「おくわ団子」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

「おくわ団子」    

 友人が、たのしい地獄、と名付けた都会を歩いている。この街はいつも電光掲示板とコセー的な人の群れで、夜中になろうとするのに、夜があかるい。  ここではみな、男も女も見分けがつかない。年寄りも若いのも、うじゃうじゃいて、みんな同じだ。  この群れの中では私ははみだしものだと思いたいけれど、はみだしものすらうじゃうじゃに混ざって、やはり、私もなんでもない。  誰かをいじわるに思う私すら、いったい誰だろう。部屋に大量に湧き出て、無表情でつまみあげて塩をかけた巨大ななめくじたちのように、都会という排水溝の中にまざりあって溶けている。  電車ですぐ来られる距離にかかわらず、私は普段ここまで外出することがない。近所のスーパーに買い物にゆき、運動不足の解消のため近所のスポーツジムでときたま泳ぐ、精神の安定のために近所のカウンセリングに行く、人をならしてたのしい地獄の病。  それで時たま祭りに参加したくなる。昔ながらのハレの祭りではない、ケの日常でもないのなら、名づければ毎日催される、どんより曇の毎日誰もが無理やりはしゃぐ祭り、排水溝の中でぐちゃぐちゃにまざりあってゆく都会のあかるい夜よ。  外国人が巨大な電気と人のぐちゃぐちゃに入乱れる交差点をを動画におさめ、私は外国人が日本人とは違う笑顔を浮かべるのを見る。すらりとして驚くほど目の大きい、いまどきの人形のような女の子が歩いてゆく。体のどこかにピアスを付けた男が歩いてゆく。こないだ来たときとも変わらずに毎日催されるているのだろう、けばけばしい、どんより曇祭り。  私も緑の電車の脇にしゃがみこんで、そっと参加している。  隣にいた男がごそりとリュックから紙を取り出して読み出すと、いきなり、その声で曇が割れた。  都会の薄明るい空がごっそりと、田舎の夜のように暗くなる。電光掲示板に、巨大な狐の面が浮かぶ。白に赤、ニヤリと笑う。 「 おくわ伝説 とり残された桜並木の土手を歩く はなびらが路上を染めるころ 時折、うすい血のにおいがする おくわ団子のたれが濃すぎたせいだろか ・・・・・・ 」 ほがらかな人柄を思わせる、しかしなにかがのりうつったように腹からひびく声を聞いて、私の耳にとどろいた。  男のとなりには幼子のような男の妻が立っていて、男の腕に手をかけほほ笑んでいる。  私は猛烈に腹が空いた。  腹が空いてめまいがして倒れそうになった。  瞬きして気づくと、そこは、祭りだった。  裸電球がそこらからそこらに張り巡らされ、暗い夜に月が照って十分にあかるい。  巨大な交差点は、トウトウと黒く鳴る川になっている。浮き灯籠が赤に橙に輝きながら流れ、夜だというのに鵜も、鵜飼いもいるようである。  老若男女すべてが、とつぜん、浴衣を着て下駄をはいていた。ヘンテコな今様の浴衣を着ている若い娘も、ピアスが映えるような黒い浴衣を着ている若い男もいれば、正当で、あれぞ日本じゃ、とほれぼれするような着こなしをしている人々もいる。黒く長いだろう髪をシャキっとまとめている女の鼈甲のかんざしが電球に透き通り、スッキリ手入れされたゴマ塩髪の男はあそび慣れた風で軽快に歩む。  片手に缶ビールや電球ソーダ、もう片手に焼きそばやたこ焼き、それから、薄く白いプラスチックの器に盛られた団子を持っている人々も多い。  その団子は、いっけんみたらし団子のようだったが、みたらし団子と違ってタレは茶色ではなく、ぞっとするような、血のように澄んだ赤なのだった。  私だけは取り残されたように、近所のスーパーで適当に買いそろえたままの服を着ている。  あれが、「おくわ団子」だ、と私は分かった。そうして、知らぬはずの「おくわ」のついての知識が、脳の階層の中からふっと発見されたアンモナイトの化石のように、古びて思い出されてくるのであった。  「おくわ」とは、ある村の発展のために人柱にされた娘であり、この祭りは「おくわ」を忘れないために行われている。  そして、「おくわ」は、実はすべての人柱の、もととなる者だった。  人柱の風習がはじまって終わるまで、人柱とされた娘には、たとえば「すず」とか「おりょう」とか、そういう名前の娘ももちろんあった。しかし、日本で最初に人柱となった娘の名が、「おくわ」なのである。そうして、いままでに何十人か何千人か知らぬけれども、人柱となってきた「すず」とか「おりょう」たちも、実は、すべて「おくわ」の生まれ変わりなのである。同時代、同時刻に人柱にされた「すず」も「おりょう」も、不気味なほどに同じ容姿をしているのだが、それに気づいたものはない。中には、双子が人柱となるときがあり、手をつないで息絶えるとき、ふたりの「おくわ」ははじめて、ひとりゆく孤独を知らないこともあった。  私には両親の名付けた名がある。しかしいま、本当の名前を思い出した。  私は、「おくわ」である。  いくつの村、いくつの町のために、どれだけ人柱となってきたろうか。どれだけ荒ぶる川に投げられ、土に埋もれてきただろうか。テレビで恐ろしい氾濫を起こすあの川の底にも、いまはくさむらとなったあの廃村の空き地にも、輝く都会の地の底にも、私は存在していた。  私が幼いころから両親に疎まれてきた理由が分かった。何人か男と付き合ったが、誰も私の空虚を埋められた男はいなかった。私は数多の自らの死の上に立ち、飽きて、そして、死を乞うていた。  黒く鳴る川のいざないの音。浮き灯籠は無数、きっと交差点が川に変貌するとき、川に飲まれた人々が化身して命を輝かせているのであろう。  渋谷の駅前の百貨店は「露店ストア」と名が変わっていた。  さて、最後の腹ごしらえをしようじゃないか。私はうきうきと「露店ストア」に入っていく。  威勢のいい男たち女たちが、リンゴ飴や広島焼、ビッグ・ポテトフライやケバブ、射的や金魚すくいなど、声をあげて客寄せをしている。私はこれから人柱になるので、手を差し出せば多くのたべものが手に入り、子どものようにはしゃぎながらタダでゲームをやった。射的ゲームをすれば一等、金魚すくいをすれば勝手にポイをこえてお椀に金魚がボトボトと飛び込んでくる。食べ物以外は、まとわりついてはしゃいでくる狐の面をかぶった子どもらにやった。  最後に〆で食べたのは、もちろん「おくわ団子」であった。  もともと「おくわ団子」とは、川に入った「おくわ」の死体を食べて肥えただろう鮎(白身魚で代用することも多い)をすりつぶしてつくね芋や卵白と合わせて丸いはんぺんのようにして串にさし、水あめにベニバナをといたタレをかけたものである。身はすこし塩辛く、タレはべとりとして甘い。  もう、腹はいっぱいである。  「あなたのその帯をいただけませんか」  となりの若い女の子が現代風の帯にしている天の川のような淡いチュールをそのように頼むと、女の子は素直に帯をほどいてくれ、浴衣の前がはだけた。はだけた胸から足元までを恥ずかしそうに手で押さえながらも、これから行われる儀式の一部に自分の帯が使われることを誇りにしているようであった。  さきほどまで巨大な交差点であった、いまは浮き灯籠が赤に橙に黒く流れる川の前に立ち、私は足を天の川の帯でくくった。  私の両隣には、私とまったく同じ顔をした女たちが、同じようにずらりと並び、人柱になる準備をしていた。数百人はいる。彼女たちは私であって、すべての「おくわ」であった。  足をくくりながら私たちは懐かしくおしゃべりをする。  「ねぇ、これだけ私たちが人柱になって、この街は、この国は、またどのように発展するかしら。ぜんたい、私たちのおかげよねぇ」 「私たちがこれだけ集うことも珍しいわね。はじめての出来事かしら。いいえ、日本書紀に出てくるあのころ、いちどあったような記憶もあるわね」 「あなたよく覚えていてね。私はもう覚えてないわ。でも嬉しいわ、私たち、これまでだいたいひとりぽっちだったのにね」 「滅びるんじゃないかしら、私たちのこのことで、この国は」  もう、誰が私で、私が誰なのか、どの「おくわ」がそういったのか分からない。  「今度こそ私たち、滅びのための人柱ではないかしら」  「じゃ、お先に」  私は立って川に飛び込んだ。  暗く流れる川の底、私の口や鼻から漏れてあがってゆく銀色の泡。底から見上げる浮き灯籠の輝き、ひらめく魚たち。つぎつぎに泡のような空気をまとわりつかせ、しずかに「おくわ」たちが川の底に落ちてくる。  息苦しさにかえって目をみひらく。  これから素晴らしい発展をとげるこの街この国、その素晴らしき果ての先。 --- 白島真さん 「おくわ」伝説 から、着想を頂きました。 http://breview.main.jp/keijiban/index.php?id=655


作成日時 2017-09-30
コメント日時 2017-10-04

「おくわ団子」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 778.9
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:778.9
2022/07/07 19時26分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

「おくわ団子」 コメントセクション

コメント数(4)
右肩ヒサシ
(2017-10-01)

田中修子さん、こんにちは。 これはとても良い詩ですね。久しぶりに読んでいてわくわくしました。「おくわ」の伝説がちっとも過去と結びつかず、ひたすら現代の現象であること、「私」と不即不離であることが楽しかった。 ただ着想に文章力が追いつかないでいるようにも思えます。 >友人が、たのしい地獄、と名付けた都会を歩いている。 って、いわゆる「出落ち」ではないのでしょうか。都会は天国でも地獄でもなく、ただの人口の、或いは人造物の密集地帯でしかありません。 だからこそ、この詩で書かれたように簡単に何か別の場所になることもできるような気がしています。

0
まりも
(2017-10-01)

〈外国人が巨大な電気と人のぐちゃぐちゃに入乱れる交差点をを動画におさめ、私は外国人が日本人とは違う笑顔を浮かべるのを見る。〉この一行で、渋谷のスクランブル交差点を想起しました。 Migikataさんの〈着想に文章力が追いつかないでいる〉というご指摘にも、うなづくところがあります。 冒頭、いわばプロローグの部分、本文の「語り手」がそのままプロローグを語っているので、若干、口話的というのか・・・擬音を繰り返したり、感覚的な表現が多くなったりする、のかな、と思いました。冒頭は、わりと淡々と事実だけを語る(脚本のト書きのように)ナレーターが事務的に状況を語り、外国人が~のところから、一気に語り手が(自身の見ている)幻想風景に読者を引きこんでいく。そんな流れを試みても良いかもしれない、と思いました。(あくまでも提案、ですが)

0
白島真
(2017-10-02)

田中修子さん、おっは^^ 着想元が私の「おくわ」伝説なのでUPされて再度、興味深く拝読しました。 おくわ団子からよくこれだけ想を得て書けるものだと感心します。 特に中盤以降の語りはスピード感を増し、どんどん物語の中に没入してきます。 そう、過去名作の「海」シリーズ2篇を髣髴とさせてくれたのです。 文章構成ですが、前半「友人が~」から「白に赤、ニヤリと笑う」までの文章が、どうも後半のおくわたちの不思議な物語へとは繋がっていってないような気がします。何か、いろいろ書いたものを削除・推敲して、この部分だけ貼り合わせたような気さえするのです。(失礼!) 私は、むしろ前半部分は無くてもいいような気がします。 後半の「夜だというのに鵜も、鵜飼いもいるようである」は鵜飼の地方に住む者にとっては、かなり違和感のある表現です。何故ならば、鵜飼行事は夜の行事だからです。夜にいるのは当たり前というか(笑)また「鵜飼」は行事名であってここは「鵜匠」と書くべきでしょう。 気になった箇所は以上ですが、おくわが自分自身でもあり、そして何代ものおくわが同じ顔・形で現れ、集団人柱になっていくくだりなどは、深い詩情と著者のやるせない思いが反映しているようで、こころを揺さぶられました。タイトルは忘れましたが、SF映画にも主人公と同じ型のロボット(ミュー-タントだったかな)が番号をつけられ廃棄されていく中、脱出し、体制を壊していく内容のものがあったことを思い出していました。しかし、決して本作品はその亜流などという印象ではなく、作者独自のストーリー展開がなされていて、面白かったです。

0
田中修子
(2017-10-04)

Migikataさん、まりもさん、白島真さん。 まず最初に、「書きすぎ!」「立ち上がりが遅い!」というご指摘をありがとうございました^^; お三方共通のご指摘であり、あらためて読み返してほんとにそうだな~と思ったので、まとめてお礼を申し上げます。 大学の先生にも、よく、「自分の思いや風景を書きすぎるより、削って読者の想像が入る余地を残すこと」と指導していただいていたことを思い出しました。 では個別に~。 Migikataさん 「文章力が追い付いていない」アイタタ~です。このところ、本で気に入った表現を筆写する、という作業をサボっていたからかも。再開せねばです。 あと、もともとガッと風景が見えて書き出して、あとから嫌らしくネチネチネチネチ修正していくタイプなので、5年後くらいには追いつくことができるかもしれません……。 全体としては楽しんでいただいたようでよかったです。コメントありがとうございました! まりもさん 引用していただいた部分に誤字がある~ひぃ~(布団をかぶる)。 そうですね、渋谷のスクランブル交差点です。最初は「渋谷のスクランブル交差点」とそのまんま書こうとしていました笑 思い浮かべていただいたということは、うまく表現できたのかな。わーい。 私の文章の塊の作り方として、私自身が風景に入って起こっていく出来事をどんどん書いていってそのままアップしてしまう、という傾向にあるんですが、読み手の方には、入っていく過程というのはなんだか面倒だなぁ~ってことと、ともかく大学の先生の「田中さんは書きすぎです」を、思い出しました。コメントありがとうございました! 白島真さん 白島ラヂオを拝聴しながらビーレビ見ていました~。 あの詩を拝見した時、おくわ団子とそれにまつわる物語がグワーッ! って見えたんですよ! それで書かねば~書かねば~となりました。久々に生きていた感じです。アイディアをありがとうございます~。 前半部分をザクッと削るの、正解なんだと思います。 私自身は日常→変貌→クライマックス部分に向かって旅をして、単に旅をしている過程を書いているだけなので削除も推敲もせず(ちょっとはしましょう)違和感がないんですが、旅の過程が地味で下手なのか、また読み手からすると日常→変貌の書き方にそこまで違和感があるんだよ、と教えていただいた感じがします。 「海」2篇もさくっと変貌していきますね、そういえば。なんというか、いちおう小説の書き方で散文詩を書くことを忘れてはならぬ、と思いました。 鵜飼い! 鵜匠! ごめんなさい! ひー! イメージ先行で調べてなかった! 紙の本にするときに(いつ?)全体的に書き直したいナァ。 SF映画は、「アイランド」か「ブレードランナー」かな? 両方とも大好きな作品です。特に「ブレードランナー」でしたら、幼稚園児か小学生の分際で感動した思い出があるなぁ~。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1