ケレケレのはなし (B-REVIEW EDITION) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ケレケレのはなし (B-REVIEW EDITION)    

フィジーの村落には未だにケレケレと呼ばれる文化というか風習みたいなのが残っていて 、ようするに、フィジーではわたしのものはあなたのもの、あなたのものはわたしのもの、 というふうに所有の観念が希薄なのです。だから、もしここがフィジーだとしたら、わた しはあなたのカバンを勝手に開けて、あなたのハンカチで鼻をかんでもいいし、あなたは あなたで、わたしの財布を勝手に開けて、わたしのクレジットカードであなたの好きなマ ウンテンバイクを、15回払いだかリボ払いだかで買ってみたところで、わたしには怒る 権利なんかないのです。だって、わたしのクレジットカードはわたしのものかどうか分か らないわけでーーー 実際、わたしがフィジーでホームステイしていたときは、ホームステイ先のお母さんがわ たしのバックパックを勝手に開けて、電池とか小銭とかを勝手に使ったりしていたし、そ れって泥棒じゃないのって、あなたはたぶん思うんだろうけど、フィジー的には、という か、わたしからしても、それはぜんぜん泥棒なんかじゃなくて、小銭は減るけど、お札は 減らないのです。わたしの持っているものが誰のものなのか自明ではないので、ようする に、わたしのお金はホームステイ先のお母さんのものなのかもしれなくて、自分のものか もしれないものを無駄に遣ったりなんかしません。だから、電池だって、律儀にちゃんと 一本ずつ減っていくし、お金も1フィジードルずつくらい減っていくに過ぎないのです。 あなたがわたしのシャンプーを勝手に使ったりするのと、大差ないと思うんだけどーーー と、書いていて気付いたんですが、自分のものかもしれないから大事に使うのか、他人の ものかもしれないから大事に使うのか、わたしにはよく分からなくなってきました。わた しも、ホームステイ先に置いてある細々した日用品とか、ホームステイ先のティキってい う娘さんが持っているスルっていう民族衣装とか勝手に使ってたけど、自分のものだと思 ってたのか、やっぱり他人のものだと思ってたのかよく分からないけど、べつに無駄遣い はしていませんでした。でも、やっぱり、完全に自分のものだと分かっているときと比べ て、使い方はちょっと荒かったかもしれません。もし壊したり無くしたりしても、わたし の持ってる日本円の額からしたら、すぐに新しいもの買って返せるしっていう驕りもやっ ぱしあったかもしれなくてーーー 一回、ティキに、わたしのオーデパルファムをケレケレされたことがあって、それはわた しが20歳の記念に買ったサンタ・マリア・ノヴェッラの1本1万5千円くらいする高級 品で、大事に大事にちょっとずつ使ってたやつなのに、気づいたら瓶の半分くらい勝手に 使われてしまってたから、なんでそんなことするんだろうって、ちょっと気持ちが本気で 怒ってしまった。それで、それわたしのものだし、すごく大事にしているやつだし、高い ものでもあるからいきなし半分も減るなんておかしい、勝手に変な使い方しないでって涙 目になって怒ったらーーー あなたが、この家にあるものどれを使ってもわたしは絶対怒らないのに、どうして、わたしがあなたのものを使ったら、あなたはわたしに怒るのって返されてわたし答えられなかったんです/ あなたのものは誰かから貰ったものばかりだけど、わたしのものはわたしががんばって働いて貯めたお金で買ったものだから、ちょっとだけなら使っていいけど、勝手に半分も使うなんておかしいよって言おうとしたのだけど/ わたしががんばって働いても、その香水買うことなんてできないし、そんなにいい匂いのする香水、どこで売っているのかも分からない/街まで出て/空港まで行って/そしたら買えるのかもしれないけど/ でも、やっぱりわたしががんばっても、そんなにいい匂いの香水/ジャスミンの甘い香りがするその香水/わたしには絶対買えないと思うし、どうして、わたしはがんばっても手に入らなくて、あなたはがんばったら手に入るのに、あなたは分けようとはしないの/ それに、わたし半分しか使ってないし、あなたの分の半分、ちゃんと残してあるのに、なんでそんなに怒るのって、わたしの頭の中で、反論がぐるぐる回りだして/ でもわたし、がんばってこれを買うためにバイトしたんだよ、ファミリーレストランの時給850円で 、学費払って/寮費払って/旅行のために貯金して/残ったお金を貯めてがんばったんだよって脳内で反論したら/ わたしだったら、それを買うためにがんばったりなんかしない/とてもいい匂いのする香水だと思うけど、おばあちゃんの家に撒いたら、みんなすごく喜んだけど/それを買うために働いたりなんかしないし、がんばったところで、がんばったって思ったりなんかしない/ どうして、あなたは香水のために、がんばったり、怒ったりできるの、わたしには買えないけど、あなたの国ではみんな香水持ってるんでしょう、誰かが持ってる香水、半分貰えばいいのにって違う種類の反論がぐるぐる回りだして/ もういいや、高かったけど/大事にしてたけど/わたしきっと何か勘違いしてしまってるんだ/何がおかしいのかよく分からないけど、ここで怒ることはきっと恥ずかしいことなんだって思って/ このオーデパルファム全部使ってください/このお家に置いてもらって、キャッサバとかタロ芋とかたくさん食べさせてもらってるのに、わたし謝りたいんですって決心したら/ごめんねあなたの大切にしてるもの勝手に使って、わたしにとっては大したことじゃないんだけどって、ティキがわたしに綺麗な首飾りをくれましたーーー その首飾りを あなたに 渡したいんです わたしのもの すべて あなたが どんなふうに 使っても あなたが すぐに 捨ててしまっても あなたのもの が わたしのもの でなくても わたしのもの が あなたのもの でなくても わたしのもの が わたしのもの でしかなかったことを いま 悲しく感じているのでーーー


作成日時 2017-09-19
コメント日時 2017-09-26

ケレケレのはなし (B-REVIEW EDITION) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 282.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 2
項目全期間(2020/07/05現在)投稿後10日間
叙情性20
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント20
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:282.2
2020/07/05 15時38分13秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ケレケレのはなし (B-REVIEW EDITION) コメントセクション


コメント数(8)
まりも (2017-09-20):

女性の語り手、という設定なんでしょうか。実際に作者がフィジーに行ったことがあるのかどうか、ホームステイ先で、このような体験をしたことがあるのかどうか、そこは聞いてみたい気もしますが・・・ 第一連目の、「ケレケレ」を拡大していくと、論理的には〈わたしはあなたのカバンを勝手に開けて、あなたのハンカチで鼻をかんでもいい〉し、〈わたしの財布を勝手に開けて、わたしのクレジットカードであなたの好きなマウンテンバイクを、15回払いだかリボ払いだかで買ってみたところで、わたしには怒る権利なんかない〉はずなのに、カバンからハンカチ、ここには違和感を覚えないのに、クレジットカードのくだりには、非常な違和感を感じる。それはなぜなんだろう、という、そこからまず、問いを突き付けられる感覚がありました。物、のやり取り、気持ち、のやり取りで間に合っている範囲と、金銭、という抽象的なものが介在した時の相違。 言葉同士のやりとりだって、等価交換なんてありえない、わけだけれど・・・気持をもらって、気持ちを返して、というやりとりが成立するのは、なぜなんだろう、とか・・・それを、金銭に換算されてしまった時の、虚しさとか哀しみの由来は、どこにあるのか。逆に、働く、という行為が金銭に換算されることの喜び、その由来は、どこにあるのか・・・ 〈サンタ・マリア・ノヴェッラ〉の〈オーデパルファム〉この小道具が、なんとも効いていますね。 私はセレブの好むブランドなどには疎いので、イタリア美術を専攻していなかったら、このブランドの持つ意味合いが、よくわからなかったかもしれないです(笑) 急成長したブランドや、成金ブランドが作り上げた「高級品」ではなく、歴史ある老舗の、いわゆる「ほんもの」の香水。それゆえの金額の高さ。つまり、金額に内容が釣り合っていることを、本人が納得していて、それゆえに、高価であるにも関わらず、語り手はバイトしてようやく手に入れた・・・と考えると、語り手は「香水」や、「高級品」が欲しかった、のではなくて、「ほんもの」を手に入れたかった、ということなのだろうなあ、と思いました。 他者のものだから、乱暴に使ったり、余分に使ったり、無駄に使ったりする。逆に、自分のものは、大事に、倹約して使う。これこそ、資本主義先進国、の「文明」に毒された者の意識、なのかもしれない。他者のものであっても、自分のもの、であっても・・・そもそも、みんなのもの、であって、私有、の明確な概念がないからこそ・・・すべてのものを、大事に使う。 香水を、個人の為に使う、のではなく、みんなのため、に使う・・・〈おばあちゃんの家に撒いたら、みんなすごく喜んだ〉このフレーズですね。皆を喜ばせる、そこに価値がある。一人で楽しんでいて、どうするんだ、あるいは、ごく少数の人たちだけで独占していて、何が楽しいんだ、皆で楽しんでこそ、そのものには価値がある・・・語り手が、最後に綴る悲しみは、恐らくそのカルチャーショックにあるのだろう、と感じました。 大地は、神様のもの、人間たちのもの、ではない。そう考えていたがゆえに、土地は私有できる、と考えた入植者に負われたネイティブの論理を、今、考えています。 突き詰めていけば・・・知、は、誰のものなのか(知的所有権含め)とか・・・魂は、個人の所有物なのか?命は?という問にも辿り着きますね。(わたしは、肉体は自然からの借り物で、魂はどこかからの預かり物、借り物の肉体の中で涵養して、またどこかに還す、そんなイメージを持っています。変な宗教とかに入っているわけでは無いですよ(笑) 真ん中部分、語り手とティキとの会話が、ゴシックと明朝とか、色が異なるとか、なにか、パッと見で分かるような感じになっていると、もっと読みやすかったかな、などと思いました。

0
エルク (2017-09-20):

権利という概念が発生してから富は増えたけれど豊かさは相対的に減りましたよね。 文化の違いを感じ対比させることで大事なことに気づく。 体験ー発見、の図式を基にしてフィジーの人たちが当たり前に行っている生活を せつなさを伴う会話の描写で塑像していく。 さわやかさを感じさせる作品でした。

0
鬱海 (2017-09-22):

こんばんは。読んでいてとても切なかったです。作中主体の頭の中で反論がぐるぐるめぐっているところが特に。あなたはわたしになれないし、わたしはあなたになれない、ひとつにはなれない、っていう孤独感みたいなのを勝手に感じ取りました。すごい良い詩だと思います。

0
survof (2017-09-25):

感想をうまく言葉にできないでいるのですが、この作品もとても好きです。読んでいてとても心地いいのと、何か通奏低音のようなものが全体に流れているような感覚もあるせいなのか、全体が散漫にならないで分散しそうなところでギリギリきっちりまとまっているようなそんな印象もあります。

0
花緒 (2017-09-26):

>まりもさん お読みくださり有難うございます。私はフィジーで2ヶ月ほど暮らしたことがあります。リゾート地ではなく、フィジー人の村でホームステイをしたことがあります。本作はその時の経験をベースに書いてみたものです。クレジットカードのくだりの違和感、描き切れていないことに由来しているように思います。どれだけ綺麗事を並べ立てても、先進国の人間は後進国の人間を搾取しているという構造があることとパラレルになるように、<わたし>は、<あなた>の下馬になっていて、<わたし>は<あなた>のハンカチは使えるけど、<あなた>は<わたし>の所有物なにを使っても、<わたし>は何も怒れない、要するに、女性の方が惚れたものの弱みで力が弱いというのが、裏設定としてありました。この設定はあくまで作者の脳内の裏設定にとどまっており、十分活かす方法を見出せていないような反省があります。

0
花緒 (2017-09-26):

>エルクさん お読みくださり有難うございます。切なさを感じてくださったとのこと。嬉しく思います。そうですね、わたしはフィジーで暮らしたことありますが、フィジー人の方が日本人より幸福度は高い気がします。フィジーの方がはるかに経済的には貧しい国ですけれど。何を持って豊かさというか難しいところありますね。文化的にも、フィジーの方が、(少なくとも一面的には)貧しいとは思いますし。

0
花緒 (2017-09-26):

>硝子さん お読みくださり有難うございます。作者が読んでほしいように、読んでくださったような印象を受け取らせて頂きました。多謝です。

0
花緒 (2017-09-26):

>survofさん お読みくださり有難うございます。本作、長いですし、読者によっては冗長感を覚えられる場合もあるかと思うのですが、であるが故に、好意的な評を頂き嬉しく思いました。有難うございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1