1987 トランジスタ ラジオ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

1987 トランジスタ ラジオ    

蝶番の錆びついた 屋上に続く赤茶けた鉄扉。寝転んで見上げる、どこまでも青い、夏の終わりの空。 午後の授業の始まりのチャイムがなる。タバコは丁度切れている。 ポケットのトランジスタラジオのスイッチを入れ、イヤホンを耳に押し込む。ラジオからはお気に入りのナンバーが流れてくる。 鉄扉が音を軋ませてゆっくりと開いたのに気づき、左耳のイヤホンを外す。シンジが顔を覗かせる。 「よぉ、やっぱりここかよ」 のんびりと歩いてきて、いつものように、俺の隣に腰を下ろす。 「昼メシまだなんだろ、ホラ」 焼きそばパンと牛乳を俺の胸の上に置き、隣に同じように寝転がる。 「辞めるんだってな」 シンジの間延びしたような言い方。 「おぉ」 俺の返事も、なんだか間延びしていた。 「悪いことなんて、誰でもしてんのにな、大人だって、俺らだって」 シンジがまた、空を見上げて、間延びしたように言う。 「アイツが悪いことしてたなんて、思ってねえよ、でも、アイツのせいで、誰がが困ったり泣いたりはしてたんだろーな」 俺も空を見上げたまま返事をする。 "アイツ"は父親で、この小さな田舎町の議員で、先日汚職で捕まった。 俺は"アイツ"がやってたことが悪いことからどうかは分からなかったけど、良くないことなんだろうとは小さな頃から何となく気づいてた。 "アイツ"は俺の入る高校を勝手に決めてきて、俺の話は何も聞こうとしなかった。ただ「お前の為にやってるんだ」と、俯いてそう言ったのは覚えている。 "アイツ"が俺とも母親とも目を合わせず、警察に連れて行かれた時、ひとつとして、言うことばは出てこなかった。 「見つかんなきゃ、悪いことじゃないのにな」 シンジがのんびりと言う。 「そう上手くはいかねえよ」 俺ものんびりと答える。 「何で、お前が辞めんの?」 シンジにそう聞かれて考える。誰かにマトモに答えられるような確かなものなんて、俺には今ひとつもない。ただ、自分で決めなくちゃいけない気がしたんだ、これからの自分にことは。 「誰かのせいにしたくないんだ、カッコ悪いからな」 俺が小さな声で言うと、シンジが思い出し出したように笑って言う。 「あぁ、あん時はかなりカッコ悪かったもんな」 数ヶ月前、俺は、周りの全てにひねくれていて、文句ばかり、八つ当たりばかりの日を送っていた。 「吉野由子」はその時、クラス委員かなんかで、文化祭の準備で忙しくしてて、毎日ふてくされて、八つ当たりして、わめいてる俺が心底気に入らなかったらしくて 突然雨が降り出した放課後 皆んなが慌てて、いろんな道具が濡れないように片付けるのにバタついてるのに、毒づいてた俺を、思い切り引っ叩いて、こう言った。 「そんなに嫌なりゃ辞めりゃいいじゃない、辞める度胸もないのに、カッコばっかつけて、バッカみたい」 それ以来、「吉野由子」とは口をきいていない。口をきけなかった、というのが正しい。考えれば考える程、言われた通りで、本当にみっともなくて、カッコ悪くて、顔さえまともに見られなかった。 そんなことをぼんやり思い出していると、また、鉄扉が軋んだ音を立てて開き、「吉野由子」が顔を出した。 驚いて固まっている俺と、すぐに寝たフリをしたシンジにお構いなしに、彼女はそのままスタスタと真っ直ぐ歩いて来て、俺たちの前、1.5メートル程の処で足を止めた。 「辞めるんだってね」 彼女はそう言って、何故か嬉しそうに、真っ直ぐに俺を見た。 俺は半分身体を起こし 「おぉ」 と俯いたまま、短く答えた。 「また、引っ叩きに来たのかよ」 俺が顔を伏せたままそう言うと、彼女は小さく笑って、ポケットから何かを取り出し、俺に放り投げた。 「お餞別」 そう言って彼女はクルリと踵を返し、振り向くことなく、鉄扉の向こうに消えて行った。 「お餞別」はハイライトだった。 手の中の小さな四角い箱を見て、俺はなんだか、泣きたいような、笑いたいような、可笑しな気分になっていた。 「吉野由子」の気配が鉄扉の向こうに完全に消えてしまうと、寝たフリをしていたシンジが、黙って手を出した。 その手に「お餞別」を1本乗せてやり、火を付けてやりながら、俺は呆然と、赤茶けた鉄扉を見つめていた。 「ユージさぁ」 突然、シンジが俺の名前を呼んだ。 「あぁ?」 俺は驚いて、間の抜けた返事をした。 「お前、カッコいいよ」 シンジが白い煙を吐きながら言うのを聞いて、俺は 「バーカ、当たり前だよ」と そっぽを向いて答えるのがやっとだった。    BGM トランジスタ ラジオ        by RCサクセション


作成日時 2021-01-01
コメント日時 2021-01-21
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

1987 トランジスタ ラジオ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 839.9
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 2
#現代詩
項目全期間(2021/02/28現在)投稿後10日間
叙情性10
前衛性00
可読性10
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント20
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:839.9
2021/02/28 19時19分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

1987 トランジスタ ラジオ コメントセクション

コメント数(11)
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-01-01)

RCサクセションか、懐かしいなと思って、二度読みしました。 小説的な詩ですね。

2
宵月
田中宏輔さんへ
(2021-01-01)

ありがとうございます。 高校生の時、今から30年以上前に書いたものを、記憶を頼りに書き起こしました。 青臭い感じが、結構自分でも気に入ってたりします。

0
沙一
作品へ
(2021-01-20)

小説のような散文だけど、これはたしかに詩的だなと感じます。なぜか。ここに書かれていることから、むしろ書かれていないことへの想像力を惹起させ、そこにこそ本質的な情感があるであろうと思われるからです。 放課後に突然降り出す雨のように、ほんとはいつ溢れてしまいかねないウエットな感情をかかえていながらも、からっと晴れた青空の屋上にいるときのままに、最後までドライな文体で書き切っている、それがとてもカッコイイなと思いました。

1
宵月
作品へ
(2021-01-20)

ありがとうございます。 沙一さんに褒めていただき、本当に嬉しいです。 私は本当に感覚だけでしか、文章を書けなくて、自分が見たこと、感じたこと、経験したことからしか、それを私が持つ、少ないことばからしか、書けなくて。 皆さんの詩を読むと、深いなぁ、こんな表現の仕方があるんだって、いつも新鮮な感動があります。 それを糧にして、私も書き続けたいと思います。

0
井上橙子
井上橙子
作品へ
(2021-01-21)

カッコいいです。私の少ない語彙力まで何処かにいってしまいました。ユージは辞めてからどうするのだろうと、思いました。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-01-21)

こんにちは。タイトルからRCだなと推察しましたが、 《BGM トランジスタ ラジオ        by RCサクセション》 というのを付け足したのは、この作品の進行のバックにはこの曲が流れている設定なんでしょうね。作者がこの曲に耳を澄ませたりリズムを感じながら(実際には流れていなくても)書いている様子と、作品世界が思い浮かびました。

1
宵月
井上橙子さんへ
(2021-01-21)

ありがとうございます。 カッコいい、1番意識して書いたものなので。 カッコよくありたい、この文章を書いてこんなに年月が経っても、その気持ちは変わらない、いいカッコしいの私です。 続きの物語は、もう今の私には書けないなと思います。 でも、あれから年月が経った物語なら、書けるのかな、書いてみたいな、と思いました。

1
宵月
藤 一紀さんへ
(2021-01-21)

ありがとうございます。 タイトル、ラストのBGMから推察していただき、嬉しいです。 この頃、忌野清志郎ばかり聴いて、一人ででもライブに行く程好きで。 ラストのBGMの付け足しは、どうしても入れたかった、と言うか、これを入れるために書いたと言ってもよいくらいです。 それを感じとっていただき、感謝します。

1
AB
作品へ
(2021-01-21)

うーん、うまいなぁ、と思います。 高校の頃なんとなく聞こえてきた、あの雰囲気が上手くかけているなぁ、と。 それからスローバラード、甲州街道とか、 なにりもアルバム「初期のRC」にしびれてました。 あぁ、作品自体としれてしまってすみません。

1
AB
作品へ
(2021-01-21)

すみませんスマホで打ってたら、 「なによりもアルバム」とか 「しびれて」とか、 誤字だらけですみません。

1
宵月
ABさんへ
(2021-01-21)

ありがとうございます。 初期のRC、今でも聴いてます。 他にも多摩蘭坂とか、いいことばかりはありゃしないが大好きです。 私が書いた中で、1番長い文章なのですが、褒めていただき本当に嬉しいです。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1