空の下 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

空の下    

まだ明けきらぬ朝に ひざまずき仔虫をついばみ   無邪気に首を傾げて 猿の眷属として空の下で生きる わたしとあなたの服を哄笑の火花で焚こう 二人は裸で生きてゆこう 皮を剥いた林檎の白で 二人は横たわり目を閉じる 鼓動が肉体のドアをノックする 熱い肌と呼吸 原初の音節 あなたは空に向かい叫んだ それは、二人が浴びた雷鳴 声は意味解釈を持たぬ力で 弓矢のように二人を貫いた 夜の衣が剥がされてゆく しののめ あけぼの 明るい空へ はたして わたしは そこにいた あなたが そこに いたからには  朝が塗り替えた空に鳥が飛び署名する 瞼を開けた朝は直立した眩い裸体だ 鳥たちは今日も空で生きる わたしたちは 君は 笑うだろうか 野辺に咲く花のように香るのだろうか 霧が晴れた あの人たちの犬が遠く吠えている 旅立ちの時だ 季節の風を身にまとう芳しいあなたと 野茨の靴で戸外へと歩き出す 元気よく手をふって歩いてゆく 足を交互に出す 唇には歌を 歌いながら あなたのために歌おう  地の輪郭に沿って 隆起の丘を超えて 窪みに沿って 森を抜け 小川を渡り 途中までしか書かれていない小説のような 開かれた頁の上を踏む 読めない展開を進む 何者かが肩ごしに身を翻す 輝く瞳の揺籃期は 見るものすべてに意味があった 魚が蛇が、蝶が、翼のある種族が 花開き ひとつの世界に組み込まれてゆく 巣箱をすり抜ける冷まじき風と 朽ちた落葉で作られたわたしたち 反り返り宙をトンボ返り あなたの白い胸に散る雀斑の数さえ 宇宙の星と繋がる さあ行こう 滲み広がる赤 夕焼けを飲み込み 半開きの空が閉じてゆく 太陽が最後の瞬きをする 二人を掴み揺さぶる色彩 ひととき山裾を燃やして空は暮れてゆく 夜を歩いてゆく 今日の公演はお終いと劇場のカーテンを引き 人々が犬とともに眠りについたそのあとで 川に沿って海までゆこう 海はいいね 眠る海の胸は上下し 海の底冷え 風はぴいぷうだ 渚 足を水に浸し あふれ 広がるものを前に  胸を張るものを前にして 注ぎたそう千粒の涙を  幾億粒の砂より掘り出そう  埋もれてしまった なにもかもを 樹々を その果実を 季節を 想い出を わたしたちの恐怖を 明滅した夜と昼を 草木の茂る丘陵に吹く風 移動する雲が地を悲しませ やがて湧き上がる雨のリズム ほら 雨上がりの針葉樹をぬければ 肌を刺す陽が差し込む 空はこんなに高く誘う 火を放たれ燃えあがる木の葉 が散り 雪が天と地の間を占める 春の歌を唄え 冬の歌を ここにわたしはいる あなたの傍にいる   春 雲は胸のあたり 半身を出し淡い色彩を歩く 夏 夜と朝の間で いまだ二人は砂に埋もれて 秋 絡まる橙と青の静脈の毛糸 ほころびてゆくとき 冬 狼の横顔 馬の尻 あなたの歩く影に雪が降る 歩きつづける 二人は旅人 空の下 地平の彼方からやってきた  わたしたちのことは忘れていい 幾多の昼と夜を超えて 遠くまだ見ぬところへ歩いてゆくのです 巡る大空 雷のドラムロール 光を孕んだ夏がまた訪れた 暮れかかる夕景の体内で  二人は薄く汗を着て いまだ物語が始まる ずっと手前にいる 空の下で眠り 空の下で起きる 二人は夢をみる 大抵は悪夢を でも、ときおり 美しいものがちらりと見えたりするのだ

scroll


作成日時 2020-11-13
コメント日時 2020-11-29

空の下 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 809.5
お気に入り数: 3
投票数   : 7
ポイント数 : 17
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/01/28現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性00
可読性55
エンタメ11
技巧33
音韻11
構成33
総合ポイント1717
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性2.52.5
 エンタメ0.50.5
技巧1.51.5
音韻0.50.5
構成1.51.5
総合8.58.5
閲覧指数:809.5
2021/01/28 22時01分22秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

空の下 コメントセクション

コメント数(6)
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-11-14)

構成がしっかりとしていて 読みやすかったです。

0
滝本政博
田中宏輔さんへ
(2020-11-14)

嬉しい感想でした。 書き上げてから、連をあーでもない、こーでもないと動かして 現在の形になりました。 可読性は大事ですね。

0
羽田恭
作品へ
(2020-11-14)

これは力作ですね。 こうまで明るく力強い失楽園もない。 きっとこの林檎に原罪の意味もない。 この地上は二人のための壮大な舞台なのだろう。 ちゃんと読み込む必要がありますね。

0
滝本政博
羽田恭さんへ
(2020-11-14)

読んでいただければ分かるとおもうが、これはキリスト教的な教養とは別物の作品である。聖書は部分的にしか読んだことがない、創成期は読みましたが、ミルトンの「失楽園」も未見である。二人の出奔という冒険を楽しんでもらいたい。

0
結水 あさき
結水 あさき
作品へ
(2020-11-29)

「瞼を開けた朝は直立した眩い裸体だ」の1文で雲ひとつない晴天の青空が目に浮かびました。2人の通った道筋に四季の思い出が足跡となり浮かんで文字になっているような感覚。静かであり、新しいものに向かうエネルギーを感じ、胸にすっと風が吹いた気がしました。散文失礼しました。

0
滝本政博
結水 あさきさんへ
(2020-11-29)

読んでいただき、感想を感謝いたします。 朝って裸体ですよね。明るい日差しの中に惜しげもなく全てを見せてくれる。 書いていただいたように、晴天の青空の下、二人は出発します。二人が見たものは少し書き記しましたが、これからどこまで行くのかは、私にもわかっていません。 コメント、嬉しかったです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3