野を駆ける - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

野を駆ける    

命を燃やし尽くして 野を駆ける 足の裏から伝わる大地に いとおしさを感じながら ああ 生きることはなんて気持ち良いのだろう 今もしも死を迎えるのなら 僕は喜んで受け入れよう 誰かが吐き出す 唾に怯えて 生きていくこと もうやめた 伝え損ねた 気持ちのこと 振り返るの もうやめた 木々を揺らす風が 吹き抜けた 雨が降る気配に 僕は喜びに震える 森の中に滑り込み 雨と一緒に ダンスを踊ろう そうやって野を生きる やがていつか野に還る


作成日時 2017-08-18
コメント日時 2017-08-20

野を駆ける ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 201.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/01現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:201.2
2020/06/01 17時53分55秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

野を駆ける コメントセクション


コメント数(11)
紅茶猫 (2017-08-18):

コンセプトはよく分からないのですが、何か躍動感のある詩ですね。 生きることを肯定した直後に、「死を迎え入れよう」。 森に滑り込んだり、野を駆けたり常に動いている、まさに躍動感。 ランニングにダンス、身体を動かしたくなります。

0
ミナト螢 (2017-08-18):

透明感のある作品で、個人的にとても好きですね。 少年の無垢な心を抱きしめているような、弱さと強さの間で揺れながらも、野に放つ言葉が私の耳にはハッキリと聞こえました。

0
黒髪 (2017-08-18):

心にガッツをもらえるような気がしました。運動会では、靴派と裸足派がいました。僕も一回くらいは裸足で 走ったような気がします。スピードと感触と気持ちが、全て溶けあって、燃えるような気持ちになり、とても 良い気持ちになりました。

0
タイジュ (2017-08-19):

紅茶猫さん コンセプトを表すなら、僕にとっての生の形、本当の意味で自分自身の生を生き抜くと言うことは、一匹の獣としてあるがまに生きる。という事なのではないか。という問から生まれた詩です。 躍動感を感じて頂けたなら幸いです。生き生きとした命の形を表したかったので。

0
タイジュ (2017-08-19):

ミナト螢さん ありがとうございます。 弱さと強さ。確かにそうかも知れません。自分自身の弱さを自覚して、初めて強く生きることが出来る気がしています。

0
タイジュ (2017-08-19):

黒髪さん 裸足のまま駆け抜けて、命の限り生きることって、子供の頃は皆知っていたのに、社会で生きてくなかで忘れていってしまう感覚なのかな、と思います。

0
タイジュ (2017-08-19):

運営の方へ 誤字を発見したため、お手数ですが修正をお願い致します。 ×振り替えるの ○振り返るの

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-08-20):

 コメントするついでに直しておきました。ご確認ください  …とはいいつつも、出来れば一発投稿をお願いしておりますので、次回以降はミス無いよう宜しくおねがいいたします。  一読して思うのは、単純に読んでてすがすがしい思いになる作品っていう事です。  ここに描かれている事のように大人というか今の現代人が生きるのは多分大変な事のように思います。  そういう意味で本作を楽天的な詩であるとみなす事が出来る一方で、逆にこのように生きてしねたらいいなという願望のようにも思えます。だから生きる事と死ねる事がここでは等価であり、同じように軽い命の営みとして描かれている。  命の重さっていうのは、自然を生きていく上で、どれかくらい感じなければならない事なのか、というのは人間に生まれてしまった以上は、重くなる一方なのかなと思います。単純に僕は物を書いている時に命の重さみたいな物を単純に「重く」どうしても考えてしまいガチですが、命の円環そのものというのは自然を見渡せばありきたりなんだよ。そこまで気負う必要はないのだよ。と言われたような気がします。  僕個人としては、それでもやっぱり金稼いで生きていかないといけないし、僕はこれからも、ある意味根暗なスタンスで生きていくんだろうという思いから、本作のスタンスそのものに対して心から賛同はできませんが、スタンスそのもののあり方自体に対する憧れや、そういったあり方を心の隅にもって置く事は大事だと思わされました。

0
まりも (2017-08-20):

都市生活で疲弊した語り手・・・他者の気持を慮ったり、唾を吐きかけられたり(そんな痛罵を浴びせられたり)する日常から、一瞬、魂だけがアフリカのサバンナに飛び、思いっきり大地を掴んで駆け抜けていく・・・そんな夢想全開、という若々しさを感じました。 大地に感じた〈いとおしさ〉。その感触は、なぜ、愛おしかったのか。懐かしかった、のか、自分の足が大地を踏みしめていること、それが愛おしいのか・・・ネイティブインディアンの詩のような言葉を集めた中に、今日は死ぬのにもってこいの日だ、というような、生きている一日の賛歌があったことを思い出しました。 〈生きることはなんて気持ち良いのだろう〉この感嘆の部分を、その時肌に感じた風の感触や、鼻先を過ぎていった匂いや自身の汗の質感、肌を焼く日差しの感覚・・・などで「気持ちよさ」を伝えてくれると、もっとリアルに追体験できるかもしれない、と思いました。

0
タイジュ (2017-08-20):

 hyakkinn さん 修正ありがとうございます。以後、気を付けます。 確かに、この様な生き方はとても大変なものかもしれません。 けれど、きっと人のなかにはそれぞれの野があって、それに殉じて生きるという事。それこそが表現というものの根幹なのでは無いかと思ってます。 命の価値を考え始めると、扮装地域の人々の命はきっと驚くほど軽いだろうし、僕らの暮らすような先進国、死が巧妙に隠された場所ではとても重いものだと思います。けれど、とりあえずここでは自分自身の命の価値。を主軸に置きたいと思います。 精神的な話ですが、社会の中で生きていると、社会的な評価、他者との比較が当然自己評価に直結します。そして、それを自分の命の価値だと、存在価値だと容易く錯覚してしまう。 けれど、本来自分の命の価値は自分で決めるしかなくて、何をもってして自分の価値を決めるのかも、自分で決めなければならない。 そして、自分の価値を決めるもの、言い換えれば人生のテーマを内側に見つけたのなら、そこに対して命を燃やして生きていく。僕のいう野に生きるとは、そういう意味です。揺らぐことなく、あるがままに生きていくということ。 そういう生き方をして初めて、いつ死んでも良いほどの生を謳歌できるのだと。そうでありたいし、あり続けたい。これって楽観的な理想であると同時に、僕の生き方の宣言かも知れないです。 あ、けど経済活動はもちろん大事です。そこから外れたら、狩りやら農業、雨風しのぐ家まで、膨大な量のスキルが必要だし、それを全て習得する間に死んでしまいそう。もしくはホームレスとして生きるか。(笑) 感想ありがとうございました。非常に参考になりました。こんな長々と言葉を並べる必要なく、シンプルな言葉で人の心を震わせてみたいものです。

0
タイジュ (2017-08-20):

まりもさん 感想ありがとうございます。 確かに夢想全快ですね。 生きるという事を、ネガティブアメリカンの様に自然の側で生きる人々は、とても深く知っていたのでは無いかと思います。一度直に体感してみたいものです。 体感的な描写は、確かにもっと増やした方が良いですね。全く気付きませんでした、ありがとうございます。 今後の参考にさせて頂きます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1