無題 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

無題    

まぼろしの明日を探して 世界中を 訪ね歩いた 来る日も来る日も 世界中を 旅して歩いた。 「まぼろしの明日」 実につまらない詩ですね。//えっ、この詩のどこがつまらないというのだ。私に分かるようにきちんと説明したまえ。///ですから一読してつまらないからつまらないと申し上げているだけです。//だからねぇ君どこがどうつまらないのか、説明しなさいよ。///ですからつまらないものをつまらな                    「つまらない詩」 愛だな、 やっぱ愛でしょう 愛かしら 愛に相違ない 愛だって? 愛って何よ? 愛知らないの? 愛通り過ぎた 愛知り過ぎた 愛どこ行った あ、 いが落ちてる 拾えば、 愛想笑い 愛もくもく 愛に黙祷。 愛を鞄に入れて出馬! 愛なの? 愛だろ 愛を売る 詩人は 嘘つきだ。         「I」 暗い空に 両腕を伸ばして 雨を受け止める 遠くから 落ちて来た 雨を受け止める     「芥子粒」 詩を書きながら 少しずつ 僕を消していた もう身体半身ほどになる もうすぐ 詩になれる      「生まれる」


無題 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 891.8
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2017-07-30
コメント日時 2017-07-31
項目全期間(2024/04/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:891.8
2024/04/21 21時23分33秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

無題 コメントセクション

コメント数(4)
竜野欠伸
(2017-07-30)

はじめまして。 愛情に値段があるとは思えないなぁ。もっと正確に言えば、愛情を伴う感情には値段があるかもしれないな。紅茶猫さんにとっても愛情は特別なものではないのですか?ではないとした場合、ここでは、誰かに宛てた愛情が無償のものとして提示されているのでは、と感じ入りますが。少なくとも、僕にとっては、とある感情として提示されていますね。そんなことを自然に考えることができました。心地よい詩風がありますね。何だか大切な視座があると感じました。

0
紅茶猫
(2017-07-30)

竜野欠伸さんへ レスありがとうございます。今になってタイトルは「不毛」にすれば良かったかななどと思っております。 ここでは「つまらない」とか「愛」の不毛なやりとりを描きました。「つまらない」を投げ合うばかりで、議論が先に進まない。「愛」の方も愛とは何ぞやとばかりに、「I」が愛より上なのです。 なので、無償の愛を感じて下さったというのは、私の力不足だったのかなと思います。 ごちゃごちゃと読み難いスタイルだとは思いますが、何の関連もない詩と詩の間に見えて来る偶然のつながりなどを感じていただけたらと思います。 「大切な視座」うれしく思います。ありがとうございました。

0
まりも
(2017-07-31)

構成が非常に面白いと思いました。〈ですからつまらないものをつまらな〉と、途中で打ち切っている感じになっていて・・・第一連?への応答、なのか、と思いきや・・・これはこれで、「つまらない詩」として独立したものとしても読み解ける(笑) 独立、という言い方も変ですね・・・前の内容(の無内容?無意味さ?)を受けながら、次へとつないでいく、のりしろのような役割を持っている題名。 後半は、〈愛〉を語る不能性というのか、不毛さを〈愛を売る/詩人は/嘘つきだ。〉と痛快に締めたところで・・・その詩人(であるかもしれない)〈I〉が、遠くから訪れる〈雨〉を受け止めようと腕をのばすような映像が浮かび、さらに、その〈雨〉を受け止めた〈I〉が、「芥子粒」のような存在であることに気付いて・・・〈詩を書きながら/少しずつ/僕を消していた〉という状態に至る。 自分が〈まぼろしの明日〉を探しに行く、という、自我が自ら世界を求めていくところから始まって、つまらない、そうではない、というような水掛け論や愛とはなんぞや(自分にとって)という不毛な議論を重ねている間は、自分に囚われている、とも言えますね。自我が全開になっている、というべきか。それが、はるかな場所、自分を超えた場所から訪れるものを静かに待ち受ける、という姿勢を取るようになったときから、少しずつ変わり始める。 詩を書くことが、自分を刻印していく、自我全開の行為から、むしろ、自分を消していく、世界に同化させていく、世界の受容器になっていく・・・そんな変化が、〈I〉に訪れたのかもしれない。そんなことを想いました。

0
紅茶猫
(2017-07-31)

まりもさんへ レスありがとうございます。 短詩を五つ並べて、末尾にその詩のタイトルを置くというスタイルなのですが、タイトルがのりしろになっているという読みは面白いと思いました。元々ランダムに並べたものなので、自由に関係性等読んでいただけたらと思っていました。 そして「I」が4、5番目の詩の主体になるというのも、目からうろこでした。 「世界の受容器」俳句などは完全にそうだと思うのですが、現代詩にもそんな側面があってもいいのではないかと思います。 ランダムなはずなのに、詩を書くプロセスのような流れにもなりました。 気付きを与えて下さりありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1