あるいは、愛のこととか - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

あるいは、愛のこととか    

ほら、早くしないとキッチンタイマーが鳴るよ。こどもの蜘蛛が、窓のサッシに新しい糸を引いた。ちょっと違う。今度は大きく違う。弟が何度もアメリカ合衆国をスケッチブックに描いている。やけに大きなフロリダ州、消えたオクラホマ州、そしてわたしたちの生まれ育ったカリフォルニア州。吐いた量が少なかったのか、蜘蛛の糸はぷつんと切れた。LINEを開くと、いつかの恋人の利用明細が届く。長く誰かと付き合えないわたしにとって、それは大切な愛の記録だった。 20190811 20190911 20191021 20191022 20191023 20191122 20191213 20200111 読むのと読まれるの、どっちがいい? 最近は、いくら書いてもひたすら文字を拾っているみたいにしか書けなかった。自分の書いたものはちゃんとここにあるって信じていたけど、自分で考えていることも、日本語も、図形も、けっきょく誰かから教えてもらったことだらけで、オリジナルのコピーでしかなかった。それと同じで、わたしたちも拾われてきた何かの集合体でしかないように思う。わたしたちは性行為によって誕生すると信じられているけど、それは生物学的、つまり目に見えることとしての論理であって、ほんとうはその行為よりも、もっと前からわたしたちは形作られているような気がする。母がいつか食べた冷凍ミートパイや、父がかつて打ったパチンコ玉の輝き、ハリケーン・ジョニーの吹き飛ばした黄色い屋根、日曜日のダウンタウンにすわる黒人ホームレスの鋭いまなざし。ねえ、思い出せた? あなたは一晩で作られたんじゃない。名前なんかつけられちゃうから、自分はオリジナルだなんて勘違いをして、調子に乗って詩を書いたりするけど、もう無理して自分のことなんて書かなくていいって気がついたの。けっきょくは世界のゴミの寄せ集めを読むか、読まれるかの二択しかないし、工夫できるとしたらゴミの組み合わせをちょっと変えるぐらいだ。それでも、美しいゴミの掛け合わせを探してしまうのだから、ほんとうにバカみたいだよね。それでもわたしは、あなたの詩が好き。 20181209 20181215 20181224 20181231 20190106 20190114 20190126 20190201 拾う、拾う、棄てる。付き合っては別れて、そのたびに何かを拾い、棄てていく。ちょっと違う。今度は大きく違う。昨夜は必死で除菌シートを探す夢を見ていた。拾う、拾う、棄てる。どんな顔をしていたか、どんな顔をしていけばいいのか。気がつくと、いつの間にか泣いていた。だからその顔は棄てることにした。弟はアメリカを描くことにもう飽きていて、いびつなフロリダ州が出産をする物語を書いていた。ひっひっふー、ひっひっふー。産業医のふりをした弟は叫ぶ。ほら、フロリダの奥さん、あともうちょっとだよ、ディズニー・ワールドの頭が見えている! もう一呼吸で、シンデレラ城だ。だけど奥さん、早く産まないと! 時間が無い。さあ、ひっひっふー。キッチンタイマーかけたの、もしかして忘れてる? ダメだよ、今度は奥さんが生まれる番なんだから。ああもう鳴る、タイマーが鳴ってしまう。 20170114 20170129 20170228 20170410 20170518 20170625 20170808 20170921 タイマーは鳴らない。なぜなら、電池が切れているからだ。寝坊して、気がついたころにはとうに出勤時間を過ぎていた。勤務先に連絡をしたあと、いろいろと諦めてもう一度眠ることにした。さっきまで、変な夢を見ていた。昨日と同様、また除菌シートを探す夢。やっとドラッグストアで買えたのに、中身は白いシートではない、灰色のコットンの布だ。それもかなりの大判。わたしは、部屋を出て、家を出て、それから街も出た。それでもひどく長いウェディングベールのように、自分の後ろを布がどこまでも続いていた。その布を空高く掲げ、あてもなく走ることにした。そうしているうちに、この布が何で出来ているのかだんだん分かってきた。これは、あの日あなたの右肩を濡らしたユニクロの真っ黒なTシャツ、フジロックのオフィシャルマフラータオル、処女を失ったときに履いていた花柄のスカート、七ヶ浜で履いた泥だらけの長靴、白雪姫の七人の小人たちの何体かのフィギュア。わたしが選んで拾って、だけどふいに棄ててしまった、そういうものたちで織られた一枚の布だった。 20160312 20160404 20160503 20160707 20160915 20161010 20161125 20161225 蜘蛛が部屋を出ようとしているとき、わたしはベッドの上で微動だにしなかった。隣には恋人が寝ている。彼とは変な出会いだった。新型のウイルスが蔓延して、世界中が大騒ぎになっているときに、とくべつな免疫ウイルスを持っているとマスコミに報道されたのが彼だった。互いの粘膜をこすり合わせることで、彼の体内の免疫ウイルスを自分のなかに取り入れることができるらしい。一回五万円という高価格だったけれど、いつも予約でいっぱいだった。その日、わたしが最後の客だった。彼は、きみだけはキスだけの関係でいたいんだ、と言って、どうしても服を脱ごうとしなかった。そして彼はワンワン泣き出した。だからわたしは優しい顔を拾って付けた。口座には手数料も含め五万円がきっかり返金されており、おそらく免疫は獲得できなかったのだろうけど、その代わりお互いのLINEを交換した。そのあと何度か会って良い雰囲気だったので、付き合う? と聞くと、きみの自由にしていいよ、とだけ言うのだった。 20131018 20131119 20131216 20140110 20140202 20140305 20140505 20140810 世界中のハーモニカは、だいたいビートルズのプリーズプリーズ・ミーを覚える羽目になるし、わたしが人生で口にする言葉もおおむね決められている。クローゼットには大量の除菌シートが保管されていて、これでしばらくはドラッグストアを駆け回らなくて済みそうだ。弟は、流産したディズニー・ワールドに対して、弔いの言葉を唱えている。そういえばフロリダのこどもってなんていう名前だったの? と聞くと、俺はもうあいつらに名前なんてつけてやらねえんだ、と言い放った。雨が降ってきて窓を閉めようとしたら、蜘蛛はもういなかった。その代わり、か細い糸だけが残されていて、風に乗って自由に揺れている。それは何だかわたしたちより生き物っぽくて、思わず、お誕生日おめでとう、なんて言ってしまうのだった。


あるいは、愛のこととか ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 1935.4
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 10

作成日時 2020-07-22
コメント日時 2020-07-31
#現代詩
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性33
可読性11
エンタメ33
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント1010
 平均値  中央値 
叙情性0.30
前衛性11
可読性0.30
 エンタメ10
技巧0.30
音韻00
構成0.30
総合3.32
閲覧指数:1935.4
2024/05/30 12時54分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あるいは、愛のこととか コメントセクション

コメント数(9)
パワフルぽっぽ
作品へ
(2020-07-23)

おそらく僕の投稿の仕方か、あるいはブラウザが悪いんだと思うのですが、 スマホ(ブラウザ:Safari)だと表示されない箇所があるようです。 PC(ブラウザ:クローム)だと表示されています。 別枠表示だと全文確認できているので、 もしお読みくださる方がいらっしゃれば別枠を開いていただけると嬉しいです。 また、運営の方々もお忙しいと思いますので この作品に関して修正はしないでいただいて構いません。 もしビーレビュー全体的な、僕以外でも発生するバグであれば、 コロナが収束して落ち着いたころにでも ご検討していただければと思います。

0
白目巳之三郎
作品へ
(2020-07-24)

トマス・ピンチョン的なニュアンスを感じた詩でした。アメリカのちょっと気の狂った小説の一節のような。この文体で物語を紡いでいって小説を作ったら、とっても面白いものになるのではないかと、思った次第です。 個人的には落ちそうで落ちない感じと言ったらよいのでしょうか、とても好みでした。

0
パワフルぽっぽ
作品へ
(2020-07-24)

白目巳之三郎さん、コメントありがとうございます。 トマス・ピンチョンは読んだことがないですね。 音楽はそれなりに聴くんですが、本は全然読まないもので、 良い機会だと思って検索したら、電子書籍が見当たらずちょっと残念でした。 白目さんの小説も面白そうですよね。 もし書けたらぜひ教えてください。

1
ariel
ariel
作品へ
(2020-07-26)

おしゃれな構成と文章のスタイルですね!真似したいくらいですが、到底できそうにありません。笑 最初の段落?でこの作品に出てくる全てのモチーフが紹介され(除菌シート以外)、その後モチーフが絡む象徴的な一場面の連続で構成されています。段落の区切りが遡りながらも進む日付になっているのも意味深ですね。この日付は何があった日で、半年間のギャップとかに意味があるのか、妙に気になってしまいました。 日付と歴史と除菌シートのモチーフから「拾うか棄てるかのようで、日々の積み重なりである書く営み」というテーマを導く流れが秀逸です。2連目の「最近は、いくら書いてもひたすら文字を拾っているみたいにしか書けなかった~それでも、美しいゴミの掛け合わせを探してしまうのだから、ほんとうにバカみたいだよね。それでもわたしは、あなたの詩が好き。」の下り、そして4連目の「それでもひどく長いウェディングベールのように、自分の後ろを布がどこまでも続いていた。....そうしているうちに、この布が何で出来ているのかだんだん分かってきた。...わたしが選んで拾って、だけどふいに棄ててしまった、そういうものたちで織られた一枚の布だった。」が特に好きです。除菌、つまり消すことに半ば強迫的にこだわりながらも、除菌シートだったはずのものが、夢の中では消すことができない思い出の品でできたウェディングベールになってしまう。村上春樹の小説に出てくるような、興味深いシンボルですね。棄てられてしまう日々の中で必死に拾ってきた言葉で詩を書いていたけれど、そんなことをしなくても日々は積み重なっていることへの安心感と滅私性?を感じました。シンボルの使い方、勉強させてもらいました!

1
パワフルぽっぽ
arielさんへ
(2020-07-31)

ariel さん、こんにちは。 とても丁寧に読んでいただいて、とても恥ずかしくなってしまいました。 もっときちんと書けばよかった、そんなことを思いました。 ぼくは村上春樹がとても苦手で、 ねじまき鳥は2年、1Q84は1年ぐらいかけて読み終えました。 そしてそんな時間をかけて読み終えても、残念ながら面白いとは思えませんでした。 そして今は村上春樹を自らに取り込もうと模写している段階です。 彼のように文章はまったく上手くありませんが、 シンボリックで心理的な何かを描けるように精進していきたいです。 お読みいただき、どうもありがとうございました。

1
afterglow
パワフルぽっぽさんへ
(2020-08-08)

こんばんは、運営のafterglowです。ご指摘のバグに関してですが、後日修正致しますのでお時間をください。宜しくお願い致します。

0
パワフルぽっぽ
afterglowさんへ
(2020-08-09)

afterglowさん、こんにちは。 わざわざご連絡ありがとうございます。 この作品に関して自分自身まったく気に入っていませんので、急いで修正する必要はありませんよ。 こんな暑いなか作業をするのも大変でしょうし、世の中はお盆休みです。 ぼくは今からアイスクリームを食べてぼーっとする予定です。 afterglowさんも是非ゆっくりお過ごしください。

0
afterglow
パワフルぽっぽさんへ
(2020-08-18)

こんばんは、運営のafterglowです。 先日こちらへ伺った時は、はもさんだったと思うのですが、返信を見たら、らっこさんで、今日こちらに来てみたら、ぽっぽさんになっていました(驚) ぼくはあなたをどの名前でお呼びしたらいいのか戸惑いました。頻繁にアカウント名が変わるとわかりにくいので、どれか一つに固定して頂けますと助かります。 宜しくお願いします。

0
パワフルぽっぽ
afterglowさんへ
(2020-08-18)

afterglowさん、こんにちは。 ころころ名前を変えてしまって申し訳ないです。 これからはパワフルぽっぽとして生きていきます。

2

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1