骨灰 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

骨灰    

'I'm blind Kimura Therefore, in front of you is all gray I can't see the way to the room Therefore the nurse Please tell me the way to the room Please I'm psychiatric and biological Hahaha. Psychiatrically but biologically Shinanwa. I'll walk around here for more than one. Sex I understand Barca Ahondara Kuzu Do Aho Vulgarity I don't have the courage to commit suicide Understand! I understand Don't die from overwork Huh I'm blind Kimura Therefore, in front of you is all gray I can't see the way to the room Therefore the nurse Please tell me the way to the room Please Noble official technology Death from illness! Starvation! Walk More than one year of one year I'll walk Huff" Sense思ひ、 寂々降りる偬ふ水明かりはくらく菖蒲色 青、其れの中に雨を抱へる 川を糸(いと)しい 涙降りつづきます、心ろ、 涙、偬は鋏を錆びさせて泣いた、此色々するにも、偬は周りの生活が頭に有り、ふざけだと思ひしずか 純粋な事とは、お笑ひ、お洒落、 八足(やたら)恋とは、孤独に花を受け、垂(だ)れににも蔦えぬ 刃のまだらが星の模様をして光った 少し研いだら亙(こ)う   偬、絵画の見る葉に患い雲は煌々、天は黒々と洒落て居、菫むらさき挿せその色は益々朗るく為る様でした。  回答として38度の急熱になった時、ひかりに“塗れた”走馬灯を見ました。子供の名前を書いたら不思議と熱が引いた、それでも生きてて良いものかと思うので悩むうちは人間として有れ、患え、それ程苦に非ぬ今です。  心の闇はすっかり晴れた、今も、「人間と花」についてなにか考えて居り、亦(そして)、朝の道の植物の香りと、人間の性の匂いの似ている事など、華やかだ思うたら、見えぬ色彩は此れの目から溢れ、気持も草の色で、  偬の中には近頃、「世の中そんな事は余りない。」と云う偬の考えて居る台詞についてのテーマが有る、(“チェンソーマン”を読んだ。どうなることかと思った。ドラマティックに未来へ展開する。)此台詞の接続詞を、そんな事がと云い強調すれば若し良いものを大切に思ったとしても人は何かを(片方を、)直ぐに忘れる、そんな事を、とはあまり云えるものではない。まぁ人はどうでも良いから、説と実需と真も空津(からす)の様にしか思わんのだ、物事を突っついたらすぐにかんじょうを涌(わ)かせ、それが、いいかい自然(人)にとっては都合が良いんだ、頼りなくどこかへ吐き出してしまう、怒りは違うぜ、人は塵芥をばかり漁(あさ)ましや。いー加減その爪の先の黒っぼ!例えばこう云う、コロナが実は人災で、それも日本人の開発と聞いて、で、或時其れが女の名前なのだと聞く。善い中国人がそれを買い、其を手伝う者も在る、「多くの人を休ませる」と云う想像ははたして正しいであろうか?想像と云うのは、人が人に押され一旦かんがえてしまうときに止まってしまう事もあり、無念だ。でもそれは乗り越えて行ける、偬の萌へに一度教えたいことは(イマの時代)というやつをいっちょ憂いとして身に付けなさい、何でもかんでも良くかんがえずにそうして居ながら冷淡に「良くは無いと思う。」と、曖昧を思うのを諦めないこころを持ってみな。とっくにしばかれて居ます。  黒いマスクはファッションで有り、別を古くからは「情けない」と云う事の。テレビを見たら着物のおじいさんが布団みたいなそのマスクで35度のお辞儀をして居た。其うを見て居て迫力感や無いアイデンティティがふつふつと起こった。どこもこんなんだろう、偬は休めたおかげで煙草を「一度」やめる事が出来た。龍が病いを食い人は自浄するらしく、あんまり心配される話や、議論のぎの字でもないらしい、排他された人の事を文学の為には書けず。友だちと喋ることならいっぱいあるのに、黙る事が増えた。(辛辣)なども失せて居るが、心はやなぎの緑の様に重くなった。  少年像とはそう云え、お蜜柑みたいにナ。あすのひとつやろうか、あすの人に待てることか、いかんせん万歳。此やうに枯れて。 「Do not use talk to you」 What about your worries about it? I was really scared of . I heard It was developed by the somewheres Japanese. Development is not just about science, If there is a word. Emperor of Japan is a top of priest and I don't think it has anything to with this. I don't even know us I heard rumored this. "Trump say, Wuhan in China, Making nuclear weapons, The virus Leaked from there" Wuhan is Write "a man". ●うき●うようの技術は人々をさっかしょうじょうたいにまで 陥れ た ○うき○うようの技術は人々をさっかしょうじょうたいにまで 欲しめ た  すいません 私は盲目の木村です 依って 目の前はグレー一色で トイレから部屋へ帰る道が 私の目では不可能です 従って看護婦さん 部屋まで帰る道を教えてください お願いします 地獄の閻魔大王から通告を受けている おう木村よ お前は地獄に行く事が100パーセント決定されておる 天国に行くことは 100パーセント有り得ない フ… わしはな 地獄から来た幽霊やぞ 地獄から送り返された 幽霊やぞ  放棄放蕩の技術 俺は精神学的にしんでも生物学的にしなんわ ハハハ 精神医学的にしんでも生物学的には しなんわ いっけいねん以上ここで歩き回っとるわ せえよ わかっとるぞ バーカ あほんだら クズ どアホ 下品 理解(ころ)せ!  わかっとるぞ 過労死するなよ ハァ 私は盲目の木村です よって目の前はグレー一色で、 部屋まで行く道が私の目ではわかりません 従って看護婦さん 部屋まで行く道を教えてください お願いします 高貴公用の技術 病死! 餓死! 歩けよ 「看護婦さん 道を間違えました 道を教えてください 看護婦さん 道を間違えました 道を教えてください」 汚いぞ 「揚巻」  七月は過去か、精神科に入院し、色んな事がショックでしかも学生のある時から精神が亀裂していたので甲う頭から心臓が飛び出る、という哀しい状態を抱えて、病棟の年寄りはそれが分かるからあだ名が「傷み」だった。「毎日泣いてんねん。」「お前は脳なしだろう。」といわれて居た。何かしら仲良くなった。 退院した。同じ部屋の人に手紙を書くねと言って、あ、戻って来るかもと言って、別れた。まして精神科だし環境が良いわけではないが看護師さんが格好良かったし、色んな人が居て、そして何人か詩人が叫んでいる。私も病室から詩を叫んだ。それから又各々の新作が作られる。 心を見られるのはごっついストレスだ、慣れてしまえばラクだったんだろう。 バリバリンと平気で割ってくるから、布団の中にぎゅっと丸くなって、後は可笑しいことを考えて、一人で笑って居た。するとたとえば霊感が冴えて、 …暴挙に親しまないこと、暴挙に割れて居ることが精神の輪郭と夜とを生かせる、でも、だの、考えた。 看護師さんに熱を持ったのが、妄想と空想と現実とがわからない。変に好きになった、苦しい、逆さまに横になり、エブィリファイが要る。主を伝え、現実との区別をつけなければならない。ナースセンターは混み合って居るし、そんな愛の告白めいた、用事なので私はじりじりと治療用の算数プリントや色塗りの用紙の裏に書いたメモを握って、皆の視線の中で待たなければいけなかった。「何が書いてあるのだろう?」(その看護師はアイドルで有って、私も優しげなので患者に人気があった。ナメやすい、と言うことかもしれないが。)彼を私が好きなのは一目瞭然で、私はそれを余り気にしなかったが、私の顔がましなので、目立つ様子を思う。十分置きにナースセンターに行って彼と微笑み合い、いきいきと病室に帰るもので、何気なくコーヒーのお湯をそこへ汲みに行ったり、硝子の外から横顔に見惚れ、コロナ自粛で外出も出来なかったので、この日課を楽しく思った。 「すいません看護婦さん。詰所に置いてある私の電気シェーバーを、 私の掌まで持ってきて下さい。」 木村、と云う詩人の声がする。うるさい。 それだけで、病室でもホールでも私は漠漠と夢路に居る事だった。詩が「好き」とは不思議な、宇宙の端っこにおる、様な。云云、その看護師さんと詩をこのひ選べず困り抜いて居る。 ホールの壁に「共生」と書かれた額があり、ナースセンターの中には「佛心」と書かれた額がある。 トイレに逃げ込む。 トイレは、おぶつの箱に千切ったティッシュやおむつが中に入ってる、生理の為だ。若いのは大体私だったので息を詰めた。部屋に帰ると隣室のおばあさんが叫んで居る。多分痛くない、「いたい、いたいいたいいたい…、行って行って行って、引け引け引け、」同じ病室には神が居る。「真っ白な靖子の顔、ピカピカ光ってる、鼻は外人のいってんにばいの高い鼻、ピカピカ光ってる、靖子の白さは月の三万倍、お父ちゃんが用意しといてくれるから心配ないんですって。助けてや、お父ちゃんー」 消灯後も話を黙ってして来る。スプーンが線香で、ふりかけがお焼香でそれを部屋の玄関の床にコップを置き、自詩の紙を並べてここにわるい気が入って来ないよう祈ってくれた。私はその横で足元でせっせと絵を描いて居た。 廊下はグレーのデスクとその横の白いテーブルに水色の掛け布団が積まれてる、椅子が置いてあって。向こうの窓は木々の緑が深い、暗過ぎずに、美しく生えている。  精神科に入院して精神が砕けるのだった。人は人と自分があまり触れ合わないように、というかむしろ私が「とりあえず」で人がそれを想ってくれ佇んでるのか。窓際の人に話しかけた。年上で人相が良い、スピリチュアルな方だった。まじない師はひとの醜い願いを代行する。占い師はそれが見える。夜何となくそれを感じて傷付いた。笛の音がした。 「助六」とか 「三島由紀夫」の話をおばあさんとした。 私に「揚巻」という名前が付いた。 自殺というワードがどっからともなく、周りに知らされ、真ん中の廊下に立ちおばあさんがわざと咳をした。 知らないふりで明くる日自分の詩やノートを食事の前に見てもらう。 真面目に読む薄水(うすみず)の目の…、 綺麗な手だ、 ノートが床に落ちたが、気にする様子も無く、 拾った。  己(おのれ)の、目の弧(こ)を私たちは描いてその為に他に関心を無くす、とか、我々の立ち竦みが器用に心を黒く染めた、周りでも珍しい色、そう見えた。 字を読み終えて、テーブルにおばあさんが指で感想を書いた。間抜けで見えなかった。 恋で同性の諍いが有るのを「ヤツ橋」と云う。  ある日「イケダさんは症状も今ないなら、退院考えれるで。」と看護婦さんが仰って、私は自分の退院を決めた。それを先生に伝えたけど、「誰がそんな事を。」という感じだった。コロナが蔓延しているとニュースで、その頃に私は先生に言及をした。失敗であるが治っても居なかった。その先生は目が見えてないらしい、音で感じ、聞く様子が表れていらっしゃって、私も喋るのを気遣った。カルテに書かれる字も音符みたいだった。病棟から病棟に向かう先生を見かけ、早歩きで(普段、私は音を立てないようにのろのろと心細く歩いて居た、これが却って周りに気を遣わせ迷惑だとわかって、本当にどうしたら良いかわからなくなって、ナースセンター、あの看護師さんに会いに行くか、ボタンを押して「来てください、どなたか話しをしたいです。」(やす子の顔は真っ白))寄った。年寄りが繊細なので困る、とか病気になった訳とか治したい事などを、話し「転院」がその場、口で決まった。結局コロナが理由でよしになった。 退院が決まった。その時は外出こそ出来ないが友達が出来て、生活も良かったし外の好きなともだちはコロナ自粛と家の距離で余り会えず彼氏も亦、一人だし私は「私」のこれからの為にしっかりしなくてはいけないからもっと良くなるように退院するのをもう少し伸ばそうとした。しかし、他の患者に追われたらやはりと言い、看護師さんに相談すれば良かっただの、思うが恋は疑い深くなる為に。 すいません 私は盲目の木村です 依って 目の前はグレー一色で トイレから部屋へ帰る道が 私の目では不可能です 従って看護婦さん 部屋まで帰る道を教えてください お願いします 地獄の閻魔大王から通告を受けている おう木村よ お前は地獄に行く事が100パーセント決定されておる 天国に行くことは 100パーセント有り得ない フ… わしはな 地獄から来た幽霊やぞ 地獄から送り返された 幽霊やぞ  放棄放蕩の技術 俺は精神学的にしんでも生物学的にしなんわ ハハハ 精神医学的にしんでも生物学的には しなんわ いっけいねん以上ここで歩き回っとるわ せえよ わかっとるぞ バーカ あほんだら クズ どアホ 下品 私は自殺したいのにする勇気がないから 理解(ころ)せ!  わかっとるぞ 過労死するなよ ハァ 私は盲目の木村です よって目の前はグレー一色で、 部屋まで行く道が私の目ではわかりません 従って看護婦さん 部屋まで行く道を教えてください お願いします 高貴公用の技術 病死! 餓死! 歩けよ 一京の一京年以上 歩いとるぞ フフ 看護婦さん 道を間違えました 道を教えてください 看護婦さん 道を間違えました 道を教えてください 木村茂男  風 せつなさに去りる。横で、苦衷の間、ナースセンター、「月とピストル頂けますか?」プロチゾラムで眠る天井、優が眼から零れ虹かいな。草合わせの又、捲って愛(あ)い。  自然体で居る時間が私を良くした。この病院が、人の心を信じるとすれば微笑みこそは知らんぷりで敢えて自由にさせてくれるだろう、病室にて心の不潔で、汚い思ひを考察し次に本当に働くこと以外何もすっきりしてしまう事だ。いいか、美(よ)く厳しい人など向こう側に居り愛えない、強くなるとは、光の此んな辛抱。月(父母)に面する唯一の道通り。

scroll


作成日時 2020-11-25
コメント日時 2020-12-06

骨灰 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1071.2
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 45
#動画 #縦書き
項目全期間(2021/04/18現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性1010
可読性00
エンタメ00
技巧1010
音韻1010
構成1010
総合ポイント4545
 平均値  中央値 
叙情性55
前衛性1010
可読性00
 エンタメ00
技巧1010
音韻1010
構成1010
総合4545
閲覧指数:1071.2
2021/04/18 00時20分39秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

骨灰 コメントセクション

コメント数(6)
&
作品へ
(2020-11-25)

めちゃくちゃよかったです。ノイジーな文体と分裂した内容、精神病棟の描写が奇妙ながら調和していて、ところどころで繰り返される英語と日本語の台詞が読むたびに別々の意味を響かせていたような気がしました。 ある種のディスコミュニケーションというか、読者を突き放しつつまるごと飲み込むような腕力もあり、あらゆる意味で作者の才能を感じる作品でした。

0
てんま鱗子
てんま鱗子
作品へ
(2020-11-27)

ボリューミーに感想下さりありがとうございます。とても嬉しいです!

0
てんま鱗子
てんま鱗子
作品へ
(2020-11-29)

日本の思想(優しさと不良) https://youtu.be/cRwUOVWnI9Y 焦土はまた黒くたゆたふ覲(きん) 天地のいそぎんちゃくの勇気を覚(ま)ち 光ほ見た穡が 眼差しの弩(おおゆみ)が てんごくを砕いた、佚 未来に以下に残巻うかと絞つて 怒りを想ふ 空海の不動明王 あれはアート(宇宙)を現はすらし 鉄きんの仕法しかたを花の… と思う 枯れやうの恋(よ)くも姿のかはるあでを 木目にし ふかくわたしは死ぬばかりで無く老ふことにしよう 盜みをまた潔く、したと羽広げて 過ちと思ひ、怯懦を理解し、抱いて、 なかなかやつてのけれる殊でないのだ はずかしめを解(う)けて 一日は閉じこもる事 美しさを見つめる涕(なみだ)云ひ 「破れる約束なら守らない方が良い。」 偬(わたし)たちは銀色に悲しんだ ちよ紙がふつた 暁に、暁がまどろむ椅子を見安(やす)くした 偬の生活の梠の重ねが見安くした まるで弄ぶやうな粱は 知恵のものづくりの工場から始まつた

1
野良月雲
作品へ
(2020-11-30)

正直、この詩の意味合いは、私風情には理解出来ませんが、文中の投げ捨てる様な言葉も、何処となく自然で、不快感が無いのは、作者様の技かと思います。衝動的な思いを、自由に書いている様な、雰囲気の作り方も、読みやすさを助長しているし、規律の有る丁寧な文章には、美しさを感じます。 アブノーマルな感性の作品でも、何処か心の中で、府に落ちている感じが、私には不思議です。 私は、とても良い作品だと思います。←当方アホなので、こんな事しか書けませんが、とても気になる作品なので、コメントしてみました。悪しからず。

0
Comoestanuqui
作品へ
(2020-12-03)

おお、良き良き! 好いですね! めっちゃいい! 動画を観て、言葉を読んで、泣いたり笑ったりしました。

0
てんま鱗子
てんま鱗子
作品へ
(2020-12-06)

野良犬少年様 ありがとうございます。 北様 いやいやいや、北さん。 嬉しく思います、動画とか面白いですよね、はりきって作ってるんですよ。ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2