生きるためにパイを焼く - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

生きるためにパイを焼く    

女は思い出したように レモンパイを焼いた なんとなくだ いのちにはそれ以上の事情が表明されていない ある朝 ネコの死体が市の指定の袋につめられて ゴミ集積所に放ってある 半透明は丸みをうきあがらせ どうやらいまだに生ぬくい 陽光に照らされているのは 何故なのだろう 遠くからみていた オーブンの熱では 歓喜や悲哀はすこしも減らない 人生は短くて たった数回パイを焼いたら必ず終わる 黙っていた もうずっとずっと黙っていた


作成日時 2020-10-08
コメント日時 2020-11-04

生きるためにパイを焼く ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 21
P V 数 : 2680.1
お気に入り数: 11
投票数   : 11
ポイント数 : 78
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性222
前衛性100
可読性110
エンタメ20
技巧151
音韻20
構成161
総合ポイント784
 平均値  中央値 
叙情性4.44
前衛性20
可読性2.22
 エンタメ0.40
技巧31
音韻0.40
構成3.22
総合15.610
閲覧指数:2680.1
2021/06/18 17時21分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

生きるためにパイを焼く コメントセクション

コメント数(21)
くおんと月夜乃海花
作品へ
(2020-10-08)

ただ生きるためにレモンパイを焼く。 高村光太郎のレモン哀歌のような、悲しみ。哀しみをどんなに焼いても焼き切れない生地という名の人生的な何か。シンプルではありますが、刺さる詩でした。

1
沙一
作品へ
(2020-10-08)

中段の光景は、陽光に照らされていることに何故だろうと疑問をいだいたというよりも、いのちであったものがゴミ集積場に捨てられていたという事実そのものに疑問をいだいていたのではないかと察せられました。換喩的な言葉のずれが、説明的ではなく直観に訴えかける力を宿しているようです。 人生は短いものの、たった数回パイを焼いただけで必ず終わるほど大袈裟ではないように思えるのですが、主体は頑なにそうであると信じている、そこに生死を深刻にみつめる心情があらわれていると感じられます。 オーブンの熱では歓喜や悲哀はすこしも減らない、にもかかわらずパイを焼くのは、お菓子のパイが、あるいはパイをつくることそのものが、作中主体はきっと好きなのだという気がして、いのちの短さを考えると、そうした自らの好きなことをできるだけたくさんして生きていたいものだなと思わずにいられません。

1
r
作品へ
(2020-10-08)

最後に黙っていたのは「女」なのか語り手なのか。黙っていたのは「女」だとしても、>もうずっと という意思は語り手のそれではないかと感じます。私の疑問は冒頭の「女」は何のために登場したのか、ということです。 全体的には、いのち への関心度というか眼差しが、>なんとなく から 最後、必然性を伴う何か固い決意へと変化しているように感じました。 その変化は、猫の死体を見たことが媒介しているのだろうか、と想像させますが、はっきりとはわかりません。 私事ですが、以前、某小説投稿サイトにいました。小説に感想を書くことはあらかじめひとつかふたつの批評眼をもっていれば、簡単にできる。しかし詩を読むとなると話は別で、どんな批評眼を用意していても通用しないものが多く、こちらが作品に応じて変化していかなければならないことが、詩を読むことの醍醐味なのかと勝手に思っております。

2
蛾兆ボルカ
作品へ
(2020-10-09)

主題にしっかり集中していく作品と思いました。 ネコの入ってた袋の描写が印象的です。ここは余計な説明(その直喩的な解釈)なくポツンと置かれているため、隠喩として利いているのだと思います。 このネコのところに「孤独死はやだなぁ」みたいなことがもしも書かれていたら、この作品は台無しと思うのですけど、書かずに耐えきったため、後半と響き合ってると思います。

2
真清水るる
作品へ
(2020-10-09)

おはようございます。 いきなり わたくし事を 告白させていただきます。 私は 以前 とある詩友さんに 「パイを焼いている君が、本当の君なんだよ」と、言われたことがあります。そのセリフをもらったのは、それまで 生きてきた中で 死がもっとも身近に感じていた時期のことでした。 わたしは、当時 仕事で林檎のパイを焼く役割をしていました。 パイ生地って、バターと小麦粉の層を成しているため 室内の温度などで出来具合が大きく状態が変わるため そこそこの集中力を要します。その後 熱を加える瞬間には、なにか 昇華してゆく心地がしたものです。あの感覚は、なんというか すべてが、無になる感じがします。 本作品では >オーブンの熱では >歓喜や悲哀はすこしも減らない と ありますが、そのように書いておられることで、実際には 無を体現しておられる気がします。 >人生は短くて >たった数回パイを焼いたら必ず終わる と あるので、パイ焼きは 祭のようなものかもしれません。(素朴な祭は、死を生に代える儀式ですから) わたしには、この作品は ほんとうの私(真清水るる のことです)が、この詩が立ち上がってくるからのような読後感を得ました。ありがとうございます。

2
武田地球
くおんと月夜乃海花さんへ
(2020-10-09)

レモン哀歌、久しぶりに読んでみたいと思いました。そういえばレモンは、よく詩や小説のモチーフになりますね。 詩をきっかけに別の詩の世界に誘われるのは、まるで旅に出て行くような気持ちがします。 シンプルで人に刺さる詩を書けるように、今後も頑張っていきたいです。ありがとうございました。

0
武田地球
沙一さんへ
(2020-10-09)

詩を丁寧に読んで頂き、ありがとうございました。 >>換喩的な言葉のずれが、説明的ではなく直観に訴えかける力を宿しているようです。 特にこのような批評を頂き、励みになりました。また頑張ります。 (自分は論理的整合性の外に理があるように思っており、それを詩に書きたいと思うことがあります。)

0
武田地球
rさんへ
(2020-10-09)

>>しかし詩を読むとなると話は別で、どんな批評眼を用意していても通用しないものが多く、 こちらが作品に応じて変化していかなければならないことが、詩を読むことの醍醐味なのかと勝手に思っております。 興味深く拝見致しました。小説はまた違うのですね。 詩を読むことにはただしい解があるようで無いように思えますし、かといって全く無いとは言ってはならない気持ちもあります。 どちらかといえば、ただしい解がある詩を書いてみたいと感じました。 丁寧に読んで頂き、ありがとうございます。またがんばります。

0
武田地球
蛾兆ボルカさんへ
(2020-10-09)

>>主題にしっかり集中していく作品と思いました。 >>書かずに耐えきったため、後半と響き合ってると思います。 批評を頂き、詩の構成や技術的な面を振り返るよい学びがありました。それらを意識して詩を書いていきたいと思います。ありがとうございました。 ネコのビニール袋はなんとも言えず、本当にわからなかったです。

0
武田地球
真清水るるさんへ
(2020-10-09)

大切なお話を書いて頂き、ありがとうございます。コメント何度も拝見しました。 >>パイ焼きは 祭のようなものかもしれません。(素朴な祭は、死を生に代える儀式ですから) 特にこの部分、自分の知らないとても素敵なことを教えていただいた気持ちが致します。 パイを焼くという詩の投稿を通じ、このようなやり取りができたことを心から嬉しく思っています。 また新しい気持ちでパイを焼いていきたいと思います。生きていくためにパイを焼きます。

0
afterglow
作品へ
(2020-10-11)

1
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-10-25)

言いようのない事ややり場のない処理しきれない感情がわいてくると、僕は料理をそれも複雑な手順のものや菓子を焼いたりするのですが、パイを焼く事がこの作品では比喩でなくそうなのかはわかりませんが、重ねてみてしまいました。 二連目の猫のくだりが印象的です。生命の輝きを失ったものが陽光に照らされて、ビニール袋は輝いていたのでしょうか。数回パイを焼いたら人生が終わる、という所に主体の真剣な眼差しがあらわれているようです焼き終えてからひとりで黙々と食べるのか、誰かと分かち合うのか、取り止めなくそんなことを考えてしまいます。

1
武田地球
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-10-25)

作中の自分は帆場さんと同じような気持ちでパイを焼いていると思います。真清水るるさんに「パイ焼きは祭のようなものかも」とコメントを頂いたのですが、確かに自分にとっては、限られた一日の生活の中での精一杯の儀式なんだと、今改めて思っています。 猫のくだりからのコメントを読んで何だか切なくなりました。立ち止まって心に浮かべて頂いたこと、ありがたかったです。 追記、レモンパイは作業工程が多く、お勧めしたいです。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-10-26)

こんにちは。ぼくはパイを焼いたことがないので焼くことを想像したらなんだか大変だなあ!という気持ちになったのですが、作中の「女」にとっては「なんとなく」でも作れるから、手順も熟知している手慣れたことなんだろうな、と思いました。 「ネコの死体」というかつて肉体も体温もあった「いのち」が、まるで決められた手順通りに手慣れた感じで処理されていることにショックと違和感を覚えたのかな。その「女」の視線に、こちらの目も集中させられた。 けれども「歓喜や悲哀」など生きているあいだに起こる感情までは、仮に人生が一般論では短かろうと設定通りにパイが出来上がるというふうに思った通りにはいかない(されてたまるか←個人的意見)。それが生きることだと発見したとしたら、もう黙る以外できないなと感じました。 冒頭に動きがあって引きこまれました。また語り手による語りから「女」が前にでてきたような語り手と主人公の入れ替わる構成に奥行きを感じます。

1
つつみ
作品へ
(2020-10-26)

初読で泣いてしまいました。ビーレビに投稿された詩を読み始めてまだ1年ですが、こうなってしまったのは2回目です。本当にいい詩だなぁと心から思いました。 選ばれた言葉、その綴られ方が心の奥の奥にじんわりと滲みて、滴となったものが目から溢れたような感覚でした。 >女は思い出したように >レモンパイを焼いた >なんとなくだ ふっと何かを思い出して、何かの行為をするということが、時々あるので、この文章はすぐに頭に入ってきました。 >いのちにはそれ以上の事情が表明されていない いきなり飛び込んでくる「いのち」という言葉でしたが、なんの違和感もなく、とても納得させられるものがありました。 第2連は、レモンパイの話から突然遮断されたにも関わらず、「いのち」の話が引き続いている感じがして、どんどん読んでしまいました。 遠くから見ていたのに、死んだばかりであろうのネコの体温まで綴られています。そういった矛盾を感じつつも、やはり惹かれます。 >陽光に照らされているのは >何故なのだろう と問いかけているところが読者に想像させてくれているようで、いいと思いました。 ネコが天に召されている瞬間のような情景が目に浮かびました。 >オーブンの熱では >歓喜や悲哀はすこしも減らない 面白い表現だなと思います。陽光と対比させているような、オーブンの熱。先程、陽光に照らされていたネコの悲しい鳴き声が聞こえてきそうでした。 >黙っていた >もうずっとずっと黙っていた ここでぶわっと泣いてしまいました。何が心を動かしているのか、コメントが思い付かないくらいこの終わりが好きです。

抒情:10 前衛:10 可読:5 エンタメ:2 技巧:10 音韻:0 構成:10  
4
羽田恭
作品へ
(2020-10-26)

どうも印象に残ります。 意味もなく焼かれるレモンパイ。 二連目には未だ体温が残る猫が、ゴミとして捨てられている。 レモンパイを焼く女の心象風景なのだろうか? 三連目に再びレモンパイ。 日常に戻り、黙ってそれをみているのか。 なんだか自分がかつて過ごした自衛隊と牧場の忙しく過ごした日々を思い起こしました。 自分のように日常の事を思い起こす人は多いように感じます。

1
武田地球
藤 一紀さんへ
(2020-10-26)

コメントと、それに個人的意見も頂いてありがとうございます。 批評は勿論ですが、詩を通じて読み手の価値観を覗くことができるのは貴重な体験に思います。 これからもっと、読み手の心の中や、読み手の今見えている光景を語らせる詩が書けたら素敵だと思いました。 また頑張ります。

1
武田地球
つつみさんへ
(2020-10-26)

自分の方こそ、どう返していいかわからない、言葉にならないありがたいコメントを頂きました。 詩を通じて、何かを少しでも分かり合えたことに心から感謝します。 自分の詩はいつも語彙が少ないと思っています。 「選ばれた言葉」と肯定して頂き、堂々と自分らしく書いていく力を貰いました。 また頑張ります。 本当に、ありがとうございました。

0
武田地球
羽田恭さんへ
(2020-10-26)

読み手の日常が思い起される詩になっていたのなら、とても嬉しいことです。 自分は日常に目を開いて生きていきたいと思いますし、道を間違わずそのような詩を書いていきたいと改めて思えました。 コメント頂き、ありがとうございました。

0
大塚拓海
大塚拓海
作品へ
(2020-11-04)

「なんとなく」パイを焼いた女は、そのパイを食べる理由を持っているだろうか。「もうずっとずっと黙っていた」としか書いていない。それでも、パイを食べていてほしいと思ってしまう私を発見する。素直に生きるためにただ焼くのではなく食べてほしいと思う。そうした素直な自分の読み方にも、疑問が残る。もやもやする。生きているのが幸せだろうか。生きながらえることが幸せだろうか。どこまでも、淡々とした語りが鏡のように冷たく、鋭い。だから、読んでいる自分の心が映る。もやもやする心が映る。

1
武田地球
大塚拓海さんへ
(2020-11-04)

詩を書いたはいいものの、女がパイを食べるかどうかは考えていなかったです。 ただ描かれていないことを根拠にすると、食べなかったのかもしれない、なぜ自分はその光景を書けなかったのか。そんなことを今考えています。 素敵なコメントを頂いてありがとうございました。コメントを読んだらまた詩を書いてみようと思えました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2