読み方の癖=形式に当てはめるだけの読みも楽だもんな。そういうのが透けて見れるから意地悪な作品を書きたくなるんだよね。だって、うんざりしてるでしょ?本当は。はいはい、その読み方見ました、聴きました、過去にありました、はいはい、もうそれも織り込み済みです、はいはい、みたいな。はいはい、の先がほしいんだよねぇ。どこに落ちてるんだろ。

0
パワフルぽっぽ
作品へ
(2021-08-28)

こんにちは。自分のためにコメントを残します。 「謝罪文」の作品は安心してコメントをしたのですが、 こちらの作品は自分の知らないことについて書かれているような気分になって うまくコメントできませんでした。 わからないこと、難しいこと、知らないこと、見たことがないもの。 そういうことについてはあまり考えたくないんです。 そもそも理解しようとする姿勢がわたしには足りない。 自分の知らない日本語がそこに並べられていると、なんだか怖い気分になって、 見なかったことにしちゃう。だからコメントも上手くできませんでした。 >私は、 >うんざりしている、 >作者、であることに、 けれど、この作品の文字の連なりを眺めているときに感じることがあって、 それはわたしが詩を読んでいるのではなくて 詩がわたしを読んでいるということ。 詩が生き物のようにぎょろっと、わたしのことをじっと見ているんですよね。 その瞬間、わたしはもう作者でも読み手ですらなくなっていて、 ただ押し黙って、その光景を見ているだけに過ぎない何かの一部になっている。 良いライブを見たときも「わたし」を忘れて音の一部になる感覚がありますが、 それに近いのかもしれません。

0
cold fish
cold fish
パワフルぽっぽさんへ
(2021-08-29)

考えたくない、姿勢が足りない、怖い、と言いながらも、なかなか面白いコメントをつけているのは、考えなくても、姿勢が足りなくても、貴方には何かがあるからなんじゃないかな。それって、とても貴重な何かだよね。きっと、

0
山田あたり
作品へ
(2021-09-12)

何度も読んでます

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2